ランニングギア

【2021年版】ランニングにおすすめのスポーツマスク5選

悩んでいる人
悩んでいる人
スポーツマスクの選び方は?おすすめのマスクはどれですか?

そんな疑問にお答えします。

いまや日常では当たり前のように着用しているマスクですが、ランニング時におすすめのマスクはどのようなものなのか。

この記事では、ランニングにおすすめのスポーツマスクをご紹介します。

この記事を読むと分かること
  • スポーツマスクのメリット
  • スポーツマスクの選び方
  • おすすめのスポーツマスク

購入後に失敗しないようにお気に入りのマスクを選んでみてください。

スポーツマスクのメリット

まずはじめに、スポーツマスクを着用するメリットは下記が挙げられます。

マスクを着用するメリット
  • ホコリや花粉、排気ガスを防げる
  • 感染症予防
  • 日焼け防止
  • 防寒対策

ホコリや花粉、排気ガスを防げる

口を覆うことでホコリや虫などの侵入を防ぎます。

強度の高いランニングでは何度も口呼吸をするため、ホコリや虫の侵入を気にすることなく呼吸できるのが強みです。

また、花粉を防ぐタイプは、花粉症対策として効果があります。

感染症予防

2020年1月から始まった新型コロナウイルスによりマスク着用が日常的となり、スポーツ時ももちろん対象となっています。

下記は、厚生労働省が提示した 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントです。

夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。このため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。

厚生労働省「令和2年度の熱中症予防行動について」より引用

このように屋外では、2m以上離れている場合のみマスクを外してもよいとされているため、人ごみの多いエリアで走る際に活躍します。

日焼け防止

UVカット機能がついていれば、日焼け対策に効果があります。

マスクは口周りを覆ってくれるので、帽子、サングラスと組み合わせれば顔全体を守ってくれます。

防寒対策

冬場には、防寒対策として活躍します。

ネックウォーマーでも対応できますが、マスクは動きながらでも着脱しやすい点がネックウォーマーとの違いです。

防寒対策として使用する場合、生地が厚いタイプのマスクを購入しましょう。

スポーツマスクの選び方

スポーツマスクを選ぶ際は、下記を見ましょう。

スポーツマスクの選び方
  • 通気性がよく、呼吸しやすいもの
  • ほこりや花粉の侵入を防ぐもの
  • 激しい揺れでもズレないフィット感
  • 抗菌加工、洗えるもの
  • 夏場使うならUVカット、接触冷感機能
  • 冬場使うなら防風・保温性機能

通気性がよく、呼吸しやすいもの

マスクを着用すると呼吸しづらいくなるため、なるべく通気性の良いものを選びましょう。

特に、長時間着用すると温度湿度が上がり、ムレやすくなります。

メッシュ素材などは通気性に優れているので、呼吸しやすく快適です。

ほこりや花粉の侵入を防ぐもの

ほこりや花粉の侵入を防ぐものを選びましょう。

スポーツマスクの中には、飛沫拡散防止機能がメインで、ほこりや花粉の侵入を防がないタイプもあります。

特に花粉症の人は、この機能が搭載されているかチェックしましょう。

激しい揺れでもズレないフィット感

マスク選びで重要なのは、激しい揺れでもズレないフィット感です。

顔にフィットしないマスクだと徐々に下に落ち、その都度直さなければいけないのでストレスです。

また、ストレスが溜まるとパフォーマンスの低下に繋がるので、顔にフィットするマスクがおすすめです。

抗菌加工、洗えるもの

抗菌加工された洗えるものを選びましょう。

口、鼻に密着するため、抗菌加工されていれば安心して繰り返し着用可能です。

夏場使うならUVカット、接触冷感機能

夏場に着用するなら、UVカット、接触冷感機能は必須です。

UVカット機能があれば、日焼け止めと併用して使うことで、より日焼け防止ができます。

また、長時間の着用で顔が熱くなるのを防ぐ接触冷感機能があったほうが快適でしょう。

冬場使うなら防風・保温性機能

冬場に着用するなら、防風・保温性機能は必須です。

とにかく寒さを防ぐには、長時間風を浴びても寒くなりにくい厚い生地、かつ顔周りを温めるものがおすすめです。

おすすめのスポーツマスク5選

それだけで、おすすめのスポーツマスクをご紹介します。

今回選んだものは、下記の5つになります。

おすすめのスポーツマスク
  • ベリークールフェイスマスク(YONEX)
  • UAスポーツマスク フェザーウエイト(UNDER ARMOUR)
  • CW-X SPORTS MASK for light exercise(CW-X)
  • マウスカバー(ZAMST)
  • ランナーマスク(D&M)

ベリークールフェイスマスク(YONEX)

YONEXが販売しているベリークールフェイスマスク

下記が、特徴です。

特徴
  • 肌に触れる部分には接触冷感を採用し、ひんやり快適
  • T型ワイヤーにより口とマスクの間に空間が生まれ、呼吸しやすい
  • 耳に装着する紐にはアジャスター付きでサイズ調整が可能
  • UPF50+のUVカット機能
  • 手洗い可能

接触冷感にUPF50+と、夏におすすめのマスクです。今回紹介する中で一番価格が安いコスパ最高のアイテムです。

サイズM、L
カラーアイスグレー、ホワイト、ネイビーブルー、アクアブルー、アイスブルー、ブラック・ネイビー
値段¥1,100(税込)
公式サイト公式サイトはこちら

UAスポーツマスク フェザーウエイト(UNDER ARMOUR)


UNDER ARMOURが販売しているUAスポーツマスク フェザーウエイト

下記が、特徴です。

特徴
  • 肌に触れる部分には冷感素材のアイソチルを採用し、ひんやり快適
  • 立体成型により口、鼻とマスクの間に空間が生まれ、呼吸しやすい
  • 裏側(鼻との接地面)にスエード調の生地を採用し、鼻から滑り落ちる(ズレ)のを防ぐ​
  • かぜ・花粉・ほこり等に対応
  • UPF50+のUVカット機能
  • 手洗い可能で速乾性に優れている

前作から40%の軽量化で、より快適なランニングを実現。フィット感も向上し、更にズレないマスクへと進化しています。夏向けではありますが、花粉の時期にも使えるアイテムです。

サイズXS/SM、SM/MD、MD/LG、LG/XL、XL/XXL
カラーMidnight Navy、Black、Pitch Gray
値段¥2,970(税込)
公式サイト公式サイトはこちら

CW-X SPORTS MASK for light exercise(CW-X)


CW-Xが販売しているCW-X SPORTS MASK for light exercise

下記が、特徴です。

特徴
  • マスク本体が8方向に伸びるので、どんな輪郭にもフィットする
  • エアポケットがあることで口、鼻とマスクの間に空間が生まれ、呼吸しやすい
  • 耳にかける上下の紐が下あごを引き上げるような適度な締付けによりフィット感が増し、ズレにくい​
  • 花粉に対応
  • UVカット率90%以上
  • 洗濯可能で速乾性に優れている

ワコールの立体設計技術を応用した3D設計により呼吸しやすいです。また、適度な締め付けにより小顔効果も女性人気がありそうなマスクです。

サイズM、L
カラーブラック、グレー、カーキ、ネイビー、ピンク
値段¥1,870(税込)
公式サイト公式サイトはこちら

マウスカバー(ZAMST)


ZAMSTが販売しているマウスカバー

下記が、特徴です。

特徴
  • メッシュ素材を使用しており、通気性は不織布マスクの約10倍
  • 立体設計により口、鼻とマスクの間に空間が生まれ、呼吸しやすい
  • 伸縮性に富んだ2wayストレッチ素材を採用しているので、しっかりとフィット
  • 洗濯可能で速乾性に優れている

飛沫対策用マスクカバーなので、あくまでランニング時のエチケット対策として使用しましょう。

サイズ小さめ、ふつう
カラーブラック、ライトグレー
値段¥1,760(税込)
公式サイト公式サイトはこちら

ランナーマスク(D&M)

D&Mが販売しているランナーマスク

下記が、特徴です。

特徴
  • メッシュ素材で優れた通気性なので、かなり呼吸しやすい
  • 吐く息をスムーズに外部に流すので、マスク内の温度の上昇を防ぎ、ムレにくい
  • 特殊フィルターが外部のホコリや飛沫拡散を防ぐ
  • 手洗い可能
  • UVカット機能

通気性やズレにくさが特徴のマスク。こちらも飛沫対策用マスクカバーなので、あくまでランニング時のエチケット対策として使用しましょう。

サイズM、L
カラーホワイト、ブラック、サックス、ピンク、ネオンイエロー
値段¥2,420(税込)
公式サイト公式サイトはこちら

>> 【レビュー】ランナーマスクの性能は?3ヶ月で8万枚販売したランニングに対応したスポーツマスクについて

まとめ

今回は、ランニングにおすすめのスポーツマスクをご紹介しました。

改めて、振り返ります。

マスクを着用するメリット
  • ホコリや花粉、排気ガスを防げる
  • 感染症予防
  • 日焼け防止
  • 防寒対策
スポーツマスクの選び方
  • 通気性がよく、呼吸しやすいもの
  • ほこりや花粉の侵入を防ぐもの
  • 激しい揺れでもズレないフィット感
  • 抗菌加工、洗えるもの
  • 夏場使うならUVカット、接触冷感機能
  • 冬場使うなら防風・保温性機能

また、おすすめのマスクは下記のとおりです。

おすすめのスポーツマスク
  • ベリークールフェイスマスク(YONEX)
  • UAスポーツマスク フェザーウエイト(UNDER ARMOUR)
  • CW-X SPORTS MASK for light exercise(CW-X)
  • マウスカバー(ZAMST)
  • ランナーマスク(D&M)

ぜひ、お気に入りのマスクを探してみて下さい。

本日は以上です。

●レビュー記事はこちら
UAスポーツマスク

>> メンズおすすめランニングウェア11選【マラソン大会に出場する方必見】

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れは下記をご覧ください。

▼フルマラソン完走ロードマップ
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA