シューズ

【2021年版】サブ5〜完走に向けたおすすめランニングシューズ11選

悩んでいる人
悩んでいる人
サブ5おすすめランニングシューズが知りたい!

そんな疑問にお答えします。

サブ5(フルマラソン5時間切り)は、1キロ7:06ペースで走行した際に達成することができるタイムです。

下記が、男女別のフルマラソン完走者数のグラフです。

●サブ5達成の割合(サブ5達成者 / 2018年マラソン完走者)
男性:65.6%(194,431人 / 29万6,547人)
女性:46.8%(37,101人 / 7万9,360人)

参照:ランネット「全日本マラソンランニング(外部リンク)

ランネット「全日本マラソンランニング」の集計によると、男性が全体の65%、女性が46%ちょっとと、全ランナーの半分以上の成績を残すことができます。

そんな今回は、サブ5達成に向けた機能性に優れたおすすめのランニングシューズをご紹介します。

ナイキやアディダス、アシックスなど各ブランドが、サブ5を達成するための性能のよいシューズを販売しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【徹底解説】サブ5おすすめランニングシューズ11選

ナイキ エア ズーム ストラクチャー 23

ナイキが販売する大人気アイテム「ズーム ストラクチャー」シリーズの最新作。

通気性とクッション性に優れており、快適な履き心地を実現。

ランナーが毎日着用できるようなサポート力・安定感のある一足です。

ナイキ エア ズーム ボメロ 15

ナイキが販売する信頼できる定番モデル。

クッション性に優れ、前に進むたびに反発力のある履き心地を実現。

かかとのクリップが足をしっかりと固定するので、長距離ランでも安定感の走りをサポートする一足です。

[ナイキ] NIKE エア ズーム ボメロ 15 W Air Zoom Vomero 15
NIKE(ナイキ)

SL20

アディダスが販売する軽量シューズ。

クッション性と通気性に優れているため、快適な履き心地を実現。

足裏の動きに沿って柔軟に動くソールが路面をしっかり掴むため、安定感のある走行が可能となる一足です。

GEL-KAYANO 28

アシックスが販売する安定感のある走りを実現したシューズ。

軽量、かつクッション性に優れたミッドソールに採用することで、安定感のある走りを実現。

また、かかと部分にGEL(ジェル)を採用することで、着地時の衝撃緩衝性を高め、足全体をサポートしてくれる一足です。

GlideRide 2

アシックスが販売する、長距離走でのエネルギー消費を抑えることが科学的に証明されているシューズ。

着地から蹴り出しのエネルギー消費を抑えることで、長時間走ることが可能になりました。

また、クッション性と軽量性に優れた素材を採用し、ランニング時の足への負担を軽減した一足です。

FRESH FOAM 1080

ニューバランスが販売するクッション性に優れたシューズ。

ニューバランス「FRESH FOAMシリーズ」史上、最も持続性の高い最上級のクッション性を実現。

サポート性とストレッチ性にも優れ、ヒール部分の低反発素材が足に心地よくフィットします。

フルマラソンからLSDランなど、長時間のランニングもストレスなく快適です。

ウエーブライダー25

ミズノが販売する大阪マラソン2018着用率No.1の「ウエーブライダー」のNEWモデル。

ミズノ史上最高高反発性素材「MIZUNO ENERZY」をかかと部分に搭載し、横ブレを抑え、安定感のある走行をサポート。

スムーズな走りを追求した、ランニングを楽しみたい方におすすめです。

セーフラン 200

ヨネックスが販売する、ケガのリスクを軽減することをコンセプトにおいたSAFERUNシリーズのシューズ。

12mの高さから卵を落としても割れないほど、高い衝撃吸収素材を使用し、膝をサポート。

また、筋力が弱い人がなりがちのオーバープロネーションをサポートし、疲れにくさを実現した一足です。

▼オーバープロネーションとは

ヨネックス SAFERUN 200 MEN」より引用

Cloudstratus

オンが販売する最大級クッショニングが特徴のシューズ。

垂直方向と水平方向のクッショニングを高めることで着地の衝撃を減らしつつ、ランナーの動きをしっかりコントロール。

短い距離からマラソンまで、さまざまな距離に対応した一足です。

SONIC 4 Balance

サロモンが販売するクッション性に優れたシューズ。

サロモン独自のフォームが着地時の振動を抑え、足の疲れを軽減してくれます。

また、蹴り出しのたびに弾むような反発力があるため、長距離のランニングにもおすすめです。

CLIFTON EDGE

ホカオネオネが販売する、数々の業界賞を受賞したベストセラーモデル「CLIFTON(クリフトン)」シリーズのシューズ。

超軽量ながら、クッション性と反発性に優れ、走行しやすい設計に。

かかと部分の面積を広げることで着地の衝撃を和らげ、かかとからつま先へスムーズな体重移行を可能にした一足です。

まとめ

今回は、サブ5〜完走達成に向けたおすすめのランニングシューズをご紹介しました。

各ブランドが性能のよいシューズを販売しているので、ぜひ参考にしてみてください。

また、タイムごとにもまとめていますので、目指しているタイムにあったシューズを探してみて下さい。

タイム別にシューズを探す

本日は以上です。

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れは下記をご覧ください。

▼フルマラソン完走ロードマップ
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA