アクセサリー

ランニング用膝サポーターおすすめ10選|着用する効果と選ぶ際のポイントは?

悩んでいる人
悩んでいる人
おすすめのランニング用膝サポーターを教えてほしい。

そんな疑問にお答えします。

ランニングで膝を痛めてしまった方は、膝サポーターを着用することで痛みを軽減できるかもしれません。

膝を固定することで膝の負担を軽減することができるため、膝サポーターには痛みを抑える効果があります。

そこで今回は、ランニング用膝サポーターの選び方やおすすめアイテムをご紹介します。

現在、膝を痛めている方、膝に違和感を感じている方はぜひ参考にしてみてください。

膝サポーターの効果

膝サポーターには、痛みや膝の負担を軽減するなどの効果があります。

膝が痛くなる原因は、膝にストレスがかかり続けることで炎症が起こり、症状が発生します。

主に、誤った(負荷が大きい)フォームで走ることで起こるため、膝サポーターを着用することで膝周りを固定し、正しいフォームへと促すことができます。

また、冬になると膝が痛むのは、血液の流れが悪いことが原因です。

寒くなると血液の流れが悪くなり、筋肉がスムーズに動かず、痛みが発生します。

なので、膝サポーターを着用することで膝周りを温め、膝の痛みを軽減することができます。

膝サポーターの選び方

続いて、膝サポーターの選び方です。

膝サポーターの選び方
・膝の痛みの箇所から

・通気性の良いもの

・ズレにくいもの

・装着の仕方

【選び方①】膝の痛みの箇所から

膝サポーターを探している方の多くは、すでに膝を痛めている場合がほとんどでしょう。

ランナーが膝を痛める場合、大きく3つの箇所があります。

痛みの箇所
・膝の外側
・膝の内側
・膝の下

膝サポーターは膝全体をサポートするモデルだけでなく、それぞれ痛みの出る箇所をサポートすることに特化したモデルもあります。

なので、現在の痛みの箇所をサポートする、サポーターを選ぶと良いでしょう。

下記で、それぞれ見ていきます。

膝の外側が痛む場合

膝の外側が痛む場合は、腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)を発症している可能性があります。

腸脛靭帯と骨が擦れて起きる炎症で、着地の際に膝を曲げ伸ばすことで、膝の外側に痛みが出ます。

蹴り出し時に、膝から下を外にひねるようなフォームで走る方が、なりやすい症状です。

そのため、膝下がねじれないように固定するサポーターを選ぶと改善されるでしょう。

膝の内側が痛む場合

膝の内側が痛む場合は、鵞足炎(がそくえん)を発症している可能性があります。

膝を伸ばした状態から曲げようとするときや着地した際に痛みが出ます。

内側の筋が硬くなって腱にストレスがかかっている状態で膝を曲げ伸ばしすると、腱同士が摩擦し、炎症を引き起こします。

着地時に膝が内側に入り込むフォームで走っている方が、なりやすい症状です。

なので、膝のブレを抑え、内側にいかないように固定するサポーターを選ぶと改善されるでしょう。

膝の下が痛む場合

膝の下が痛む場合は、膝蓋腱炎(しつがいけんえん)を発症している可能性があります。

膝のお皿の下にある腱が炎症することで起こり、膝の曲げ伸ばし続けることで起きるストレスで、症状が発生します。

特に、長い時間走る際に、疲労から腰が落ちてお尻や太ももを使って走れなくなり、膝へ負担がかかると膝蓋腱炎になりやすいです。

そのため、サポーターを装着し、着地時の膝下にかかる負担を軽減させることで改善されるでしょう。

【選び方②】通気性の良いもの

長時間、着用するとムレてくるため、通気性に優れたものを選びましょう。

ムレを防止し、常にサポーター内をドライに保ちます。

また、吸汗速乾機能があると、吸収した汗を素早く蒸発させるため、快適な着用感を継続することができます。

特に、フルマラソンのように長時間着用する場合や夏場のトレーニングでは汗をかきやすいため、快適な着心地を実現できる、通気性の良いものがおすすめです。

【選び方③】ズレにくいもの

ランニング中は上下に振動するため、揺れに強い、ズレないものを選びましょう。

ズレやすいものは、ズレるたびに正しい位置まで直す必要があり、走りに集中できません。

なので、内側にズレにくくする素材を使用していているものや伸縮性に優れた素材を使用しているものは、膝周りにしっかりフィットするため、走行中もズレず、快適です。

【選び方④】装着の仕方

サポーターには、大きく2つの装着方法があります。

膝に「巻きつける」タイプと「履く」タイプの2つです。

装着方法
・巻きつけるタイプ
・履くタイプ

巻きつけるタイプ

巻きつけるタイプは、マジックテープなどでサポーター同士をつなぎ合わせ、膝を固定し着用します。

自分の膝のサイズに合わせて固定具合を調節できるため、しっかり固定することができるのが特徴です。

ただ、サポーター同士が二重に重なるので厚みが出てしまい、やや走りづらいのがデメリットではあります。

なので、膝の痛みが強い方やレースでタイムを気にせず走る方など、痛みを軽減することを重視したい方におすすめです。

ポイント

走りやすさより痛みを軽減したい方におすすめです

履くタイプ

履くタイプは、靴下を履く感覚で着用します。

伸縮性に優れたストレッチ素材を使用しているものが多く、「巻きつけるタイプ」より身体にフィットしやすいです。

ただ、がっちり固定されるわけではないため、巻きつけるタイプ」よりサポート性には劣ります。

なので、レースでタイム更新を目指すなど、走りやすさを重視したい方におすすめです。

ポイント

痛みを軽減するより走りやすさを重視したい方におすすめです

おすすめの膝サポーター10選

サポーター [ミズノ]

ミズノが販売する、ミズノテクノロジーを結集させたスポーツ用膝サポーター。

ひざの安定・保護用、靭帯のサポート用として、運動時の動きやすさを追求したアイテムです。

サイズS、M、L、XL、2XL
サイズ詳細
(膝上10cmの周囲サイズ)
S:33~38cm
M:38~43cm
L:43~48cm
XL:48~53cm
2XL:53~58cm
カラーブラック
対応左右兼用
価格(税込)¥ 6,930

サポーター [CW-X]

CW-Xが販売する、着地時の衝撃を緩和し、膝の負担を軽減する膝サポーター。

CW-X独自のテーピング原理で、膝まわりの筋肉をサポートすることで、膝の負担を軽減。

また、内側にはズレにくくする素材を使用しているため、長時間の走行も快適な着用感を実現したアイテムです。

サイズS、M、L
サイズ詳細
(ひざのお皿周りのサイズ)
S:31~34cm
M:34~37cm
L:37~40cm
カラーブラック
ブルー
対応左右兼用
価格(税込)¥ 3,850
created by Rinker
CW-X(シーダブリューエックス/ワコール)

ザムスト RK-1Plus [ザムスト]

ザムストが販売する、膝の外側の負担を軽減する膝サポーター。

ヒザ下に配置されたフィルムとらせん状に引っ張り上げる「スパイラルレース」により、膝に負担のかかる動きを抑制。

また、凹凸のある生地と撥水加工により汗が拡散され、ランニング中もベタつきにくく快適な着用感を実現したアイテムです。

サイズS、M、L、LL、3L
サイズ詳細
(膝上10cmの周囲サイズ)
S:36~39cm
M:39~42cm
L:42~45cm
LL45~48cm
3L48~51cm
カラーブラック
対応左右別
価格(税込)¥ 4,290

ザムスト RK-2 [ザムスト]

ザムストが販売する、膝のお皿の下にかかる負担を軽減する膝サポーター。

独自設計した2段構造のパッドが膝のお皿の下を的確に圧迫することで、着地時の膝下にかかる負担を軽減。

また、ランニングの動きに合わせた独自の立体裁断を採用することで高いフィット性を実現し、安定した走りが可能なアイテムです。

サイズS、M、L、LL、3L
サイズ詳細
(膝上10cmの周囲サイズ)
S:36~39cm
M:39~42cm
L:42~45cm
LL:45~48cm
3L:48~51cm
カラーブラック
対応左右兼用
価格(税込)¥ 3,630

ザムスト EK-3 [ザムスト]

ザムストが販売する、膝全体を圧迫・保護するサポーター。

膝の曲げ伸ばししやすい独自設計の素材とお皿まわりのパッドが、膝をしっかりとサポート。

また、膝裏部分には、肌あたりのよい素材を使用しているため、長時間の着用も快適なアイテムです。

サイズS、M、L、LL、3L
サイズ詳細
(膝上10cmの周囲サイズ)
S:36~40cm
M:40~44cm
L:44~48cm
LL:48~52cm
3L:52~56cm
カラーブラック
対応左右兼用
価格(税込)¥ 4,070

しっかりしめるスリーブタイプN ひざ用 [D&M]

D&Mが販売する、激しい動きにもズレずにフィットする膝サポーター。

ひざの「お皿」上下の圧迫力を高め、ひざを曲げる・伸ばす等の動きとブレを抑制し、安定性をサポート。

また、縦横斜めあらゆる方向に伸びる生地を採用することでズレを抑え、膝まわりにしっかりフィットするアイテムです。

サイズM、L
サイズ詳細
(ひざ頭周りのサイズ)
M:32~38cm
L:36~42cm
カラーブラック
対応左右兼用
価格(税込)¥ 2,420

しっかりしめるオープンタイプ ひざ用クロスタイプ [D&M]

D&Mが販売する、関節に自然にフィットする立体オープン設計のサポーター。

上下2本のベルトとV字ベルトで簡単に装着・調整ができ、よりしっかりと固定することが可能に。

また、通気性とサポート力を併せたメッシュ素材を使用しているため、ムレにくく、快適な着け心地を実現したアイテムです。

サイズフリーサイズ
サイズ詳細
(ひざ頭周りのサイズ)
28cm~42cm
カラーブラック
対応左右兼用
価格(税込)¥ 2,860

ラップアラウンド ニースタビライザー [ミューラー]

ミューラーが販売する、人工的な腸脛靭帯(膝の外側が痛む場合になる靭帯)内蔵の膝サポーター。

上下逆方向のストラップが膝のねじれを抑え、お皿の下のパッドは膝蓋骨周辺を安定させます。

ランニング中の膝周辺の痛みを軽減したい方へおすすめのアイテムです。

サイズS~M、L~XL
サイズ詳細
(ひざ頭周りのサイズ)
S~M:23~38cm
L~XL:30~50cm
カラーブラック
対応左右兼用
価格(税込)¥ 4,620

マルチアクション ニーラップ5 [マクダビッド]

マクダビッドが販売する、膝関節とお皿周辺をしっかりとガードする巻きつけタイプの膝サポーター。

ヒザの裏側から前面部までカバーする付属のストラップが関節のねじれ、不安定感を制御。

また、取り外し可能なマルチパッドが、膝のお皿周辺をしっかりガードするため、痛みを軽減したい方へおすすめのアイテムです。

サイズS、M、L、XL
サイズ詳細
(ひざ周りのサイズ)
S:30~35cm
M:35~40cm
L:40~48cm
XL:46~54cm
カラーブラック
対応左右兼用
価格(税込)¥ 5,280

ダブルニーラップ DS [マクダビッド]

マクダビッドが販売する、膝全体の圧迫と横ブレをサポートするサポーター。

調節自在なメインラップとサイドラップのダブルサポート構造で、膝周りを包み込むようにサポート。

また、汗ムレを軽減する通気性メッシュ素材を使用しているため、快適な装着感を実現したアイテムです。

サイズS、M、L
サイズ詳細
(ひざ周りのサイズ)
S:30~35cm
M:35~40cm
L:40~48cm
カラーブラック
対応左右兼用
価格(税込)¥ 4,620

まとめ

今回は、おすすめのランニング用膝サポーターをご紹介しました。

膝の痛みや負担を軽減するアイテムなので、ぜひトレーニングやレース時に採用してみてください。

今回は以上です。

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れをまとめました。

初めてフルマラソン出場する方を対象に、下記の内容が分かります。

  • マラソン大会の選び方
  • 購入すべきランニンググッズ
  • 完走するためのトレーニング方法
  • レース前日や当日の過ごし方

▼詳しくはこちら
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間2,500km走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
ランニングで膝を痛めた・違和感がある方へ

ランニング後のケアに最適なドリンク

駅伝強豪校 城西大学駅伝部と共同開発

ランニングで膝を痛めた・違和感がある方におすすめのドリンクです


公式ページ >>

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA