シューズ

【レビュー】ワークマン「アスレシューズ ハイバウンス ドリブンソール」1,900円厚底ランニングシューズの性能とは?

ワークマンの1,900円厚底シューズの性能が知りたい!

そんな疑問にお答えします。

2021年2月24日(水)に発売した新作ワークマンシューズ「アスレシューズ ハイバウンス ドリブンソール」。

前作の高反発ソールを搭載したモデルから更に進化。

前部、かかとに硬度の違うソールを搭載し、自然と前に踏み出しやすいシューズに生まれ変わりました。

今回は、進化した新作ワークマンシューズを購入しましたので、履き心地や走りやすさなどの感想をお伝えします。

それでは、見ていきましょう。

公式サイトで購入する

アスレシューズ ハイバウンス ドリブンソールについて

「アスレシューズ ハイバウンス ドリブンソール」は、ジョギング・ウォーキングに対応したシューズです。

特徴は、以下の通り。

●特徴
・前部には、より反発力を生みだす高反発ソール(ワークマン独自)を搭載

・かかとにはよりクッション性の高い高反発ソール(ワークマン独自)を搭載
→ つま先が反りあがり、推進力を生み出します(自然と前に踏み出しやすい形状)

・靴底に部分的にラバーを使用し滑りにくい仕様

・つま先はワイド設計で、5本の指に自由度をもたせることで安定性が向上。

参照:アスレシューズ ハイバウンス ドリブンソール公式HPより

ワークマンシューズがランナーの間で騒がれているのは、これだけの機能が揃って値段が1,900円ということ。

ランニングシューズは、安くても5,000〜6,000円くらいはするので、ある意味常識を覆したシューズになります。

それでは、写真と共に見ていきましょう。

クッション性の高い高反発ソール

横から見たソール(白い部分)の高さです。

今、流行りの厚底シューズで、かなり高いソールになっているのが、分かると思います。

また、前部とかかと部分で硬度の違うソールを使用。

・前部:反発力を生み出すソール
・かかと:クッション性の高いソール

前部には、反発力を生み出すソールを使用し、スピードを出しやすい構造をしています。

かかと部分には、クッション性の高いソールを使用しているので、膝の負担を軽減し、ケガしにくいシューズとなっています。

「ナイキシューズ」と「ワークマンシューズ」の厚底感の比較

厚底シューズである、「ナイキ」ズーム3(¥17,600)と比べてみても、そこまで変わらないくらい厚底感があるのが分かると思います。

違う点とすれば、厚み(コンパクトさ)でしょうか(下写真)。

さすがに値段に差があるので、大きさは全然違いますね。

アスレシューズのほうが幅、厚みがあるのが分かると思います。

ランニングシューズは、重さも重要で、軽いほうがスピードを出しやすく、足の負担も少ないです。

●シューズの重さの比較
「ナイキ」ズーム3 292g
「ワークマン」アスレシューズ 300g

8gという差ではありますが、アスレシューズはやや重さのあるシューズとなっています。

つま先が反りあがりが推進力を生み出す

続いて、一番の特徴であるつま先部分です。

つま先部分が、反り上がっているので、自然と前に踏み出しやすい構造をしています。

実際に履いてみると分かりますが、かかと部分が高くなっているので、前傾姿勢のような状態になっています。

なので、自然と前へ踏み込むことができ、推進力に繋がっています。

また、つま先部分はワイド設計になっており、5本の指を自由に動かせることで、安定性が向上します。

靴底にラバーを搭載し、滑りにくい仕様に

靴底です。

部分的に、ラバー(黒い部分)を搭載することで、滑りにくくなっています。

おしゃれなカラーのインソール

↑ インソールには、黄緑色を採用し、見えない部分におしゃれな要素も盛り込まれています。

カラーは2色展開

カラーは、アッシュグレー、マリンブルーの全2種類。

サイズは24.5cm〜28.0cm

サイズは、24.5cm〜28.0cm(0.5cm刻み)です。

【総評】履いてみた感想

クッション性能が高いので、着地時の衝撃が少ない

先程、ご覧いただいたとおり、かかと部分が厚底になっています。

クッション性の高いソールを使用しているので、1歩1歩の着地時の衝撃が少なく足の負担が少ない印象を受けました。

ソールが薄いと着地のときに膝にダメージを受けている感じがあるのですが、こちらのシューズは、そこまでのダメージは感じなかったので、やはり厚底の効果が現れているなと感じました。

特に、初心者の方は、足が出来上がっていないので、膝や足首を故障しやすい状態です。

なので、このような足の負担も少ないシューズを選ぶのも、初心者がシューズを選ぶポイントです。

また、初心者は、いきなり5,000円〜のシューズを購入するのは抵抗あると思いますが、1,900円なら手に取りやすい点もいいですね。

シューズの重さで足が疲れやすい

シューズが重いので、長時間走ると疲れやすい印象を受けました。

ランニングは、1歩1歩足を上げて前に進んでいくので、シューズが重ければ重いほど、足にかかる負担が大きくなってしまいます。

5〜10km程度の距離であればそこまで気にならないですが、「30km走る」「3時間走る」などの長距離、長時間のランニングであればかなり疲れると思うので、短い距離向けのシューズとして使うと良いでしょう。

これは、2年以上走っているぼくも感じたので、初心者の方は特に感じやすい点だと思います。

つま先部分にゆとりがなく、素材が硬いので締め付けられる

これは購入したサイズが合っていなかったもしれませんが、つま先の両端部分にゆとりがなく、締め付けられて走っていると痛みを感じました。

↑ (赤丸部分)素材が硬いので、締め付けられると、指を動かすことができません。

特徴でも、「ワイド設計で5本の指に自由度をもたせることができる」とありますが、この点は自由度はあまり感じなかったですね。

つま先部分の推進力が思ったほどあるが、初心者にはやや不向き?

履いてみると分かりますが、走っている状態だけでなく、歩く場合も1歩前に踏み込むと自然と前に進んでしまいます。

これは、厚底シューズの特徴ですが、1万円以上するようなシューズと同じような性能が見事に実現されていました。

ですが、厚底シューズは、自身のスピードが合って初めて推進力が生かされるので、5:00/kmより遅いペースでは恩恵を受けません。

1kmを4分台のペースで走る方にとって効果を発揮するので、初心者にはやや不向きかなと思います。

まとめ 1,900円でこの性能はスゴイ

今回は、2021年2月24日(水)に発売したワークマンの新作シューズ「アスレシューズ ハイバウンス ドリブンソール」をご紹介しました。

改めて、特徴です。

●特徴
・前部には、より反発力を生みだす高反発ソール(ワークマン独自)を搭載

・かかとにはよりクッション性の高い高反発ソール(ワークマン独自)を搭載
→ つま先が反りあがり、推進力を生み出します(自然と前に踏み出しやすい形状)

・靴底に部分的にラバーを使用し滑りにくい仕様

・つま先はワイド設計で、5本の指に自由度をもたせることで安定性が向上。

参照:アスレシューズ ハイバウンス ドリブンソール公式HPより

なんと言っても、これだけの機能が揃って値段が1,900円ということ。

ランニングシューズは、安くても5,000〜6,000円くらいはするので、ある意味常識を覆したシューズになります。

最後に、今回の総評は、あくまでぼく一人の感想ですので、参考程度に知っていただければと思います。

以上、ワークマンの新作シューズ「アスレシューズ ハイバウンス ドリブンソール」のレビューでした。

公式サイトで購入する

ブランド別・タイム別でランニングシューズを探す

最後に、ランニングシューズを販売しているブランドをまとめました。

また、タイムごとにもまとめていますので、目指しているタイムにあったシューズを探してみて下さい。

タイム別にシューズを探す

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れは下記をご覧ください。

▼フルマラソン完走ロードマップ
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA