【2020年版】人気ランニングウォッチおすすめ14選

人気のランニングウォッチ教えてください


そんな疑問にお答えします。


2020年、ぼくがおすすめしたいランニングウォッチをご紹介します。


今回は【初級者向け】【中級者向け】【上級者向け】の3つに分けて詳しく見ていこうと思います。 それぞれの分け方は以下の通りです。

  • 【初級者向け】・・・GPSなしで低価格
  • 【中級者向け】・・・GPS機能や心拍計などの機能が揃っている
  • 【上級者向け】・・・トライアスロンやトレイルランニングなどの長距離に向いている


購入を検討されている方、ぜひ参考にしてみてください。


それではいってみましょう!




【買う前にここを見よう!】ランニングウォッチの選び方!


①GPS機能がついているか




ランニングウォッチは大きく2つのタイプに分かれます。

  • GPS機能がないもの
  • GPS機能があるもの


GPS機能がないものは走り始めてから終わるまでのトータルタイムを測るストップウォッチのような役割を果たします。ですので、走った距離は測れませんが、レースのタイムが分かればいいという方はGPSなしでもの足ります。


一方、GPSありの場合、位置情報から走った距離とタイムが分かります。1キロごとのペースも随時表示してくれるので、自分の今のペースがどれくらいかリアルタイムで知れるのは便利です。


1キロごとのペースが分かればフルマラソン(42.195キロ)のゴール時間も割り出すことが可能です。


購入するなら、GPS機能は必須といっていいでしょう。




②稼働時間がどれくらいあるか




フル充電時にどれくらい電池が持つのか、これも確認しましょう。


フルマラソンの場合、制限時間が6〜7時間の大会が多いため、時間ぎりぎりまで走っていても電池が切りれないかが重要です。


走っている途中で電池が切れて、計測できないて嫌ですもんね。


稼働時間ですが、通常の時間とGPS起動時でバッテリーの持ちが全然違いますので、GPS起動時の時間を確認しましょう。


ぼくが使用しているランニングウォッチは通常7日間、GPS時11時間と長い時間起動し続けられるのが特徴です。


もう一度伝えます。必ずGPS起動時の時間を確認しましょう。(最低でも5〜6時間は欲しい)




③防水機能があるのか




腕につけているので汗でベルト周辺が濡れてきます。


汗のせいで故障してはランニング中つけられないですよね。


また、マラソンは雨天決行です。


嵐のような天候以外は開催されるので、雨にも強い防水機能が求められるでしょう。


最近のランニングウォッチはスイム可能なものも出ているので大丈夫だと思いますが、防水機能の種類も確認しておきましょう。


しぶき、雨、雪、シャワー、スイミング、シュノーケリング、スキューバダイビングなど防水機能のタイプによって変わってきます!


最低でも、しぶき、雨、雪に対応しているものがいいでしょう。




④腕につけて疲れないかどうか(フィット感)




ランニングは腕を振って走るため、なるべくつけていても違和感のない「軽いもの」を選びましょう。


トレーニングの1時間なら違和感がなくつけれていても、フルマラソンで4時間、5時間もつけて走ると疲れるといったことが起こります。


女性向けのものは小さく作られており軽いためおすすめです。




⑤アプリと連動できるか




ランニングウォッチの中には専用アプリと同期できるものもあります。


アプリ上でトレーニングメニューの作成、行なったトレーニングの確認ができます。


ランニングウォッチの場合、ディスプレイをタッチして操作する形でないものが多いため、どうしても操作がめんどうです。


アプリだと走った距離・ペースをグラフで表示してくれたり、1ヶ月単位で集計できたりと何かと便利なんです。


また、最近ではSNSにトレーニングデータをアップする場合も増えてきました。アプリなら簡単に作成・アップが行えます。 SNSにアップしてラン友に報告しよう。




↑ Instagramでトレーニング報告も簡単に設定できます。




⑥その他(あったら便利!なくても大丈夫!)


最後にあったら便利!なくても全然問題ない機能の紹介です。


一つは心拍計です。


手首から計測し、リアルタイムで心拍数を把握できます。練習を重ねると、同じペースでも心拍数が少なくなる(体の負担が減っている証拠)ので練習の成果を感じやすくなります。


↑ 心拍数の例


他には、見やすいディスプレイです。走っていても、今のペースや走行距離、タイムが一目で見れるほうがストレスないです。太陽の照り返し、夜間でも見やすいかどうかもポイントです。


最後はデザインです。


普段からつけていられるものなのか。2、3万払って使用するのはランニング中のみだと、なんだか勿体無い気がしますよね。


どうせなら、ランニング以外でもつけられるデザインのものを探すとお得かも!!!




〜1万円のおすすめのランニングウォッチ【初級者向け】


CASIO(カシオ) 「STR-300J」シリーズ





※5気圧防水・・・水仕事、水泳にお使いいただけます。スキンダイビング、高とび込み、ウインドサーフィン×




CASIO(カシオ)が販売しているビビッドな色を配したモデル「STR-300J」シリーズ


グリーン、ピンクなどを配色しており、ジョギングやマラソンなどのファッションにマッチするモデルとなっています。


時計本体はコンパクトで重さは30gとランニングの妨げになりません。


電池寿命は約10年と長い間使用していただけるランニングウォッチとなっています。






SOMA(ソーマ) 「RunONE 50」





GPS機能×
防水性能5気圧
バッテリー駆動時間2年
価格 ¥7,000+税

※5気圧防水・・・水仕事、水泳にお使いいただけます。スキンダイビング、高とび込み、ウインドサーフィン×




SOMA(ソーマ)が販売している「シンプルで使いやすい」をコンセプトにした入門編ランニングウォッチ


時刻の確認ができる「タイム機能」や時間の計測ができる「タイマー機能」などマラソンに必要な計測が行えます。


また、『カットオフタイマー』という機能があり、レースの各チェックポイントの通過制限時刻を設定することでチェックポイントまでの残り時間をカウントダウン表示してくれます。


これで走行ペースを調整しながら完走に向けて走ることができます。


ラップの保存も50コまでなら行えたり、電池の寿命も2年間も持ち、また、水仕事、水泳などの防水性能も兼ね備えています。


重さが33gと女性でも着けやすい軽さが特徴のランニングウォッチとなります。






SOMA(ソーマ) 「RunONE 100SL」





GPS機能×
防水性能10気圧
バッテリー駆動時間3年
価格 ¥8,500+税

※10気圧防水・・・水仕事、水泳、スキンダイビングなどにお使いいただけます。スクーバダイビング×




SOMA(ソーマ)が販売している「より薄く、快適に、そして使いやすく」をコンセプトにしたランニングウォッチ


時刻の確認ができる「タイム機能」や時間の計測ができる「タイマー機能」などマラソンに必要な計測が行えます。


クロノグラフ計測機能(ランモード)では、スタートからゴールまでの計測(ラン)と、そのランニング中の特定の区間を通過するまでの時間(ラップ)を計測することができます。


ラップの保存も100コまでなら行えたり、電池の寿命も3年間も持ち、また、水仕事、水泳などの防水性能も兼ね備えています。


ランニング中のラップやスプリットの画面切り替えなどランナーに役立つ機能が搭載されているランニングウォッチとなります。






1万〜4万円のおすすめのランニングウォッチ【中級者向け】


Garmin(ガーミン) 「ForeAthlete® 230J」




GPS機能
防水性能5 ATM
バッテリー駆動時間トレーニング16時間
価格 ¥ 18,334

※防水機能 「5 ATM」・・・水深50mの水圧に対応
※駆動時間はGPS起動時の時間



距離、ペース、タイム、心拍数(別売りセンサー使用時)、VO2 Max(別売りセンサー使用時)が測れるGPSランニングウォッチです。


屋内トラックやトレッドミルでランニングする際にアクセサリなしで内蔵された加速度計が距離とペースを測ってくれる優れもの。


ランニングしていない時にはライフログとして、ステップ数、距離、消費カロリー、睡眠も毎日計測してくれ、座ったまま1時間経つと「体を動かすよう」に通知してくれます。


森の奥地でも正確にあなたの位置を特定をしてくれるGPS、GLONASSでより正確なタイムを計測可能です。


専用アプリケーション「Garmin Connect」で毎日のトレーニングデータを把握、共有できる点も魅力的です。


ランニングウォッチとしての最低限の機能は一通り揃っているかつ一番価格が安いモデルとして、初めは安いもので様子を見たい方におすすめです。







Garmin(ガーミン) 「ForeAthlete 45」




GPS機能
防水性能5 ATM
バッテリー駆動時間最大11時間
価格 ¥ 24,800

※防水機能 「5 ATM」・・・水深50mの水圧に対応
※駆動時間はGPS起動時の時間



ForeAthlete 45は先ほどの機能(ForeAthlete® 230J)に加え、手首で心拍数を測定する機能がついているランニングウォッチです(別売りセンサーなしで測定ができます。)


GPSを使ってペースや距離のデータを追跡してくれ、専用アプリケーション「Garmin Connect」を使えばGarmin Coachによるアドバイスを得ることができちゃいます。


これであなただけのパーソナルコーチがトレーニングメニューからフィードバックまで手首から教えてくれます。


特徴はなんと言っても「軽さ」です。とにかく軽くて着けている感覚が全くないほど。


ForeAthlete 45シリーズには「45」と「45s」があり、大きさによって分かれます。


「45s」の方が全体的にコンパクトで、重さが「32g」しかありません。(価格が一番高いForeAthlete 945は「50g」です。)


ForeAthlete 45はランニングのほかに、筋トレ、ヨガなどのジムアクティビティがこのモデルでは追加されています。


ForeAthlete 45シリーズはとにかく軽くて女性向きなデザインが特徴となっています。(ちなみにぼくも愛用しています。)







Garmin(ガーミン) 「ForeAthlete 245 / ForeAthlete 245 Music」




GPS機能
防水性能5 ATM
バッテリー駆動時間最大22時間
価格 ¥ 34,800

※防水機能 「5 ATM」・・・水深50mの水圧に対応
※駆動時間はGPS起動時の時間



ForeAthlete 245シリーズは通常のもの(ForeAthlete 245)と音楽が聴けるもの(ForeAthlete 245 Music)の2つに分かれます。


ForeAthlete 245では、現在のトレーニング状況を評価し、トレーニング不足や過度なトレーニングを表示してくれます。


また、過去7日間の運動量が測定され、あなたの最適なフィットネスやトレーニング履歴と比較してくれます。


ほかには、ランニングフォームの分析ツールが備わり、ピッチ、ストライド幅、設置時間などを測定。


ランニングやレースをする度に毎回最高の結果を実現できるよう、あなたのフォームを理解する役割を果たします。


また、今作からスイム(プール水泳)も対応。陸から水中まで自分にあった方法でトレーニングを行えます。


価格帯から機能までバランスの整ったタイプで本格的にマラソンを始める方におすすめしたいランニングウォッチです。




↑ 音楽聞けないタイプ

↑ 音楽聞けるタイプ


POLAR(ポラール) 「M200」




GPS機能
防水性能水泳が可能
バッテリー駆動時間最長6日間
価格 ¥16,480

※駆動時間は日常生活の使用



24時間365日アクティビティトラッカー機能付きの「M200」


正確な手首型心拍計(別売りアクセサリ)と内蔵GPSを備えた防水腕時計で最適なワークアウトを提供してくれます。


GPSがついているので、マップ上の位置を確認でき、スピード、距離、走行ルートを記録します。


他には、個々のトレーニング目標の設定やランニングプログラムで、自分に合ったランニングプランを無料で活用できる機能も!!!


時計と連動する専用アプリケーション「POLAR FLOW」を使えば、トレーニングデータの進捗状況や分析、活動量と睡眠と言ったライフログも残せます。


バッテリーはトレーニング用の時間の記載がなく、日常生活の使用で最長6日間持ちます。


価格的にもお求め安いランニングウォッチとして初心者の方にオススメです。






POLAR(ポラール) 「M430」




GPS機能
防水性能水泳が可能
バッテリー駆動時間最大8時間
価格 ¥22,800

※駆動時間はトレーニング中の時間



手首での心拍計測、高度なランニング機能、Polar ランニングプログラムを備えた「M430」


M430は心拍計がすでに内蔵されているため、手首から簡単かつ正確に心拍数を計測できます。


心拍計が内蔵されたことにより、今作から心拍計測によるフィットネステストも行えます。


安静時の心拍数、心拍数変動、基本情報から、エアロビクスフィットネスを測定してくれます。


心拍数の測定は、練習を重ねると、同じペースでも心拍数が少なくなる(体の負担が減っている証拠)ので練習の成果を感じやすくなります


また、トレーニング後に欠かせない良質な睡眠。「Sleep Plus」では、毎晩の良質な睡眠を可能にするツールを提供しています。


最高の状態でトレーニングが行えるようにメンテナンスの部分にまで力を入れているため、健康面までサポートをして欲しい方にオススメです。






POLAR(ポラール) 「Vantage M」




GPS機能
防水性能水泳が可能
バッテリー駆動時間最大30時間
価格 ¥37,800

※駆動時間はトレーニング中の時間



GPSと手首型心拍計を備える万能マルチスポーツ&ランニングGPSウォッチ「Vantage M」


「新Precision Primeセンサー・フュージョン・テクノロジー」で心拍数を計測します。 とにかく従来の心拍測定法より優れた画期的なシステムです。


「Vantage M」ではトレーニングによる身体への負荷とパフォーマンスへの影響を確認することができます。


「トレーニングがどの程度ハードであったか」、「トレーニングによる負荷の度合い」、「最近のトレーニングでの疲労度」まで過去7日間の毎日の平均と比較できるので振り返りも簡単です。


トレーニングメニューはランニング以外に、スイム、サイクリング、筋トレなど130を超えるスポーツが選択できるようになりました。


トレーニングによる疲労度や回復具合の確認、また、より高度な心拍測定でランニングに役立てたい方にオススメです。






SUUNTO(スント) 「SUUNTO AMBIT3 RUN」





GPS機能
防水性能50 m
バッテリー駆動時間10時間
価格 ¥28,600

※駆動時間はトレーニング中の時間



フルマラソン完走をサポートする、ランナーのための最上級のGPSつきランニングウォッチ「SUUNTO AMBIT3 RUN」


GPS機能ついているので、どこにいてもスピード、ペース、距離を計測をするので充実したランニングライフが楽しめます。


ルートナビゲーション、スリープリカバリー測定機能などランニングの楽しさを追求するためのツールが備わっています。


Suuntoアプリと紐づければ、トレーニングでも時計を調整することができ、ワークアウトの作成、ラン仲間と共有することができます。


心拍ベルト(別売り)を取り付ければ、常に心拍数も測れます。


バッテリー持続時間は10時間(5秒間隔測位時)とフルマラソン、ウルトラマラソン共に電池切れになる心配がありません。


GPS機能がついており、マラソンの計測もできるランナーのためのランニングウォッチとなっています。






SUUNTO(スント) 「SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR」





GPS機能
防水性能50 m
バッテリー駆動時間10時間
価格 ¥35,090

※駆動時間はトレーニング中の時間



トレーニング、ライフスタイル共に使用できる軽量でコンパクトなGPSつきランニングウォッチ「SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR」


見た目の美しさを追求してデザインされた「SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR」はトレーニング中だけでなく、ライフスタイルでも十分活躍できます。


軽量かつコンパクトながら、ジムでのトレーニング、トレイルラン、トライアスロンなど様々なトレーニングの計測が可能です。


手首での心拍数測定機能(元から備わっています)により、日常的なアクティビティと睡眠時間をモニタリングできるので、毎日のトレーニングの経過を確認できます。


SUUNTOアプリと紐づければ、毎日の活動とトレーニングの記録データ、傾向がチェックできるのであなた専属のコーチがサポートします。


GPSを使用するトレーニングモードでのバッテリー駆動時間は10時間とフルマラソン、トライアスロン共にサポートできる時間あるのは安心ですね。


心拍測定で毎日のトレーニング、ライフスタイルを計測で自己管理ができます。また、軽量でコンパクトなので女性におすすめです。






4万円〜のおすすめのランニングウォッチ【上級者向け】


Garmin(ガーミン) 「ForeAthlete 945」




GPS機能
防水性能5 ATM
バッテリー駆動時間約32時間
価格 ¥ 69,800

※防水機能 「5 ATM」・・・水深50mの水圧に対応
※駆動時間はGPS起動時の時間



ガーミンランニングウォッチの中で全ての機能が揃った最上級シリーズです。


ペース、距離、心拍数、ランニングフォームの分析、GarminPayなど一通りの機能が揃っています。


音楽再生機能搭載で最大1000曲保存でき、Bluetooth接続に対応したイヤホン装着でスマホなしで音楽が楽しめます。




トレーニングモード(GPSモード+光学式心拍計)で約32時間のバッテリーの持ちで長時間の大会ウルトラマラソン(100キロ)やトライアスロンもラクラク使用できます。


ランニングのほかに、ゴルフ機能(グリーンまでの距離、ショット距離の測定)やハイキング・スキーと言ったアウトドア機能まで詰まった万能タイプのランニングウォッチです。


ランニングのサポート機能が一通りそろっているのでお金に余裕のある方はこちらのシリーズの購入をおすすめします。






POLAR(ポラール) 「Vantage V」




GPS機能
防水性能水泳が可能
バッテリー駆動時間最大40時間
価格 ¥69,800

※駆動時間はトレーニング中の時間



マルチスポーツ & トライアスロンのトレーニング向け「Vantage V」


プロアスリートやプロのようにトレーニングに臨むアスリートのために設計されたプレミアムマルチスポーツウォッチです。


トレーニングと休養の両者のバランスを整え、ケガのリスクを削減、リカバリー状態の情報を提供します。


新登場のTraining Load Proでは、トレーニングセッション中の様々な要因が身体に与える負荷を、包括的に確認することができます。


他の心拍数計測機能との併用により、あなたのスポーツ種目に合わせた最適な心拍数測定方法を提供。


また、ランニングパワーのモニタリングではインターバルトレーニングやヒルトレーニングでの筋肉への負荷を算出します。


最先端のスポーツテクノロジーで正確性に優れたデータを提供して欲しい方にオススメです。






SUUNTO(スント) 「SUUNTO 9」





GPS機能
防水性能100 m
バッテリー駆動時間25時間
価格 ¥53,130

※駆動時間はトレーニング中の時間



大容量バッテリーでマルチスポーツに適したランニングウォッチ「SUUNTO 9」


「SUUNTO 9」はバッテリー寿命が最大120時間と長時間の使用に適しています。


GPSはバッテリーを激しく消耗しますが、「SUUNTO 9」は長距離の正確な測定を可能にしています。


それもそのはず、GPSは4つの衛星(GPS、GLONASS、GALILEO、QZSS)から電波を受信するのでより精度が上がり、安定して記録し続けます。


さらにどんな環境下でも耐え抜く耐久性が強みです。


数千時間のテストを行っており、水泳、サイクリング、ランニング、登山など様々なトレーニングにも使える最高のランニングウォッチです。


フルマラソンやトレイルランニングなど長距離の使用に適しており、また、天候が変わりやすい「登山」のお供に最適なランニングウォッチです。






まとめ ランニングウォッチはおすすめの物から選ぼう!


おさらいですが、ランニングウォッチは以下の点を見て購入を検討するといいでしょう。

    ①GPS機能がついているか
    ②稼働時間がどれくらいあるか
    ③防水機能があるのか
    ④腕につけて疲れないかどうか(フィット感)
    ⑤アプリと連動できるか
    ⑥その他(あったら便利!なくても大丈夫!)


今回は【初級者向け】【中級者向け】【上級者向け】の3つに分けてご紹介しましたが、あなたに合う物から選ぶといいでしょう。


ランニングウォッチを手に入れて、快適なランニング生活をぜひ楽しんでくださいね!!!




●関連記事
Garmin(ガーミン)おすすめランニングウォッチの5選

POLAR(ポラール)おすすめランニングウォッチの5選

SEIKO(セイコー)おすすめランニングウォッチ

CASIO(カシオ)おすすめランニングウォッチ2選【初心者向け】

SOMA(ソーマ)おすすめランニングウォッチ2選【初心者向け】

SUUNTO(スント)おすすめランニングウォッチ6選




最新情報をチェックしよう!