ランニングシューズ

【2020年版】BROOKS(ブルックス)おすすめランニングシューズ6選!目安ペースごとに解説!

BROOKS(ブルックス)おすすめのランニングシューズが知りたい!


そんな疑問にお答えします。


BROOKS(ブルックス)は、創業100年を超えるアメリカ生まれでランニング専門シューズを展開しているブランドです。


初フルマラソンやサブ4、サブ5を目指すランナーに向け、


・独自開発した新素材が高い耐久性を保ち、足を守るクッション
・着地時のエネルギー分散を抑え、スピードを落とさず効率よく走ることができるクッション



のランニングシューズを展開している点が、BROOKS(ブルックス)の特徴となっています。


今回は、BROOKS(ブルックス)おすすめのランニングシューズをご紹介します。


サブ2.5〜サブ5の目安ペースごとに紹介していくので、初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。


今回紹介するシューズはすべて、メンズ・ウィメンズ対応です。


それでは、いってみましょう。




ランニングシューズの選び方【買う前にここをみよう】


まずはじめにランニングシューズの選び方を見ていきましょう。


マラソン経験者だからこそ思うランニングシューズを選ぶ際のポイントです。

    ①自分の足を測定する
    ②自分のランニングレベルに合ったものを選ぶ
    ③店員に聞いてみる
    ④実際に履いて走ってみる


それぞれの詳しい解説を見たい方は下記のリンクをチェック!

関連記事:マラソン完走者が教えるランニングシューズの選び方4選【買う前にここをみよう】




【徹底解説】BROOKS(ブルックス)おすすめランニングシューズ6選


【サブ2.5向け】HYPERIONELITE ハイペリオンエリート


出展:BROOKS(ブルックス)公式HPより


BROOKS(ブルックス)の中で最もスピード重視をした、カーボンプレート搭載レース用シューズ。


特徴は、この軽さ(196g)と、ミッドソール材、カーボンプレート搭載により、走力維持をサポートしてくれる点。


ミッドソール材は足首のブレを軽減し、ランニングフォームを安定させてくれます。


また、踏み蹴りの反発力を推進力に変えていくカーボンプレートが、スピードを維持し、レースをサポートしてくれます。


カーボンプレートは耐久性は低いため、レース本番前後の使用がいいでしょう。


スピード重視モデルなので、サブ2.5を目指している方におすすめのランニングシューズとなっております。

    29,700 (税込)




【サブ3〜3.5向け】Launch7 ローンチ7


出展:BROOKS(ブルックス)公式HPより


軽量でスピードモデルのレース用シューズ。


特徴は、独自のクッション材がスピードに応じて路面からの衝撃を吸収し、安定した走りを実現。


また、通気性が高く、快適な履き心地も提供しています。


ジョグやポイント練習、サブ3〜3.5を目指している方におすすめのランニングシューズとなっております。

    ¥12,100 (税込)







【サブ3〜3.5向け】Ravenna11 ラベナ11


出展:BROOKS(ブルックス)公式HPより


スピード系+安定走行モデルのトレーニング兼レース用シューズ。


こちらは、怪我の元となる過回内、過回外の多い日本人ランナーに向けたシューズ。


疲労、骨格によりランニング中に起こる過回内、過回外を軽減し、快適な走行を実現してくれる特徴があります。


また、独自のクッション材がスピードに応じて路面からの衝撃を吸収し、安定した走りを実現。


O脚やX脚のランナー、サブ3〜3.5を目指している方におすすめのランニングシューズとなっております。

    ¥13,750 (税込)







【サブ3.5〜4向け】Levitate3 レビテイト3


出展:BROOKS(ブルックス)公式HPより


ラインナップモデルの中で最高級の反発力をもつトレーニング兼レース用シューズ。


特徴は、最高級の反発力をもつ新素材を採用し、着地、踏み蹴りの反発力を、エネルギー分散させずに推進力に変えていくことができます。


また、柔らかでクッショニング感のあるウレタンパッドがかかと、足首を保護し、安定感のある装着を可能にしています。


高反発素材を求めている方、サブ3.5〜4を目指している方におすすめのランニングシューズとなっております。

    ¥18,700 (税込)







【サブ4〜4.5向け】AdrenalineGTS20 アドレナリンGTS20


出展:BROOKS(ブルックス)公式HPより


衝撃吸収性のあるクッション素材が履き心地と安定した走りを実現してくれるトレーニング兼レース用シューズ。


こちらは、怪我の元となる過回内、過回外の多い日本人ランナーに向けたシューズ。


疲労、骨格によりランニング中に起こる過回内、過回外を軽減し、快適な走行を実現してくれる特徴があります。


また、衝撃吸収素材がクッショニング感を生み出し、軽量で耐久性に優れた素材がスムーズな足運びを実現します。


O脚やX脚のランナー、サブ4〜4.5を目指している方におすすめのランニングシューズとなっております。

    ¥14,850 (税込)







【サブ4.5〜5向け】Ghost12 ゴースト12


出展:BROOKS(ブルックス)公式HPより


柔らかく滑らかな走り心地を実現した初心者の方におすすめのトレーニング兼レース用シューズ。


衝撃吸収素材がクッショニング感を生み出し、軽量で耐久性に優れた素材がスムーズな足運びを実現します。


特徴は、スピードに応じて衝撃吸収性が変化する独自のクッション素材。


この独自のクッション素材が、履き心地と安定した走りを実現。


ジョグやLSD、サブ4.5〜5を目指している方におすすめのランニングシューズとなっております。

    ¥13,750 (税込)








ほかのブランドのランニングシューズ一覧を見る





●こちらも合わせて読みたい

【どれにあてはまる?】4種類のマラソンの楽しみ方をご紹介!

初心者必見!ランニングウェアの選び方【買う前にここを見よう!】

初心者必見!ランニングコースの選び方【走る前にここを見よう!】

初心者が完走しやすいフルマラソン大会10選

フルマラソン完走するためのトレーニング方法12選【初心者向け】




ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA