大会を探す

マラソン大会にエントリーできるサイト3選【初心者はこのサイトを使えばOK】

悩んでいる人
悩んでいる人
マラソン大会ってどこで探せるの?申し込みできるサイトを教えて!

そんな疑問にお答えします。

実は、マラソン大会に申し込みする方法は2パターンあります。

・大会の公式HPから申し込む方法
・大会を探せるサイトから申し込む方法

今回は、2つ目の大会を探せるサイトから申し込む方法を紹介します。

なぜなら、1つ目の大会の公式HPから申し込む方法は、大会名を知っていないとたどり着けないからです。

「東京マラソン」や「大阪マラソン」のように知っていればいいですが、中にはマイナーな大会もあります。

なので、今回紹介するサイトから検索すれば、全国各地の大会を探すことができるため、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、見ていきましょう。

マラソン大会にエントリーできるサイト3選

今回紹介するサイトは、下記になります。

マラソン大会にエントリーできるサイト
  • RUNNET(ランネット)
  • e-moshicom(イー・モシコム)
  • スポーツエントリー

それでは、見ていきましょう。

RUNNET(ランネット)

RUNNET(ランネット)

RUNNET(ランネット)は、300万人を超える会員数を誇る日本最大級のランニングポータルサイトです。

特徴は、大会数の多さ。

全国で開催されるほとんどの大会は、RUNNETで申し込めます。

また、大会出場者による口コミが見れるため、大会選びの参考になるでしょう。

一つのサイトで検索〜申し込みまで完結させたい方におすすめです。

検索エリア全国
大会数多い
特徴大会の数が豊富。大会ごとの口コミが役立つ
運営会社(株)アールビーズ
URLhttps://runnet.jp/

>> マラソン大会申し込むなら「ランネット」。申し込み・退会方法をご紹介

e-moshicom(イー・モシコム)

e-moshicom(イー・モシコム)

RUNNET(ランネット)を運営している(株)アールビーズが運営しているe-moshicom(イー・モシコム)。

e-moshicomは、主に、「イベント」、「練習会」、「講習会・セミナー」を検索することができます。

目標に向かってトレーニングをしたい方は、e-moshicomで練習会を探してみるといいでしょう。

一人だと練習が継続できない方やラン友が欲しい方におすすめです。

検索エリア全国
大会数少ない
特徴イベント、練習会、講習会がメイン
運営会社(株)アールビーズ
URLhttps://moshicom.com/

スポーツエントリー

スポーツエントリー

スポーツエントリーは、マラソン大会、自転車レース、​トライアスロンなどのスポーツイベントを検索して参加申込みできるサイトです。

特徴は、検索条件が優れている点。

往復コース
周回コース
アップダウン低
アップダウン高
観光名所あり

など、マラソン大会を選ぶ上で欠かせない条件で検索できるところが便利です。

下記ページでマラソンの選び方を解説していますが、上記の条件とマッチしており、初心者にありがたい検索条件です。

>> 【初心者必見】マラソン大会の選び方7選!初心者が見るべき3つのポイントとは?

自分が求めている大会をすばやく探したい方におすすめです。

検索エリア全国
大会数多い
特徴大会検索の絞り込みが優秀
運営会社(株)アプロード
URLhttps://www.sportsentry.ne.jp/

マラソン大会の申込方法

マラソン大会の申し込み方法の紹介です。

実は、大会によって、申し込み方法が異なります。

マラソン大会の申込方法
  • 抽選
  • 先着順
  • 誰でも参加可能

一つずつ見ていきましょう。

抽選

申し込み期日までに申し込みをした人の中から抽選で出場者を決めます。

特に、大都市で行われる大会に抽選が多いです。

抽選のある主な大会

・東京マラソン(倍率11.1倍)
・京都マラソン(倍率5.18倍)
・大阪マラソン(倍率4.10倍)
・世界遺産姫路城マラソン(倍率3.97倍)
・神戸マラソン(倍率3.91倍)
・福岡マラソン(倍率3.87倍)
※2020年大会時の数値

東京マラソンに関しては、倍率11倍と、11人に1人の割合で当選できる狭き門であることが分かります。

先着順

先着順で申し込みできますが、定員が決まっております。

なので、人気な大会は、開始と同時にアクセスが集中し、回線の良し悪しで参加できるかが決まります。

ちなみに、毎年、早い段階で定員に達してしまう人気大会は、下記が挙げられます。

先着順のある人気大会

・湘南国際マラソン(神奈川)
・板橋Cityマラソン(東京)
・勝田全国マラソン(茨城)
・北海道マラソン(北海道)
・静岡マラソン(静岡)
・とくしまマラソン(徳島)

どれも県を代表する大規模大会が先着順となります。

誰でも参加可能

特に定員が決まっておらず、申込みすれば、誰でも出場できます。

主に、500〜1,000人の小規模大会に多く見られます。

大会開催日の2週間〜1週間前まで申し込みできるので、その時のコンディションを見ながら申し込みができます。

まとめ 大会に申し込むなら「RUNNET(ランネット)」がおすすめです。

今回は、マラソン大会にエントリーできるサイトをご紹介しました。

マラソン大会にエントリーできるサイト
  • RUNNET(ランネット)
  • e-moshicom(イー・モシコム)
  • スポーツエントリー

結論、RUNNET(ランネット)であれば、ほとんどの大会が探せるので、迷ったらRUNNET(ランネット)をご覧ください。

また、ある程度条件を絞って検索したい人は、スポーツエントリーを見るといいでしょう。

初心者におすすめの大会をまとめているので、こちらも大会選びの参考にしてみてください。
>> 初心者が完走しやすいフルマラソン大会18選

本日は以上です。

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA