ランニングギア

【2022年版】ガーミンおすすめランニングウォッチ8選!各モデル徹底比較

悩んでいる人
悩んでいる人
Garmin(ガーミン)おすすめのランニングウォッチってどれですか?

そんな疑問にお答えします。

Garmin(以下ガーミン)は、アメリカで創業されたGPSメーカーで、フィットネスやスポーツ、アウトドアなど、様々な場面で利用できる時計を販売している企業です。

距離やペースが測定できる初心者向けウォッチから、トライアスロンに対応した上級者向けウォッチなど、様々なモデルを販売しています。

そこで今回は、ガーミンおすすめのランニングウォッチをご紹介します。

今回は、下記のランニングに特化した機能を搭載したウォッチを解説していきます。

【初心者】エントリーランナー向け
・ForeAthlete 55
【初心者〜中級者】ファンランナー向け
・ForeAthlete 745
【中級者】チャレンジランナー向け
・Forerunner 255S / 255S Music
・Forerunner 255 / 255 Music
【上級者】シリアスランナー向け
・Forerunner 955 / 955 Dual Power

購入を検討されている方、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、見ていきましょう。

ガーミンとは

1989年にアメリカで創業され、航空、船舶、自動車、ランニングなど幅広い分野でのGPSを用いたデバイスを開発・販売している、GPSに特化した会社です。

ランニングに特化した”ForeAthlete”シリーズを2004年に発売して以来、多くのランナーに絶大な支持を得ています。

また、2020年にスポーツ・健康・フィットネス分野の生理学分析を行うFirstbeat(ファーストビート)を買収。

(Firstbeatで)20年間蓄積した10万人を超える心拍データからデータベースを開発し、睡眠やストレス、消費カロリーなどの分析データをもとに、ランナーへ最適なサポートができる機能を搭載したウォッチを開発できるようになりました。

2022年、”ForeAthlete”は”Forerunner”へと名前を変え、さらにランナーにとって使い勝手の良いウォッチを開発・販売しています。

ガーミンの機能・特徴

まず、はじめにガーミンに搭載されている、主な機能を見ていきます。

[特徴1]ソーラー充電

ソーラー充電技術「Dual Power」により、ウォッチを太陽に当てるとバッテリーが充電される機能を搭載。

これにより、長時間のレースでもバッテリー残量を心配する必要がなく、安心してデータを記録することができます。

●各モデル比較

機能 / 商品名

ForeAthlete 55


ForeAthelte 745

Forerunner 255S

Forerunner 255S Music

Forerunner 255

Forerunner 255 Music


Forerunner 955

Forerunner 955 Dual Power
ソーラー充電
「Dual Power」

[特徴2]最新技術の衛星測位システム

GPSメーカーということもあり、多くの衛星測位システムを搭載し、正確な距離・ペースが計測できます。

アメリカのGPSをはじめ、ロシアのGLONASS、ヨーロッパのGalileo、そして日本のみちびき(QZSS)を用い、位置情報を取得します。

使用される衛星測位システム

・GPS(アメリカ)
・GLONASS(ロシア)
・Galileo(ヨーロッパ)
・みちびき(日本)

※今回紹介する全てのモデルに搭載

また、(上記の)各衛星からの複数の信号を追跡できる「マルチGNSモード※」機能搭載により、電波の届きにくい高層ビルが立ち並ぶ都市部や山奥でも精度の高い測位を実現しています。

●各モデル比較

機能 / 商品名

ForeAthlete 55


ForeAthelte 745

Forerunner 255S

Forerunner 255S Music

Forerunner 255

Forerunner 255 Music


Forerunner 955

Forerunner 955 Dual Power
衛星測位システムGPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
マルチGNSSモード

[特徴3]高精度心拍計

第4世代にパワーアップした光学式心拍計は4つのセンサーから6つのセンサーにアップグレードされ、より高い精度で、24時間を通じて心拍数の変動をモニタリング。

心拍数は運動強度の指標として利用することができ、速いペースで走ったり、上り坂を上がったりと負荷が高いほど心拍数の数値が増加し、逆に、ゆっくり走った際は心拍数の数値は減少します。

ガーミンでは、あなたのトレーニング強度を5段階(1が最小、5が最大)に区分けした心拍ゾーンで表示してくれます。

心拍ゾーン最大心拍数の%心拍数値(bpm)状態強度・効果
150〜60%104〜114息を切らさずに会話できる基礎体力作り
260〜70%114〜133・心地よいペース
・やや会話がキツイ
脂肪燃焼効果の向上
370〜80%133〜152・ややキツイ強度
・マラソンペース
持久力の向上
480〜90%152〜171かなりキツイ強度で息が上がるスピード能力の向上
590〜100%171〜190ほぼ全力で呼吸に余裕がない最大酸素摂取量の向上

例えば、ほとんど運動していない人が「他人と会話できる」くらいのペース(ゾーン1)で走り、平均心拍数が140bpmだったとします。

この場合、目安(ゾーン1の一般的な心拍数値:104〜114)より高い心拍数値(140)を叩き出しているので、単純に、基礎体力が身についていないことで、遅いペースだが心拍数が上昇してしまったことが分かります。

このように、走行中の心拍数を見ることで、現状の(あなたの)走力を知ることができます。

また、フルマラソンを完走するには、「スピード」「スピード持久力」「スタミナ」、これら3つをバランスよく鍛える必要があります。

  • スピード・・・短い距離・時間を疾走する能力
  • スピード持久力・・・一定距離を速いペースで持続させる能力
  • スタミナ・・・長い距離・時間をゆっくり走り続ける能力

そのため、(上記のように)「スピード持久力」が鍛えられる心拍ゾーン(ゾーン3)のみのトレーニングだけでなく、「スピード(ゾーン4〜5)」、「スタミナ(ゾーン1〜2)」それぞれのゾーンに適したペースで、まんべんなくトレーニングすることが大事になります。

例えば、9月にインターバル走を行ったところ心拍数が200bpmだったが、12月(3ヶ月後)に同じくインターバル走を行い、185bpmまで下がっていたとしたら、「身体が速いペースに慣れてきた」といった形でトレーニングの効果を実感できるようになります。

初心者は「心拍数なんて気にしない」って方が多いかもしれませんが、ランニング歴が長くなるに連れ、心拍数の重要度が分かってくるほど重要なものだと覚えておくと良いでしょう。

●各モデル比較

機能 / 商品名

ForeAthlete 55


ForeAthelte 745

Forerunner 255S

Forerunner 255S Music

Forerunner 255

Forerunner 255 Music


Forerunner 955

Forerunner 955 Dual Power
心拍ゾーン
(第3世代)

(第3世代)

(第4世代)

(第4世代)

(第4世代)

(第4世代)

(第4世代)

(第4世代)

[特徴4]Garmin Pay / Suica 機能

Garmin Pay、Suicaが搭載されたモデルであれば、小銭(カード)を持たなくても、電車に乗る際やお店での買い物の際に、このデバイス一つで完結します。

ランニング中は、なるべく荷物を持ちたくないと思うので、あると便利な機能です。

●各モデル比較

機能 / 商品名

ForeAthlete 55


ForeAthelte 745

Forerunner 255S

Forerunner 255S Music

Forerunner 255

Forerunner 255 Music


Forerunner 955

Forerunner 955 Dual Power
Garmin Pay / Suica

[特徴5]音楽再生

Bluetooth対応のイヤホンがあれば、スマートフォンなしで音楽を再生できる機能です。

「Spotify」、「Amazon Music」、「LINE MUSIC」などの音楽配信サービス※からプレイリストを同期し、ウォッチに保存できます。

※各ストリーミングサービスのサブスクリプション契約が必要

スマートフォンを持ち運ぶ必要がないので、身軽な状態で、音楽を楽しみながら走ることができます。

●各モデル比較

機能 / 商品名

ForeAthlete 55


ForeAthelte 745

Forerunner 255S

Forerunner 255S Music

Forerunner 255

Forerunner 255 Music


Forerunner 955

Forerunner 955 Dual Power
音楽保存可能数最大 500 曲最大 650 曲最大 500 曲最大 2,000 曲最大 2,000 曲

[特徴6]トレーニングレディネス

睡眠の質、リカバリータイム、トレーニング負荷などに基づいて、『今日はハードなトレーニングを行うべきか』、『それとも休息を与えるべきか』を知ることができる機能です。

身体が回復していないのに、無理にランニングしたことで、より疲労が溜まってしまうことを避けることができます。

●各モデル比較

機能 / 商品名

ForeAthlete 55


ForeAthelte 745

Forerunner 255S

Forerunner 255S Music

Forerunner 255

Forerunner 255 Music


Forerunner 955

Forerunner 955 Dual Power
トレーニングレディネス

[特徴7]リアルタイムスタミナ

日々の運動量を記録して管理することで、次回のランニング開始時に過負荷にならないようにサポートする機能です。

(あなたの)残りスタミナが表示されるので、フルマラソンでスタミナ切れを防ぐためのペース配分に役立ちます。

●各モデル比較

機能 / 商品名

ForeAthlete 55


ForeAthelte 745

Forerunner 255S

Forerunner 255S Music

Forerunner 255

Forerunner 255 Music


Forerunner 955

Forerunner 955 Dual Power
リアルタイムスタミナ

[特徴8]ランニングダイナミクス

ランニングダイナミクスポッドを使用することで、ピッチ、 スライド(歩幅)、接地時間など、ランニングフォームの分析に必要なデータが計測できます。

下記が、計測可能なデータです。

ピッチ1分あたりの左右合計歩数で、目安は1分間で180歩とされている
ストライド(歩幅)1歩あたりの歩幅で、フォームを確認するための基本情報
接地時間ランニング中に足が地面についている時間
左右接地時間どちらの足の接地時間が長いかを表示します。左右対称的なフォームが望ましい
上下動ランニング中の各ステップの「弾み」の量を測定

例えば、これらのデータから読み取れるものとして、「ピッチが早く、ストライドが短いといった場合、足首や膝にかかる負担が小さいので、ケガのリスクを減らすことができる」といった事実を知ることができます。

逆に、ケガのリスクが増える数値が計測されれば、ランニングフォームを見直す必要があることが分かります。

このように、この機能を使えば、ランニングフォームを改善することができる、便利な機能です。

●各モデル比較

機能 / 商品名

ForeAthlete 55


ForeAthelte 745

Forerunner 255S

Forerunner 255S Music

Forerunner 255

Forerunner 255 Music


Forerunner 955

Forerunner 955 Dual Power
ランニングダイナミクス
(RDP※使用時)

(RDP※使用時)

(RDP※使用時)

(RDP※使用時)

(RDP※使用時)

(RDP※使用時)

(RDP※使用時)
※RDP=ランニングダイナミクスポッド

[特徴9]Vo2Maxの算出

Vo2maxとは、1分間に体重1kgあたりに、体内に取り込むことができる酸素の量のことです。

Vo2maxが低ければパフォーマンスレベルが低く、高ければ高いほどパフォーマンスレベルが高い、要は「長時間走るだけの能力がある」という指標になります。

下記が、年齢別(男性)Vo2Maxの目安です。

目安 / 年齢別20〜29歳30〜39歳40〜49歳50〜59歳60〜69歳
極めて優秀
(上位5%)
55.45452.548.945.7
かなり高い
(上位5〜20%)
51.148.346.443.439.5
高い
(上位21〜40%)
45.44442.439.235.5
標準
(上位41〜60%)
41.740.538.535.632.3
低い
(60%未満)
< 41.7< 40.5< 38.5< 35.6< 32.3

仮に、28歳でVo2maxが「56」と表示されれば、高いパフォーマンスレベルを維持できていることが分かります。

ランニング・マラソンにおいて、「酸素」はエネルギーを生成する上で欠かせないものなので、より多くの酸素を取り込む力を確認できる優れたツールです。

●各モデル比較

機能 / 商品名

ForeAthlete 55


ForeAthelte 745

Forerunner 255S

Forerunner 255S Music

Forerunner 255

Forerunner 255 Music


Forerunner 955

Forerunner 955 Dual Power
VO2Max・レース予想タイム

[特徴10]トライアスロン

現在、トライアスロンのトレーニングを積んでいる人、もしくは将来、トライアスロンに出場したい人向けの機能です。

1つのポタンで「スイム」、「バイク」、「ラン」のトランジションの切り替えが可能なので、スムーズにデータを計測できます。

●各モデル比較

機能 / 商品名

ForeAthlete 55


ForeAthelte 745

Forerunner 255S

Forerunner 255S Music

Forerunner 255

Forerunner 255 Music


Forerunner 955

Forerunner 955 Dual Power
トライアスロン

ランニングウォッチの選び方

続いて、ウォッチを選ぶ際のポイントを見ていきます。

[選び方1]防水性能

マラソン大会は、雨天決行(台風のような自然災害以外)です。

なので、長時間、水(汗)に濡れても壊れない防水性能が求められます。

今回、紹介するモデルは全て防水等級「5 ATM、スイム」で、水深50mに相当する圧力に対応しています。

主には、下記の状態で使用する分には、壊れません。

  • 水しぶき
  • 雨または雪
  • シャワー
  • スイミング
  • 水中への飛び込み
  • シュノーケリング

逆に、使用できない場面は「高速でのウォータースポーツ」や「スキューバダイビング」なので、フルマラソン、トライアスロンで使用する分には、どのモデルを選んでもOKです。

[選び方2]稼働時間

「フル充電時にどれくらいバッテリーが持つのか」、これも確認しましょう。

フルマラソンに出場する場合、制限時間が5〜7時間なので、仮に、制限時間ギリギリまで走っていたとしても、バッテリーが最後まで持つかが重要です。

また、ウルトラマラソン(42.195km以上の大会)やトライアスロンで使用される方は、フルマラソンより長い時間、稼働していることが好ましいです。

24時間以内に完走する大会に出場される場合は問題ありませんが、それ以上の時間を要する大会に出場される場合は、「Forerunner 955 Dual Power」のようにソーラー充電できるモデルを選択すると安心です。

最後に、稼働時間を見る際は、GPSモードの稼働時間を見ましょう。

ランニング時はGPSモードで使用するので、間違ってスマートウォッチモードの稼働時間を見てはダメです。

●各モデル比較

機能 / 商品名

ForeAthlete 55


ForeAthelte 745

Forerunner 255S

Forerunner 255S Music

Forerunner 255

Forerunner 255 Music


Forerunner 955

Forerunner 955 Dual Power
稼働時間
(GPSモード)
20時間16時間26時間26時間30時間30時間42時間42時間 +ソーラー充電で約7時間

[選び方3]軽さ

ウォッチ本体の重さも重要です。

腕振りに影響を与えない、軽量なモデルを選ぶと快適です。

フルマラソンとなれば、数時間装着し続けるため、疲労を考慮したウォッチを選ぶ必要があります。

「ForeAthlete 55」「Forerunner 255S / 255S Music」は共に30g台と、女性に優しい軽量モデルなので、着けていることを忘れるくらいの装着感が良い方におすすめです。

●各モデル比較

機能 / 商品名

ForeAthlete 55


ForeAthelte 745

Forerunner 255S

Forerunner 255S Music

Forerunner 255

Forerunner 255 Music


Forerunner 955

Forerunner 955 Dual Power
重量37g47g39g39g49g49g53g53g

[選び方4]音楽再生できるか

普段のランニングで音楽が欠かせない方におすすめの機能です。

これまではスマートフォンを持ちながら、もしくはポケットに入れたり、リュックウエストポーチを持ちながらのランだったと思います。

しかし、音楽モデルを購入することでスマートフォンを持ち運ぶことなく、音楽が楽しめます。

要は、手ぶらでランニングができるようになるという訳です。

[選び方5]Suica対応しているか

Suica対応モデルであれば、小銭やスマートフォン、カード等を持ち運ぶ必要がなくなります。

毎回のように、ランニング中にお金を使っている方に便利な機能です。

ガーミンおすすめのランニングウォッチ8選

商品名

ForeAthlete 55


ForeAthelte 745

Forerunner 255S

Forerunner 255S Music

Forerunner 255

Forerunner 255 Music


Forerunner 955

Forerunner 955 Dual Power
重量37g47g39g39g49g49g53g53g
タッチパネル
防水性能5ATM5ATM5ATM5ATM5ATM5ATM5ATM5ATM
稼働時間
(スマートウォッチ)
14日間7日間12日間12日間14日間14日間15日間15日間 +ソーラー充電で約5日間
稼働時間
(GPSモード)
20時間16時間26時間26時間30時間30時間42時間42時間 +ソーラー充電で約7時間
稼働時間
(GPS+音楽モード)
6時間5.5時間6.5時間8.5時間8.5時間
衛星測位システムGPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
マルチGNSSモード
心拍ゾーン
Garmin Pay / Suica
音楽保存可能数最大 500 曲最大 650 曲最大 500 曲最大 2,000 曲最大 2,000 曲
トレーニングレディネス
リアルタイムスタミナ
ランニングダイナミクス
(RDP※使用時)

(RDP※使用時)

(RDP※使用時)

(RDP※使用時)

(RDP※使用時)

(RDP※使用時)

(RDP※使用時)
VO2Max・レース予想タイム
トライアスロン
特徴【初心者】エントリーランナー向け【初心者〜中級者】ファンランナー向け【中級者】コンパクトなチャレンジランナー向け【中級者】コンパクトなチャレンジランナー向け【中級者】チャレンジランナー向け【中級者】チャレンジランナー向け【上級者】シリアスランナー向け【上級者】シリアスランナー向け
価格(税込)¥32,000¥49,280¥47,800¥50,800¥49,800¥52,800¥74,800¥84,800
発売日2021年6月2020年10月2022年6月2022年6月2022年6月2022年6月2022年6月2022年6月
公式HP詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
※別売りのランニングダイナミクスポッドが必要

ForeAthlete 55

参照 GARMIN公式サイト ForeAthlete 55

2021年6月17日に発売した、初心者ランナー向けモデル。

トレーニングのガイド機能とランニング機能を備えたフィットネスの目標達成を手助けしてくれるGPSランニングウォッチです。

GPS内蔵で、走っている場所を追跡し、距離、ペースなどを正確なデータを計測してくれます。

また、光学式心拍計が内蔵されているので、手首に装着するだけで心拍数を測定して、トレーニングの強度が把握できます。

他には、日々のストレスチェックや睡眠の質の分析、週間運動量の記録など日常生活の管理も24時間毎日行ってくれます。

これからランニングを始める方や初めてランニングウォッチを購入される方におすすめのウォッチです。

下記が主な機能です。

GPS内蔵
走っている場所を追跡し、距離、ペース、インターバルなどの正確な統計データを得ることができます。
光学式心拍計
心拍数を測定して、心拍ゾーンゲージでトレーニングの強度を把握できます。また、安静時に高い心拍数が続いたときにアラートでお知らせします。
GARMIN COACH
あなたのレベルと目標に合わせたトレーニングプランと専門のコーチからのアドバイスを受け取ることができます。
リカバリーアドバイザー
ワークアウトを行った後、リカバリーアドバイザー機能が次のアクティビティまで必要な休憩時間を伝えてくれます。
レース予想タイム
あなたのフィットネスレベルとトレーニング履歴を基に、レースの予想タイムを表示します。
フィットネス記録
外出中やトレーニングしている間も、歩数、ストレス、週間運動量などをトラッキングできます。
ストレスレベル
日々のストレスレベルを計測できます。ストレスが高いときには、リラックスリマインダーで心身のリラックスに最適なブレスワークを促します。
フィットネス年齢
年齢と運動の履歴、安静時心拍数、BMIまたは体脂肪率3から体の年齢を推定し、実年齢に対して体がどのくらい若いか、老いているかを確認できます。
呼吸数
ヨガの最中や、就寝中を含む一日を通した1分間あたりの呼吸数を追跡します。

ポイント

備わっている機能は中級者以上向けのものばかりなので、トライアスロンやランニング中に音楽を聞かない方はこのモデルがおすすめです

重量37g
タッチパネル
防水性能5ATM
稼働時間
(スマートウォッチ)
14日間
稼働時間
(GPSモード)
20時間
稼働時間
(GPS+音楽モード)
衛星測位システムGPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
マルチGNSSモード
心拍ゾーン
Garmin Pay / Suica
音楽保存可能数
トレーニングレディネス
リアルタイムスタミナ
ランニングダイナミクス
VO2Max・レース予想タイム
トライアスロン
特徴【初心者】エントリーランナー向け
価格(税込)¥32,000
発売日2021年6月
公式HP詳細を見る

ForeAthlete 745

参照 GARMIN公式サイト ForeAthlete 745

2020年10月に発売した、ファンランナー向け(初心者〜中級者)モデル。

詳細なトレーニングの統計やデバイス上でのワークアウトに加えて、スマートウォッチ機能を必要とするランナーやトライアスリート向けのウォッチです。

あらゆる環境に対応しており、長距離のランニング、起伏のある場所でのサイクリング、長時間(GPSモードで約16時間稼働)の水泳に対応できるように作られています。

また、新たに「乳酸閾値(LT値)」や「暑熱適応/高度適応」機能が搭載されています。

乳酸閾値(LT値)運動強度を徐々に高めて、血中の乳酸値が急に上昇し始める時の運動強度が乳酸閾値(LT値)です。LT値におけるペース・心拍数を把握することで、疲労回復、脂肪燃焼、レースペースメイキングを知るとともに、LT値自体の引き上げなど、目的に応じたランニング強度の適切なコントロールが可能です。
暑熱適応/高度適応VO2maxのデータをもとに、22度を超える暑さの中でのトレーニングや生活高度が800メートルを超える高地でのトレーニングにおいて自分のフィットネスやパフォーマンス状態が環境にどの程度適応しているかを表示する事ができます。

乳酸閾値(LT値)を超えると身体がキツくなり、ペースを維持することが難しくなります。

なので、自分の現状の「LT値」を知るとともに、「LT値」を向上させることをサポートする機能が搭載されています。

他には、音楽機能が内蔵(最大500曲保存可)されており、スマートフォンを持たずに音楽を聞くことができます。

さらに、Suicaに対応しているので、スマートフォンやお金を持ち歩かずにランニングを楽しむことができます。

下記が主な機能です。

トレーニング効果
有酸素および無酸素トレーニングの効果に関するフィードバックから、ワークアウトが持久力やスピード、体力にどのような影響を与えているか確認することができます。
内蔵スポーツアプリ
ランニング、トライアスロン、バイク、プールスイム、トラックランなどの内蔵されたアクティビティプロファイルを入手できます。
パフォーマンスコンディション
ランニング中のペース、心拍数、心拍変動を分析し、現在のパフォーマンス能力をリアルタイムで評価します。
ランニングダイナミクス
ForeAthlete 745を互換性のあるアクセサリーと併用すれば、上下動、上下動比、ストライドや接地時間、バランスなどの必要なランニングメトリックスを測定することができます。
ウォッチで音楽を再生
Spotify® 、 Amazon Music、LINE MUSIC などの一部のプレミアム音楽配信サービスからプレイリストを同期することができます。
血中酸素トラッキング
血中酸素トラッキングでは、血液中に取り込まれた酸素のレベルを手首で測定することができます。疲労と回復のパラメータにもなり、パフォーマンスやフィットネスレベルの向上、ウェルネスライフをサポートします。
Suica タッチ決済
Suica対応で、買い物や電車での移動もスムーズです。
※ForeAthlete 55以外の新機能のみ記載

ポイント

トライアスロンをする方、音楽を聞きたい方、Suicaを使いたい方におすすめです

重量47g
タッチパネル
防水性能5ATM
稼働時間
(スマートウォッチ)
7日間
稼働時間
(GPSモード)
16時間
稼働時間
(GPS+音楽モード)
6時間
衛星測位システムGPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
マルチGNSSモード
心拍ゾーン
Garmin Pay / Suica
音楽保存可能数最大 500 曲
トレーニングレディネス
リアルタイムスタミナ
ランニングダイナミクス〇(RDP※使用時)
VO2Max・レース予想タイム
トライアスロン
特徴【初心者〜中級者】ファンランナー向け
価格(税込)¥49,280
発売日2020年10月
公式HP詳細を見る
※別売りのランニングダイナミクスポッドが必要

Forerunner 255S

参照 GARMIN公式サイト Forerunner 255S

2022年6月16日に発売した、コンパクトなチャレンジランナー向け(中級者)モデル。

日常生活から日々のトレーニング、そしてレース本番まで、すべての“走る人”のための先進のトレーニング機能を搭載したGPSランニングウォッチです。

従来のモデルの光学式心拍計は4つのセンサーが内蔵されていましたが、今作から6つのセンサーにアップグレードされたことで更に精度高く、フィットネスアクティビティや心拍数の変動を測定し、ストレスレベルスコアを計算します。

また、朝起きた時に、睡眠、トレーニングの概要、HRVステータス(健康とトレーニングパフォーマンス)、天気などの情報を一目でチェックできるモーニングレポート機能が搭載されています。

さらに、長時間のバッテリー寿命になり、一度の充電でスマートウォッチモードで約12日間、GPSモードで約26時間稼働します。

ForeAthlete 55(37g)に次ぐ、39gの軽量な設計で、快適な走りをサポートするウォッチです。

下記が主な機能です。

モーニングレポート
朝起きた時に、睡眠、トレーニングの概要、HRVステータス、天気などの情報を一目でチェックできます。
多数のスポーツアプリ搭載
30以上の内蔵アクティビティに加えて、トライアスロンが新登場。レースやブリックワークアウトでは、ボタンを1回押すだけで次のアクティビティに移行できます。
レースウィジェット
コースの詳細、天気、パフォーマンスに基づいてトレーニングのヒントや完走時間の予測を行い、次のレースの準備ができます。
HRVステータス
自律神経状態の指標となる心拍変動を確認することで、 競技バフォーマンスの向上やケガを防ぐためのトレーニングプランをサポート。
おすすめワークアウト
トレーニングステータスやトレーニング負荷、 VO2 Max、 現在の回復状況に基づいて、おすすめのワークアウトを提案。
PACEPRO
コースをランニングする際に、レベルに合わせて調整されたガイダンスを利用してペースを保つのに役立ちます。
トレーニングステータス
HRVステータス、最近の運動履歴、パフォーマンスなどの指標を使用して、生産的にトレーニングしているか、ピークに達しているか、緊張しているかを簡単に把握できます。
短期的負荷
最近のワークアウトの強度を、あなたのフィットネスとトレーニング履歴に最適な範囲と比較します。
光学式心拍計
第4世代にパワーアップした光学式心拍計は4つのセンサーから6つのセンサーにアップグレードされ、その配置も調整されたことで更に精度高く、フィットネスアクティビティや心拍数の変動を測定し、ストレスレベルスコアを計算します。
※ForeAthlete 55、745以外の新機能のみ記載

ポイント

ForeAthlete 745同様の機能に加え、最新機能が搭載されており、かつ走行の妨げにならない軽さを求める方におすすめです

重量39g
タッチパネル
防水性能5ATM
稼働時間
(スマートウォッチ)
12日間
稼働時間
(GPSモード)
26時間
稼働時間
(GPS+音楽モード)
衛星測位システムGPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
マルチGNSSモード
心拍ゾーン
Garmin Pay / Suica
音楽保存可能数
トレーニングレディネス
リアルタイムスタミナ
ランニングダイナミクス〇(RDP※使用時)
VO2Max・レース予想タイム
トライアスロン
特徴【中級者】コンパクトなチャレンジランナー向け
価格(税込)¥47,800
発売日2022年6月
公式HP詳細を見る
※別売りのランニングダイナミクスポッドが必要

Forerunner 255S Music

参照 GARMIN公式サイト Forerunner 255S Music

2022年6月16日に発売した、コンパクトなチャレンジランナー向け(中級者)モデル。

Forerunner 255Sの機能に加え、音楽機能搭載のウォッチです。

Spotify、Amazon Music、LINE MUSICなどの音楽配信サービスからプレイリスト同期し、最大650曲をウォッチに保存できます。

ポイント

Forerunner 255Sと同様の機能に加え、音楽を聞きながらランニングしたい方はForerunner 255S Musicがおすすめです

重量39g
タッチパネル
防水性能5ATM
稼働時間
(スマートウォッチ)
12日間
稼働時間
(GPSモード)
26時間
稼働時間
(GPS+音楽モード)
5.5時間
衛星測位システムGPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
マルチGNSSモード
心拍ゾーン
Garmin Pay / Suica
音楽保存可能数最大 650 曲
トレーニングレディネス
リアルタイムスタミナ
ランニングダイナミクス〇(RDP※使用時)
VO2Max・レース予想タイム
トライアスロン
特徴【中級者】コンパクトなチャレンジランナー向け
価格(税込)¥50,800
発売日2022年6月
公式HP詳細を見る
※別売りのランニングダイナミクスポッドが必要

Forerunner 255

参照 GARMIN公式サイト Forerunner 255

2022年6月16日に発売した、チャレンジランナー向け(中級者)モデル。

Forerunner 255Sと同様の機能が備わっています。

違う点は、重量で、255Sは39gに対して、本製品は49gあります。

また、稼働時間も255Sより長いため、1回の充電でより長く使用する際におすすめのウォッチです。

ポイント

Forerunner 255Sより10g重いですが、その分、稼働時間が長いため、ウルトラマラソンやトライアスロンなど長時間のワークアウトをしたい方におすすめです

重量49g
タッチパネル
防水性能5ATM
稼働時間
(スマートウォッチ)
14日間
稼働時間
(GPSモード)
30時間
稼働時間
(GPS+音楽モード)
衛星測位システムGPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
マルチGNSSモード
心拍ゾーン
Garmin Pay / Suica
音楽保存可能数
トレーニングレディネス
リアルタイムスタミナ
ランニングダイナミクス〇(RDP※使用時)
VO2Max・レース予想タイム
トライアスロン
特徴【中級者】チャレンジランナー向け
価格(税込)¥49,800
発売日2022年6月
公式HP詳細を見る
※別売りのランニングダイナミクスポッドが必要

Forerunner 255 Music

参照 GARMIN公式サイト Forerunner 255 Music

2022年6月16日に発売した、チャレンジランナー向け(中級者)モデル。

Forerunner 255の機能に加え、音楽機能搭載のウォッチです。

Spotify、Amazon Music、LINE MUSICなどの音楽配信サービスからプレイリスト同期し、最大500曲をウォッチに保存できます。

ポイント

Forerunner 255と同様の機能に加え、音楽を聞きながらランニングしたい方はForerunner 255 Musicがおすすめです

重量49g
タッチパネル
防水性能5ATM
稼働時間
(スマートウォッチ)
14日間
稼働時間
(GPSモード)
30時間
稼働時間
(GPS+音楽モード)
6.5時間
衛星測位システムGPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
マルチGNSSモード
心拍ゾーン
Garmin Pay / Suica
音楽保存可能数最大 500 曲
トレーニングレディネス
リアルタイムスタミナ
ランニングダイナミクス〇(RDP※使用時)
VO2Max・レース予想タイム
トライアスロン
特徴【中級者】チャレンジランナー向け
価格(税込)¥52,800
発売日2022年6月
公式HP詳細を見る
※別売りのランニングダイナミクスポッドが必要

Forerunner 955

参照 GARMIN公式サイト Forerunner 955

2022年6月16日に発売した、全ての機能が備わったシリアスランナー向け(上級者)モデル。

GPSや心拍数などの基本機能に加え、ランニングフォームの分析やミュージックプレイヤー内蔵と、機能が盛りだくさん。

Forerunner 955では、新たにフルカラーの内蔵地図とタッチ操作に対応し、市街地でも山道でも安心してランニングを楽しめます。

また、Forerunnerシリーズ最長のバッテリーを誇り、一度の充電で、スマートウォッチモードで約15日間、GPSモードで約42時間稼働します。

Suicaタッチ決済や音楽を最大2,000曲をウォッチに保存できるなど、最上級のウォッチです。

下記が主な機能です。

トレーニングレディネス
睡眠の質、リカバリータイム、トレーニング負荷などに基づいて、今日はトレーニングを頑張る日なのか、それとも休息のために気楽に過ごす日なのかを知ることができます。
リアルタイムスタミナ
運動量を記録して管理することで、ランニングや活動の開始時に過負荷にならないようにします。
トレーニングステータス
パーソナルトレーナーのように、日々のトレーニングの成果やトレーニング強度についてアドバイス。
レースウィジェット
コースの詳細、天気、バフォーマンスに基づいて、次のレースのトレーニングのアドバイスとフィニッシュタイム予測を表示。
ランニングパワー
風などの環境要因も考慮した自分の馬力を確認できるので、 高度なパワートレーニングに役立つ。
フルカラー地図を内蔵
市街地でも山道でも、フルカラーの内蔵地図を見ながら安心して走ることができます。
コースナビゲーション
ターンバイターン方式の経路案内を利用できます。次の曲がり角が来るときに事前にお知らせします。
ラウンドトリップルーティング
その地域で人気のあるランニングルートを簡単に見つけることができます。 走りたい距離を入力するだけで、出発点からゴール地点に戻る一周コースをウォッチが提案します。
ClimbPro機能
傾斜や距離、標高の上昇を含めた今現在とこれからのクライムに関するリアルタイム情報が表示されます。
※ForeAthlete 55、745、Forerunner 255以外の新機能のみ記載

ポイント

すべての機能が搭載されたモデルが欲しい方におすすめです

重量53g
タッチパネル
防水性能5ATM
稼働時間
(スマートウォッチ)
15日間
稼働時間
(GPSモード)
42時間
稼働時間
(GPS+音楽モード)
8.5時間
衛星測位システムGPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
マルチGNSSモード
心拍ゾーン
Garmin Pay / Suica
音楽保存可能数最大 2,000 曲
トレーニングレディネス
リアルタイムスタミナ
ランニングダイナミクス〇(RDP※使用時)
VO2Max・レース予想タイム
トライアスロン
特徴【上級者】シリアスランナー向け
価格(税込)¥74,800
発売日2022年6月
公式HP詳細を見る
※別売りのランニングダイナミクスポッドが必要

Forerunner 955 Dual Power

参照 GARMIN公式サイト Forerunner 955 Dual Power

2022年6月16日に発売した、全ての機能が備わったシリアスランナー向け(上級者)モデル。

Forerunner 955の機能に加え、ソーラー充電機能が搭載されたウォッチです。

ウォッチを太陽に当てるとバッテリーが充電され、スマートウォッチモードで約20日間、GPSモードで約49時間稼働します。

これにより、 バッテリー残量を心配することなく、アクティビティをこれまで以上に長く、楽しむことができます。

ポイント

ウルトラマラソンのような、長時間のレースに出場される方におすすめです

重量53g
タッチパネル
防水性能5ATM
稼働時間
(スマートウォッチ)
15日間 +ソーラー充電で約5日間
稼働時間
(GPSモード)
42時間 +ソーラー充電で約7時間
稼働時間
(GPS+音楽モード)
8.5時間
衛星測位システムGPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
マルチGNSSモード
心拍ゾーン
Garmin Pay / Suica
音楽保存可能数最大 2,000 曲
トレーニングレディネス
リアルタイムスタミナ
ランニングダイナミクス〇(RDP※使用時)
VO2Max・レース予想タイム
トライアスロン
特徴【上級者】シリアスランナー向け
価格(税込)¥84,800
発売日2022年6月
公式HP詳細を見る
※別売りのランニングダイナミクスポッドが必要

まとめ

今回は、ガーミンおすすめのランニングウォッチをご紹介しました。

改めて、おさらいです。

商品名

ForeAthlete 55


ForeAthelte 745

Forerunner 255S

Forerunner 255S Music

Forerunner 255

Forerunner 255 Music


Forerunner 955

Forerunner 955 Dual Power
重量37g47g39g39g49g49g53g53g
タッチパネル
防水性能5ATM5ATM5ATM5ATM5ATM5ATM5ATM5ATM
稼働時間
(スマートウォッチ)
14日間7日間12日間12日間14日間14日間15日間15日間 +ソーラー充電で約5日間
稼働時間
(GPSモード)
20時間16時間26時間26時間30時間30時間42時間42時間 +ソーラー充電で約7時間
稼働時間
(GPS+音楽モード)
6時間5.5時間6.5時間8.5時間8.5時間
衛星測位システムGPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
GPS
みちびき
GLONASS
Gallileo
マルチGNSSモード
心拍ゾーン
Garmin Pay / Suica
音楽保存可能数最大 500 曲最大 650 曲最大 500 曲最大 2,000 曲最大 2,000 曲
トレーニングレディネス
リアルタイムスタミナ
ランニングダイナミクス
(RDP※使用時)

(RDP※使用時)

(RDP※使用時)

(RDP※使用時)

(RDP※使用時)

(RDP※使用時)

(RDP※使用時)
VO2Max・レース予想タイム
トライアスロン
特徴【初心者】エントリーランナー向け【初心者〜中級者】ファンランナー向け【中級者】コンパクトなチャレンジランナー向け【中級者】コンパクトなチャレンジランナー向け【中級者】チャレンジランナー向け【中級者】チャレンジランナー向け【上級者】シリアスランナー向け【上級者】シリアスランナー向け
価格(税込)¥32,000¥49,280¥47,800¥50,800¥49,800¥52,800¥74,800¥84,800
発売日2021年6月2020年10月2022年6月2022年6月2022年6月2022年6月2022年6月2022年6月
公式HP詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
※別売りのランニングダイナミクスポッドが必要

どのモデルを選んでも、GPS機能、心拍計測、防水、フルマラソンも安心の稼働時間の機能は揃っています。

あとは、

「音楽を聞きながら走りたい」
「お金を持たずに走りたい」
「トライアスロンでも使いたい」

など、あなたの目的に合わせて選んでみてください。

これからランニング・マラソンを始める方は、今回紹介した7種類から選べば失敗することはないでしょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

以上、ガーミンおすすめのランニングウォッチのご紹介でした。

各ブランド記事はこちら
Garmin(ガーミン)
SUUNTO(スント)
POLAR(ポラール)

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れをまとめました。

初めてフルマラソン出場する方を対象に、下記の内容が分かります。

  • マラソン大会の選び方
  • 購入すべきランニンググッズ
  • 完走するためのトレーニング方法
  • レース前日や当日の過ごし方

▼詳しくはこちら
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間2,500km走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 4:06:27(第32回ぐんまマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
フルマラソン完走を目指す方におすすめのサプリメント「カツサプ」

カツサプは「乳酸をエネルギーに変換」「筋肉痛の軽減」「足つりの軽減」を実感できる画期的なサプリメントです。

主に、『ここ一番で力を発揮したい』、フルマラソン本番時に摂取することを目的に作られています。

「フルマラソン初完走を目指す方」「記録更新を狙う方」におすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA