シューズ

【2022年版】アシックスおすすめランニングシューズ8選!目標タイム別に解説

悩んでいる人
悩んでいる人
アシックスおすすめのランニングシューズが知りたい!

そんな疑問にお答えします。

アシックスは、日本に本社を置くスポーツ用品を展開しているブランドです。

アシックスの強みは、直営店で実施している足形測定などを用いて収集した足形データを約100万人分保有している点。

これら多くのデータを参考に、日本人の足に合った高機能シューズを販売しています。

そこで今回は、アシックスおすすめのランニングシューズをご紹介します。

サブ3〜サブ5の目安ペースごとに紹介していくので、初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

アシックスの特徴

緩衝性能を持つGELテクノロジー

着地の際、足にかかる衝撃を緩和するのがGELテクノロジーです。

GELがクッションの役割を果たし、足にかかる負担を軽減し、長時間の走行を快適なものにしてくれます。

走行効率性が向上するガイドソールテクノロジー

アシックススポーツ工学研究所でテストされ、ランニングの効率が高まることが実証されたガイドソールテクノロジー。

カーブしたデザインのソールと補強された前足部が足首の屈曲を減らし、ランニング効率を高めます。

軽量性と反発性を両立させたフライトフォームブラスト

軽量、かつ反発性に優れた独自開発のスポンジ素材のフライトフォームブラスト。

前部と後部に10mmの高低差をつけることで、前方への推進力を高めたミッドソール素材です。

アシックスおすすめランニングシューズ8選

【サブ2.5】METASPEED SKY

参照 アシックス公式サイト METASPEED SKY

ストライド型のランナーのために開発された、アシックスレーシングモデル。

ミッドソールフォーム材「FF BLAST TURBO」と、推進力を発揮するカーボンプレートの効果により、よりストライドを伸ばして、少ない歩数で走行が可能に。

また、前足部のカーブソール形状が足首の屈曲を抑え、走行中のエネルギーの消費を抑える効果を発揮します。

一歩毎のストライドを伸ばすことで、より速く、そしてレース終盤までエネルギーを節約できるように設計されたアイテムです。

【サブ2.5】METASPEED EDGE

参照 アシックス公式サイト METASPEED EDGE

ピッチ型のランナーのために開発された、アシックスレーシングモデル。

ピッチコントロールしやすいよう、厚みや形状が調整されており、ピッチを調節しながらストライドを伸ばし、少ない歩数で走行が可能に。

また、反発力に優れたカーボンプレートが足の動きを安定させ、効果的に身体を前方向へ推進させる効果を発揮。

一歩毎のストライドを伸ばしながらも、ピッチの変更を容易にし、レース終盤までエネルギーを節約できるように設計されたアイテムです。

【サブ3】METARACER

参照 アシックス公式サイト METARACER

通気性に優れ、スピード走行中でも足を涼しく保つレースシューズ。

つま先部分の跳ね上がった弓状の形は、足首関節の動きを軽減し、スピード走行時に消費するエネルギーを抑制。

また、ミッドソールに搭載されたカーボンファイバープレートが、足を前に押し出す力強い推進力を生み出すアイテムです。

【サブ3】TARTHEREDGE 3

参照 アシックス公式サイト TARTHEREDGE 3

前作よりもやや厚みを増した(+2mm)クッションニングにより、エネルギッシュな反発性を生み出したレーシングシューズ。

ミッドソールには軽量のFLYTEFOAMを搭載し、軽さを維持しながら着地時の衝撃を緩和し、足への負担を軽減。

また、アッパー内部に伸縮する素材を採用することで、蹴り出しの瞬間まで足にしっかりフィットし、長時間のレースでも失速しにくいアイテムです。

【サブ3〜サブ4】GEL-DS TRAINER 26

参照 アシックス公式サイト GEL-DS TRAINER 26

オーバープロネーションの方におすすめの、かかとが大きく内側に倒れ込み過ぎる状態を緩和するシューズ。

柔軟性のあるニットアッパーにより、足の動きにサポートが入り、スムーズな走行が可能に。

また、Rearfoot GELテクノロジーが着地時の衝撃を吸収し、着地から蹴り出しまでブレの少ない安定した動きを実現した一足です。

【サブ5】GT-2000 10

参照 アシックス公式サイト GT-2000 10

安定性と軽量性を兼ね備えたGT-2000シリーズ最新作。

かかと部と前足部に搭載されたGELと、軽量性とクッション性に優れたFLYTEFOAM Propelが、快適なランニングをサポート。

また、ミッドソールの表面に六角形の溝を配置し、着地時にミッドソールの変形を促すことでクッション性を向上させ、スムーズな走りができるアイテムです。

【サブ5】GEL-KAYANO 28

参照 アシックス公式サイト GEL-KAYANO 28

GELを搭載し、着地時の衝撃を緩和するシューズ。

外付け型ヒールカウンターが、足の内側への倒れ込みやねじれを抑制し、安定した走行をサポート。

また、優れた軽量性・高反発性を誇るFF Blastをミッドソールに採用することで、柔らかく快適な履き心地を実現したアイテムです。

【サブ5〜完走】GlideRide 3

参照 アシックス公式サイト GlideRide 3

長距離走でのエネルギー消費を抑えることが科学的に証明されているシューズ。

ガイドソールテクノロジーを搭載した前足部の曲線状のソールが、ふくらはぎにかかる負荷を軽減。

また、ミッドソールに採用したFLYTEFOAMが優れたクッション性と反発力を発揮し、スムーズな足運びを可能にしたアイテムです。

まとめ

今回は、アシックスおすすめのランニングシューズをご紹介しました。

ぜひ、トレーニングやレース用シューズとして参考にしてみてください。

本日は以上です。

他のブランドのシューズはこちら

おすすめランニングシューズブランド
ナイキ
アディダス
アシックス
ニューバランス
ミズノ
オン
ブルックス
リーボック
アンダーアーマー
ホカオネオネ
サッカニー
サロモン
プーマ
ヨネックス
カルフ
アルトラ
メレル
MBT

また、タイムごとにもまとめていますので、目指しているタイムにあったシューズを探してみて下さい。

ペースごとにおすすめのシューズを探す
サブ3向けシューズ
サブ3.5向けシューズ
サブ4向けシューズ
サブ5〜完走向けシューズ

本日は以上です。

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れをまとめました。

初めてフルマラソン出場する方を対象に、下記の内容が分かります。

  • マラソン大会の選び方
  • 購入すべきランニンググッズ
  • 完走するためのトレーニング方法
  • レース前日や当日の過ごし方

▼詳しくはこちら
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間2,500km走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
ランニングで膝を痛めた・違和感がある方へ

ランニング後のケアに最適なドリンク

駅伝強豪校 城西大学駅伝部と共同開発

ランニングで膝を痛めた・違和感がある方におすすめのドリンクです


公式ページ >>

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA