ランニングステーション

【レビュー】HIBIYA RIDE(ヒビヤライド)のランニングステーションとは?日比谷公園内にあるランステです

悩んでいる人
悩んでいる人
HIBIYA RIDE(ヒビヤライド)の利用者のレビューが知りたい!

そんな疑問にお答えします。

HIBIYA RIDE(以下、ヒビヤライド)は、皇居周辺にあるランニングステーションで、連日多くのランナーが利用しています。

そんなヒビヤライドを先日利用してきましたので、その時の体験談・感想をお伝えします。

アクセス・利用料金など、皇居ランを検討している方は、ぜひ参考にして頂ければうれしいです。

HIBIYA RIDE(ヒビヤライド)とは?

HIBIYA RIDE(ヒビヤライド)入り口

まずはじめに、ヒビヤライドの営業時間や駅からのアクセス方法をご紹介します。

基本情報

ヒビヤライドは、日比谷駅A14番口より徒歩1分の立地にあるランニングステーション(荷物を預けられたり、着替え、シャワールーム完備している施設)です。

皇居周辺のランニングステーションの中で一番遅くの23:00まで営業(平日の場合)しているので、仕事終わりに利用することができます。

また、都内最大規模の自転車駐車施設ともなっているので、自転車で来たい方にもおすすめです。

料金は、ランニングステーションの料金が700円〜800円が相場に対し、こちらは800円(税込)で利用できます。

住所千代田区日比谷公園1-2 日比谷駐車場内(B1階)
最寄駅JR 有楽町駅(日比谷口)より徒歩10分
都営地下鉄 日比谷駅(A14番口)より徒歩1分
東京メトロ 日比谷駅(A14番口)より徒歩1分
都営地下鉄 内幸町駅(A7番口)より徒歩2分
東京メトロ 霞ケ関駅(B2番口、C3番口)より徒歩5分
利用料金800円(税込)/1回
営業時間平日|6:30-23:00
土曜日|8:00-20:00
日曜・祝日|8:00-18:00
定休日年末年始
休業時間偶数月の第3月曜日の10:00-16:00
公式HP詳細を見る

アクセス

続いて、最寄駅の日比谷駅からヒビヤライドまでのアクセスをご紹介します。

日比谷駅A14番口より徒歩1分の場所にあります。

最寄りの出口(A14出口)からすぐなのですが、店舗自体が地下駐車場内にあるため、とても分かりづらい場所にあります。

なので、行き方を下記の動画にて紹介しています。

HIBIYA RIDE(ヒビヤライド)の利用方法

続いて、ヒビヤライドの利用方法をご紹介します。

初めての方は、「ランニングステーションを利用する」旨を伝えると、氏名、電話番号などの情報を記入する用紙が渡されるので、記入します。

ご利用料金

利用料金

都度利用 800円(税込)/1日

都度利用の場合、利用料金は800円(税込)となります。

こちらの施設では、初回の会員登録費はないため、初回利用の料金は800円のみとなります。

続いて、レンタル品ですが、一切借り出しをしておりませんので、ランニングに必要なウェア、シューズなどは忘れずに持参しましょう。

店内のようす

続いて、店内の様子です。

こちらは受付になります。

店内には、受付をはじめ、100台以上おける「バイクストレージスペース」と男女の更衣室があります。

受付の流れです。

受付で、「初めてランニングステーションを利用する旨を伝え」、用紙に情報を記入します。

その後、料金を支払い、ロッカーキーをもらい、更衣室に移動する流れとなります。

更衣室のようす

続いて、更衣室、シャワールームです。

・シャワー: 5基(男性) 7基(女性) *シャンプー・ボディソープあり
・ロッカー: 60個(男性) 60個(女性)
・トイレ あり
・洗面台あり ※ドライヤー3台あり(男性の場合)

中は、こんな感じです。

更衣室はとても広く、快適でした。

日曜に利用したのもあり、常に4,5人いる状態でしたが、特にストレスなく着替え・準備ができました。

また、ロッカーの大きさは、他のランニングステーション同様、通常の持ち物であれば問題ない大きさです。

こちらはシャワールームです。

シャワールームには、リンスインシャンプー、ボディソープがあり、洗面台にはドライヤーが完備されています。

シャワーのお湯は暖かく、寒い冬の時期も温まることができるでしょう。

洗面台には、ドライヤーが3台、それに大きな鏡なので、身だしなみも整えやすいです。

個人的に、清潔感もあり、居心地の良い更衣室でした。

利用する流れ

最後に利用する際の流れをご紹介します。

  • STEP1
    受付
    初めての方は、「初めてランニングステーションを利用する」旨を伝え、用紙に情報を記入します。その後、利用料金を支払い、ロッカーキーを受け取り、更衣室へ移動します。
  • STEP2
    着替え
    更衣室で着替えをし、ロッカーに荷物を預けます。
  • STEP3
    ランニング開始
    ランニング開始。
  • STEP4
    シャワー、着替え
    ランニング終了後、シャワーを浴び、着替えをします。
  • STEP5
    ロッカーキー返却
    支度が済んだら、受付へロッカーキーを返却し、会員カードを受け取り完了です。

このような流れで利用することができます。

まとめ

今回、ヒビヤライドに行ってきました。

日比谷駅徒歩1分と、アクセスがよいランニングステーションです。

店内はきれいで清潔感があり、着替え、シャワーともに、とても快適でした。

すぐ近くには、皇居のランニングコースがあるので、ぜひランニングしてみてください。

▼皇居ランコースの詳細はこちら
【レビュー】皇居のランニングコース紹介!1周何キロ?距離やランステ解説

以上、ヒビヤライドのレビューでした。

▼皇居周辺のランステを探す
皇居周辺のランニングステーション11選!皇居ランするのに安いランステはどこ?

ランニングコースを探す

最後に、ランニングコースをまとめました。

ランニングコース(東京)
皇居
駒沢公園
お台場
豊洲ぐるり公園
代々木公園
神宮外苑
浅草・隅田川
多摩川
木場公園
府中の森公園
井の頭公園
葛西臨海公園
小金井公園
ランニングコース(神奈川)
みなとみらい
ランニングコース(千葉)
東京ディズニーリゾート
幕張稲毛シーサイド

また、ランニングシューズをブランドごとにまとめています。

おすすめシューズブランド
ナイキ
アディダス
アシックス
ニューバランス
ミズノ
オン
ブルックス
リーボック
アンダーアーマー
ホカオネオネ
サッカニー
サロモン
プーマ
ヨネックス
カルフ
アルトラ
メレル
MBT

▼ランニング時の持ち物
ランニング・ジョギング時におすすめの持ち物13選【初心者必見】

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れは下記をご覧ください。

▼フルマラソン完走ロードマップ
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間2,500km走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
ランニングで膝を痛めた・違和感がある方へ

ランニング後のケアに最適なドリンク

駅伝強豪校 城西大学駅伝部と共同開発

ランニングで膝を痛めた・違和感がある方におすすめのドリンクです


公式ページ >>

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA