ランニングギア

ランニングにおすすめの完全ワイヤレスイヤホン6選【マラソン経験者が語る】

悩んでいる人
悩んでいる人
ランニング向きのイヤホンの選び方は?おすすめのイヤホンはどれですか?

そんな疑問にお答えします。

揺れの激しいランニングにおいて安定した装着感や汗で壊れない防水性など、ランニングに向いている機能はいくつかあります。

重要な機能は下記の通りです。

ランニング向けイヤホンの選び方
・完全ワイヤレスイヤホン
・装着感
・防水性
・連続再生時間

この記事では、ランニングにおすすめのイヤホンをご紹介します。

この記事を読むと、ランニング時にストレスなく音楽を楽しめるおすすめのイヤホンが分かります。

結論、「完全ワイヤレスタイプ」、かつ「フィット性に優れた」イヤホンを選びましょう。

ランニング向けイヤホンの選び方

それでは、 ランニングに最適なイヤホンの選び方は下記の通りです。

ランニング向けイヤホンの選び方
・完全ワイヤレスイヤホン
・装着感
・防水性
・連続再生時間

一つずつ見ていきます。

完全ワイヤレスイヤホン

ランニングでは、コードが全くない完全ワイヤレスタイプを選びましょう。

完全ワイヤレスとワイヤレスの違い

「ワイヤレス」はイヤホン同士をつなぐケーブルがあり、首の後ろに回すタイプのイヤホン。「完全ワイヤレス」は左右のイヤホンが完全に独立しているタイプです。

コードがあると身体に当たったり、腕を振ることでイヤホンが耳から外れてしまいます。

また、コードが身体に擦れることで「ガサガサ」と嫌な音が発生し、楽しいはずの音楽が返ってストレスを与えてしまいます。

特にフルマラソンでは、3〜7時間に渡り走り続けるため、ストレスフリーな完全ワイヤレスイヤホンを選びましょう。

装着感

ランニングでは、着地と蹴り出しにより身体が上下に振動するため、装着感・フィット感が重要になります。

装着性が高い、イヤホンには大きく3つのタイプがあります。

イヤホンの選び方
・カナル型
・インナーイヤー型
・骨伝導型

カナル型

耳の中の形に沿って作られているので、耳の穴にピッタリフィットし、落ちにくいタイプ

インナーイヤー型

耳の隙間にひっかけるように装着するもので、耳の中はゆとりがあるが、耳の奥隙間に引っ掛けることで落ちにくいタイプ

骨伝導型

耳を塞がないタイプで、耳の上でしっかり固定されるので、耳の中に入れなくても落ちない

ポイント

カナル型、インナーイヤー型は耳が塞がれているため、公道を走る際は注意が必要です。安全面を考慮するなら、骨伝導型がおすすめです。

防水性

汗や雨によって故障しないよう、防水性能が高いイヤホンを選びましょう。

防水表記は、「IPX〇」で記されています。
↑ 〇には数字が入り、数字が大きくなるほど性能が高いことを意味しています。

防水の等級 0 ~ 8 まで

防水表記について

ランニングで安心して使用するなら、IPX5以上※のものを選びましょう。

※長時間の大雨での使用でなければ「IPX4」でも可。

ちなみに、トライアスロンでも使用したい場合は、海の中でも壊れにくい「IPX7、IPX8」を選びましょう。

連続再生時間

フルマラソンでも使用する場合は、3〜8時間連続で再生できるものを選びましょう。

ポイント

大規模なフルマラソン大会(参加者7,000人〜)の制限時間は6〜7時間が多い

おすすめのマラソン大会は下記をご覧ください。
初心者が完走しやすいフルマラソン大会21選

注意点

イヤホン単体の再生時間を見るようにしましょう。中には、付属ケースで充電した場合の再生時間の記載があります。マラソン大会では付属ケースに入れて充電することができないため、単独での再生時間を見ることをおすすめします。

ランニングにおすすめのイヤホン6選

それでは、本題であるおすすめのイヤホンをご紹介します。

WF-SP800N [SONY]

参照 SONY公式サイト WF-SP800N

SONYが販売する、ノイズキャンセリングに、重低音の音楽が楽しめるSONYのスポーツモデル。

ノイズキャンセリングと外音取り込みモードを搭載しており、室内ではノイズキャンセリングで余計なノイズをシャットアウトし、ランニング時は外音取り込みモードで周囲の音を取り込み、安全に走行できます。

アークサポーター(イヤーフック)を搭載しているため、耳の隙間に引っ掛けることでランニング時でも外れにくく、高い装着性を実現。

また、防水・防塵性能「IP55」と、汗や雨にもしっかり対応しており、運動後に本体を軽く水洗いすることで衛生面も確保しています。

本体の稼働時間9時間と、フルマラソン1回分バッテリーが持続するアイテムです。

ノイズキャンセリング機能が欲しい方におすすめです。

再生時間9時間
防水・防塵IP55
ノイズキャンセリング対応
価格(税込)オープン価格

Bose Sport Earbuds [BOSE]

参照 BOSE公式サイト Bose Sport Earbuds

BOSEが販売する、特許技術を搭載した音響ポートでBOSE特有の迫力のあるサウンドが楽しめるワイヤレスイヤホン。

傘形をした独自のチップ※が耳の穴全体にしっかりフィットするため、どれだけ頭を振っても、ジャンプしても、外れません。

※3種類のサイズがあるので、あなたの耳に合うサイズが見つかります。

また、IPX4の防滴仕様で、汗や雨に強く、ランニング中に雨が降ってきても水の飛沫からイヤホン内部のエレクトロニクスを保護します。

1回の充電で最大5時間の連続再生と、やや再生時間の短さはありますが、普段のランニング時にメインで使用する分には十分すぎる時間が備わっているアイテムです。

BOSE特有のサウンドが好みの方、ノイズキャンセリング機能はいらないよって方におすすめです。

再生時間5時間
防水・防塵IPX4
ノイズキャンセリング非対応
価格(税込)¥ 24,200

Jabra Elite 7 Active [Jabra]

参照 Jabra公式サイト Elite 7 Active

Jabraが販売する、ノイズキャンセリングとヒアスルー機能が搭載されたイヤホン。

アクティブノイズキャンセリング (ANC) を使用することで一瞬で周囲の邪魔なノイズを遮断、また、ヒアスルー機能はイヤホン内蔵のマイクが周囲の音を拾うため、ランニング中に後ろから近づいてくる車両の音をキャッチします。

また、特殊なリキッドシリコンラバーでコーティングすることにより、ウイングがなくても耳にしっかり固定され、歩いても走ってもジャンプしても落ちません。

片耳わずか5.5gと超軽量で、従来の最小モデルイヤホンよりも16%コンパクトなので、長時間装着してもストレスフリーなアイテムです。

クリアな通話品質なので、ワークアウトだけでなく。ビジネスシーンの使用もおすすめです。

再生時間8時間
防水・防塵IP57
ノイズキャンセリング対応
価格(税込)¥ 23,980

OPENRUN PRO [Shokz]

参照 Shokz公式サイト OPENRUN PRO

Shokz(旧AfterShokz)が販売する、耳を塞がなくても良い骨伝導タイプのイヤホン。

第9世代の骨伝導テクノロジーを採用し、鮮明でクリアな中高音を実現するとともに、新しいShokz TurboPitch™テクノロジーにより、驚くほど深みのある低音を実現。

また、ネックバンド型のチタンフレームはランニング中でも安定した装着感を実現し、激しい揺れでもイヤホンが落ちないよう設計。

防水防塵性能が「IP67」と、完璧な防水機能を備えているほか、最長10時間の連続再生時間なので、フルマラソンでもバッテリー切れを気にする必要がなく、音楽が楽しめるアイテムです。

着用している感覚がないほどの装着感なので、長時間音楽を聞きたい方におすすめです。

再生時間10時間
防水・防塵IP55
ノイズキャンセリング対応
価格(税込)¥ 23,880

Soundcore Sport X10 [Anker]

参照 Anker公式サイト Soundcore Sport X10

Ankerが販売する、Anker独自のBassUp™テクノロジー搭載で、パワフルな重低音で音楽が楽しめるイヤホン。

「ノイズキャンセリング」「外音取り込み」「標準」の3つのモードから選択でき、集中したいときはノイズキャンセリングで自動車や飛行機のエンジン音など低周波ノイズを除去、ランニング時は外音取り込みモードに切り替え、外音を取り込んで安全に走行できます。

また、柔らかい質感のシリコン製のイヤーフックにより快適で軽い付け心地を実現し、ランニング中も外れにくく、耳にしっかりとフィット。

IPX7の防水規格対応で、雨や汗などを気にせず安心して走行できるアイテムです。

再生時間8時間
防水・防塵IPX7
ノイズキャンセリング対応
価格(税込)¥ 9,990

BEATS FIT PRO [Beats]

参照 Beats公式サイト BEATS FIT PRO

Beatsが販売する、ノイズキャンセリング搭載のイヤホン。

あらゆるスポーツのアスリートによる徹底的なテストから生まれた、柔軟なウィングチップは耳の形に合わせてフィットするので、快適で安定した着け心地が実現。

また、ダイナミックヘッドトラッキングによる空間オーディオをサポートしているので、ランニング中も臨場感あふれるサウンドが楽しめるアイテムです。

再生時間6時間
防水・防塵IPX4
ノイズキャンセリング対応
価格(税込)¥ 28,800

まとめ

今回は、ランニングにおすすめのイヤホンをご紹介しました。

改めて、ランニングにおいて重要な機能は下記の通りです。

ランニング向けイヤホンの選び方
・完全ワイヤレスイヤホン
・装着感
・防水性
・連続再生時間

最後に、個人的におすすめのイヤホンは、Shokzの「OPENRUN PRO」です。

参照 Shokz公式サイト OPENRUN PRO

理由は、下記の通りです。

OPENRUN PROがおすすめの理由

・耳を塞がないので衛生面に優れている

・全くズレないのでストレスフリー

・再生時間が10時間と長い

・マラソン大会でも使用できる

ぜひ、参考にしてみてください。

本日は以上です。

イヤホンレビュー記事はこちら
Air Pods Pro
EVIO X1
Aeropex
E3
WF-1000XM3
SOUNDSPORT FREE WIRELESS HEADPHONES

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れをまとめました。

初めてフルマラソン出場する方を対象に、下記の内容が分かります。

  • マラソン大会の選び方
  • 購入すべきランニンググッズ
  • 完走するためのトレーニング方法
  • レース前日や当日の過ごし方

▼詳しくはこちら
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間2,500km走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 4:06:27(第32回ぐんまマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
フルマラソン完走を目指す方におすすめのサプリメント「カツサプ」

カツサプは「乳酸をエネルギーに変換」「筋肉痛の軽減」「足つりの軽減」を実感できる画期的なサプリメントです。

主に、『ここ一番で力を発揮したい』、フルマラソン本番時に摂取することを目的に作られています。

「フルマラソン初完走を目指す方」「記録更新を狙う方」におすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA