ランニングシューズ

【レビュー】オン クラウドフロー クッション性のあるサブ3.5におすすめのランニングシューズ

先日、オン(on)のクラウドフロー(Cloudflow)を購入しました。

最近、ランニングしていて、よく見かけるブランドが「オン」でした。

おしゃれなデザインに、ソール部分に配置された「クラウドパーツ」が特徴のランニングシューズです。

初めて「オン」のシューズを購入しましたが、とてもクッション性の高いシューズだなと感じたのが第一印象です。

今回は、シューズの特徴や性能をご紹介します。

・オンの特許技術で着地の柔らかさと爆発的な蹴り出しを実現
・メッシュアッパーがサポート力を強化し、通気性を確保
・トレーニングからレース向き
・寿命は500キロ〜800キロ
・重さは235g(メンズ25.5cm)
・¥16,830

主にサブ3.5〜サブ4(4:50〜5:30/km)向けで、初心者の方でも履きやすいクセの少ないシューズとなっています。

オン クラウドフロー特徴

まずはじめに、クラウドフローの特徴をまとめました。

ミッドソール


ミッドソールに配置された18個の「クラウドパーツ」がオンの特許技術『CloudTec®』です。

クッション性が高く、着地時の反発力もあるため、リズムよく足を運ぶことができます。

公式サイトでは、「雲の上を走っているような感覚」と謳っていましたが、

実際履いてみると、まさにその表現がバッチリ合うほど、フワフワした履き心地でした。

また、特許技術『CloudTec®』はクッション性のほかに、着地の瞬間にクラウドパーツが潰れることで反発力も兼ね備えています。

ですので、スピードを出したトレーニングでも力を発揮します。

アウトソール

18個の「クラウドパーツ」があり、その部分に反発力に優れた「リバウンドラバー」を配置

「リバウンドラバー」はどんなに走ってもすり減りにくいため、常に履きはじめと変わらない感覚で走ることができます。

アッパー

メッシュアッパーを採用。

シューズの中に空気が流れるよう、部分的に通気性を確保しています。

重さ

重さは、メンズ(25.5cm)で235gで、

レディース(25.5cm)で198gです。

「クラウドパーツ」含め、大きさはあるものの、見た目からは感じさせない軽さがあります。

カラー・デザイン

カラー・デザインはメンズ、レディースで異なります。

【メンズ】





【レディース】





出展:オンクラウドフロー 公式サイト

メンズ、レディースともにおしゃれなデザインが多いので、足元にも気を遣いたい方にもおすすめです。

サイズ

メンズ:25〜32cm
(30.5cmまで0.5刻みで31.5cmはない)

レディース:22〜28cm
(0.5cm刻み)

耐久性(寿命)

公式サイトのチャット機能で聞いてきました。

こちらのモデルの寿命は、500〜800キロです。

トレーニングの強度によって変化はありますが、トレーニング兼レース用シューズの平均的な寿命であります。

【総評】履いてみた感想

サイズはつま先部分がやや長い

私の足のサイズは25.5〜26cmなのですが、ためし履きをしてみた感想は、ややつま先が長い印象でした。

25.5〜26.5cmでの足幅はフィットしたのですが、つま先部分にスペースができてしまいます。

ですので、いつも履いているサイズの前後は確認したほうがよいでしょう。

クッション性能が高いので、着地時の衝撃が少ない

特徴でも伝えた、18個の「クラウドパーツ」が着地時の衝撃を和らげます。

ですので、膝に不安を抱えている方やランニングを始めたばかりで足が出来上がっていない方には嬉しいポイントです。

また、1歩1歩の着地でスピードが落ちることなく進むことができます。

ペースが遅すぎると、この「クラウドパーツ」の特徴が活かしづらいですが、サブ3.5〜サブ4(4:50〜5:30/km)以上のペースであれば実力を発揮してくれる印象です。

価格は¥16,830とやや高いですが、寿命や機能を考えると、購入の価値は十分あると思います。

それでは、改めて特徴です。

・オンの特許技術で着地の柔らかさと爆発的な蹴り出しを実現
・メッシュアッパーがサポート力を強化し、通気性を確保
・トレーニングからレース向き
・寿命は500キロ〜800キロ
・重さは235g(メンズ25.5cm)
・¥16,830

主にサブ3.5〜サブ4(4:50〜5:30/km)向けで、初心者の方でも履きやすいクセの少ないシューズとなっています。

【2020年版】おすすめランニングシューズ27選!全16ブランド紹介ランニングシューズのおすすめを知りたい そんな疑問にお答えします。 各ブランドがランニングシューズを展開しており、軽量でスピードに特化したモデルやクッション性能に優れたケガ対策にもなるシューズなど、特徴が様々です。 今回は、ランニングシューズを展開している全16ブランドのおすすめシューズをまとめてみました。 サブ2.5〜サブ5の目安ペースごとに紹介していくので、初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。...
【2020年版】サブ3.5おすすめランニングシューズ23選!サブ3.5おすすめランニングシューズが知りたい! そんな疑問にお答えします。 サブ3.5(フルマラソン3時間30分切り)は、1キロ4:50ペースで走行した際に達成できる、サブ3.5を目標にする市民ランナーが多い記録です。 実際に、ランネット「全日本マラソンランニング(外部リンク)」の集計によると、 ●サブ3.5達成の割合(サブ3.5達成者 / 2018年マラソン完走者) 男性:12.2%(36,035人 / 29万6,547人) 女性:3.2%(2,505人 / 7万9,360人) 参照:ランネット「全日本マラソンランニング(外部リンク)」 という割合と、男性でも全体の10%ちょっとしかいないハードな記録達成となります。 そんな今回は、サブ3.5達成に向けた機能性に優れたおすすめのランニングシューズをご紹介します。 ナイキやアディダス、アシックスなど各ブランドが、サブ3.5を達成するための性能のよいシューズを販売しているので、ぜひ参考にしてみてください。...
【2020年版】サブ4おすすめランニングシューズ28選!サブ4おすすめランニングシューズが知りたい! そんな疑問にお答えします。 サブ4(フルマラソン4時間切り)は、1キロ5:40ペースで走行した際に達成することができます。 ランネット「全日本マラソンランニング(外部リンク)」の集計によると、 ●サブ4達成の割合(サブ4達成者 / 2018年マラソン完走者) 男性:29.1%(86,198人 / 29万6,547人) 女性:12.3%(9,763人 / 7万9,360人) 参照:ランネット「全日本マラソンランニング(外部リンク)」 という割合と、男性が全体の30%、女性が10%ちょっとという記録達成となります。 そんな今回は、サブ4達成に向けた機能性に優れたおすすめのランニングシューズをご紹介します。...
【2020年版】On(オン)おすすめランニングシューズ7選!目安ペースごとに解説!On(オン)おすすめのランニングシューズが知りたい! そんな疑問にお答えします。 On(オン)は、スイス生まれでランニングシューズ・ウェアを展開しているブランドです。 特徴は、世界初の特許技術「着地など、必要なときに作動する衝撃吸収システム」を採用。 これにより、ソフトな着地と勢いのある蹴り出しを実現させてくれます。 今回は、On(オン)おすすめのランニングシューズをご紹介します。...

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA