レース前の過ごし方

雨の日のマラソン大会の服装は?おすすめアイテムやコーディネート解説

悩んでいる人
悩んでいる人
雨の日のマラソン大会では何を着ればいいですか?

そんな疑問にお答えします。

フルマラソン当日が雨予報だった場合、何を着ればいいか迷いますよね。

マラソン大会は地震や大雨による増水、強風による建物など構造物の損壊等でコースが通行不能にならない限り、原則、開催されます。

なので、雨が降っていても開催されるため、出走する方は雨対策が必要になります。

そこで、今回は、雨の日のマラソン大会の服装について解説します。

いざ、雨予報だったとしても、事前に対策をしておけば快適に走れるので、ぜひこの機会に知っておきましょう。

雨の日の対策・ポイント

雨の日の対策

まずはじめに、雨の日にするべき対策とポイントを「レース前」「レース中」「レース後」の観点から解説します。

レース前のポイント

撥水加工、速乾性のあるウェアを選ぶ

撥水加工、速乾性のあるウェアを選ぶ

撥水加工、速乾性のあるウェアを選びましょう。

撥水加工されていると、水を弾いてくれます。

防水性能とは違い、水の侵入は防げませんが、その分、通気性は良いので、ムレにくいです。

また、速乾性に優れていると、途中で雨が止んだ際にウェアが乾きやすく、快適な着心地を実現してくれます。

逆に、綿素材を使用しているものは水分を吸収しやすいため、注意しましょう。

防水シューズを履こう

防水シューズ

雨に濡れた状態で走り続けると、(足の)皮膚がふやけ、マメができやすくなります。

レース後半、マメができた状態で走り続けると痛みが出てきて、完走が難しくなる恐れがあるので、(事前に)足元をドライに保つ対策をしておきましょう。

具体的には、「防水シューズ」を履くことをおすすめしており、通常のシューズに比べ、水が侵入しづらい設計なので、雨の日に最適です。

また、あらたにシューズを購入する余裕がない方は、「防水スプレー」をシューズ全体に吹きかければ、水を弾いてくれるのでおすすめです。

防水シューズのおすすめは、雨の日におすすめの防水性能が高いランニングシューズ6選で解説しています。

キャップやサングラスがあると、ストレス軽減できます

マラソン(キャップやサングラス)

雨が降っていると雨粒が、直接目に入ってきて、走りに集中できません。

特に、風が強い日は、すごいスピードで雨粒が当たるため、顔を上下左右に傾け、雨粒が顔に当たるのを防ごうとします。

走行中に、その動作はストレスなので、キャップサングラスがあると、顔(目)を覆うことができ、雨粒を気にすることなく走ることができます。

また、キャップをかぶることで髪の毛を最小限の濡れで抑えることができ、毛から水滴が垂れるのを防いでくれます。

マラソン時は、いかにリラックスして走れるかが重要なので、小さなストレスも与えないよう対策しましょう。

肌の露出部分にはワセリンを塗ろう

ワセリン

ワセリンは、皮膚の保湿効果が期待できる保湿剤です。

塗ることで肌の表面に油膜を張ることができるので、雨の日の撥水対策として効果があります。

足全体に塗ることで、ソックスが濡れたとしても水を弾いてくれるので、マメができづらいです。

また、保温効果もあるので、肌の露出部分にワセリンを塗ることで寒さ対策としても有効です。

さらに、長時間走り続けると、皮膚(肩、股、乳首、脇)とウェアが擦れて、痛みを伴うことがありますが、皮膚に油膜を張るので、皮膚とウェアの擦れを軽減してくれる便利アイテムです。

寒い日はホットクリームで防寒対策

ホットクリーム

寒い日は、肌(特に、露出部分)にホットクリームを塗ることで防寒対策できます。

雨粒が皮膚に当たり続けると、体温が低下し、低体温症になる恐れがあります。

ホットクリームには、トウガラシなどの温感成分を含有しており、足やお腹まわりなど冷えやすい箇所に塗ることでポカポカと身体を温めてくれます。

寒がりな方や、当日、肌の露出面積が大きいウェア(シングレットやハーフパンツ)で走る方におすすめのアイテムです。

ウインドブレーカーを着用する際の注意点

マラソン時のウインドブレーカーを着用する際の注意点

マラソン大会では、見える位置にナンバーカード(ゼッケン)をつけなければなりません。

日本陸上競技連盟競技規則にも、下記のように記載されています。

競技者は、競技中、胸と背にはっきり見えるように2枚のナンバーカード(ビブス)をつけなければならない。

引用:日本陸上競技連盟競技規則/第2部競技会一般規則より

なので、(雨対策で)透明ではないウインドブレーカーを着用する場合は、中のTシャツではなく、ウインドブレーカー自体にナンバーカードを付ける必要があります。

ウインドブレーカーにナンバーカードを着けた場合、途中で脱げなくなってしまうので注意しましょう。

対策としては、「透明のウインドブレーカーを着用する」、「透明のポンチョやカッパを着用する」という形になります。

終始、寒い日は問題ありませんが、途中から気温が上がる日は、どのウェアにナンバーカードを付けるか確認しておきましょう。

スタート待機中はポンチョやカッパで雨除け

マラソン(ポンチョやカッパ)

スタート直前まで、雨が降っている場合はポンチョやカッパで雨除けしましょう。

レース開始までの待機時間は(大会によって変わりますが、)10〜30分もあり、何も対策をしていないと、ウェアが走る前からビチョビチョになります。

それでは体温がどんどん低下し、レース前から最悪のコンディションでスタートしなければならないため、ポンチョやカッパがあると良いでしょう。

中には、ポンチョやカッパの代わりに45Lのゴミ袋を使用して、雨除けをしているランナーもいます。

ゴミ袋は家庭に、最低1枚はあるので、突然の雨予報でもカッパ代わりとして使用しやすいです。

また、もともとゴミ袋なので、気軽に処分しやすい点もポイントです。

ぜひ、レース中の服装だけでなく、レース前の待機時間の服装も考えておきましょう。

レース中のポイント

路面の水たまりやスリップに注意

濡れた路面は滑りやすいため、グリップ力が高いシューズを履くようにしましょう。

いちいち、滑ってしまうと余計に体力を消耗してしまいますし、筋力が落ちだしたレース後半に勢いよく転倒してしまう恐れがあるからです。

また、水たまりができている場合、下に目線をやり、水たまりを避けようとします。

その際、他のランナーと接触しないように注意しましょう。

さらに、水たまりを飛び越えようとジャンプする行為は、余計な体力を使ってしまうので、辞めましょう。

着脱しやすいウェアで上手に体温調節を

着脱しやすいウェア

雨が降ったり、止んだりする天候だと、体温調節が難しいものです。

なので、走りながらでも体温調節しやすいよう、着脱しやすいウェアを着ることをおすすめします。

具体的には、「アームカバー」や「手袋」などが該当し、寒ければ着用し、暑ければ脱ぐことで快適に走行できます。

「長袖Tシャツ」や「ロングタイツ」を履いてしまうと、すばやく着脱できません(トイレで着替える必要がある)ので、注意しましょう。

レース後のポイント

多めにタオルの準備をしよう

タオル

身体全体が濡れてしまっているので、多めにタオルの準備をしましょう。

特に、髪の毛が長い方はシャワーを浴びた後のように、水が滴るほど濡れているので、たくさんあっても困りません。

着替えは厚手の生地も用意しよう

着替え

寒い日でなくても、雨に濡れ続けると体温が低下し、低体温症になる恐れがあります。

フルマラソン完走後は身体が消耗しきっており、震えるくらい寒気に襲われている場合もあるので、厚手の生地の着替えも用意しておきましょう。

温かい飲み物の準備も忘れずに

温かい飲み物

完走後は荷物を受け取ったり、着替えをしたりと、すぐにコンビニや自動販売機、銭湯に行くことが難しいです。

なので、保温性の高い水筒にお茶やスープを用意しておくと、その場で温まることができます。

気温が低く、雨が降り続いているレース日におすすめです。

雨の日におすすめのウェアとコーディネート

雨の日におすすめのウェアとコーディネート

それでは、雨の日におすすめのウェアとコーディネートをご紹介します。

気温が高い日、低い日で、それぞれ下記のアイテムがあると安心です。

雨の強さ次第
・ポンチョ、カッパ、(ゴミ袋)
気温が高い日
半袖Tシャツ
・シングレット
ハーフパンツ
気温が低い日
長袖Tシャツ
アンダーウェア
ロングタイツ
ロングパンツ
アームカバー
カーフスリーブ
手袋
通年
ソックス
キャップ
サングラス
マスク
※クリックすると、詳細ページへ移動します

他に、持ち物が多い方は、ポーチやリュックがあると便利です。

詳しくは下記で解説しています。

コーディネート例は、下記でご紹介します。

薄着スタイル(サブ3〜3.5向け)

サブ3〜3.5向けの薄着スタイル(雨の日ウェア)

ある程度、スピードを出して走る方は、必要最低限のウェアで十分です。

トップスは「半袖Tシャツ or シングレット」、プラス、寒さに応じて「アームカバー」「手袋」で防寒対策をします。

ボトムスは「ハーフパンツ」だけでは肌の露出が大きいので、「ロングソックス or カーフスリーブ」を着用し、肌の露出を抑えます。

また、(前述の通り、)スタートまでの待機時間で雨除けに「ポンチョ、カッパ、ゴミ袋」を羽織るランナーもいます。

ウェアが濡れてしまうと重くなりますし、体温が奪われて低体温症になる恐れがあるので、その日の雨の強さ、気温でポンチョやカッパを着用するか決めましょう。

ポンチョやカッパをゴミとして捨てづらい場合は、ゴミ袋を雨除けに使うと、途中で、雨が止んだときにゴミとして捨てやすいので、おすすめです。

下記が、おすすめのウェア一覧です。

アウター(必要に応じて)
・ポンチョ、カッパ、(ゴミ袋)
トップス
半袖Tシャツ
・シングレット
アームカバー
手袋
ボトムス
ハーフパンツ
ロングソックス
カーフスリーブ
アクセサリ
キャップ
サングラス
マスク

お好きな組み合わせでコーディネートしてみてください。

参考までに、SNSに投稿されていた、ランナーの服装をご紹介します。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

牧野 英明(@makinohideaki)がシェアした投稿

厚手スタイル(サブ4〜6向け)

サブ4〜6向けの厚手スタイル(雨の日ウェア)

ゆっくり走りたい方は、体温が上がりづらいため、重ね着をして温かい格好で臨みましょう。

トップスは「半袖Tシャツ + 長袖Tシャツ」、もしくは「半袖Tシャツ + アンダーウェア」の重ね着をして、「手袋」で防寒対策をします。

冬の時期で、より気温が低い場合は(上記にプラスして、)「ウインドブレーカー」や「ポンチョ、カッパ」を着用し、雨を防ぎながら、寒さ対策をしましょう。

気温が高い場合は、着脱しやすいよう、「半袖Tシャツ + アームカバー」の組み合わせでも良いでしょう。

ボトムスは「ハーフパンツ + ロングタイツ」、もしくは「ロングタイツ + ロングパンツ」、の組み合わせがおすすめです。

なるべく、肌の露出を少なくし、体温が下がらないよう工夫しましょう。

下記が、おすすめのウェア一覧です。

アウター
ウインドブレーカー
・ポンチョ、カッパ
トップス
半袖Tシャツ
長袖Tシャツ
アンダーウェア
アームカバー
手袋
ボトムス
ハーフパンツ
ロングタイツ
ロングパンツ
ロングソックス
カーフスリーブ
アクセサリ
キャップ
サングラス
マスク

お好きな組み合わせでコーディネートしてみてください。

参考までに、SNSに投稿されていた、ランナーの服装をご紹介します。

まとめ

今回は、雨の日のマラソン大会の服装について解説しました。

最後に、服装は各々、自分に合ったものを選びましょう。

そのためには、雨の日に試走することをおすすめします。

実際、走ることで自分に必要なアイテムや改善点が見つかるはずです。

ぜひ、雨の日も快適に走れるよう、準備しましょう。

本日は以上です。

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れをまとめました。

初めてフルマラソン出場する方を対象に、下記の内容が分かります。

  • マラソン大会の選び方
  • 購入すべきランニンググッズ
  • 完走するためのトレーニング方法
  • レース前日や当日の過ごし方

▼詳しくはこちら
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間2,500km走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
ランニングで膝を痛めた・違和感がある方へ

ランニング後のケアに最適なドリンク

駅伝強豪校 城西大学駅伝部と共同開発

ランニングで膝を痛めた・違和感がある方におすすめのドリンクです


公式ページ >>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA