ランニングウォッチ

【2021年版】ポラールおすすめスマートウォッチ6選!各モデル徹底比較!

POLAR(ポラール)おすすめのスマートウォッチってどれですか?

そんな疑問にお答えします。

POLAR(ポラール)のスマートウォッチは、多くのランナーが使用している人気ブランドです。

ちなみに、POLAR(ポラール)は、フィンランドの心拍計のメーカーです。

なので、心拍数をもとにトレーニング効果を算出することに長けたスマートウォッチを販売しています。

そんなPOLAR(ポラール)では、ランニング(ランナー)向けに、様々なモデルのスマートウォッチを販売しています。

日々のトレーニングプランを作成する初心者向けからトライアスロン対応の本格的なものまで、様々です。

なので、余計にどのモデルを選べばいいか迷いますよね!?

そこで、今回は、「POLAR(ポラール)おすすめのスマートウォッチ」についてご紹介します。

今後の目標によって、選ぶモデルが変わってくるので、あなたがどのポジションにいるのか認識した上でご覧ください。

今回は、下記の4つに分けています。

スマートウォッチを選ぶ際のポイント

●心拍計測で回復状況を把握【初心者向け】
POLAR M430

●パフォーマンス向上に必要なデータ提供【中級者向け】
POLAR VANTAGE M

●トライアスロンのトレーニング向け【中・上級者向け】
POLAR VANTAGE V
POLAR VANTAGE V TITAN

●自己記録の更新・レベルアップをサポート【上級者向け】
POLAR VANTAGE M2

●Polarのノウハウをすべて搭載した最上級【上級者向け】
POLAR VANTAGE V2

購入を検討されている方、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、見ていきましょう。

POLAR(ポラール)おすすめのスマートウォッチ6選

今回紹介するスマートウォッチは、全てGPS付きなので、自動でペース、距離を算出してくれます。

また、一番短い稼働時間でも8時間と、全てのモデルフルマラソン対応しております。

それでは、今回紹介する基本データです。

商品名 GPS 稼働時間 防水機能 重量 価格(税込) 音楽
POLAR M430 SiRFInstantFix™ 8時間 水泳が可能 51 g ¥ 22,880 非対応
POLAR VANTAGE M GPS、GLONASS、Galileo、QZSS 30時間 水深30m対応(水泳可能) 45 g ¥ 39,380 非対応
POLAR VANTAGE V GPS・GLONASS・Galileo・QZSS 40時間 水深50m対応(水泳可能) ‎66 g ¥ 76,780 非対応
POLAR VANTAGE V TITAN GPS、GLONASS、Galileo、QZSS 40時間 水深50m対応(水泳可能) ‎59 g ¥ 87,780 非対応
POLAR VANTAGE M2 GPS、GLONASS、Galileo、QZSS 30時間 水深30m対応(水泳可能) ‎45.5 g ¥ 43,780 対応
POLAR VANTAGE V2 GPS、GLONASS、Galileo、QZSS 40時間 水深100m対応(水泳可能) ‎52 g ¥ 76,780 対応

※稼働時間は、GPSを起動したトレーニング時の時間です。

※GPSは、GLONASS(ロシア)、Galileo(ヨーロッパ)、QZSS(日本)のそれぞれの衛星測位システムで、GPSなどの衛星測位サービスと連携することにより高い測位精度を発揮します。

※音楽は、音楽コントロール機能で、音量を調整することができます。

心拍計測で回復状況を把握【初心者向け】

POLAR M430

距離やペースなどが計測できるGPS付きウォッチ「POLAR M430」。

心拍計が内蔵されているため、手首から心拍数を計測できます。

心拍数を測定する目的として、日々のトレーニングの成果を知ることができます。

下記が、心拍数によるトレーニング効果の目安です。

心拍数値 強度 / 効果
心拍数97 運動前のウォーミングアップ
心拍数117 心地いいペースで脂肪燃焼率が最高の心拍ゾーン
心拍数135 ややキツイ強度で持久力の向上に適したゾーン
心拍数169 強度が高く、スピード能力の向上に適したゾーン
心拍数178 全速力に近い強度で最大酸素摂取量の向上に適したゾーン

このように、心拍数を確認することで、自分が今どのような状態か確認することができます。

「M430」の主な機能は、下記の通りです。

主な機能

・自分の目標に向けたトレーニングプラン作成

・24時間365日の心拍計測で回復状況を解明

・燃焼したカロリーを継続的に記録

・VO2max(最大酸素摂取量)を計測

・次のトレーニングまでにどれだけ回復したら良いかを確認

・睡眠の時間、質を検出し、パフォーマンスを向上の後押し

・1日の活動を記録

・トレーニング直後にトレーニング効果をフィードバック

主な機能のひとつに、VO2max(最大酸素摂取量)を計測することができます。

VO2maxとは、1分間に体重1キロあたり取り込むことができる酸素の量で、VO2maxが高ければ高いほど長時間走ることができる指標になります。

他には、心拍のデータをもとに、次のトレーニングまでにどのくらい回復したらいいか、その回復に必要な睡眠のタイミングなど、パフォーマンスをサポートする機能が盛り込まれています。

こんな方におすすめ

フルマラソンに挑戦する方、ランニング後の健康面までサポートをして欲しい方におすすめです。

GPS SiRFInstantFix™
稼働時間 8時間
防水機能 水泳が可能
重量 51 g
価格 ¥ 22,880
音楽 非対応

※稼働時間は、GPSを起動したトレーニング時の時間です。

パフォーマンス向上に必要なデータ提供【中級者向け】

POLAR VANTAGE M

「POLAR M430」に比べ、より高性能な心拍計が備わったGPS付きランニングウォッチ「POLAR Vantage M」。
「POLAR M430」の機能は全てで搭載されています。

心拍計測の正確性が向上したことで、身体の疲労度を把握しやすく、トレーニングの強度の調整が可能となりました。

また、今作から、より精度の高い衛星測位システム(GLONASS(ロシア)、Galileo(ヨーロッパ)、QZSS(日本))を使用し、質のの高いトレーニングデータが集計可能

樹木、山、高層ビルなど、GPSを受信しづらい環境下でも、より早く衛星を補足し、より正確な走行距離を算出してくれます。

「POLAR VANTAGE M」の主な機能は、下記の通りです。

主な機能

・トレーニングによる身体の疲労度を確認

・日中の負荷から、どれだけ夜間に回復できたかを確認

・睡眠ステージをフォローし、睡眠の質を細かく分析

・動せずにたった5分でフィットレベルのテストが可能

・あなたの回復状況やトレーニング履歴からトレーニングで活用できるテンプレートを作成

※「POLAR M430」では搭載されていない新機能のみ記載。

ハーフマラソン、フルマラソンなどの目標達成に向け、現状のあなたのトレーニング方法が正しいのかを知ることができます。

トレーニング量が「多すぎるのか」、または「不足しているのか」、「適切なのか」、これらを知るだけでトレーニングをより効果的なものにしてくれます。

また、夜間に「POLAR Vantage M」に着用し、一晩のデータを測定することで、睡眠状態の改善方法をアドバイスしてくれます。

こんな方におすすめ

トレーニングによる疲労度や回復状況など、パフォーマンス向上に必要なデータを計測したい方におすすめです。

GPS GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
稼働時間 30時間
防水機能 水深30m対応(水泳可能)
重量 45 g
価格 ¥ 39,380
音楽 非対応

※稼働時間は、GPSを起動したトレーニング時の時間です。

※GPSは、GLONASS(ロシア)、Galileo(ヨーロッパ)、QZSS(日本)のそれぞれの衛星測位システムで、GPSなどの衛星測位サービスと連携することにより高い測位精度を発揮します。

トライアスロンのトレーニング向け【中・上級者向け】

POLAR Vantage V

プロアスリートのようなトレーニングに臨む方のために設計されたトライアスロン対応の「POLAR Vantage V」。

防水加工を施し、バッテリー稼働時間も40時間と、長時間走り続けるトライアスロンに適したモデルとなります。

「POLAR Vantage V」の主な機能は、下記の通りです。

主な機能

・身体の回復状態を確認し、フィードバックを受けることができる

※「POLAR M430」「POLAR VANTAGE M」では搭載されていない新機能のみ記載。

一番の特徴は、日々のトレーニングを効率よく行うためのリカバリーケアのフィードバックを受けることができます。

ケガのリスクを軽減させる目的で、身体がトレーニングに向けて万全の準備ができているか確認。

また、心拍数のデータから、筋肉への負荷(トレーニング セッションによる関節と筋肉・骨格系への負荷)を算出します。

これにより、日々のトレーニングの負荷をコントロールすることができます。

こんな方におすすめ

身体のリカバリーケア機能が搭載された、トライアスロンやフルマラソンなど強度の高いトレーニングをする方におすすめです。

GPS GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
稼働時間 40時間
防水機能 水深50m対応(水泳可能)
重量 66 g
価格 ¥ 76,780
音楽 非対応

※稼働時間は、GPSを起動したトレーニング時の時間です。

※GPSは、GLONASS(ロシア)、Galileo(ヨーロッパ)、QZSS(日本)のそれぞれの衛星測位システムで、GPSなどの衛星測位サービスと連携することにより高い測位精度を発揮します。

POLAR Vantage V Titan

先ほど紹介した「POLAR Vantage V」とは同じ機能ですが、チタン製ケースの使用でより軽量化されたモデルの「POLAR Vantage V Titan」。

「POLAR Vantage V」は重量66gに対し、「POLAR Vantage V Titan」は59gと、7gも軽くなっています。

たった7gかもしれませんが、常に腕を振り続けるランニングにおいて、軽量なほうが負担も軽く、快適でしょう。

こんな方におすすめ

腕にかかる負担を減らしたい方、トライアスロンやフルマラソンなど強度の高いトレーニングをする方におすすめです。

GPS GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
稼働時間 40時間
防水機能 水深50m対応(水泳可能)
重量 59 g
価格 ¥ 87,780
音楽 非対応

※稼働時間は、GPSを起動したトレーニング時の時間です。

※GPSは、GLONASS(ロシア)、Galileo(ヨーロッパ)、QZSS(日本)のそれぞれの衛星測位システムで、GPSなどの衛星測位サービスと連携することにより高い測位精度を発揮します。

自己記録の更新・レベルアップをサポート【上級者向け】

POLAR VANTAGE M2

2020年11月に発売した最新モデルで、自己記録の更新やレベルアップをサポートする「POLAR VANTAGE M2」。

「POLAR VANTAGE M」が進化し、ランニング中の手助けとなる「栄養補給リマインダー機能」や日常の手助けとなる「天気」「音楽コントロール機能」など、さまざまな機能が追加されています。

「POLAR Vantage M2」の主な機能は、下記の通りです。

主な機能

・トレーニングによる負荷が身体のどの部位に影響をもたらしているか確認できる

・トレーニング中にどのエネルギーを消費したのかを確認できる

・定期的に栄養補給するタイミングをお知らせ

・トレーニング履歴や予定をすべて表示

・画面からプレイリストの操作や音量の調整ができる

・現在の天気、翌2日間の天気予報を確認

※「POLAR M430」「POLAR VANTAGE M」「POLAR Vantage V」では搭載されていない新機能のみ記載。

トレーニング後の心拍数データを元に、心血管系に与える負荷を計測します。

これにより、主観的な疲労具合とデータから読み取る疲労度が確認できるため、今後のトレーニングの強度を調整することができます。

また、炭水化物、たんぱく質、脂質別にエネルギー消費量が確認できるため、どの栄養を重点的に補給すればよいかが確認できます。

他にも、定期的に水分補給のタイミングを知らせてくれたり、日々のトレーニング履歴が確認できるなど、トレーニングする上で必要なサポートを腕から発信してくれるアイテムとなっています。

こんな方におすすめ

現在の天気が確認できたり、音楽のプレイリスト操作や音量の調整など、日常生活でも使用したい方におすすめです。

GPS GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
稼働時間 30時間
防水機能 水深30m対応(水泳可能)
重量 45 g
価格 ¥ 43,780
音楽 対応

※稼働時間は、GPSを起動したトレーニング時の時間です。

※GPSは、GLONASS(ロシア)、Galileo(ヨーロッパ)、QZSS(日本)のそれぞれの衛星測位システムで、GPSなどの衛星測位サービスと連携することにより高い測位精度を発揮します。

※音楽とは、音楽コントロール機能で、音量を調整することができます。

Polarのノウハウをすべて搭載した最上級【上級者向け】

POLAR VANTAGE V2

Polarのノウハウをすべて搭載した最上級モデル「POLAR VANTAGE V2」。

GPS、心拍計測、防水、40時間の稼働時間、音楽コントロール機能など、どんなトレーニングにも対応した万能ウォッチ。

「POLAR VANTAGE V2」の主な機能は、下記の通りです。

主な機能

・日々のランニングの進捗状況を追跡

・脚力が高強度トレーニングに向けて準備が整っているか知ることができる

・ナビゲーション機能

・大会に向け、最適なトレーニングプランを作成

・カラータッチディスプレイ

※「POLAR M430」「POLAR VANTAGE M」「POLAR Vantage V」「POLAR VANTAGE M2」では搭載されていない新機能のみ記載。

一番の特徴は、自分のトレーニングの進捗状況が確認、追跡してくれる「ランニングテスト」機能。

定期的にテストを行うことで、効率よくトレーニングでき、パフォーマンスの変化を確認することができます。

また、機材は一切使わずに、脚力が次のトレーニングに向けて回復・準備ができているのか知ることができます。

他には、大会に向け、最適なトレーニングプランを作成。

トレーニングごとにガイダンスを提供し、「ペースを落とすべきか」「もう少しペースアップしたほうがよい」など、あなたの目標に合ったトレーニングを提供してくれます。

こんな方におすすめ

フルマラソンに向けて効率よくトレーニングプラン、最適なトレーニングメニューを作成してくれるなど、全てのサポートをして欲しい方におすすめです。

GPS GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
稼働時間 40時間
防水機能 水深100m対応(水泳可能)
重量 52 g
価格 ¥ 76,780
音楽 対応

※稼働時間は、GPSを起動したトレーニング時の時間です。

※GPSは、GLONASS(ロシア)、Galileo(ヨーロッパ)、QZSS(日本)のそれぞれの衛星測位システムで、GPSなどの衛星測位サービスと連携することにより高い測位精度を発揮します。

※音楽とは、音楽コントロール機能で、音量を調整することができます。

POLAR(ポラール)おすすめのランニングウォッチまとめ

今回は、「POLAR(ポラール)おすすめのランニングウォッチ」についてご紹介しました。

改めて、おさらいです。

商品名 GPS 稼働時間 防水機能 重量 価格(税込) 音楽
POLAR M430 SiRFInstantFix™ 8時間 水泳が可能 51 g ¥ 22,880 非対応
POLAR VANTAGE M GPS、GLONASS、Galileo、QZSS 30時間 水深30m対応(水泳可能) 45 g ¥ 39,380 非対応
POLAR VANTAGE V GPS・GLONASS・Galileo・QZSS 40時間 水深50m対応(水泳可能) ‎66 g ¥ 76,780 非対応
POLAR VANTAGE V TITAN GPS、GLONASS、Galileo、QZSS 40時間 水深50m対応(水泳可能) ‎59 g ¥ 87,780 非対応
POLAR VANTAGE M2 GPS、GLONASS、Galileo、QZSS 30時間 水深30m対応(水泳可能) ‎45.5 g ¥ 43,780 対応
POLAR VANTAGE V2 GPS、GLONASS、Galileo、QZSS 40時間 水深100m対応(水泳可能) ‎52 g ¥ 76,780 対応
スマートウォッチを選ぶ際のポイント

●心拍計測で回復状況を把握【初心者向け】
POLAR M430

●パフォーマンス向上に必要なデータ提供【中級者向け】
POLAR VANTAGE M

●トライアスロンのトレーニング向け【中・上級者向け】
POLAR VANTAGE V
POLAR VANTAGE V TITAN

●自己記録の更新・レベルアップをサポート【上級者向け】
POLAR VANTAGE M2

●Polarのノウハウをすべて搭載した最上級【上級者向け】
POLAR VANTAGE V2

どのモデルを選んでも、GPS機能、心拍計測、防水、フルマラソンも安心の稼働時間の機能は揃っています。

あとは、

「疲労回復のサポートしてほしい」
「自己記録の更新・レベルアップしたい」
「トライアスロンでも使いたい」

など、あなたの目的に合わせて選んでみてください。

これからランニング・マラソンを始める方は、今回紹介した6種類から選べば失敗することはないでしょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

以上、「POLAR(ポラール)おすすめのランニングウォッチ」をご紹介でした。

【2021年】おすすめのランニングウォッチ16選とその選び方

【2021年版】おすすめランニングシューズ27選

メンズおすすめランニングウェア5選

ランニング・ジョギング時におすすめの持ち物13選

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA