シューズ

【2022年版】サブ3.5おすすめランニングシューズ17選

悩んでいる人
悩んでいる人
サブ3.5おすすめランニングシューズが知りたい!

そんな疑問にお答えします。

サブ3.5(フルマラソン3時間30分切り)は、1キロ4分58秒ペースで走行した際に達成することができるタイムです。

下記が、男女別のフルマラソン完走者数のグラフです。

サブ3.5達成の割合(サブ3.5達成者 / 2018年マラソン完走者)

・男性:12.2%(36,035人 / 29万6,547人)
・女性:3.2%(2,505人 / 7万9,360人)

参照:ランネット「全日本マラソンランニング

ランネット「全日本マラソンランニング」の集計によると、男性でも全体の10%ちょっとしかいない、ハードな記録達成となります。

そんな今回は、サブ3.5達成に向けた機能性に優れたおすすめのランニングシューズをご紹介します。

ナイキやアディダス、アシックスなど各ブランドが、サブ3.5を達成するための性能のよいシューズを販売しているので、ぜひ参考にしてみてください。

サブ3.5おすすめランニングシューズ17選

ナイキ ズーム フライ 3

参照 ナイキ公式サイト ナイキ ズーム フライ 3

ナイキが販売する長距離ランナーに必要なレース中の快適性と耐久性を追求したモデルシューズ。

軽量、かつ耐久性に優れたミッドソールが、クッション性と反発力の効果を高め、滑らかな履き心地を提供。

また、ミッドソール内側のカーボンファイバー製プレートが、高い推進力を後押する一足です。

ナイキ エア ズーム ペガサス 38

参照 ナイキ公式サイト ナイキ エア ズーム ペガサス 38

ナイキが販売する最適なフィット感と履き心地を提供するシューズ。

軽量、かつ高反発で耐久性に優れるミッドソール「Nike Reactフォーム」を搭載。

また、クッション性に優れ、踏み込むたびに強く反発し、弾むような履き心地が体感できる一足です。

アディゼロ ジャパン 6

参照 アディダス公式サイト アディゼロ ジャパン 6

アディダスが販売する、フィット性・サポート性に優れた、反発力のある高機能のシューズ。

クッション性や反発性を実現した低密度高反発ミッドソールが、蹴り出し時の爆発的推進力を発揮。

また、レース用自転車に採用されているアウトソールを搭載し、滑りやすい路面でも高いグリップ力を発揮し、スリップによるエネルギーロスを軽減したアイテムです。

ウエーブシャドウ5

参照 ミズノ公式サイト ウエーブシャドウ5

ミズノが販売する、ミッドフット走法(足の裏全体で着地する走り方)における安定性を向上させたシューズ。

ミッドソールに2層の異なる硬さのミッドソール材を波形状に重ねることで、ミッドフット走法における安定性を向上させています。

また、ミズノ史上最高軽量の素材「MIZUNO ENERZY」をソール全体に搭載し、着地から蹴り出し時に高い反発性を生み出してくれる一足です。

ウエーブエアロ19

参照 ミズノ公式サイト ウエーブエアロ19

ミズノが販売する、サブ3.5を目指すランナーを支える、19代目を迎えた「ウエーブエアロ」。

高反発性素材「MIZUNO ENERZY」とレーシングタイプのウエーブプレートが生み出す反発性が推進力をサポート。

また、アッパーに採用された「ウーブンアッパー」が、高いフィット感を生み出し、走行時のパワーロスを軽減する一足です。

GEL-DS TRAINER 26

参照 アシックス公式サイト GEL-DS TRAINER 26

アシックスが販売する、オーバープロネーションの方におすすめの、かかとが大きく内側に倒れ込み過ぎる状態を緩和するシューズ。

柔軟性のあるニットアッパーにより、足の動きにサポートが入り、スムーズな走行が可能に。

また、Rearfoot GELテクノロジーが着地時の衝撃を吸収し、着地から蹴り出しまでブレの少ない安定した動きを実現した一足です。

FuelCell TC

参照 ニューバランス公式サイト FuelCell TC

ニューバランスが販売する、マラソンとトレーニング両方のシーンで活躍するシューズ。

ソールに内蔵されたカーボンファイバープレートと高い反発弾性を発揮する「FuelCellミッドソール」を組み合わせることで、力強い推進力を生み出し、高いパフォーマンス性を発揮。

また、耐久性と安定性を高めるアウトソールと通気性の良いメッシュアッパーを採用し、長時間のトレーニングも可能とする履き心地の良さが味わえるアイテムです。

FuelCell REBEL

参照 ニューバランス公式サイト FuelCell REBEL

ニューバランスが販売する、日々のランからレースまで様々なシーンで活躍するシューズ。

反発性をグレードアップした高いリバウンド性能のFuelCellミッドソールが高い推進力を実現。

また、軽量、かつ耐久性のあるエンジニアードメッシュを採用することで、通気性を確保し、シューズ内をドライに保つアイテムです。

クラウドフロー

参照 オン公式サイト クラウドフロー

オンが販売する、軽量、かつクッション性に優れたシューズ。

アウトソールのクラウドパーツ「CloudTec®」が、高いクッション性で路面からの衝撃を吸収しつつ、着地から蹴り出しの足さばきをスムーズに。

また、絶妙な位置に配されたラバーパッドが、急カーブ時も高いグリップ力を発揮し、エネルギーロスすることなく走行を可能にした一足です。

クラウドスイフト

参照 オン公式サイト クラウドスイフト

オンが販売する、硬い路面でも軽やかな走りを実現したシューズ。

アウトソールのクラウドパーツ「CloudTec®」を再配置したことで、ソール全体のクッショニングが向上し、スムーズな走行が可能に。

また、気候の寒暖に幅広く対応しているため、どんな気候でも高いパフォーマンスを提供する一足です。

ハイペリオンテンポ

参照 ブルックス公式サイト ハイペリオンテンポ

ブルックスが販売する、レースから日々のトレーニングまで幅広いシーンに対応したシューズ。

高い伸縮性と通気性を兼ね備えたナイロンアッパーが足を心地よくホールドし、快適な履き心地を実現。

また、ソフトなクッショニング感で、着地時のエネルギーを効率的に引き出し、ストライドを一定に保つなどサポート力に優れたアイテムです。

ローンチ8

参照 ブルックス公式サイト ローンチ8

ブルックスが販売する、普段のトレーニングからレースまで使える”ローンチ”シリーズ最新作。

スピードに応じて衝撃吸収性が変化する独自のクッション材が着地時の衝撃を吸収し、安定感のある履き心地を実現。

今作からアッパー素材がアップデートしたことで通気性が向上し、また、3Dプリントでつま先を補強し、よりフィット感が高まったアイテムです。

トーリン 5

参照 アルトラ公式サイト トーリン 5

アルトラが販売する、最高の履き心地を実現した、前作「トーリン4.5プラッシュ」を改良して作られたシューズ。

ミッドソールが強化されたことでクッション性に加え、反発性が向上し、着地時のエネルギーを推進力に変換。

また、ヒールパッドを増やすことで、かかとがロックされたようなフィット感を実現し、弾むような履き心地が味わえるアイテムです。

イコニ オルティックス

参照 カルフ公式サイト IKONI ORTIX

カルフが販売する、独自のテクノロジーである「フルクラム」を搭載した、着地時の衝撃を推進力へと変換するスピードモデル。

「fit idTM」により数十万人の足形データを元に作られてたアッパーの形状は、自分の足に合わせてカスタムされたようなフィット感を実現。

また、ミッドソールとインソールには、軽量、かつクッション性に優れた、カルフ独自の発砲素材エアロフォームを採用した履き心地抜群の一足です。

マッハ 4

参照 ホカオネオネ公式サイト マッハ 4

ホカオネオネが販売する、カーボンプレートが無いながら反発力と推進力に優れたシューズ。

ホカオネオネ独自の「PROFLY™クッショニング」が着地と推進力のある蹴り出しを可能に。

また、ラバライズドEVA素材により着地時の衝撃を軽減し、長時間快適な走行をサポートしています。

リンコン3

参照 ホカオネオネ公式サイト リンコン3

ホカオネオネが販売する、優れたクッション性と軽量性を持ち合わせた、トレーニングからレースまで活躍するシューズ。

通気性に優れたメッシュアッパーが、長時間走行でも快適な履き心地を提供。

また、軽量なEVAミッドソールがホカオネオネならではのクッション性を提供する、軽量化を最重視したアイテムです。

セーフラン エアラス

参照 ヨネックス公式サイト セーフラン エアラス

ヨネックスが販売する、一般的なEVA材より30%軽量化を実現した、ヨネックス史上最軽量素材「フェザーライト・エックス」を搭載したシューズ。

つま先が上がるときに張り出す「長母指伸腱」への負担を逃がすような設計により、足首への負担を減らし、高いフィット感を生み出します。

また、弓なりの神形状「3Dカーボン」が着地から蹴り出しまでスムーズな足運びを可能としたアイテムです。

まとめ

今回は、サブ3.5達成に向けたおすすめのランニングシューズをご紹介しました。

各ブランドが性能のよいシューズを販売しているので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめランニングシューズブランド
ナイキ
アディダス
アシックス
ニューバランス
ミズノ
オン
ブルックス
リーボック
アンダーアーマー
ホカオネオネ
サッカニー
サロモン
プーマ
ヨネックス
カルフ
アルトラ
メレル
MBT

また、タイムごとにもまとめていますので、目指しているタイムにあったシューズを探してみて下さい。

ペースごとにおすすめのシューズを探す
サブ3向けシューズ
サブ3.5向けシューズ
サブ4向けシューズ
サブ5〜完走向けシューズ

本日は以上です。

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れをまとめました。

初めてフルマラソン出場する方を対象に、下記の内容が分かります。

  • マラソン大会の選び方
  • 購入すべきランニンググッズ
  • 完走するためのトレーニング方法
  • レース前日や当日の過ごし方

▼詳しくはこちら
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間2,500km走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
ランニングで膝を痛めた・違和感がある方へ

ランニング後のケアに最適なドリンク

駅伝強豪校 城西大学駅伝部と共同開発

ランニングで膝を痛めた・違和感がある方におすすめのドリンクです


公式ページ >>

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA