【ゼビオお買い得情報】ニューバランス対象商品30%OFF(2023/2/5 23:59まで)

補給食

【レビュー】KODAエナジージェルの効果は?味や飲むタイミング解説

yusuke saito
かおるさん
かおるさん

KODAエナジージェルの効果は?

そんな疑問にお答えします。

『KODAエナジージェル(以下、本製品)』は、バナナ約1.3本分のエネルギー(117kcal)が摂取できる補給食です。

味は、全部で6種類。

・レモンライム
・ワイルドベリー
・マンゴーパッション
・コーラ
・グリーンプラム
・コーラバニラ
・カプチーノ

価格は292円(税込)と、他の補給食と同じくらいの価格設定となります。

公式オンラインショップやAmazon、楽天(下記リンク)で購入可能です。

KODAエナジージェルについて

本製品は、バナナ約1.3本分の「エネルギー」(117kcal)が摂取できる補給食です。

味は、全部で7種類。

・レモンライム
・ワイルドベリー
・マンゴーパッション
・コーラ
・グリーンプラム
・コーラバニラ
・カプチーノ

種類が豊富なので、”味の好み”に合わせて選択できます。

栄養成分

本製品は”味”によって、入っている「成分」が異なります。

以下が、「レモンライム」「ワイルドベリー」「マンゴーパッション」「コーラ」の場合の栄養成分です。

栄養成分(1袋 45gあたり)

・エネルギー:117kcal
・たんぱく質:0g
・脂質:0g
・炭水化物:29.8g
・糖質:2.9g
・ナトリウム:36mg
・カリウム:18mg

※レモンライム、ワイルドベリー、マンゴーパッション、コーラの場合

続いて、「グリーンプラム」「コーラバニラ」「カプチーノ」の場合の栄養成分です。

栄養成分(1袋 45gあたり)

・エネルギー:117kcal
・たんぱく質:0g
・脂質:0g
・炭水化物:29.8g
・糖質:2.9g
・ナトリウム:36mg
・カリウム:18mg
カフェイン80mg

※グリーンプラム、コーラバニラ、カプチーノの場合

ご覧のように、「グリーンプラム」「コーラバニラ」「カプチーノ」には、カフェインが入っています。

カフェイン※はパフォーマンスを向上させる効果があるため、状況に応じて、飲み分けましょう。

※詳細は後述する

価格

1袋、税込み292円です。

1袋あたりの補給食の相場が200〜300円なので、お求めやすい価格設定になっています。

KODAエナジージェルの特徴

続いて、本製品の特徴です。

特徴

・バナナ約1.3本分のエネルギーが摂取できる

・マルトデキストリン効果で素早くエネルギーチャージ

・汗で失われるナトリウムを配合

・カフェイン入りで疲労軽減

・グルテンフリー

・携帯しやすい小型パウチ

・アンチ・ドーピング認証取得で大会でも使用可

【特徴①】バナナ約1.3本分のエネルギーが摂取できる

1袋あたり、117kcalのエネルギーが摂取できます。

これは、バナナ約1.3本分※のエネルギー量に匹敵するほどの量を、本製品で補えます。

※バナナ1本あたり86kcalで計算:日本食品標準成分表

「ランニング中にバナナ1本を食べる」と思うと、かなりのエネルギーを手軽に摂取できることが分かりますね。

【特徴②】マルトデキストリン効果で素早くエネルギーチャージ

わずか数分で吸収される効果を持つ「マルトデキストリン」を配合。

運動時の筋肉や脳のエネルギー源となる「マルトデキストリン」の特徴として、エネルギーの吸収スピードを早める効果があります。

そのため、本製品を摂取後、すぐにエネルギーを身体に供給することができ、最後までパフォーマンスを持続させることができます。

特に、フルマラソンのような、長時間にわたり行われる競技では、1秒でも早くエネルギーを使用したいため、吸収スピードの早い「マルトデキストリン」が効率よくサポートしてくれます。

【特徴③】汗で失われるナトリウムを配合

「足つり」を防ぐ、ナトリウム36mg(食塩相当量0.0914g)配合。

ナトリウムは汗で失われるミネラルの1種で、筋肉の収縮・弛緩の働きを保つ効果を持ちます。

ナトリウムが体内から減少することで、筋肉の収縮・弛緩がうまくいかなくなり、「足つり」が起こります。

そのため、レース中に本製品を摂取し、ナトリウムを補給することで、足つりを予防できるでしょう。

【特徴④】カフェイン入りで疲労軽減

「グリーンプラム」「コーラバニラ」「カプチーノ」にのみ、カフェイン80mg配合。

カフェインには覚醒作用があり、集中力を再度高め、一時的に疲労を軽減する効果があります。

そのため、「疲れが出やすい」「集中力がきれやすい」25〜30km地点でカフェインを摂取することで、疲労が緩和され、もうひと踏ん張りできます。

特に、記録更新を目指している方は、足が止まりだすレース後半に(「グリーンプラム」「コーラバニラ」「カプチーノ」を)摂取しましょう。

関連記事:【ランナー必見】フルマラソンでカフェインを摂取する目的|摂取方法やタイミングを解説

【特徴⑤】グルテンフリー

本製品は「小麦」ではなく「トウモロコシ」を使用しているため、小麦アレルギーの方も摂取できます。

また、普段から小麦製品を控えている方も、安心して摂取できる、数少ない補給食です。

【特徴⑥】携帯しやすい小型パウチ

非常にコンパクトで厚みもないので、携帯しやすい補給食です。

レース時、2〜3個(ハーフパンツの)ポケットに入れていても大丈夫なほど、持ち運びしやすいです。

大きさはこんな感じ。

成人男性の片手ですが、手のひらに収まるサイズ感です。

ウエストポーチバックパックを携帯しなくても持ち運びしやすいため、手ぶらで走りたい方におすすめです。

【特徴⑦】アンチ・ドーピング認証取得で大会でも使用可

本製品はアンチドーピング認証を受けているため、信頼性は担保され、安心して摂取できます。

市民ランナーにはあまり関係ありませんが、アスリートの方は「オリンピック」などに出場する際、ドーピング検査を受けます。

ですが、上記の認証を受けている食品は、ドーピング検査に引っかからないことを意味します。

要するに、アスリートの方も安心して摂取できる食品ということです。

摂取してみた感想

カフェインなしの「レモンライム」「コーラ」、カフェインありの「カプチーノ味」を食べましたが、美味しかったです。

水なしでもいけましたが、やはりジェル特有のドロッとさがあったので、自分の口に合うか確認すると良いでしょう。

水分と一緒に飲むと、ストレスなく摂取できるため、レース中に摂取する際は、給水所で水とともに飲むことをおすすめします。

また、つまみ部分が出っ張っているので、走りながらでも開けやすいのもポイントです。

飲むタイミングは?

本製品のパッケージには、「トレーニングやレース開始10分前、強度に応じて30分間隔で摂取すると良い」と書かれていました。

通常、1時間に1度の摂取を推奨している補給食が多い中、(マルトデキストリン効果で)即効性が高いこともあり30分間隔なんですね。

ただ、ジェルは胃への負担が大きく、大量に摂取すると、”胃痛”や”むかつき”、”吐き気”を引き起こしやすくなるため、1時間に1度の摂取がおすすめです。

「レース開始10分前」「レース中は1時間に1回」のペースでの摂取がおすすめ!

摂取例

仮に、サブ4目標(4時間以内完走)※であれば、11km地点(1時間経過時)、21km地点(2時間経過時)、32km地点(3時間経過時)で摂取するという形です。

※他の目標タイムの摂取タイミングはこちらをご覧ください。

また、味は全部で7種類あるので、1時間ごとに味を変えることで、飽きることなく飲めます。

例:サブ4目標(4時間以内完走)の場合

スタート直前:レモンライム(カフェインなし)

11km地点:ワイルドベリー(カフェインなし)

21km地点:コーラ(カフェインなし)

32km地点:カプチーノ(カフェインあり)

レース前半は「カフェインなし」を摂取し、(前述の通り、)25〜30km地点で「カフェインあり」の味を摂取し、ブーストをかけましょう。

カフェインには覚醒作用があるので、疲れているからこそ効果を発揮してくれます。

まとめ・評価

最後に個人的な評価です。☆5つ満点で評価しました。

味(飲みやすさ)
(3.0 / 5.0)
効果(マラソン向きか)
(4.0 / 5.0)
価格(入手しやすさ)
(4.0 / 5.0)
携帯しやすさ
(4.5 / 5.0)
総合評価
(3.5 / 5.0)

「効果」「価格」「携帯しやすい」の点で評価は高いですが、「味(飲みやすさ)」ではやや評価が下がりました。

ジェルタイプということで、ジェル特有のドロッとさが人によって好みは分かれるかなと。

ただ、すばやくエネルギーを作り出す点では、ランナーには嬉しい効果だと思います。

さらに、グルテンフリー(小麦アレルギーの方OK)に対応している、数少ない補給食という点で、他の補給食と差別化されています。

下記は、エネルギー量を100g換算した場合の各補給食との比較です。

エネルギー量(100gあたり)
※クリックするとレビュー記事に移動します

ご覧のように、他の補給食に比べ、ややエネルギー量は少ないです。

ぜひ、レースに出場される際の参考にしていただければと思います。

以上、コーダのレビューでした。

関連記事:フルマラソンにおすすめの補給食16選【サブ3.5、サブ4、サブ5向け】

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れをまとめました。

初めてフルマラソン出場する方を対象に、下記の内容が分かります。

  • マラソン大会の選び方
  • 購入すべきランニンググッズ
  • 完走するためのトレーニング方法
  • レース前日や当日の過ごし方

▼詳しくはこちら
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

フルマラソン完走を目指す方におすすめ!
サプリメント「カツサプ」

カツサプは「乳酸をエネルギーに変換」「筋肉痛の軽減」「足つりの軽減」を実感できる画期的な商品です。

主に、「ここ一番で力を発揮したい(記録更新)」、フルマラソン本番時に摂取することを目的に作られています。

>> レビュー記事はこちら

ABOUT ME
Yusuke Saito
Yusuke Saito
マラソンランナー
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間2,500km走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 4:06:27(第32回ぐんまマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
記事URLをコピーしました