シューズ

ケガしにくいランニングシューズ9選【初心者におすすめ】

悩んでいる人
悩んでいる人
初心者におすすめのランニングシューズが知りたい

そんな疑問にお答えします。

初心者の方は足の筋力が不十分のため、長時間ランニングするとケガをする可能性があります。

なので、ランニングシューズを決める際は、クッション性能の高いものを選ぶと良いでしょう。

クッション性が高いシューズは、着地時の衝撃を吸収するため、足にかかる負担が少ないのでおすすめです。

そこで、今回はクッション性に優れたランニングシューズをご紹介します。

これからフルマラソンに出場する方、趣味でランニングする方はぜひ参考にしてみてください。

【徹底解説】ケガしにくいランニングシューズ9選

ナイキ リアクト インフィニティ ラン フライニット 3

参照 ナイキ公式サイト ナイキ リアクト インフィニティ ラン フライニット 3

Nike史上最も多くのテストを経て、ナイキが「怪我ゼロ」を目指すために開発されたサポート性抜群のシューズ。

ヒールと足首周りのクッション性を強化し、サポート性のある履き心地を実現。

また、ソールは地面を押し出す時の柔軟性、足を前に進める時の滑らかさ、着地時のクッション性を兼ね備えています。 

クッションの効いた厚底デザインなので、柔らかく安定感のある滑らかな履き心地が楽しめるアイテムです。

UAホバー マキナ3

参照 アンダーアーマー公式サイト UAホバー マキナ3

クッショニングを求めるランナーに最適なシューズ。

着地衝撃を推進力へと変換するエネルギーリターン性能が高いクッショニングシステムを搭載し、ラクに前へ進むための原動力を提供。

また、走行時に足が擦れないよう、縫い目のないオーバーレイやボディマッピング構造を採用し、長時間快適な走行が可能なアイテムです。

グライド マックス

参照 サロモン公式サイト グライド マックス

わずか 275g の超軽量ながら、抜群のクッション性を誇るシューズ。

厚めのスタックハイトと Energy Surge を組み合わせたクッション性の高いミッドソールコンパウンドが着地時の衝撃を吸収し、優れた反発力を実現。

また、サロモン独特のロッカー形状「Reverse Camber」と 10mmのドロップによりスムーズな重心移動を可能にし、軽やかに地面を蹴って前進できるアイテムです。

グリセリン20

参照 ブルックス公式サイト グリセリン20

ブルックス史上最もソフトな履き心地を実現したシューズ。

BROOKS独自のクッション素材「DNALOFT」に液化窒素ガスを混ぜて臨界発泡をさせた素材「DNALOFTV3」を採用し、クッション性、反発性、耐久性のバランスに優れたクッションが快適なランニングをサポート。

また、新しくなったエンジニアードメッシュアッパーにより通気性が向上し、足をしっかり包み込むようにフィットし、快適な走行が可能なアイテムです。

FRESH FOAM 880

参照 ニューバランス公式サイト FRESH FOAM 880

2層構造のFRESH FOAM Xミッドソールを採用したシューズ。

ハイレベルのクッション性と安定性で、着地時は柔らかく衝撃を吸収し、蹴り出し時は弾むような推進力を実現。

また、通気性に優れたダブルジャガードメッシュアッパーが長時間走行を快適なものにしてくれるアイテムです。

ボンダイ 8

参照 ホカ公式サイト ボンダイ 8

ホカ最大級のクッション性を誇る、ボンダイ8代目のシューズ。

かかと部分の波状のクラッシュパッドが、かかとからの着地から蹴り出しまで、驚くほどソフトでバランスの良いライド感を実現。

また、柔らかさと反発性が完璧なバランスで融合したクッショニングが、スムーズな足運びを可能にし、スピードを落とさず走行できるアイテムです。

GEL-KAYANO 29

参照 アシックス公式サイト GEL-KAYANO 29

安定性を追求し、軽量性と反発性が向上した「GEL-KAYANO」シリーズ29代目のシューズ。

前作より厚みを増したミッドソールには、優れた軽量性・高反発性を誇る「FF BLAST+」クッショニングを採用し、弾むような反発性を実現。

また、ミッドソールの中足部から内側には、安定性を高める「LITETRUSS」を配置し、着地時の足の過度な内側への倒れ込みやねじれを抑制し、安定した走行をサポートするアイテムです。

ゴースト14

参照 ブルックス公式サイト ゴースト14

今作から100% DNALOFTミッドソールを搭載した、”ゴースト”シリーズ14代目となるシューズ。

衝撃吸収素材「DNA LOFT」が抜群のクッショニング感を生み出し、より滑らかでソフトな履き心地を実現。

また、新しいソフトなミッドソールとセグメントされたクラッシュパッドのアウトソールが着地から蹴り出しまで、スムーズな足運びを提供します。

通気性、伸縮性に優れた2層に編み込まれたメッシュアッパーがシューズ内のムレを抑制し、快適な着用感を提供するアイテムです。

セーフラン 200 メン

参照 ヨネックス公式サイト セーフラン 200 メン

ケガのリスクを軽減することをコンセプトにおいた、セーフランシリーズのシューズ。

12mの高さから卵を落としても割れないほど、高い衝撃吸収素材を使用し、膝をサポート。

また、筋力が弱い人がなりがちのオーバープロネーション(かかとが大きく内側に倒れ込みながら着地する状態)をサポートし、疲れにくさを実現したアイテムです。

まとめ

今回は、クッション性に優れたランニングシューズをご紹介しました。

初めてランニングされる方は、クッションの高い、かつ安定性の高いシューズを選ぶと良いです。

足を痛めてしまうと、長期間ランニングすることができなくなり、大会出場に影響しますので、ぜひケガしにくいシューズを履いてください。

↓Amazon、楽天で売れている商品を見る

他のブランドを見る

おすすめランニングシューズブランド
ナイキ
アディダス
アシックス
ニューバランス
ミズノ
オン
ブルックス
リーボック
アンダーアーマー
ホカオネオネ
サッカニー
サロモン
プーマ
ヨネックス
アルトラ

また、タイムごとにもまとめていますので、目指しているタイムにあったシューズを探してみて下さい。

ペースごとにシューズを探す
サブ3向けシューズ
サブ3.5向けシューズ
サブ4向けシューズ
サブ5〜完走向けシューズ

本日は以上です。

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れをまとめました。

初めてフルマラソン出場する方を対象に、下記の内容が分かります。

  • マラソン大会の選び方
  • 購入すべきランニンググッズ
  • 完走するためのトレーニング方法
  • レース前日や当日の過ごし方

▼詳しくはこちら
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間2,500km走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 4:06:27(第32回ぐんまマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
フルマラソン完走を目指す方におすすめのサプリメント「カツサプ」

カツサプは「乳酸をエネルギーに変換」「筋肉痛の軽減」「足つりの軽減」を実感できる画期的なサプリメントです。

主に、『ここ一番で力を発揮したい』、フルマラソン本番時に摂取することを目的に作られています。

「フルマラソン初完走を目指す方」「記録更新を狙う方」におすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA