シューズ

雨の日におすすめの防水性能が高いランニングシューズ9選

悩んでいる人
悩んでいる人
雨の日に使用できる防水対応のランニングシューズってどれですか?

そんな疑問にお答えします。

実は、マラソン大会は台風のような命に関わる天候ではない限り、雨の日でも開催されます。

なので、日頃から雨の日に慣れておくことも重要なトレーニングとなります。

そこで、今回は雨の日でも快適に走るためにおすすめの防水対応のランニングシューズをご紹介します。

購入するなら、防水性能が高いシューズを選びましょう。

似た用語に「撥水」という言葉がありますが、防水と撥水の違いは何でしょうか。

撥水機能とは、生地表面を水が転がり落ちるような作用で水を弾く機能です。生地の表面、もしくは生地を構成する糸に撥水コーティングを行うことで撥水加工を行います。このコーティング加工により、水分が生地についてもコロコロと玉状となり、転がり落ちて生地が濡れにくくなります。基本的に「少量」の水を弾くものなので、水量が多い場合には生地に水が染み込むなど、撥水効果が薄れます。

防水機能とは生地の裏側まで水を通さない機能です。レインコートや防水ケースなどのように、水の漏れや浸透を完全に防ぎ、強い雨でも水を通しません。

GOLDWIN WEB STORE 撥水と防水の違いを教えてくださいより引用

このように、「撥水」はあくまでも水を弾くだけの機能なので、購入するなら水を通さない「防水」対応のものが良いでしょう。

それでは、詳しくみていきましょう。

防水対応のおすすめランニングシューズ9選

ナイキ ペガサス トレイル 3 GORE-TEX

参照 ナイキ公式サイト ナイキ ペガサス トレイル 3 GORE-TEX

ナイキが販売する、防水性と柔軟性に優れたシューズ。

最高クラスの防水性で知られているGORE-TEXレイヤーが水の侵入を防ぎ、濡れた路面を走っても快適さをキープ。

また、バイクのタイヤをイメージしたアウトソールが濡れた地面でも安定感をもたらし、滑ることなく走行できるアイテムです。

ナイキ エア ズーム ペガサス 38 シールド

参照 ナイキ公式サイト ナイキ エア ズーム ペガサス 38 シールド

ナイキが販売する、アッパーにコーティング加工を施し、悪天候に対する防御力を強化したシューズ。

ニット素材のアッパーが足を暖かく保ち、湿気のある天候でも乾いた状態をキープ。

また、ウィンタータイヤをイメージしたアウトソールが滑りやすい路面でも動きをサポートし、快適な走行を実現したアイテムです。

クラウドフライヤー ウォータープルーフ

参照 オン公式サイト クラウドフライヤー ウォータープルーフ

オンが販売する、通気性の高い防水・防風メンブレン(防水シート)を採用したシューズ。

通気性に優れ、かつ100%防風・防水性能なので、雨の日もストレスフリーな履き心地を実現。

また、ソールには高いクッショニングを発揮する「Cloudパーツ」を搭載しているので、着地の衝撃を吸収しつつ、蹴り出しの足さばきをスムーズにしたアイテムです。

クラウド ウォータープルーフ

参照 オン公式サイト クラウド ウォータープルーフ

オンが販売する、通気性の高い防水・防風メンブレン(防水シート)を採用したシューズ。

クラウドフライヤー ウォータープルーフ同様、通気性に優れ、100%防風・防水に対応。

違う点とすれば、こちらはランニング以外に、旅行や街履きなど実用性も兼ね備えたアイテムとなっています。

GEL-CONTEND 7 WP

参照 アシックス公式サイト GEL-CONTEND 7 WP

アシックスが販売する、防水機能を搭載し、雨天時での快適性を発揮したシューズ。

かかと部分に搭載された「GELテクノロジー」や「AMPLIFOAMミッドソール」が着地時の衝撃を吸収し、足の負担を軽減。

また、アウターソールが動きやすさを高め、着地から蹴り出しまでの足の動きをサポートするアイテムです。

GT-1000 9 G-TX

参照 アシックス公式サイト GT-1000 9 G-TX

アシックスが販売する、GORE-TEXを搭載した防水シューズ。

「FLYTEFOAMテクノロジー」と「GELテクノロジー」をかかと部分に組み込むことで、履き心地が向上するとともに着地時の衝撃を吸収。

また、アウターソールにはオーバープロネーション(着地時にかかとが内側に倒れ込むこと)対策としてアーチサポートを強化し、走行時の安定性を高めたアイテムです。

M880 X11

参照 ニューバランス公式サイト M880 X11

ニューバランスが販売する、足をドライに保つGORE-TEX®を採用したシューズ。

ミッドソールには足首が内側へ倒れ込むのを防ぐ「TPUパーツ」を搭載し、足への負担を軽減。

また、耐久性とグリップ性に優れたアウトソールが、雨天時の路面でもスリップすることなく安定感のある走りを実現したアイテムです。

ゴースト13ゴアテックス

参照 ブルックス公式サイト ゴースト13ゴアテックス

ブルックスが販売する、GORE-TEXを搭載し、悪天候での快適なランニングをサポートするシューズ。

スピードに応じて衝撃吸収性が変化するミッドソールが、極上の履き心地と安定した走りを実現。

また、通気性、伸縮性に優れた2層に編み込まれたメッシュアッパーがシューズ内のムレを抑制し、快適な着用感を提供するアイテムです。

チャレンジャー ATR 6 GTX

参照 ホカオネオネ公式サイト チャレンジャー ATR 6 GTX

ホカオネオネが販売する、防水性能が高いGORE-TEXを搭載したシューズ。

アッパーに軽量、かつ通気性の高いGORETEXを使用し、さまざまな天候で足をドライにキープ。

また、着地時の衝撃を吸収するミッドソールが安定した踏み込みを導き、スムーズな足運びとソフトな走り心地を実現したアイテムです。

まとめ

今回は、防水対応のランニングシューズをご紹介しました。

雨の日に向いているのは、水がシューズ内に染み込まない防水性能の高いシューズです。

ぜひ、参考にしてみてください。

また、雨の日におすすめのウェアは、雨の日におすすめのランニングウェア・ギア12選で解説しています。

本日は以上です。

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れをまとめました。

初めてフルマラソン出場する方を対象に、下記の内容が分かります。

  • マラソン大会の選び方
  • 購入すべきランニンググッズ
  • 完走するためのトレーニング方法
  • レース前日や当日の過ごし方

▼詳しくはこちら
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間2,500km走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
ランニングで膝を痛めた・違和感がある方へ

ランニング後のケアに最適なドリンク

駅伝強豪校 城西大学駅伝部と共同開発

ランニングで膝を痛めた・違和感がある方におすすめのドリンクです


公式ページ >>

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA