流し(ウインドスプリント)ってなに?どんな効果があるの?

流し(ウインドスプリント)ってなに?どんな効果があるの?


そんな疑問にお答えします。


マラソンのトレーニング方法はさまざまありますが、


流し(ウインドスプリント)とは、全力疾走の70〜80%の力で走るトレーニング方法です。


スピード練習の一種で、心肺機能の向上や身体を早いスピードに慣れさせるなど、スピードアップを目的とした大事なトレーニングとなります。


そんな今回は、流し(ウインドスプリント)のトレーニング方法についてご紹介します。


トレーニング前後の心肺機能への刺激入れにもおすすめですので、ぜひ取り入れてみましょう。




流し(ウインドスプリント)ってなに?




流し(ウインドスプリント)とは、全力疾走の70〜80%の力で走るトレーニング方法です。


流しはWS(ウインドスプリント)とも言います。


スピード練習の一種で、心肺機能の向上や身体を早いスピードに慣れさせるなど、スピードアップを目的とした大事なトレーニングとなります。


50m〜150mの距離で3〜5本を目安に行います。


1本では効果が薄いので、必ず複数回行うようにしましょう。


また、やり方は2種類!


    ●流し(ウインドスプリント)のやり方

  • 走り始めから全力疾走の70〜80%の力で走る
  • 全力疾走の60→70→80%と徐々にペースを上げていく



徐々に上げていく方が走りやすいので、個人的におすすめです。




流し(ウインドスプリント)で得られる効果とは?




流し(ウインドスプリント)で得られる効果は2つあります。

  • 心肺機能の向上(酸素を多く取り込む力)
  • 早いスピードで走るときの身体の使い方を身につける(フォームの確認)



それでは、それぞれをみていきましょう。




心肺機能の向上(酸素を多く取り込む力)


心肺機能を鍛えることで持久力アップ(長時間のランニングが可能になる)が期待できます。


持久力をアップさせるには「脂肪を使う能力」を高くする必要があります。


人は走り続けるために「糖」と「脂肪」この2つをエネルギーに変えていきますが、通常「糖」のほうが消費しやすく、枯渇すると走れなくなります。


「糖」の消費を防ぐために、「脂肪」も一緒に使う必要があります。


ただ、「脂肪」をエネルギーに変えるには体内に多くの酸素を必要とし、酸素を多く体内に取り入れる能力をあげる必要があります。


ですので流し(ウインドスプリント)で心肺に大きな負荷をかけることで、多くの酸素を取り入れる能力を上げることができます。




早いスピードで走るときの身体の使い方を身につける(フォームの確認)


流し(ウインドスプリント)では、腕の振りやストライドを大きくして走るため、早いスピードでの身体の使い方を身につけることができます。


ジョグやLSDなどゆったりしたペースとは違った身体の使い方をするので、初めは戸惑うかもしれません。


ただ、早いスピードに身体が慣れてくれば、自然とスピードも上がり、結果タイム向上にも繋がります。


また、スピード練でしか鍛えられない筋肉を鍛えることができるので効果大です。




流し(ウインドスプリント)はトレーニング前後に取り入れよう!




では、流し(ウインドスプリント)はどのタイミングで行うのがいいのか。


それは、トレーニング前後です。


トレーニング前の場合は、身体がまだ温まっていないので心肺に刺激を入れる目的で行います。


また、トレーニング後の場合は、ジョグやLSDなどとセットで行う場合が多いです。


    流し(ウインドスプリント)を行うタイミング

    ・トレーニング前・・・心肺に刺激を入れる目的
    ・(メインの)トレーニング後・・・ジョグやLSDなどのセット練



ここでトレーニングの例を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


例)
6〜8キロジョグ + 50m流し2〜3本

30分ジョグ + 100m流し2〜3本


このようにゆっくりとしたペースでのトレーニングとセットで「流し」を入れることで、スピード練も一緒にできるのでおすすめです。





まとめ ジョグなどのトレーニングとセットで行いましょう


今回は流し(ウインドスプリント)の効果についてまとめてみました。


改めて、おさらいです。


流し(ウインドスプリント)とは、全力疾走の70〜80%の力で走るトレーニング方法です。


50m〜150mの距離で3〜5本を目安に、ジョグなどとセットで行うと良いでしょう。


また、やり方は2種類!


    ●流し(ウインドスプリント)のやり方
  • 走り始めから全力疾走の70〜80%の力で走る
  • 全力疾走の60→70→80%と徐々にペースを上げていく



徐々に上げていく方が走りやすいので、個人的におすすめです。


流しはスピード練習の一種で、心肺機能の向上や身体を早いスピードに慣れさせるなど、スピードアップを目的とした大事なトレーニングとなります。


ぜひ、同じペースでのジョグしか行なっていない方は、身体に負荷をかける目的で行なってみてはいかがでしょうか。


以上、流し(ウインドスプリント)についてでした。




●こちらも合わせて読みたい

ランニング時にあったほうがいい持ち物13選!【初心者必見】

フルマラソン完走するためのトレーニング方法12選【初心者向け】




最新情報をチェックしよう!