初マラソン挑戦

【レビュー】Challenger POWER LIQUID(チャレンジャー・パワーリキッド)ってどんな補給食なの?

Challenger POWER LIQUID(チャレンジャー・パワーリキッド)ってどんな補給食なの?


そんな疑問にお答えします。


Challenger POWER LIQUID(チャレンジャー・パワーリキッド)は東京オリンピック代表の服部選手が所属するトヨタ自動車陸上長距離部へサポートしているなど、ランナーに人気の補給食です。


特徴は「ゆっくり消化吸収してくれる」ことで、コンディションやパフォーマンスを向上してくれるものとなっています。


味はカフェインなしタイプとカフェイン入りタイプで分かれており、全部で3種類!


    ●ノーマルタイプ
    ・梅フレーバー
    ・レモンフレーバー

    ●カフェイン入り
    ・グリーンアップルフレーバー



値段も250円(税抜き)と補給食の相場の値段なので、入手しやすいと思います。


全国のスポーツ店や公式オンラインショップ、Amazon、楽天などで購入可能です。


それでは、詳しく見ていきましょう。







Challenger POWER LIQUID(チャレンジャー・パワーリキッド)について(概要)


Challenger POWER LIQUID(チャレンジャー・パワーリキッド)


Challenger POWER LIQUID(チャレンジャー・パワーリキッド)の特徴


はじめに、Challenger POWER LIQUID(チャレンジャー・パワーリキッド)の特徴です。

    ●特徴

    ・ゆっくり活力を上げてパフォーマンスをキープ

    ・筋肉痙攣を軽減

    ・胃腸にやさしい

    ・甘すぎない水溶性エネルギー

    ・環境に配慮したパッケージ
参照:Challenger POWER LIQUID(チャレンジャー・パワーリキッド)公式HPより


パラチノースの効果によりゆっくりと体内に吸収されるので、持続的にパフォーマンスをサポートしてくれます。




参照:Challenger POWER LIQUID(チャレンジャー・パワーリキッド)公式HPより


これでレース後半に足が動かなくなるという心配はなくなります。


また、筋肉痙攣を軽減させてくれるマグネシウムも含んでいるのもポイントです。


カフェイン配合しており(グリーンアップルフレーバー)は、カフェインは脳を一時的に麻痺させるので、疲労を軽減してくれる役割を果たします。


軽いドーピングみたいな特徴はありますが、世界アンチ・ドーピング機関によって禁止された成分は一切使用していませんので問題ありません。


なので、疲れやすい・レース中のモチベーション維持や集中力を高めたい方はカフェイン入りがおすすめです。


Challenger POWER LIQUID(チャレンジャー・パワーリキッド)に入っている栄養成分は以下のとおりです。




エネルギー113kcal
タンパク質0g
脂質0g
炭水化物28.3g
食塩相当量0.1780g
マグネシウム40g
※カフェイン20mg(グリーンアップルフレーバーのみ)


です。




商品の味・食べやすさ


味はカフェインなしタイプとカフェイン入りタイプで分かれており、全部で3種類!


    ●ノーマルタイプ
    ・梅フレーバー
    ・レモンフレーバー

    ●カフェイン入り
    ・グリーンアップルフレーバー



カフェイン入りのグリーンアップルフレーバー味を食べましたが、公式サイトに書いてあった通り、「甘すぎず」飲みやすかったです。


ほんのりと口に広がる甘さ程度なので違和感なく、レース中もストレスを感じません。


また、ジェルタイプなのに補給食特有のドロっとさはなく、水なしでも全然いける印象です。


マグネシウムが含まれているので、


「夏場ののどが乾きやすい時期」

「30キロ過ぎてから食欲ないとき」

「のどが乾いているとき」



でも、安心して飲めるのがポイントです。




携帯しやすさ


非常にコンパクトで厚みもないので、ポケットの中にラクラク入ります。


フルマラソン時なんかでも2、3コポケットに入れていても問題ないほど、持ち運びはしやすいです。


摂取するときは、上の切り口を開ける形です。





特徴でも紹介したように、切り口が落ちないようになっているのでランナーへの配慮がされているのはありがたいですね。


大きさはこんな感じです。



成人男性の片手ですが、ラクラク持てるのでストレスなく摂取できます。




飲むタイミングは?


「どのタイミングで飲めばいいのか?」


公式サイトには記載されていませんでしたが、他の補給食のように30分〜1時間の間隔で補給するといいでしょう。


フルマラソン4時間で完走予定なら、レース中3回補給する形になります。(1時間おきの場合)


あくまで目安時間なので、体の疲れ具合で摂取する時間を調整するといいでしょう。


ぼくが摂取するなら、レース前ではなく、レース中に7キロ間隔(30〜40分)を目安に飲むようにしています。


飲みすぎもよくないですが、飲まなすぎも危ないです。


パラチノースの効果で胃腸への負担も少なくなっているので、お腹弱い人も飲みやすいと思います。




まとめ・評価


最後に個人的な評価です。


☆5つ満点で評価します。

    ●味(飲みやすさ)    ☆☆☆☆☆
    ●価格(手に入れやすさ) ☆☆☆☆
    ●効果(マラソン向きか) ☆☆☆☆☆
    ●携帯しやすさ      ☆☆☆


となっています。


個人的に高評価の補給食です。


まず、単純に飲みやすかったのと、ぼくはお腹が弱いので胃腸優しい点がよかったです。


効果の点は、


「身体にゆっくりと吸収されるので持続的に高い位置でパフォーマンスをサポート」
「マグネシウムの効果で筋肉痙攣を軽減」



でポイントが高いです。


価格も補給食を購入したことない方からすると高いように感じるかもしれませんが、補給食の中では良心的な値段です。


全国のスポーツ店や公式オンラインショップ、Amazon、楽天などで購入可能です。


Challenger POWER LIQUID(チャレンジャー・パワーリキッド)はトレーニング・レース共におすすめできる補給食です。


ぼくは、特にレース中に飲むものとして位置つけています。


ぜひ、レースに出場される際の参考にしていただければと思います。


以上、Challenger POWER LIQUID(チャレンジャー・パワーリキッド)のレビューでした。







●関連記事

マラソン後の疲労回復におすすめのリカバリー補給食7選

フルマラソン完走を目指す人におすすめの補給食14選【初心者必見】

フルマラソン初心者向け持ち物リスト【完走経験者がおすすめする必需品は?】




ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA