ランニングギア

【レビュー】チャレンジャー・パワーリキッドの効果は?味や飲むタイミングをご紹介

悩んでいる人
悩んでいる人
『チャレンジャー・パワーリキッド』の効果は?

そんな疑問にお答えします。

『チャレンジャー・パワーリキッド(以下チャレンジャー)』は、(有)パワースポーツが販売するエネルギー補給食で、トヨタ自動車陸上長距離部へサポートしている補給食でもあります。

特徴は、エネルギーをゆっくり消化吸収し、持続的に高いパフォーマンスをサポートする「パラチノース」が含まれている点です。

これにより、コンディションを一定に保ち、長時間のレースでも大崩れしにくくなりました。

味はカフェインなしとカフェインありで分かれており、全部で3種類。

味(カフェインなし)
・梅フレーバー
・レモンフレーバー
味(カフェインあり)
・グリーンアップルフレーバー

価格は216円(税込)と、他の補給食と比べ、安いので入手しやすいです。

公式オンラインショップやAmazon、楽天(下記リンク)で購入可能です。

チャレンジャー・パワーリキッドについて(概要)

Challenger POWER LIQUID(チャレンジャー・パワーリキッド)ジェル

チャレンジャー・パワーリキッドの特徴

はじめに、『チャレンジャー』の特徴です。

ポイント

・バナナ1本分のエネルギー(113kcal)が摂取できる

・エネルギーが身体にゆっくりと吸収される「パラチノース」配合

・脚つり対策に効果あるマグネシウム40mg配合

・フルマラソンで負荷のかかる胃腸に優しい成分配合

・甘みを抑えているので飲みやすい

・環境に配慮し、切り口が落ちないパッケージを採用

参照:チャレンジャー公式HPより

チャレンジャー』は、バナナ約1本分のエネルギー(113kcal)が手軽に摂取できる補給食です。

ゆっくり消化吸収される「パラチノース」が配合されているため、パフォーマンスを長続きさせることができます。

これにより、エネルギー切れになることなく、持続的にエネルギー供給してくれます。

また、脚つり対策に効果的なマグネシウムも配合しているので、レース中に「脚がつる」「ケイレンを起こす」などといった症状を防いでくれます。

他には、グリーンアップルフレーバーのみ「カフェイン」を配合。

「カフェイン」には覚醒作用があり、パフォーマンスアップや疲労を軽減してくれる効果があります。

なので、レース後半のモチベーション維持や集中力を高めたい方は「カフェイン入り」がおすすめです。

チャレンジャー』に入っている栄養成分は以下のとおりです。

1本(40g)あたり
・エネルギー:113kcal
・たんぱく質:0g
・脂質:0g
・炭水化物:28.3g
・食塩相当量:0.178g
・マグネシウム:40mg
・カフェイン20mg※

グリーンアップルフレーバーのみ

商品の味・食べやすさ

味はカフェインなしとカフェインありで分かれており、全部で3種類。

味(カフェインなし)
・梅フレーバー
・レモンフレーバー
味(カフェインあり)
・グリーンアップルフレーバー

カフェイン入りのグリーンアップルフレーバー味を食べましたが、公式サイトに書いてあった通り、甘すぎず飲みやすかったです。

ほんのりと口に広がる程度の甘さなので、レース中もストレスを感じません。

また、ジェルタイプですが、ジェル特有のドロッとさはなく、水なしで摂取できる点も評価が高いです。

携帯しやすさ

非常にコンパクトで厚みもないので、ポケットの中にラクラク入ります。

大きさはこんな感じです。

フルマラソン時、2〜3コポケットに入れていても大丈夫なほど、持ち運びしやすいです。

摂取時の切り口です。

環境に配慮された切り口を採用しており、切れ端がくっついたまま摂取できるので、余計なゴミがでなくてありがたいです。

飲むタイミングは?

公式サイトには特に記載はありませんでしたが、1時間に1度の摂取が良いでしょう。

仮に、サブ4目標(4時間以内完走)であれば、11km地点(1時間経過時)、21km地点(2時間経過時)、32km地点(3時間経過時)で摂取するという形です。

(他のタイムが目標の場合、高精度計算サイトで時間を計算してみてください。)

というのも、補給食は摂取してからエネルギーに変換されるまで30分かかるため、1時間に1度の摂取をおすすめしています。

まとめ・評価

最後に個人的な評価です。☆5つ満点で評価しました。

味(飲みやすさ)
(4.5 / 5.0)
効果(マラソン向きか)
(4.5 / 5.0)
価格(入手しやすさ)
(4.5 / 5.0)
携帯しやすさ
(4.5 / 5.0)
総合評価
(4.5 / 5.0)

個人的に高評価の補給食です。

まず、単純に飲みやすかったです。

また、「パラチノース」の効果で胃に優しい設計なので、お腹が痛くなりづらい点でこの評価となりました。

バナナ1本分のエネルギーやマグネシウム、カフェインが入って、216円(税込み)。この価格なのもありがたいですね。

下記は、エネルギー量を100gに換算した場合の各補給食の比較です。

エネルギー量(100gあたり)
※クリックするとレビュー記事に移動します

ご覧のように、このラインナップの中ではエネルギー量はやや多いことが分かります。

ぜひ、レースに出場される際の参考にしていただければと思います。

以上、『チャレンジャー』のレビューでした。

▼フルマラソンおすすめの補給食まとめ
フルマラソンにおすすめの補給食17選【サブ3.5、サブ4、サブ5向け】

▼レース後おすすめ補給食まとめ
マラソン後の疲労回復におすすめのサプリメント(リカバリー補給食)5選

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れは下記をご覧ください。

▼フルマラソン完走ロードマップ
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA