マラソン大会まとめ

初心者が完走しやすいフルマラソン大会18選

初心者が完走しやすい全国のマラソン大会を知りたい!

そんなギモンを解決します。

初心者が完走しやすい大会を選ぶ際の条件は大きく2つあります。

・1万人以上参加する大規模な大会
・制限時間が6時間以上ある

まず、1万人以上の大規模な大会は、ボランティアの人数も多く、給水所や救護所の数が豊富ですので、ランナーのサポートをしっかりされていることになります。

続いて、初心者が完走を目指すなら制限時間も重要になってきます。

制限時間が長ければ、仮に歩いたとしても時間内にゴールできる可能性が広がるので、ランナーの安心感も変わってきます。

今回は、1万人以上のランナーが出場するかつ制限時間が6時間以上の大会を全国からピックアップしました。

全国主要大会一覧

勝田全国マラソン

茨城県ひたちなか市で1月に行われる参加者1万人を超える『勝田全国マラソン』

コースは、「石川運動ひろば」をスタートし、「国営ひたち海浜公園」、「原子力科学館」など、ひたちなか市と東海村の景色を楽しめるコースとなっています。

数回アップダウンがあるものの高低差はほとんどないので走りやすく、また、制限時間も6時間と初心者でも完走が目指せる大会です。

給水所8ヶ所、トイレ16ヶ所と、運営側のサポートも充実。

参加賞には、「吸汗・速乾」「UPF50+」「伸縮性」に優れた高機能素材のTシャツ、完走賞にひたちなか市の特産品で健康自然食品の「完走いも」がいただけます。

荷物の預かりサービス(有料:100円)や更衣室など、初めて参加の方でも安心の大会となっています。

●詳細
開催日:1月下旬
開催地:茨城県ひたちなか市
参加料:6,000円
定員:15,000人
制限時間:6時間
エントリー開始日:10月〜
公式サイト:https://katsutamarathon.jp/

古河はなももマラソン

茨城県古河市で行われる『古河はなももマラソン』

特徴は、経験者は自己ベストを狙いやすく、初心者は完走を狙える、ランナーに優しいコースだという点。

「中央運動公園」をスタートし、古河市内を走るコースとなっていますが、高低差が10m以下のフラット(平ら)なコースのため、とても走りやすく設定されています。

また、制限時間が6時間40分(キロ9:20ペース)と、完走を後押ししています。

参加賞には、「オリジナルTシャツ」、完走賞には、「完走メダル」がいただけます。

当日は、「Teamももラン」が、ランナーやボランティア等の大会参加者のおもてなしをしていただける、心温まる大会となっています。

●詳細
開催日:3月中旬
開催地:茨城県古河市
参加料:8,100円(フルマラソンの場合)
定員:10,500 人(10キロ・3キロの部含む)
制限時間:6時間40分
エントリー開始日:10月〜
公式サイト:https://kogahanamomo.jp/

かすみがうらマラソン

茨城県土浦市で行われる『かすみがうらマラソン』

コースは、「川口運動公園」をスタートし、「かすみがうら市歴史博物館」など土浦市・かすみがうら市の街並みを満喫できる湾岸周回コースとなっています。

高低差は最大25mで前半にアップダウンがありますが、後半22キロ地点以降はフラット(平ら)なため、比較的走りやすいです。

また、給水所、トイレは共に14ヵ所あるので、ランナーのエネルギー補給もしっかり行えます。

参加賞には、「オリジナルアームポーチ」または、霞ヶ浦サブレやれんこん黒糖バウムクーヘンなどの「地元名産品」が頂けます。

環境や福祉、CO2などの取り組みを積極的に行っている『かすみがうらマラソン』に、参加してみてはいかがでしょうか。

●詳細
開催日:4月中旬
開催地:茨城県土浦市
参加料:7,000円(フルマラソンの場合)
定員:15,000 人(ハーフ含む)
制限時間:6時間10分
エントリー開始日:12月〜
公式サイト:https://www.kasumigaura-marathon.jp/

東京マラソン

世界6大マラソン大会のひとつである「東京マラソン」

「東京マラソン2020」では、東京2020オリンピック日本代表選手選考競技会が行われ、大迫傑選手が2時間05分29秒で日本新記録を更新しましたね。

コースは、「東京都庁」をスタートし、「日本橋」、「浅草」、「銀座」など都内観光スポットを通るので、走りながら東京観光することができます。

高低差は最大10mとほとんどフラットで、制限時間は7時間もあるので、初心者の方でも完走しやすいのが特徴です。

日本最大級のマラソン大会ともあり、沿道の応援の熱量や都内の観光名所を巡る楽しいコースなど、魅力満点の大会となっております。

●詳細
開催日:3月上旬
開催地:東京都内
参加料:10,800円
定員: 38,000人
制限時間:7時間
エントリー開始日:8月〜
公式サイト:https://www.marathon.tokyo/

板橋Cityマラソン

東京都板橋区で3月に行われる「板橋Cityマラソン」

「板橋区荒川河川敷内特設会場」をスタートし、荒川の河川敷を往復するコースです。

河川敷を走るため、最大高低差10mとフラットで、初心者の方でも完走しやすいです。

実際データが物語っており、2019年大会では15,000人のうち96%が完走しております。

その理由として、まず制限時間が7時間と長いのと、コースが河川敷なので交通整備をする必要がなく、途中関門が2ヶ所しかありません。

それにより、スピードが遅いランナーでも、高い割合でゴールすることができます。

他にも、給水所が15ヵ所と比較的多く、エネルギーや水分補給などのサポート体制も整っています。

大会が3月と寒いのが欠点ですが、初フルマラソンの方も多いので安心して臨める大会でしょう。

●詳細
開催日:3月中旬
開催地:東京都板橋区
参加料:8,600円
定員: 15,000人
制限時間:7時間
エントリー開始日:10月〜
公式サイト:https://i-c-m.jp/

板橋シティマラソン2019レポート!初マラソンでも安心!?コースや給水所など当日の様子を紹介します。
【徹底レポート】板橋シティマラソン2019 初フルマラソンにオススメしません!板橋シティマラソンに来年参加を考えている、将来的に参加してみたいと考えている人からすると不安があると思います。 ・初心者でも走りや...

横浜マラソン

横浜マラソン

神奈川県横浜市で11月に行われる『横浜マラソン』

コースは、「みなとみらい大橋」をスタートし、「横浜赤レンガ倉庫」や「横浜中華街」、「首都高速湾岸線」など、横浜の観光スポットを巡るコースとなっています。

高低差は20キロ地点から約10キロ続く高速道路エリアで最大26mありますが、それ以外はほとんどフラットです。

給水所は18ヵ所、救護所は16ヵ所設置されており、ランナーへのサポート体制は整っています。

横浜の魅力を感じられる、横浜を代表する大規模な大会となっています。

●詳細
開催日:11月上旬
開催地:神奈川県横浜市
参加料:16,200円
定員:26,870人
制限時間:6時間30分
エントリー開始日:4月〜
公式サイト:https://yokohamamarathon.jp/

湘南国際マラソン

湘南国際マラソン

神奈川県中郡大磯町で12月に行われる『湘南国際マラソン』です。

コースは、「西湘バイパス大磯西IC」、「茅ヶ崎海岸」、「江の島入口」、「大磯プリンスホテル」など、海岸沿いを進んでいくため潮風を感じられるコースとなっています。

高低差は最大15mと、比較的フラットで走りやすいです。

給水所は2~3キロ間隔に全13ヶ所にあるので安心して補給もできます。

また、28キロ・35キロの2ヵ所では給食所が用意され、「湘南バターどらやき」「釜揚げしらす」「湘南ゴールドエナジー」など、湘南地域の産品のおもてなしもあります。

湘南の海外沿いを走る、とても気持ちの良い『湘南国際マラソン』で完走を目指してみてはいかがでしょうか。

●詳細
開催日:12月上旬
開催地:神奈川県中郡大磯町
参加料:12,500円
定員:20,500人
制限時間:6時間30分
エントリー開始日:5月〜
公式サイト:https://www.shonan-kokusai.jp/15th/

富山マラソン

富山マラソン

富山県高岡市、射水市、富山市で11月に行われる『富山マラソン』

コースは、「高岡市役所」前をスタートし、「新湊大橋」、「立山」の大パノラマなど富山県の自然を楽しみながら、富山市の「富岩運河環水公園」のゴールを目指します。

「高岡古城公園」、「高岡大仏」など、ものづくりの街高岡市エリア、「新湊大橋」や「海王丸パーク」などの、海と大地の恵 射水市エリア、「立山連峰」、「環水公園」などの、環境未来都市 富山市エリアなど、日本陸連公認コースとなっているので楽しめるコースとなっています。

給水所は15ヶ所で、給食は天むす、まんじゅう、どら焼き、梅干し、バナナ、いなりずし、ますずしなど豪華なメニューが揃っています。

フィニッシュ後には完走メダル、フィニッシャータオルなどの賞品が貰えたり、前日にはカーボローディングパーティーを開催するなど富山マラソンのおもてなしがなされます。

●詳細
開催日:11月上旬
開催地:富山県富山市
参加料:10,000円
定員:13,000 人
制限時間:7時間
エントリー開始日: 4月〜
公式サイト:https://www.toyamamarathon.com/

金沢マラソン

金沢マラソン

石川県金沢市で10月に行われる『金沢マラソン』

コースは、金沢の魅力が満喫できる7つのゾーンをめぐる回遊型となっています。

金沢マラソン魅力の7つのゾーン

歴史的景観ゾーン…兼六園や金沢城など金沢の代表的な景観が楽しめます
中心市街地ゾーン…「金沢駅・鼓門」や武蔵ヶ辻、片町・香林坊のオフィス街や繁華街を駆け抜ける華やかな金沢の中心地が楽しめます。
山側幹線ゾーン…普段、車でしか走れない展望の良い幹線道路を走っていただくゾーンです。
学生のまち文教ゾーン…金沢大学や北陸大学などが構える若者の多い町ということもあり、多くの応援やボランティアで活力を与えてもらえるゾーンです。
旧街道まちなみゾーン…金沢らしい町家やカギ曲りなど、城下町の面影が今なお残る旧街道を走る、風情あふれるゾーンです。
白山連峰を望む田園ゾーン…遠く白山連峰の山なみを望む広々とした田園風景。疲れた身体にホッと一息つけるゾーンです。
駅西新都心ゾーン…金沢駅西口、駅西50m道路、石川県庁、地場産業振興センターなど、金沢の新しい未来に触れることができるゾーンです。

※金沢マラソン公式HPより

また、ランナー向けの給食を提供する「食べまっしステーション」では豪華なメニューが用意されています。

・能登ねりものスポットでは、香り箱、ビタミンちくわ
・百万石和菓子スポットでは、かすてら、きんつば、どら焼きスポーツ、ようかん
・石川のラーメンスポットでは、野菜ラーメン
・石川県産米・野菜スポットでは、いなり寿司、大根煮、たくわん
・金沢カレースポットでは、ゴーゴーカレー、ターバンカレー、ゴールドカレー
・石川のスイーツスポットでは、焼きドーナッツ、シフォンケーキ、抹茶ショコラ、シャインマスカット

すべてのグルメをじっくり満喫したいくらい石川金沢の食を楽しむことができます。

金沢マラソンでは五輪出場選手が「大会ゲスト」「ペースメーカー」として参加していたり、フィニッシュ後には「もてなし鍋」が提供されます。

また、デザイン性の高い記念Tシャツ、完走メダルがもらえるのも魅力の一つ。

金沢の魅力が満喫できる『金沢マラソン』。一度は出場してみたい大会です。

●詳細
開催日:10月下旬
開催地:石川県金沢市
参加料:10,000円
定員:13,000 人
制限時間:7時間
エントリー開始日: – 月〜
公式サイト:https://www.kanazawa-marathon.jp/

京都マラソン

京都マラソン

京都府京都市で2月に行われる『京都マラソン』

コースは「たけびしスタジアム京都」をスタートし、「天龍寺」、「仁和寺」、「龍安寺」、「金閣寺」、「上賀茂神社」、「下鴨神社」、「銀閣寺」の7つの世界文化遺産、「送り火」で知られる五山、フィニッシュ地点の平安神宮前と京都の魅力を堪能できるコースとなっています。

制限時間は6時間と長めの設定。

また、10もの大学がコース沿道にあることからたくさんの大学生が「沿道盛り上げ隊」としてランナーを後押ししてくれるのは完走に向けて勇気づけられそうですね。

『京都マラソン』は、京都議定書にちなんで、環境に配慮した取り組みも話題となっています。

給水所では水道水を利用した「京の水道 疏水物語」を提供、給水所でマイカップ・マイボトルへの給水を行い、また、マイカップ・マイボトル専用給水所を設けています。

他には、印刷物のペーパーレス化や優勝者に贈られるメダルはリサイクル資源を活用したメダルを制作するなど、さまざまな取り組みを行なっているのが『京都マラソン』の特徴となっています。

●詳細
開催日:2月中旬
開催地:京都府京都市
参加料:15,000円
定員:16,000人
制限時間:6時間
エントリー開始日:7月〜
公式サイト:https://www.kyoto-marathon.com/

大阪マラソン

大阪城からみた景色

大阪で開催されるフルマラソン大会と言えば『大阪マラソン』。

35,000人が駆け抜けます。

「みんなでかける虹。」

これは「虹をかける」の「架ける」と「走る」の「駆ける」を掛け合わせたもので『大阪マラソン』のスローガンです。

コースは、「大阪府庁前」をスタートし、「大阪市中央公会堂」、「京セラドーム」、「なにわ筋」、「四天王寺」、そしてゴールである「大阪城公園」まで大阪の街並みを走るコースとなっています。

制限時間は7時間と長めの設定なので、初心者の方も安心です。

大阪マラソンは大会当日だけでなく、前日に楽しめるファンランイベントを開催しています。

初心者・中・上級者の方が、様々な目的やレベルにあわせてご参加いただけるので安心して練習できますね!

大阪一大イベント『大阪マラソン』。一度は出てみたいですね。

●詳細
開催日:11月下旬
開催地:大阪府大阪市
参加料:14,000円
定員:35,000人
制限時間:7時間
エントリー開始日: 4月〜
公式サイト:http://www.osaka-marathon.com/

神戸マラソン

神戸マラソン

兵庫県神戸市で11月に行われる『神戸マラソン』

阪神・淡路大震災からの復興の感謝の気持ちを込め、神戸マラソンは「感謝と友情」をコンセプトに人々のために走るマラソンを目指しています。

コースは「神戸市役所」をスタートし、「湊川神社」、「鉄人28号モニュメント」、「須磨海浜水族館」、「ノエビアスタジアム神戸」、「神戸ポートタワー」と神戸市内の施設、観光名所の景色を楽しみながらのコースとなっています。

詳しくは公式の「コース動画」をチェック!

制限時間は7時間もあるので余裕はありますが、37キロ地点の上り坂と海沿いのコースなので風が難敵かもしれませんね。

給水は14ヶ所、給食は7ヶ所あり、水、チョコレート、塩こんぶ、みかん、どら焼き、カステラなど糖分、塩分の補給食が用意されています。

また、救護所も18ヶ所に設置されているほか、手荷物お預かりや更衣室のサポートもばっちりの2万人規模の大会となっています。

●詳細
開催日:11月中旬
開催地:兵庫県神戸市
参加料:15,200円
定員:20,000人
制限時間:7時間
エントリー開始日:4月〜
公式サイト:http://www.kobe-marathon.net/2020/

おかやまマラソン

岡山県岡山市で11月に行われる『おかやまマラソン』

コースは、「岡山県総合グラウンド体育館」をスタートし、岡山駅前のメーンストリートや、「岡山城」、日本三名園の一つ「岡山後楽園」などの観光拠点、青く輝く旭川の河畔など景色を楽しみながらフィニッシュ地点の岡山県総合グラウンド陸上競技場までの42キロです。

給水所は13ヶ所あり、給食メニューはトマト、温州みかん、ラーメン、スポーツきびだんご、コラーゲンゼリー、シャインマスカットなど、岡山名物を含めた豪華メニューとなっています。

制限時間は6時間で、コースは比較的フラットなので走りやすいです。

また、おかやまマラソンでは独身男女の方が参加できる縁結びイベントも開催します。

マラソンという同じ趣味を持った方と出会えるチャンスです。

●詳細
開催日:11月上旬
開催地:岡山県岡山市
参加料:11,000円
定員:15,000人
制限時間:6時間
エントリー開始日:4月〜
公式サイト:http://www.okayamamarathon.jp/

高知龍馬マラソン

 

高知県高知市内を走る『高知龍馬マラソン』

「わざわざ高知で走ろう!」をキャッチフレーズに、のどかな田園風景や雄大な太平洋、奇跡の清流仁淀川など風光明媚な自然を楽しめるコースとなっています。

給水所、トイレは15ヶ所、救護室は20ヶ所とサポートも万全で、エイドステーションではまほろばトマト、柚子ジュース、ポンカン、チョコレートなど高知の食(おもてなし)がご用意されています。

制限時間は7時間とゆとりがあり、フィニッシュ後には龍馬も食したとされる「シャモ鍋」や「ツナ天」など美味しい食べ物や高知の特産品が盛りだくさんとなっています

ペースランナーもおり、「よさこい鳴子踊り」、「和太鼓演奏」のおもてなしと1日で高知を満喫できるくらいの大会となっています。
 

●詳細
開催日:2月中旬
開催地:高知県高知市
参加料:9,500円
定員:10,000人
制限時間:7時間
エントリー開始日:9月〜
公式サイト:https://ryoma-marathon.jp/

とくしまマラソン

徳島県徳島市で3月に行われる『とくしまマラソン』

「吉野川」沿いを走るコースで、万葉集で詠まれた「眉山」、「吉野川」の壮大な景色が望める「吉野川大橋」、洪水時に川の中に沈下する案かな工法で作られた「高瀬橋」など様々な橋を通過しながら走ることができます

制限時間は7時間とゆとりあり、当日は足湯、マッサージコーナー、県産品を使った料理の試食などのイベントも開催しています。

前日にはゲストによるランニング教室、ブラインドマラソン体験、車いすレーサー体験、ご当地グルメなど、前日から当日まで楽しめる大会となっています。

●詳細
開催日:3月下旬
開催地:徳島県徳島市
参加料:10,000円
定員:15,000人
制限時間:8時間
エントリー開始日:11月〜
公式サイト:https://www.tokushima-marathon.jp/

福岡マラソン

福岡市内

福岡県福岡市で11月に行われる『福岡マラソン』

福岡の中心地「天神」をスタートし、海や山の景色を感じながらゴールの「糸島」まで向かいます。

アップダウンも少なく、初心者にはうれしい、走りやすいコースとなっています。

「福岡タワー」や「ペイペイドーム(福岡ヤフオク!ドーム)」など、福岡を代表する観光スポットや白砂青松百選の「生の松原」・「長垂海岸」、「二見ヶ浦」などの景色が楽しめます。

エイドステーションには、福岡名物の銘菓、ランナーのために開発された特別メニュー、栄養のある補給食が用意されています。

また、ゴール地点では、カキや糸島牛など地元の食材を使ったおもてなしが待っています。

ほかには、地域ごとの工夫を凝らした応援や海からヨットでの応援、ハイタッチなど25万人を超える声援もあり、福岡マラソンは五感で楽しむ魅力が盛りだくさんです。

●詳細
開催日:11月上旬
開催地:福岡県福岡市
参加料:12,800円
定員:12,000人
制限時間:7時間
エントリー開始日:4月〜
公式サイト:http://www.f-marathon.jp/

熊本城マラソン

熊本県熊本市で2月に行われる『熊本城マラソン』

コースは、「熊本市役所」付近をスタートし、平成大通り、平成けやき通り、国指定の史跡「外城蔵跡」、ゴール地点の「熊本城」など、歴史をめぐるコースとなっています。

高低差は30mほどなので比較的ゆるやかで、また、制限時間7時間あるので初心者の方も完走を十分狙えます。

参加賞には、「大会オリジナルTシャツ」がもらえます。

2016年に熊本を襲った「熊本地震」から復興に向けて、少しずつ元の姿に戻りつつある熊本市民に勇気・元気を与えるためにも、ぜひ参加してみたいですね。

●詳細
開催日:2月中旬
開催地:熊本県熊本市
参加料:10,500円
定員:13,000人
制限時間:7時間
エントリー開始日: 7月〜
公式サイト:https://www.kumamotojyo-marathon.jp/

いぶすき菜の花マラソン

鹿児島県指宿市で1月に行われる『いぶすき菜の花マラソン』

コースは、「ふれあいプラザなのはな館」をスタートし、幻の怪獣「イッシー」の湖としても有名な「池田湖」や標高924mの「開聞岳」、「フラワーパークかごしま」など、指宿市を1周するコースとなっています。

高低差は100mを超えるため初心者にはキツイですが、制限時間8時間とかなり長いため、十分完走を目指せます。

給水所は14ヵ所、トイレは14ヵ所とサポートはバッチリです。

美しい「池田湖」や「開聞岳」の景色が楽しめる、おもてなしマラソン日本一になった『いぶすき菜の花マラソン』に、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

●詳細
開催日:1月中旬
開催地:鹿児島県指宿市
参加料:6,000円
定員:- 人
制限時間:8時間
エントリー開始日:- 月〜
公式サイト:http://www.ibusuki-nanohana.com/

まとめ 1万人を超える大規模な大会は初めてのフルマラソンにおすすめです。

今回紹介した大会は、制限時間も長くサポートも充実しているので初マラソンにオススメです。

42キロとなると決して簡単な道のりではないですが、沿道の声援に勇気を与えてもらえ、完走に向けて力が湧いてくるでしょう。

エイドステーションの豪華なグルメ、もらって嬉しい「完走メダル」、フィニッシュ後の温かい「フィニッシュ飯」とどれもがうれしい特典ばかりなので、ぜひマラソン大会に出場する際は今回紹介した大会にエントリーしてみてください。

また、全国の大会をピックアップしましたので、ぜひ探してみてください。

フルマラソン初心者向け持ち物リスト【完走経験者がおすすめする必需品は?】フルマラソン・ハーフマラソンに何を持っていけばいいの? そんな疑問を解決します。 普段のランニングとは違い、フルマラソン・ハーフマラソンの場合、相当体力を消耗するし、天候が悪くても開催する場合があるので、いつもより持ち物は多くなります。 足を痛めた時のためのケア用品や着替え、補給食など持ち物は様々です。 今回は、フルマラソン(ハーフマラソン)時に準備しておきたい持ち物チェックリストをご紹介します。 「これ持っていれば良かった〜」とならないために、最高の準備でマラソン当日を迎えましょう!!!...
【初心者必見】フルマラソン完走するためのトレーニング方法13選フルマラソン完走するためのトレーニング方法を教えて欲しい! そんな疑問にお答えします。 フルマラソンを完走するためには、たくさんの時間・距離走らなければいけません。 ただ、ひたすら走ることも大事ですが、日によってトレーニング方法を変えるだけで付いてくる結果も変わってきます。 「スピードを鍛える」トレーニングや「心拍機能を鍛える」トレーニングなど、様々です。 そこで今回は、フルマラソン完走するためのトレーニング方法をご紹介します。 ...
ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA