東北で人気のマラソン大会6選 【初心者におすすめ】

東北(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島)で開催される初心者におすすめの人気のマラソン大会ってどこですか? そんなギモンを解決します。


マラソン大会によって、条件が様々です。


例えば、給水所の数が少ない。荷物は各自で管理をお願いするところ。沿道の応援する人数。などなど


特に初心者の方の場合、慣れない環境で走ることになるので、なるべく大会運営のサポートが厚いほうが安心すると思います。


実際ぼくも初フルマラソン出場の際は、「トイレがあるのか」「給水所で水分が摂れなかったらどうしよう」など不安がありました。


僕が思う初マラソンで気になるポイントを挙げさせていただきました。


    ●初心者が気になるポイント
    ・更衣室・荷物置きがあるのかどうか
    ・アクセスが良いのかどうか
    ・気候がちょうどいいのかどうか
    ・給水所がしっかりとあるのかどうか
    ・スタッフ、救護室が備わっているのかどうか
    ・沿道の応援が多いのか少ないのか ・景色がいいのかどうか



このような点を踏まえ、今回はフルマラソン経験者である僕(心配性)が思う「初心者におすすめの東北で開催されるマラソン大会」をご紹介します。


「フルマラソン」「ハーフマラソン」でご紹介するので、自分が走れそうな距離で参考にしてみてください。


それでは、いってみましょう。


フルマラソン


いわて奥州きらめきマラソン


東北地方の中で完走を目的とした場合、個人的におすすめしたいフルマラソン大会です。


おすすめする理由として、

    ・高低差20m以内の平坦コース
    ・制限時間が7時間
    ・給水所、トイレも多数完備



が挙げられます。


平坦で走りやすく、制限時間が東北地方最長と時間にもゆとりがあります。


また、給水所は全16ヶ所とエネルギー補給もバッチリできます。


ぜひ、フルマラソンに初挑戦したい方は、『いわて奥州きらめきマラソン』がおすすめです。


この投稿をInstagramで見る

#大谷翔平 ハンドがバージョンアップしてた。それはいいとして、 #いわて奥州きらめきマラソン 10キロ完走〜。フルの皆さんは暑い中お疲れさまでした。10キロはファンランだね。ゲストランナーの #柏原竜二 君はちょっとしか見られなかったけど、大会アンバサダーの #那須川瑞穂 さんとはハイタッチして元気もらったり。10キロのスタートのとき、スタートゲートの空気が抜けて下がってくるというアクシデントがあったけど、10秒前くらいに復活して拍手喝采。風が強かったけど盛り上がったレースでした #マラソン大会 #ランニング #ナイキプラス #running #igランナーズ #ハシリマスタグラム #justdoitsunday #沿道の応援に感謝 #スタッフの皆さんお疲れさまでした #タイムは53分台と平凡 #そしてお疲れさまのビールタイム

@ kainushi_3がシェアした投稿 –




いわて盛岡シティマラソン


岩手県盛岡市で行われる『いわて盛岡シティマラソン』


東北地方の県庁所在地で行われる唯一のフルマラソン大会として盛岡市内のコースが設定されています。


開催時期は10月と紅葉も見頃で岩手山や御所湖といった盛岡名物の景色を楽しめるコースとなっています。


エイドステーションは全13ヶ所、盛岡りんごや盛岡のお菓子、シャリおにぎり、福田パン(あんバター)など盛岡名物がいただけます。


アクセスも盛岡駅からシャトルバスで10分と移動も楽だし、市街地を走るため応援の数も多く楽しく走れる大会です。


この投稿をInstagramで見る

お疲れ様です。 先日参加した#いわて盛岡シティマラソン 、岩手大学をスタートし、市内➡️市街地➡️自然美溢れる御所湖・繋温泉までのコースとバラエティ富んだ素晴らしい大会でした👍 沿道からの温かい応援📣笑顔🤗 「桃太郎ー❗️」、「桃ー❗️」、 「ピーチ❗️」、「カワイイー❗️」、「金太郎ー⁉️」何でも良いんです🍑 ホントに元気頂けて感謝❣️ 私を見て笑って頂ける事が何よりも嬉しい🍑✌️ 今回は、コスプレランナーさん達とも一緒に撮って頂き繋がる事も出来ました🍑 ゴールタイム(ネットタイム):4時間34分🕰 サブ5死守出来たので、満足です😊 ゴール後、岩手大学放送部の学生にインタビュー受けました🎤 盛岡に🍑跡残せたかな? 私にとって想い出に残るbirthday runとなりました👟🎂 いわて盛岡シティマラソン、今後ともランナーさんから愛される大会に成長する事を願っています😊 遠路遥々私の応援に駆けつけてくれたSさん、ホントにありがとうございました🙇‍♂️ マラソンの様子、YouTubeにアップしました🎥 ご興味ありましたら、お時間ある時、ご覧になって下さい。 #走れることに感謝 #ニューヨークの絆 #igランナーズ #走るo型同盟 #ランナーさんと繋がりたい #コスプレランナー #コスプレランナーとも繋がりたい #いわて #盛岡 #おっさんランナー

元祖(@gansofree)がシェアした投稿 –




長井マラソン


山形県長井市で10月に行われる『長井マラソン』


東北でも数少ないフルマラソン公認大会となっています。


コースは”ながい山の港町コース”で最上川の舟運文化で栄えた市街地、朝日連峰の紅葉などの景色を楽しみながら長井市内を走るコースとなっています。


給水所は12ヶ所あり、水・スポーツドリンク・バナナ・あんぱん等が準備されています。


制限時間は6時間と初マラソンでも安心のタイム設定なので、ぜひ山形県民を中心に参加してみてはいかがでしょうか。


この投稿をInstagramで見る

第33回長井マラソンに参加、そしてまた自己ベスト更新 タイムは3時間39分程 天気、気温共にベストコンディションでコースも平坦基調の走りやすかった為、思った以上にペースが上がり好タイムを記録 あと、参加人数が少なかったというのもあるが20代男性部門で6位という初の一桁順位 参加賞の芋煮も美味しくとても楽しいマラソンでした #山形県#長井市#長井マラソン#フルマラソン#芋煮#痛Tシャツ#ラブライブ #サンシャイン#自己ベスト更新#肉匠えんどう#馬刺し#お持ち帰り#ラブライブ頑張れって応援貰えた

池田 啄弥(@badokichi)がシェアした投稿 –




弘前・白神アップルマラソン


青森県弘前市で10月に行われる『弘前・白神アップルマラソン』


コースは津軽の母なる「岩木川」・秀峰「岩木山」そして世界遺産「白神山地」などの景色を楽しみながらのコースとなっています。


また、生産量日本一を誇るりんご並木のアップルロードを走るので、りんごの香りに包まれ、まさにりんごだらけの大会となっています。


給水所、トイレは14ヶ所設置されており、また、AED機器・救護車・医師・看護師を配置してランナーをサポートしています。


フィニッシュ後にはりんごが振る舞われ、お楽しみ抽選会や「NAHAマラソン」「済州みかん国際マラソン(韓国)」に招待されるチャンスも!!


制限時間は6時間と長いため、りんごを楽しみながらぜひ走ってみたいですね!





ハーフマラソン


仙台国際ハーフマラソン


宮城県仙台市で開催される『仙台国際ハーフマラソン』


JR仙台駅周辺がコースとなっており、仙台市内の街並みや応援を楽しみながら走ることができます。


市民ランナーのほかに実業団、各名門大学ランナーも出場するので生でプロの走りを見れるチャンスです。


ハーフマラソンでは5つの給水所、トイレ完備と設備もばっちりです。


ぜひ、仙台市内の街並みを楽しめるハーフマラソン参加してみてはいかがでしょうか。





会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソン


福島県会津若松市で10月に行われる『会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソン』


コースは会津若松市内を走るルートで鶴ヶ城や市内の景色を楽しみながらのコースとなっています。


給水所は5ヶ所となっています。詳しくコースは下記の動画ご覧ください↓





動画でもありましたが、コースはフラットで走りやすく、制限時間も2時間40分と長めの設定なので初心者におすすめです。


この投稿をInstagramで見る

昨日は会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソン大会に参戦して来ました🏃‍♂️ 初の雨レース☔️とお腹の激痛! オイオイどうなっちゃんだよ🤦🏻‍♂️っていう感じで居ました! スタート直前にトイレにGOギリギリ間に合いセーフ! そんなバタバタな感じなレースでしたが記録的には良かったので楽しく走れました🙋🏻‍♂️ 途中で電車に阻まれタイムロスしたのが悔やまれますがこれも仕方ない💦 今年で、まだ3回目の参戦ですが毎年楽しみにしている大会なので来年も参戦したいと思います🙋🏻‍♂️ 沿道でたくさんの声援をしてくれた方々、大会関係者の方々、本当に最高のマラソン大会をありがとうございました🙇🏻‍♂️ #福島県 #会津若松市 #会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソン大会 #最高のマラソン大会 #初の雨レース #お腹の激痛 #緊張と不安 #感動と感謝 #new balanceコーデ

H.KONDOH(@kondysub1.75)がシェアした投稿 –




まとめ 給水所・救護体制・更衣室などサポートが充実している大会を選ぼう!


どの大会もランナーのサポートをしっかりしていると思いますが、中には「給水所」が少なかったり、コース上に「トイレ」がない大会もあると思います。


また、アクセスが電車で行けない場所、駅から離れているなど条件は様々です。


ぼくが大会を探すときに気をつけている点は、「給水所の数」「救護体制が整っているか」「アクセスの良さ」です。


水分補給をする、しないで身体の動きが全然違います。


熱中症になる可能性もあるため、「給水所」の数は特に気をつけています。


今回は、挙げさせていただいた大会はサポートがしっかりしているので、安心して臨むことができるでしょう。


これから、マラソンに挑戦しようとしている方、ぜひ参考にして頂けたらと思います。


関連記事:フルマラソン初心者向け持ち物リスト【完走経験者がおすすめする必需品は?】

最新情報をチェックしよう!