ランニングステーション

【レビュー】駒沢公園にあるTransit(トランジット)はどんなランニングステーション(ランステ)?

悩んでいる人
悩んでいる人
ランニングステーション「Transit(トランジット)」の利用者のレビューが知りたい!

そんな疑問にお答えします。

東京都内で人気のランニングコースである駒沢オリンピック公園

Transit(以下トランジット)は、駒沢オリンピック公園周辺にあるランニングステーションで、連日多くのランナーが利用しています。

そんなトランジットを先日利用してきましたので、その時の体験談・感想をお伝えします。

トランジットを利用しようと検討の方はぜひ参考にして頂ければうれしいです。

トランジットとは

まずはじめに、トランジットの営業時間や駅からのアクセス方法をご紹介します。

基本情報

トランジットは、駒沢オリンピック公園まで徒歩2〜3分の場所にあるランニングステーション(荷物を預けられたり、着替え、シャワールーム完備している施設)です。

店内が無人で、スタッフがいない状態で運営されている、少し変わったランニングステーションです。

というのも、トランジットの代表の方が元トライアスロン選手で、そのスタッフはトライアスロンで世界を目指す選手が運営をしています。

そのため、トレーニングや遠征でお店にいないこともある経緯から、「無人」という形で運営されている珍しいランニングステーションとなっています。

住所東京都目黒区東が丘2-14-4 LMハウス TRANSIT
最寄り駅東急田園都市線 駒沢大学駅徒歩5分
利用料金土曜・日曜・祝日 600円(税込み)/1日
火曜・水曜・木曜・金曜 500円(税込み)/1日
営業時間土曜・日曜・祝日 6:00〜21:00
火曜・水曜・木曜・金曜 18:00~21:30
定休日月曜
公式HPhttp://sunny-fish.com/run-station/

アクセス

続いて、最寄駅の東急田園都市線 駒沢大学駅からトランジットまでのアクセスをご紹介します。

駒沢公園口から出て、自由通りを進んで行くと目的地に到着します。

目的地まで徒歩5分ぐらいなのでそこまで遠くはないです。

また、駅からトランジットまでの道の途中にコンビニやスーパーがいくつかありましたので、飲み物・食べ物を忘れたとしても大丈夫です。

・セブンイレブン(コンビニ)
・ファミリーマート(コンビニ)
・ミニストップ(コンビニ)
・マルエツ(スーパー)

↓ トランジットの外観です。

建物はごく普通の佇まいで、ボッーと歩いていたら通り過ぎてしまいそうですが、ガラスに青く描かれた駒沢公園の全体図のイラストが目印です。

利用方法

それでは無人のランニングステーションの利用方法をご紹介します。

初めて行く際は多少戸惑うと思いますが、これから説明したものをご覧になれば問題ないと思います。

ご利用料金

まず、利用料金ですが、平日と土日祝で料金が異なります。

●利用料金
土日祝 600円(税込)/1日
火水木金 500円(税込み)/1日

建物内に入るためにチケットを購入します。

そのチケットを購入するための販売機が入り口横にあります。

販売機をのぞいてみると、1dayの利用券と補給食「shotz」がありました。

さらに覗き込むと1day ICカード「火曜日」「水曜日」「土曜日」「日曜日(祝日)」と分かれていました(撮影時)。

該当するチケット購入しましょう。

謝って違う曜日のICカードを購入してしまった場合については返金できません。

券売機の「祝日」は土曜日・日曜日以外の祝日となっています。日曜日が祝日の場合には、「日曜」のカードを購入してください。火曜日・水曜日が祝日の場合には、「祝日」のカードを購入してください。

ex.8月11日 (日・祝):(山の日) ・・・日曜日のカードを購入
ex.9月21日 (月・祝):(敬老の日)・・・祝日のカードを購入

購入しましたら、箱の中にICカードが入っています。

カードに、「ドア右にあるリーダーにかざして入室してください」との説明文が書かれています。

ICカードをリーダーにかざすと、解除音とともにロックが解除され、中に入ることができます。

ここまで誰とも会話していませんし、会員証の提出とかもなく、スムーズに入ることができます。

あまり会話したくない方にはおすすめのランニングステーションだと思います。

店内のようす

続いて、店内の様子です。

常に無人ではないですが、基本的にスタッフの方はいなそうです。

ぼくが行った時はランナーもおらず、完全に無人状態でした。

店内は、ランナー同士で談笑ができるスペースに、無料コインロッカー、ランニングマシンが入ってすぐの部屋にありました。

入り口横の受付場所にレンタル品の貸し出しができ、ここでも来たお客さんが勝手にレンタルしていくスタイルです。

レンタル・購入できるものは以下のとおりです。

・貸出タオル:200円
・レンタルシューズ:無料

Tシャツやハーフパンツの貸出は行っていないため、事前に準備しておきましょう。

また、無料でランニングシューズを貸し出しているので、ランニング始めたばかりでシューズを持っていない方にもお得なサービスです。

施設設備

更衣室の中は以下のようになっています。

・シャワー4基(男子2・女子2)*シャンプー・ボディソープあり
・ロッカー57扉(男子27・女子18・共用12)
・トイレ
・ドライヤーあり

中はそこまで広くなく、大人5人いると少し窮屈だと感じました。

鍵が差さっているロッカーを自由に使用でき、大きな荷物でも十分入る大きさです。

シャワールームにも備え付けのシャンプーがあるため、持ってくる必要はありませんが、洗顔、化粧水はないため、必要な方は持ってくることをおすすめします。

帰宅の流れ

帰宅時も精算はありません。

販売機で受け取ったICカード、レンタル品を返却して終了となります。

ロッカーキーを紛失した場合、5,000円発生します。また、スタッフがいないときは、すぐにはスペアキーを出せませんので、ロッカーキー・ICカードは厳重に保管しましょう。

利用する流れ

最後に利用する際の流れをご紹介します。

  • STEP1
    ICカード購入
    入り口横にある自動販売機にて、ICカード(入場料)を購入します。
  • STEP2
    ドアロック解除で入室
    ドア横のリーダーにICカードをかざすと、ドアロックが解除され、入室できます。
  • STEP3
    着替え
    更衣室で着替えをし、ロッカーに荷物を預けます(空いているロッカーを自由に使用可)。
  • STEP4
    ランニング開始
    ランニングに行く際は必ずICカードとロッカーの鍵を持って行きましょう。
  • STEP5
    シャワー、着替え
    ランニング終了後、ICカードをかざし入室し、シャワーを浴び、着替えをします。
  • STEP6
    ICカード返却
    支度が済んだら、入り口横にある白いBOXにICカードを返却し、完了です。

このような流れで利用することができます。

注意点は、ランニングに出かける際は、ICカードとロッカーの鍵を持って行きましょう。

忘れてしまうと入室できませんので。

まとめ

今回は駒沢オリンピック公園近くのランニングステーション トランジットをご紹介しました。

「無人」という新しいスタイルで、入室から退室まで誰とも会話せずに利用できるとあって、非常にスムーズでよかったです。

無人とはいえ、シャワー、更衣室、ロッカー、レンタル品など一通り揃っているので、その日も多くのランナーが利用されている印象です。

駒沢公園までも徒歩2分弱で着きますし、駅からも徒歩5分と立地も最高です。

▼駒沢公園ランコースの詳細はこちら
【レビュー】駒沢公園のランニングコースを紹介!一周何キロ?着替えはどこですればいいの?

ぜひ、駒沢公園周辺のランニングステーションとしてはおすすめの場所ですので、今後利用する際の参考になればと思います。

以上、トランジットのレビューでした。

ランニングコースを探す

最後に、ランニングコースをまとめました。

また、ランニングシューズをブランドごとにまとめています。

▼ランニング時の持ち物
ランニング・ジョギング時におすすめの持ち物13選【初心者必見】

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れは下記をご覧ください。

▼フルマラソン完走ロードマップ
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA