ランニングギア

ランニング用バックパックおすすめ8選|揺れないリュックの選び方は?

悩んでいる人
悩んでいる人
おすすめのランニング用バックパックってどれですか?フルマラソンでも使えるアイテムが知りたいです。

そんな疑問にお答えします。

ランニング用バックパックとは、背中に背負うリュックやベストのことです。

通常のパックより、揺れにくいため、長時間背負っていても疲れにくく、ランニングに向いています。

また、レース以外に、トレイルランや通勤ランにも活躍するアイテムとなります。

そこで、今回は、おすすめのランニング用バックパックと選び方について解説します。

ランニング用バックパックの選び方

まずはじめに、ランニング用バックパックの選び方から見ていきます。

下記が選ぶ際のポイントです。

ランニング用バックパックの選び方
フィット感で選ぶ

ポケットへのアクセスしやすさで選ぶ

通気性に優れたものを選ぶ

容量(サイズ)で選ぶ

フィット感で選ぶ

ランニング時に揺れにくい、フィット性に優れたものを選びましょう。

着地のたびにパックが揺れると、肩に負担がかかり、疲労が溜まりやすくなります。

なので、胸周りを固定するチェストベルトや腰周りを固定するウエストベルトで身体にしっかり固定できるものがおすすめです。

また、「背負う」リュックタイプより「着る」ベストタイプのほうが揺れにくいです。

身体に密着する面積が大きいため、フィット感を重視するならベストがおすすめです。

ポケットへのアクセスしやすさで選ぶ

特に、レース時に使用する場合は、ポケットへのアクセスのしやすさを見ましょう。

エネルギー補給のために補給食を摂取するときや水分補給でフラスクを取る際に、走りながら手が届く位置にポケットがあるとタイムロスを防げます。

レース中、パックを肩から外し、持ち物を取り出し、再びパックを背負う行為はなるべく避けるべきです。

そのため、上記の画像のようにフロント(前面)部分にポケットが搭載されているものを選びましょう。

通気性に優れたものを選ぶ

常に、背中に密着しているため、背中がムレやすいです。

ムレてくると不快感をおぼえるため、通気性に優れたメッシュ素材を使用したものを選びましょう。

容量(サイズ)で選ぶ

使用する用途に合わせて、容量を決めましょう。

大きく、3つに分けることができます。

容量(サイズ)
・5L前後
・10L前後
・15L以上

5L前後

主に、普段のトレーニングやレース時に使用したい方におすすめです。

スマホ、小銭、カギ、リップクリーム、補給食など必要最低限の持ち物だけで済む上記のケースでは、5L前後のパックでOKです。

また、ウエストポーチアームカバーが苦手な方の中でバックパックを探している方は、5Lの容量であれば問題ないでしょう。

レースではタイムとの勝負なので、なるべくコンパクトなサイズを選びましょう。

ポイント

普段のトレーニングやレース時に使用する方におすすめ!

10L前後

主に、夏場のトレイルランや長時間のランニング時に使用したい方におすすめです。

着替え、タオル、補給食、ペットボトルなど持ち物が必要になるため、10Lあると安心です。

ポイント

夏場のトレイルランや長時間のランニング時に使用したい方におすすめ!

15L以上

主に、冬場のトレイルランや通勤ランで使用したい方におすすめです。

冬物のウェアは生地が厚く、かさばるため、容量が多い15L以上あるものを選びましょう。

また、通勤ランをする方もこのくらいの容量があると安心です。

ポイント

冬場のトレイルランや通勤ランで使用したい方におすすめ!

おすすめランニング用バックパック8選

ランニングバックパック [アシックス]

参照 アシックス公式サイト ランニングバックパック

アシックスが販売する、レインウエアやサングラスなどを容易に収納できるメインコンパートメント、ジェルやボトル用の専用ポケットを配備したバックパック。

フロント側には、脱いだジャケットを一時的にホールド可能なストレッチコードを装備し、常に手が空いた状態で走行できます。

また、通気性に優れるメッシュ素材を採用しているため、快適な着用感を実現したアイテムです。

サイズワンサイズ
対象男女兼用
容量
カラーパフォーマンスブラック×レイクドライブ
パフォーマンスブラック×ビブラントライム
パフォーマンスブラック
価格(税込)¥ 6,050

マーティンウィング10 [ザ・ノース・フェイス]

参照 ザ・ノース・フェイス マーティンウィング10

ザ・ノース・フェイスが販売する、レース用ランニングパックとして高い人気を誇るマーティンウィングシリーズの中型モデル。

ポケットの位置や容量をアップデートし、フロントには500mlのペットボトルが、本体下部に行動中でもアクセスしやすい収納ポケットを配備。

無駄を省いたシンプルな形で、レースだけでなく、日々のトレーニングにも使いやすいアイテムです。

※小型モデルに「マーティンウィング6」、大型モデルに「マーティンウィング16」があります。

サイズS、L
対象男女兼用
容量8L (S)
10L (L)
カラーブラック
バンフブルー
価格(税込)¥ 14,300

↓ Sサイズ8L、Lサイズ10L

↓ Sサイズ5L、Lサイズ6L

↓ Sサイズ13L、Lサイズ15L

フライトレースデイベスト8 [ザ・ノース・フェイス]

ザ・ノース・フェイスが販売する、身体への密着性を追求しながら、厳選した装備の携行が可能なベスト。

軽量性と耐久性を高いレベルで両立した素材を使用し、多彩な収納スペースを確保しながら、身体への追従性とフィット感を実現。

また、吸汗速乾機能を持ち、ベストを着ているかのようなフィット感とドライな着用感で快適さを維持するアイテムです。

サイズXS、S、M、L
対象男女兼用
容量XS/6L
S/6.5L
M/7L
L/7.5L
カラーブラック
ホワイト×ブラック
価格(税込)¥ 23,100

ACTIVE SKIN 8 [サロモン]

参照 サロモン公式サイト ACTIVE SKIN 8

サロモンが販売する、通気性に優れた素材とゆったりとした収納スペースを備えたハイドレーションベスト。

2 つの胸ポケットには 500mlのサロモンが販売している専用フラスクを収納できるため、喉が渇いても走りながら水分補給が可能に。

また、新しい調整システムによりベストが身体にぴったり沿うためバックパックが安定し、息苦しい締めつけ感がないアイテムです。

サイズXS、S、M、L、XL
対象男女兼用
容量8L
カラーWROUGHT IRON / SEDONA SAGE
BLACK / EBONY
GOJI BERRY / RED CHILI
NAUTICAL BLUE / MOOD INDIGO
価格(税込)¥ 10,890

レースベスト 6 [アルティメイトディレクション]

参照 アルティメイトディレクション公式サイト レースベスト 6

アルティメイトディレクションが販売する、自己ベストを更新するために設計されたレース用ベスト。

一人一人にあったフィット感に調整してくれるコンフォートシンチ™が3.0にアップグレードされ、身体をすっぽりと包み込む形状に改良。

また、保護メッシュパネルが追加された事により長時間、長距離のランニング時でも擦れから背中を守ってくれるアイテムです。

サイズSM、MD
対象男女兼用
容量8.5L
カラーOnyx
UD Blue
価格(税込)¥ 15,950

RUSH 3 AIR [パーゴワークス]

参照 パーゴワークス公式サイト RUSH 3 AIR

パーゴワークスが販売する、身につけていることを忘れる軽さと快適さを実現した、日本人ランナーのために開発されたバックパック。

伸縮性と通気性に優れたストレッチメッシュ素材を採用しているので、快適な背負い心地を実現。

また、前面にはスマホや財布、カギなどを収納できるジッパー付きポケット、背面には衣類やペットボトルが収納できるポケットがあるので、レースでも使えるアイテムです。

サイズワンサイズ
対象男女兼用
容量3L
カラーミッドナイト
スカイグレー
グレーシャー
価格(税込)¥ 7,700

ディスタンス4 ハイドレーションベスト [ブラックダイヤモンド]

参照 ブラックダイヤモンド公式サイト ディスタンス4 ハイドレーションベスト

ブラックダイヤモンドが販売する、トレイルランナー、ジョー・グラントとのコラボレーションによって誕生したベスト。

通気性に優れた「4ウェイストレッチメッシュ」素材を採用することで、快適な着用感を実現。

また、フラスクポケットや防水透湿素材「BD.dry」を使用したデバイス専用ポケット、貴重品ポケットなど様々な収納ポケットを搭載した、使い勝手抜群のアイテムです。

サイズXS、S、M、L
対象男女兼用
容量4L
カラーブラック
アロイ
ウルトラブルー
価格(税込)¥ 18,260

ピナクル 4L JP [ネイサン]

参照 ネイサン公式サイト ピナクル 4L JP

ネイサンが販売する、体型や状態に合わせてフィット感を調節できるチェストストラップが付いた軽量レースベスト。

肌に触れる部分にメッシュ素材を配置することで、通気性が向上し、軽量化を実現。

また、必要な時にすばやくアクセスできる複数の収納ポケットを搭載しているので、レース時に活躍するアイテムです。

サイズXS、S、M
対象男女兼用
容量4L
カラーブラック/ライム
価格(税込)¥ 15,400

まとめ

今回は、おすすめのバックパックをご紹介しました。

手軽に持ち物を持ち運びできるため、トレーニングやレース時に活躍する便利なアイテムです。

ぜひ、参考にしてみてください。

本日は以上です。

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れをまとめました。

初めてフルマラソン出場する方を対象に、下記の内容が分かります。

  • マラソン大会の選び方
  • 購入すべきランニンググッズ
  • 完走するためのトレーニング方法
  • レース前日や当日の過ごし方

▼詳しくはこちら
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間2,500km走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 4:06:27(第32回ぐんまマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
フルマラソン完走を目指す方におすすめのサプリメント「カツサプ」

カツサプは「乳酸をエネルギーに変換」「筋肉痛の軽減」「足つりの軽減」を実感できる画期的なサプリメントです。

主に、『ここ一番で力を発揮したい』、フルマラソン本番時に摂取することを目的に作られています。

「フルマラソン初完走を目指す方」「記録更新を狙う方」におすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA