ランニングシューズ

【2020年版】On(オン)おすすめランニングシューズ7選!目安ペースごとに解説!

On(オン)おすすめのランニングシューズが知りたい!


そんな疑問にお答えします。


On(オン)は、スイス生まれでランニングシューズ・ウェアを展開しているブランドです。


特徴は、世界初の特許技術「着地など、必要なときに作動する衝撃吸収システム」を採用。


これにより、ソフトな着地と勢いのある蹴り出しを実現させてくれます。


今回は、On(オン)おすすめのランニングシューズをご紹介します。


サブ2.5〜サブ5の目安ペースごとに紹介していくので、初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。


今回紹介するシューズはすべて、メンズ・ウィメンズ対応です。


それでは、いってみましょう。




ランニングシューズの選び方【買う前にここをみよう】


まずはじめにランニングシューズの選び方を見ていきましょう。


マラソン経験者だからこそ思うランニングシューズを選ぶ際のポイントです。

    ①自分の足を測定する
    ②自分のランニングレベルに合ったものを選ぶ
    ③店員に聞いてみる
    ④実際に履いて走ってみる


それぞれの詳しい解説を見たい方は下記のリンクをチェック!

関連記事:マラソン完走者が教えるランニングシューズの選び方4選【買う前にここをみよう】




【徹底解説】On(オン)おすすめランニングシューズ7選


【サブ2.5向け】Cloudflash(クラウドフラッシュ)


出展:On(オン)公式HPより


On(オン)の中で最もスピード重視をしたレース用シューズ。


超軽量メッシュ素材を使用しており、重さはなんと211g。


特徴は、この軽さと、着地の衝撃をエネルギーに変換するする機能「Speedboard」により、前へ蹴り出す力をサポートしてくれます。


寿命は使用状況にもよりますが、300キロ〜400キロ。


レース用のシューズの寿命は耐久性は低く、クッション性や反発力が落ちるため、レース本番前後の使用がいいでしょう。


スピード重視モデルなので、サブ2.5を目指している方におすすめのランニングシューズとなっております。

    ¥20,680







【サブ3向け】Cloudrush(クラウドラッシュ)


出展:On(オン)公式HPより


高いパフォーマンスを生み出せるクッション性をプラスしたレース用シューズ。


メッシュアッパーのスケルトンデザインが特徴的で、また、反射材が暗闇での可視認性を向上させています。


特徴は、耐摩耗性ラバーで作られたパーツは18個備わり、反発力に優れ、着地で受ける衝撃をしっかりと和らげてくれます。


寿命は使用状況にもよりますが、300キロ〜400キロ。


レース用のシューズの寿命は耐久性は低く、クッション性や反発力が落ちるため、レース本番前後の使用がいいでしょう。


スピード重視モデルなので、サブ3を目指している方におすすめのランニングシューズとなっております。

    ¥16,280







【サブ3.5向け】Cloudflow(クラウドフロー)


出展:On(オン)公式HPより


軽量でクッション性に優れた、トレーニング兼レース用シューズ。


軽量素材を使用しており、疲労した足のサポート力、シューズ内の通気性を確保した、軽量快適シューズです。


特徴はカーブのついたヒールユニットにより、ホールド感、耐久性、履き心地を向上。


自由で流れるような走りを実現してくれます。


寿命は使用状況にもよりますが、500キロ〜800キロ。


トレーニング時の使用のほかに、サブ3.5を目指している方におすすめのランニングシューズとなっております。

    ¥16,830




【サブ3.5向け】Cloudsurfer(クラウドサーファー)


出展:On(オン)公式HPより


レースでも使用可能なトレーニングシューズのような快適性を実現した、トレーニング兼レース用シューズ。


通気性を高めた素材を使用しており、どんなスピードでも快適性をキープ。


特徴は、反発力に優れた走り心地と履き心地


なので、長時間ランニングでも足へのストレスを感じさせません。


寿命は使用状況にもよりますが、500キロ〜800キロ。


トレーニング時の使用のほかに、サブ3.5〜サブ4を目指している方におすすめのランニングシューズとなっております。

    ¥17,380







【サブ4向け】Cloudswift(クラウドスイフト)


出展:On(オン)公式HPより


普段のトレーニングで最高のパフォーマンスを発揮する、トレーニング兼レース用シューズ。


地面からの熱気が強くても、通気性のあるメッシュのインソールが足をさわやかに保ちます。


特徴は、気候の寒暖に幅広く対応しているため、どんな気候でも高いパフォーマンスを提供します。


寿命は使用状況にもよりますが、500キロ〜800キロ。


トレーニング時の使用のほかに、サブ4を目指している方におすすめのランニングシューズとなっております。

    ¥17,380







【サブ4.5向け】Cloudflyer(クラウドフライヤー)


出展:On(オン)公式HPより


クッション性の高い、トレーニング兼レース用シューズ。


特徴は、軽量で高いクッション性を発揮する構造を採用しており、柔軟性と安全性を確保し、長距離でも快適さをキープします。


寿命は使用状況にもよりますが、500キロ〜800キロ。


トレーニング時の使用のほかに、サブ4.5を目指している方におすすめのランニングシューズとなっております。

    ¥17,380







【サブ5向け】Cloudstratus(クラウドストラトス)


出展:On(オン)公式HPより


2層構造で最高のクッショニングを誇るトレーニング兼レース用シューズ。


垂直方向と水平方向のクッショニングを高め、衝撃を減らしつつ、ランナーの動きをしっかりコントロール。


また、柔らくて丈夫、かつ通気性の高い履き心地を実現。


シューズ全体でランナーの自然な動きをサポートします。


寿命は使用状況にもよりますが、500キロ〜800キロ。


クッション性の高さから故障を防ぎたい方や、サブ5を目指している方におすすめのランニングシューズとなっております。

    ¥17,380







ほかのブランドのランニングシューズ一覧を見る





●こちらも合わせて読みたい

【どれにあてはまる?】4種類のマラソンの楽しみ方をご紹介!

初心者必見!ランニングウェアの選び方【買う前にここを見よう!】

初心者必見!ランニングコースの選び方【走る前にここを見よう!】

初心者が完走しやすいフルマラソン大会10選

フルマラソン完走するためのトレーニング方法12選【初心者向け】




ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA