初マラソン挑戦

【初級】マラソンって距離に応じて色々な種類があるって知ってた?


マラソンの距離ってどれくらいなの?フルマラソン以外にも色々な種類があるって聞いたけど、実際どんな種目があるの?


そんなギモンにお答えします。


マラソンって実はフルマラソンだけではなく、色々な種類の競技があります。


「記念に走ってみたいけど、42キロ(フルマラソンの距離)も走れないよ…」


って思っている方、朗報です。


フルマラソンの半分の距離のハーフマラソン(21キロ)や1/4の10キロマラソン、友達同士で雰囲気を楽しむファンラン(1~10キロ)などさまざまです。


今回は、そんなマラソンの競技をご紹介します。


今回紹介する競技は以下の通りです。

  • フルマラソン
  • ハーフマラソン
  • 10キロマラソン
  • 30キロマラソン
  • ウルトラマラソン
  • リレーマラソン
  • 親子マラソン
  • トレイルラン
  • ファンラン


ぜひ、あなたの出てみたいおすすめの競技を見つけてみてください。


それではいってみましょう。




フルマラソン



フルマラソンとは42.195キロの距離を走る競技のことを言います。


オリンピックや世界陸上の正式種目になっているため、一番馴染みのある競技ではないでしょうか。


最近はプロのランナーだけでなく、市民ランナーと呼ばれる趣味で楽しむランナーの参加もいるほど人気の競技です。


マラソン大会のシーズン中(9月〜3月)は毎週のように全国で開催されており、5000人の中規模の大会から1万人を超える大規模な大会までさまざまです。


ちなみに日本で一番大きい大会「東京マラソン」は、37,500人の参加者が出場する大会となります。


マラソンの魅力は「完走すること」だけではなく、


・沿道の応援

・景色を楽しむ

・ご当地グルメを楽しむ

・参加賞が豪華

・前夜祭や後夜祭などのイベント



など、盛りだくさんなんです。


また、マラソンと聞くと『完走は難しい』というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、コースや天候などの条件次第ではそうでもありません。


ちなみに東京マラソン2018の完走率は96.2%と、全体の9割以上が完走できたことになります。


なので、もし「マラソン完走してみたい」と思っている方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。



関連記事:初心者が完走しやすいフルマラソン大会10選


ハーフマラソン



ハーフマラソンはフルマラソンの半分、21.0975kmの距離を走る競技のことを言います。


フルマラソンだと長いけど、『ハーフマラソンくらいならいけるかも』と思う方も多く、初心者にも人気の競技です。


フルマラソン同様、プロランナー向けの大会から市民ランナーが出場できる大会など幅広いです。


また、マラソンシーズン以外でも小規模な大会は開催されているので、春夏秋冬あなたの好きなタイミングで参加することができます。


フルマラソン完走への第一歩としてハーフマラソンの出場いかがでしょうか。




10キロマラソン



フルマラソンの1/4の距離、10キロの距離の競技(クォーターマラソン)のことを言います。


10キロマラソンをメインで開催する大会もあれば、サブで行なっている大会もあります。


サブというのは、


東京マラソンを例に挙げますが、東京マラソンの競技種目はフルマラソン(42.195キロ)だけでなく、10キロの競技も実はあります。


大半のランナーはフルマラソンに出場しますが、一部、「フルマラソンは無理だけど10キロなら走れそう」といったランナーのために競技が分かれています。


大会によっては、フルの部、10キロの部でコースが違う場合もありますが、同じ大会の雰囲気、完走という経験をすることができます。


なので、「東京マラソン完走したよ!」と友達に言うこともできます。


フルマラソン、ハーフマラソンの敷居が高い方は、まず10キロから目指すのもいいでしょう。




30キロマラソン



40キロ、20キロ、10キロとくれば、30キロマラソンもあります。


30キロと聞くと、10キロ・20キロに比べ、距離があり、初心者が参加しづらいイメージがあると思います。


しかし、30キロはフルマラソンを完走するための一つの目安とされており、


フルマラソン完走するためには「1度は30キロを走っておくといい」と皆、口を揃えて言います。


理由は持久力を鍛える点です。


ぼくもフルマラソン走ってみましたが、30キロ地点で急激な疲労がやってきます。


なので、その前段階として自分の実力を試す意味でも、この30キロマラソンに出場する価値はあると思います。



関連記事:【関東編】おすすめの30キロマラソン大会7選

関連記事:【関西編】おすすめの30キロマラソン大会5選


ウルトラマラソン



ウルトラマラソンとは、42.195キロ以上の距離を走る競技のことを言います。


50キロの大会から100キロを超える大会などさまざま。


宮古島を1周する「宮古島100キロワイド―マラソン」や富士山の麓を走る「チャレンジ富士五胡ウルトラマラソン」など魅力ある大会も盛りだくさん。


とても過酷な競技ですが、完走したときの喜びも大きいハズ。


募集人数がすぐに埋まってしまうほど人気のある種目なので、挑戦してみたい方ぜひ完走目指して頑張ってみてください。


※ちなみにぼくはまだ出場する勇気がありません笑。




関連記事:【関東編】おすすめのウルトラマラソン5選。限界に挑戦できる大会をご紹介!


リレーマラソン



複数人で協力して完走を目指したい方はリレーマラソンがおすすめ!


リレーマラソンの競技は2タイプあり、


1つは42キロ(フルマラソン)、21キロ(ハーフマラソン)など決められた距離をチーム全員で走り切るもの。


2つ目は、競技時間(5時間、10時間など)が決まっており、その時間走り続け、一番多く距離を走ったチームが勝利をするもの。


どちらもチーム一丸となって行うことができるので、より楽しみながら走ることができます。


出場するランナーごとに走る距離を変えられるので、短い距離(2キロ~3キロ)で十分という人もこれなら参加しやすいと思います。




デメリットもあり、


・人数が揃わないと一人当たりの負担が大きい

・当然ひとりでは出場できない(最低2人以上)



と言った、点には注意しましょう。




親子マラソン



競技名のとおり、親子で走るマラソンのことで、


3歳~小学生(大会によって参加資格は変わります)までのお子さんなら出場可能です。


短いものなら1キロ未満からあるので、初めての参加でも完走は目指せます。


家族の記念に親子マラソンの出場いかがでしょうか。




トレイルランニング



トレイルランニングとは、舗装されていない道を走る競技で、トレラン、トレイルランと呼んだりもします。


舗装されていない道とは、山岳を走るもので


・山登り
・山下り
・距離
・傾斜角度



などの条件で、様々な種類の競技があります。


舗装されていない分、足の負担も大きく、初心者の方は出場しづらい競技でもあります。


また、トレイルランニング特有の装備もあり、明かりを照らすヘッドライトや熊鈴、


遭難対策(スマホ・地図・コンパス・山岳保険の加入)もしっかり行わないといけない競技でもあります。


フルマラソン・ハーフマラソン完走後の次のステップとして、トレイルランニングいかがでしょうか。




ファンラン



最後はファンランの紹介です。ファンランとは、


「走ることが気持ちが良く、純粋にマラソンを楽しむことを目的としたもの」を指します。


タイム、自己ベスト更新はあまり意識せず、景色やラン友と話しながら楽しんでいくものがファンランです。


大会によっては、仮装もOKということで、話題のキャラクターになりきり楽しむのもファンランの醍醐味です。


いきなりフルマラソンはキツイが、3〜10キロくらいでちょうど良い方にオススメです。




関連記事:【2020版】ファンランの部があるマラソン大会6選


まとめ あなたの好みに合わせてマラソンに出てみよう!


最後に改めて、マラソンの種類を振り返りましょう。

  • フルマラソン
  • ハーフマラソン
  • 10キロマラソン
  • 30キロマラソン
  • ウルトラマラソン
  • リレーマラソン
  • 親子マラソン
  • トレイルラン
  • ファンラン


短い大会は10キロ未満から、長い大会で100キロ以上とマラソンと言ってもさまざまあります。


でも、「どれから出ればいいのか」迷っている方は、


大規模な大会(参加者1万人を超えるもの)10キロの部や5キロの部と言った短い距離の大会がオススメです。


大規模な大会は参加者が多いので、マラソン大会の雰囲気を味わうのにもってこいです。


ぜひ、あなたが走ってみたいマラソン大会に出場してみてください。


全国各地でマラソン大会は開催されているので、きっとあなたの地元でも開催されているはずです。


以上、マラソン大会の種類の紹介でした。




●関連記事

フルマラソン初心者向け持ち物リスト【完走経験者がおすすめする必需品は?】


ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA