ランニングギア

【レビュー】KODA Energy Gelの効果は?味や飲むタイミングをご紹介

悩んでいる人
悩んでいる人
『KODA Energy Gel』の効果は?

そんな疑問にお答えします。

『KODA Energy Gel(以下コーダ)』は、バナナ約1本分のエネルギー(117kcal)がわずか数分で吸収される、即効性の高い補給食です。

また、グルテンフリー(小麦アレルギーの方OK)、かつヴィーガン(完全菜食主義者)の方に対応と、他の補給食にない特徴を持っています。

味は「カフェインなし」と「カフェインあり」で分かれており、全部で7種類。

味(カフェインなし)
・LEMON LIME
・WILD BERRY
・MANGO PASSION
・COLA
味(カフェインあり)
・GREEN PLUM
・COLA VANILLA
・CAPPUCCINO

価格は264円(税込)と、他の補給食と同じくらいの価格設定となります。

公式オンラインショップやAmazon、楽天(下記リンク)で購入可能です。

KODA Energy Gelについて

shotz(ショッツ)からKODA(コーダ)へ

KODA(コーダ)は、スポーツ栄養学に基づいた商品を提供しているオーストラリアを本拠地とした企業です。

歴史は長く、24年間のあいだ、アスリートのための商品開発や栄養学に関する経験を積んできています。

また、2020年4月にshotz(ショッツ)からKODA(コーダ)にブランド名が変更され、パッケージデザインも新しくなっています。

KODA Energy Gelの特徴

カフェインなしとカフェインありの2タイプありますが、下記がそれぞれの特徴です。

特徴(カフェインなし)

・グルテンフリー&フルクトース(果糖)
・速効性 わずか数分で吸収
・高エネルギー 45gで約117Kcal
・マルトデキストリンが脂肪を燃やす起爆剤に
・ヴィーガンOK
・フリーアンチ・ドーピング検査済

特徴(カフェインあり)

・グルテンフリー&フルクトース(果糖)フリー
・ヴィーガンOK
・脂肪を燃焼! 筋肉痛を軽減
・レース中のモチベーションを維持
・脳疲労を軽減
・有酸素運動のダイエットに最適
・アンチ・ドーピング検査済

『コーダ』は、バナナ約1本分の「エネルギー」(117kcal)がわずか数分で吸収される、即効性の高い補給食です。

吸収スピードの早い栄養素「マルトデキストリン」の効果で、体内にすばやくエネルギーを供給するため、エネルギー切れを防ぎ、最後までパフォーマンスを持続させることができます。

また、GREEN PLUMやCOLA VANILLAなど3種類には、「カフェイン」を配合。

「カフェイン」には覚醒作用があり、パフォーマンスアップや疲労を軽減してくれる効果があります。

なので、レース後半のモチベーション維持や集中力を高めたい方は「カフェイン入り」がおすすめです。

グルテンフリー(小麦アレルギーの方もOK)かつ ヴィーガンの方でも摂取できる点もポイントです。

『コーダ』に入っている栄養成分は以下のとおりです。

1本(45g)あたり
・エネルギー:117kcal
・たんぱく質:0g
・脂質:0g
・炭水化物:29.8g
・糖質:2.9g
・ナトリウム:36mg
・カリウム:18mg
・カフェイン80mg※

GREEN PLUM、COLA VANILLA、CAPPUCCINOのみ

商品の味・食べやすさ

味は「カフェインなし」と「カフェインあり」で分かれており、全部で7種類。

味(カフェインなし)
・LEMON LIME
・WILD BERRY
・MANGO PASSION
・COLA
味(カフェインあり)
・GREEN PLUM
・COLA VANILLA
・CAPPUCCINO

カフェインなしの「レモンライム味」「コーラ味」、カフェインありの「カプチーノ味」を食べましたが、美味しかったです。

水なしでもいけましたが、やはりジェル特有のドロッとさがあったので、自分の口に合うか確認すると良いでしょう。

レース時の理想は、給水所で水分と一緒に飲むとストレスなく摂取できます。

ついでに給水所では、ゴミも捨てられるので。

携帯しやすさ

非常にコンパクトで厚みもないので、ポケットの中にラクラク入ります。

iphone8と比較

フルマラソン時、2〜3コポケットに入れていても問題ないほど持ち運びしやすいです。

また、つまみ部分が出っ張っているので、走りながらでも開けやすいのもポイントです。

大きさはこんな感じ。

成人男性の片手ですが、手のひらに収まるサイズなのでストレスなく摂取できます。

飲むタイミングは?

本製品のパッケージには、「トレーニングやレース開始10分前、強度に応じて30分間隔で摂取すると良い」と書かれていました。

通常、1時間に1度の摂取を推奨している補給食が多い中、即効性が高いこともあり30分間隔なんですね。

ただ、摂取しすぎると身体にかかるダメージが大きいため、1時間間隔での摂取が良いでしょう。

仮に、サブ4目標(4時間以内完走)であれば、11km地点(1時間経過時)、21km地点(2時間経過時)、32km地点(3時間経過時)で摂取するという形です。

(他のタイムが目標の場合、高精度計算サイトで時間を計算してみてください。)

あとは、その日の体調にもよるので、好みの時間で摂取すると良さそうです。

まとめ・評価

最後に個人的な評価です。☆5つ満点で評価しました。

味(飲みやすさ)
(3.0 / 5.0)
効果(マラソン向きか)
(4.0 / 5.0)
価格(入手しやすさ)
(4.0 / 5.0)
携帯しやすさ
(4.5 / 5.0)
総合評価
(3.5 / 5.0)

「効果」「価格」「携帯しやすい」の点で評価は高いですが、「味(飲みやすさ)」ではやや評価が下がりました。

やはりジェルタイプということでジェル特有のドロッとさが人によって好みは分かれるかなと。

ただ、すばやくエネルギーを作り出す点では、ランナーには嬉しい効果だと思います。

さらに、グルテンフリー(小麦アレルギーの方OK)、かつヴィーガン(完全菜食主義者)の方に対応している貴重な補給食という点で他の補給食と差別化されています。

下記は、エネルギー量を100g換算した場合の各補給食との比較です。

エネルギー量(100gあたり)
※クリックするとレビュー記事に移動します

ご覧のように、他の補給食に比べ、ややエネルギー量は少ないです。

ぜひ、レースに出場される際の参考にしていただければと思います。

以上、『コーダ』のレビューでした。

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れをまとめました。

初めてフルマラソン出場する方を対象に、下記の内容が分かります。

  • マラソン大会の選び方
  • 購入すべきランニンググッズ
  • 完走するためのトレーニング方法
  • レース前日や当日の過ごし方

▼詳しくはこちら
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間2,500km走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
ランニングで膝を痛めた・違和感がある方へ

ランニング後のケアに最適なドリンク

駅伝強豪校 城西大学駅伝部と共同開発

ランニングで膝を痛めた・違和感がある方におすすめのドリンクです


公式ページ >>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA