シューズ

ランニング・ジョギング時におすすめの持ち物13選【初心者必見】

悩んでいる人
悩んでいる人
ランニング・ジョギング時に何持っていけばいいですか?

そんな疑問にお答えします。

  • 健康のため
  • フルマラソン完走を目指して

などを理由に、「さあ、走り始めよう」と思っても何を持っていけばいいか迷いますよね。

そこで、今回はランニング・ジョギング時におすすめの持ち物をご紹介します。

今回は、下記の2つのパターンでみていきます。

2つのパターン
・短時間(1時間以内)走る場合
・長時間(1時間以上)走る場合

走る際の参考にしてみてください。

家の周辺など短時間のランの場合

ウェア

まず欠かせないのが、ランニングウェアです。

夏と冬で必要なアイテムは異なりますが、下記のアイテムを持っておくと良いでしょう。

オールシーズン
・半袖Tシャツ
・ハーフパンツ
冬のシーズン
長袖Tシャツ
ジャケット
ロングパンツ
ロングタイツ
アンダーウェア
アクセサリー
ソックス
サングラス
キャップ
アームカバー
手袋
ネックウォーマー
ふくらはぎサポーター
※上記、クリックすると詳細ページに飛びます。

夏の場合は、「半袖Tシャツ」「ハーフパンツ」「キャップ」。

冬の場合は、「長袖Tシャツ」「ロングパンツ」「ジャケット」「手袋」。

これらは最低限用意して、ランニングしましょう。

また、おすすめのブランドは下記で紹介しています。

暑い時期向け(夏用)
アディダス
アンダーアーマー
アシックス
ニューバランス
ミズノ
寒い時期向け(冬用)
アディダス
アンダーアーマー
アシックス
ニューバランス

ランニングシューズ

ランニングシューズも、ウェア同様、ランニング用のものを用意しましょう。

ランニングシューズを履くことで足にかかる衝撃を和らげてくれるので、ケガを防止することができます。

下記が、ランニングシューズを履くメリットです。

ランニングシューズを履くメリット
・衝撃から守ってくれる
・フォームの崩れを抑制
・疲れにくい
・ラクに前へ進める

初心者は特に、衝撃から守ってくれる「クッション性に優れたもの」、そしてフォームの崩れを抑制する「安定性のあるもの」を選びましょう。

また、ケガを防いでくれるソール(靴底)が厚いものを選ぶと失敗しません。

値段はピンキリですが、5,000円〜1万円のものであれば、初心者に役立つ機能が搭載されています。

ただ、ランニングシューズは値段が高いほうが履きやすいとは限りませんし、安いものでも性能が良いシューズもありますので、自分に合うシューズを探してみてください。

下記に、ランニングシューズをまとめています。

ブランド別に探す
ナイキ
アディダス
アシックス
ニューバランス
ミズノ
オン
ブルックス
リーボック
アンダーアーマー
ホカオネオネ
サッカニー
サロモン
プーマ
ヨネックス
カルフ
アルトラ
メレル
MBT

また、目標タイム別にまとめました。

ペースごとにシューズを探す
サブ3向けシューズ
サブ3.5向けシューズ
サブ4向けシューズ
サブ5〜完走向けシューズ

ランニングウォッチ

ランニングウォッチとは、走った距離の測定や心拍測定、日々のトレーニングの分析などをしてくれるデバイスです。

なぜ、無料でインストールできるランニングアプリではなく、ランニングウォッチがいいのか。

それは、アプリよりランニングウォッチのGPSのほうが精度が高く、正確なデータが収集できるからです。

また、「疲労回復度合いチェック」機能や「最適なトレーニングプランの作成」など、ランナーをサポートする機能がたくさん搭載されています。

更に、重たいスマートフォンを持ち運ぶ必要がありませんので、快適なランニングが可能となります。

トレーニングはもちろん、大会出場を考えている方はぜひ購入しておきたいアイテムです。

マスク

新型コロナウイルスにより外出時のマスク着用が日常的になりましたので、ランニング時も持参しましょう。

マスクはトレーニング時も効果的で、マスクをしていない時より酸素摂取量が減少するので、心肺機能を鍛えるのに最適です。

もちろん、マスクしながらのランニングは呼吸しづらくキツイですが、よいトレーニングになります。

ぜひ、この機会に心肺機能を鍛えてみてはいかがでしょうか。

イヤホン

揺れの激しいランニングにおいて、快適に音楽を楽しむならランニング向けイヤホンを選びましょう。

下記が、イヤホンを選ぶ際の見るべきポイントです。

ランニング向けイヤホンの選び方
・完全ワイヤレスイヤホン
・装着感
・防水性
・連続再生時間

その中でも、「装着感」と「連続再生時間」を重視しましょう。

上下動の振動でも耳からズレない(落ちない)装着感の良いイヤホンがおすすめです。

また、フルマラソンに出場する際は、連続再生時間も確認しましょう。

フルマラソンの制限時間は5〜7時間が一般的なため、最低でも5時間は欲しいですね。

ウエストポーチ

参照 ニューバランス公式サイト

ウエストポーチは、小物(スマートフォンやお金、家の鍵など)を持ち運ぶのに便利なアイテムです。

腰周りに固定した状態で走れるので、ランニングの邪魔になりません。

選ぶ際のポイントは、「装着感」と「収納力」です。

特に、『走っていてもズレないかどうか』は重要な点ですので、必ずチェックしましょう。

リップクリーム

体内の水分が不足してくると、唇が乾燥してきます。

一度、乾いてしまうと気になって仕方ないので、リップクリームがあると便利です。

特に、冬場は乾燥しやすいので、持っておくと安心です。

家の周辺より離れた長時間のランの場合

リュック

長時間ランニングする場合、荷物が多くなります。

そのときに活躍するのが、リュックです。

ペットボトルや補給食(この後紹介)、着替えなど、様々なモノを入れる際に便利なアイテムです。

両肩で固定するためバランスが取りやすく、荷物が多くても重さを感じづらいので長時間ランにおすすめです。

着替え

お店で休憩する際に濡れた服のまま入るのは迷惑ですし、冷房が強いと身体が冷えて風邪をひいてしまう可能性があるので、着替えはあるといいでしょう。

荷物を少なくしたい方は、「Tシャツ」と「タオル」だけは持っていきましょう。

モバイルバッテリー

長時間のランニングでは、何かとスマートフォンの充電が奪われていきます。

  • 音楽を再生する
  • ネットでお店や道を調べる
  • 写真を撮る

など、長時間操作していると、次第にスマートフォンの電池が減ってきます。

なので、バッテリー切れにならないために、モバイルバッテリーは持っていきましょう。

補給食

補給食とは、手軽にエネルギー補給ができるアイテムです。

特に、長時間走る際は、途中でエネルギーが枯渇する恐れがあるため、補給食を摂取するといいでしょう。

補給食は、エナジージェルや塩分、バナナ、おにぎりなど様々です。

その中でも、持ち運びがしやすく、食欲がなくても食べやすいジェルタイプを選ぶと良いです。

詳しくは、下記で解説しています。

飲み物

スーパーやコンビニが周辺にある場所を走るなら必要ありませんが、山道や田舎を走る際は飲み物を持参しましょう。

特に、夏場は脱水症状で急に体調不良になる恐れがあります。

なので、水やスポーツドリンク、経口補水液などを用意しておくと安心です。

ランニング時の水分補給のポイントは、ランニング中の水分補給のタイミングは?【飲む量やおすすめのドリンク紹介】で解説しています。

お金

喉が乾いたり、小腹が空いた時に必要なので、いざと言うときのためにお金は持っておきましょう。

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れをまとめました。

初めてフルマラソン出場する方を対象に、下記の内容が分かります。

  • マラソン大会の選び方
  • 購入すべきランニンググッズ
  • 完走するためのトレーニング方法
  • レース前日や当日の過ごし方

▼詳しくはこちら
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間2,500km走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
ランニングで膝を痛めた・違和感がある方へ

ランニング後のケアに最適なドリンク

駅伝強豪校 城西大学駅伝部と共同開発

ランニングで膝を痛めた・違和感がある方におすすめのドリンクです


公式ページ >>

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA