大会を探す

【初心者におすすめ】四国で人気のマラソン大会6選

四国で開催される初心者におすすめの人気のマラソン大会ってどこですか? そんなギモンを解決します。


マラソン大会によって、条件が様々です。


例えば、給水所の数が少ない。荷物は各自で管理をお願いするところ。沿道の応援する人数。などなど


特に初心者の方の場合、慣れない環境で走ることになるので、なるべく大会運営のサポートが厚いほうが安心すると思います。


実際ぼくも初フルマラソン出場の際は、「トイレがあるのか」「給水所で水分が摂れなかったらどうしよう」など不安がありました。


僕が思う初マラソンで気になるポイントを挙げさせていただきました。


    ●初心者が気になるポイント
    ・更衣室・荷物置きがあるのかどうか
    ・アクセスが良いのかどうか
    ・気候がちょうどいいのかどうか
    ・給水所がしっかりとあるのかどうか
    ・スタッフ、救護室が備わっているのかどうか
    ・沿道の応援が多いのか少ないのか ・景色がいいのかどうか



このような点を踏まえ、今回はフルマラソン経験者である僕(心配性)が思う「初心者におすすめの四国で開催されるマラソン大会」をご紹介します。


「フルマラソン」「ハーフマラソン」でご紹介するので、自分が走れそうな距離で参考にしてみてください。


それでは、いってみましょう。


フルマラソン


徳島・海陽 究極の清流 海部川風流マラソン


徳島県海部郡海陽町で行われる『徳島・海陽 究極の清流 海部川風流マラソン』


マラソンを走るすべてのランナーを応援するプロジェクト『MCC(マラソンチャレンジカップ)』参加大会です。


コースは、平成の名水100選にも選ばれた「海部川」が流れており、天然のヒラテナガエビ、鮎、アメゴ、ウナギなどが泳いでいる「究極の清流」です。


給水所、救護室が13ヶ所あり、水・スポーツドリンクをはじめ、パン、バナナ、チョコ、ういろうといった補給食が揃っています。


制限時間は6時間、フィニッシュ後は伊勢海老の味噌汁やうどん、地場産品がご用意されているので疲れた身体を温める特典も。


沿道には地元ボランティアの方々や好評の阿波踊りと太鼓の演奏でランナーを盛り上げているので自然と力が湧いてきそうですね


この投稿をInstagramで見る

今日は11th.海部川風流マラソンでした♪ただいまーお帰りが合言葉のようにみなさんに声をかけていただき感激✨また昨日の、NHKの聖火のキセキの放送を見てくださった方もラジオを聴いて下さってる方もいつも聴いてるよ〜と声をかけていただき本当に嬉しかったです!またこの素敵なあったかい大会が、今回クラウドファンディングで皆様に支えられ無事に開催されたというお話を町長がされた時には胸が熱くなりました。徳島県に育ててもらいお世話になった方々に少しでもお返しができれば。この大会はそんな場所です😌徳島の”おもてなし”がぎゅっと詰まった大会です。ぜひ来年✨ ・ #海部川風流マラソン #ふるさと納税はぶくぶくつき伊勢海老 #海陽町 #徳島 #ランネット5年連続NO1 #元祖ゆるキャラ #すだちくん #ふるるん #小顔効果 笑 #沿道には子ども達おじいちゃんおばあちゃんの声援たっぷり #阿波踊り #伊勢海老のみそ汁 が胃にしみる

市橋有里(@ariichihashi)がシェアした投稿 –




高知龍馬マラソン


高知県高知市内を走る『高知龍馬マラソン』


「わざわざ高知で走ろう!」をキャッチフレーズにのどかな田園風景、雄大な太平洋、奇跡の清流仁淀川など風光明媚な自然を楽しめるコースとなっています


給水所、トイレは15ヶ所、救護室は20ヶ所とサポートも万全で、エイドステーションではまほろばトマト、柚子ジュース、ポンカン、チョコレートなど高知の食(おもてなし)がご用意されています


制限時間は7時間とゆとりがあり、フィニッシュ後には龍馬も食したとされる「シャモ鍋」や「ツナ天」など美味しい食べ物や高知の特産品が盛りだくさんとなっています


ペースランナーもおり、「よさこい鳴子踊り」、「和太鼓演奏」のおもてなしと1日で高知を満喫できるくらいの大会となっています。





瀬戸内海タートル・フルマラソン全国大会


香川県香川県小豆島土庄町で11月に行われる『瀬戸内海タートル・フルマラソン全国大会』


自然豊かな緑や瀬戸内海を一望できるコースで海風を浴びながら気持ちよく走れる魅力があります。


小豆島は瀬戸内海に浮かぶ伝統ある島と言われ、数々のドラマや映画のロケ地として使用されています。


また別名「オリーブ島」として広く知られている小豆島は、オリーブをはじめ、醤油 そうめんなどの食文化も盛んです。


離島で走れるマラソン大会はとても貴重なのでぜひ参加してみたいですね。





とくしまマラソン


徳島県徳島市で3月に行われる『とくしまマラソン』


吉野川沿いを走るコースで万葉集で詠まれた眉山、吉野川の壮大な景色が望める吉野川大橋、洪水時に川の中に沈下する案かな工法で作られた高瀬橋など様々な橋を通過しながら走ることができます


制限時間は7時間とゆとりあり、当日は足湯、マッサージコーナー、県産品を使った料理の試食などのイベントも開催しています。


前日にはゲストによるランニング教室、ブラインドマラソン体験、車いすレーサー体験、ご当地グルメなど前日から当日まで楽しめる大会となっています。





ハーフマラソン


龍馬脱藩マラソン


高知県梼原町で10月に行われる『龍馬脱藩マラソン』


明治維新の志士たちが駆け抜けた「脱藩の地」梼原町で自然とふれあい、地域活性化を図り、己の限界に挑戦する過酷なマラソン大会です。


フルマラソンの高低差は550m。前半の山登りで己の限界に挑戦できます。


ハーフは多少上りますが、途中で折り返すため疲労は少ないでしょう。


町をあげてランナーを盛り上げる沿道の方々、ランナーとの交流が深まる前夜祭など魅力が盛りだくさん。


幕末の志士(坂本龍馬)たちが歩いた道や峠、ゆかりの地を走りたい方はぜひ挑戦してみてください。


ハーフマラソンでも充分楽しめると思います。





仁淀川町くいしんぼマラソン


高知県吾川郡仁淀川町で10月に行われる『仁淀川町くいしんぼマラソン』


山道を走り、最大高低差250mと決して初心者の方は楽なコースではないですが、本大会の最大の特徴が魅力的なんです。


なんと、レース時間3時間10分の間食べ放題なんです。


各給水所には「高糖度トマト」「茶大福」「茶畑プリン」「いりもち」とスイーツがあり、すべて食べ放題なので、休憩の合間に食べながら完走を目指しましょう。


収容バスに追いつかれたらリタイヤとなりますが、それまではスイーツを満喫できる変わったハーフマラソン大会となっています。





まとめ 給水所・救護体制・更衣室などサポートが充実している大会を選ぼう!


どの大会もランナーのサポートをしっかりしていると思いますが、中には「給水所」が少なかったり、コース上に「トイレ」がない大会もあると思います。


また、アクセスが電車で行けない場所、駅から離れているなど条件は様々です。


ぼくが大会を探すときに気をつけている点は、「給水所の数」「救護体制が整っているか」「アクセスの良さ」です。


水分補給をする、しないで身体の動きが全然違います。


熱中症になる可能性もあるため、「給水所」の数は特に気をつけています。


今回は、挙げさせていただいた大会はサポートがしっかりしているので、安心して臨むことができるでしょう。


これから、マラソンに挑戦しようとしている方、ぜひ参考にして頂けたらと思います。


●関連記事

フルマラソン初心者向け持ち物リスト【完走経験者がおすすめする必需品は?】

初心者が完走しやすいフルマラソン大会10選

フルマラソン完走するためのトレーニング方法12選【初心者向け】




ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA