【ゼビオお買い得情報】ニューバランス対象商品30%OFF(2023/2/5 23:59まで)

ランニングの基本的マナー!知っておくべきの9つのルール

yusuke saito

最近、ランニングを始めた方、もしくはこれからランニングを始める方必見です。

この記事では、初心者が知っておくべきランニングマナーをご紹介します。

道路や公園、河川敷など外でランニングを行う以上、他の人の迷惑にならないように走るのは絶対です。

特に、人や車が通らない田舎道ではなく、人通りの多い道で走る人こそ、今回のマナーは意識しましょう。

ランニングの基本的マナー9選

【マナー①】追い越す際は前後を確認する

目の前にいる歩行者やランナーを追い越す際は、前後を確認してから抜かしましょう。

急に左右に移動すると、前後から来た自転車やあなたより速いランナーと接触する可能性が出てきます。

特に、タイムトライアル※など、しっかりタイムを計測しているときこそ要注意です。

※5kmや10kmなど特定の距離を全力で走り、現在の実力を測るトレーニング方法

タイムトライアルでは(タイムを測るため、)一度も立ち止まりたくないので、自分勝手になりがちです。

ですが、あなただけの道ではないので、譲り合いの精神でランニングしましょう。

【マナー②】並列で走らない

グループ(2人以上)で走る際は、横に広がらず、道を開けて走りましょう。

話しながら走りたい気持ちは分かりますが、他のランナー、歩行者、自転車の邪魔になってしまいます。

もし、並列したい場合はランニングができる公園など、道幅の広いコースで行いましょう。

【マナー③】ルールに従う

公園や競技場、人気のランニングコースでは、独自のルールが設けられているところもあります。

例えば、東京都にある皇居のランニングコースでは、反時計回りに走るルールがあります。

一部、道幅が狭い場所があり、逆走による接触を防ぐために設けられています。

住宅街や交通量の多い道で走る場合は関係ありませんが、公園や競技場などで走る場合は事前にルールを確認しましょう。

【マナー④】交通ルールを守る

交通量の多い道で走る際は、歩行者用信号や標識など、交通ルールを守りましょう。

反対側に横断する場合も「信号のある横断歩道」、もしくは「信号のない横断歩道」を使用しましょう。

また、住宅街の見通しの悪い交差点(十字路)は、左右の安全を確認した上で通過しましょう。

車の音が聞こえないからと言って、左右を確認せずに走り抜けると、歩行者や自転車と衝突する可能性もあります。

ランニングとはいえ、スピードを出す競技なので、交通ルールを守った上で走りましょう。

【マナー⑤】ナイトラングッズを身につける

早朝や夜間など、暗闇の中走る場合は、ドライバーから見えるように反射材(リフレクター)が付いたウェアやライトで地面を照らして走りましょう。

あなたは目の前、もしくは後ろから来る車を認識できますが、ドライバーはあなたを見つけるのは困難です。

自分の命を守るため、ナイトラングッズを身につけて走りましょう。

【マナー⑥】大音量で音楽を聴かない

ランニング中は音量を小さくして、周囲の音が入ってくる音量で楽しみましょう。

周囲の音が遮断されると、後ろから来る自転車や車に気づかず、接触する可能性があります。

そこで、おすすめは「骨伝導イヤホン」を装着することです。

骨伝導イヤホンは耳を塞がないので、周囲の音を取り入れながら音楽が楽しめます。

接触事故により、長時間走れなくなるのは勿体ないので、意識しましょう。

関連記事:ランニング中に音楽を聴くメリット・聴かないメリット

関連記事:ランニングにおすすめの完全ワイヤレスイヤホン6選【マラソン経験者が語る】

【マナー⑦】ゴミを捨てない

摂取したジェルのパッケージやペットボトルのゴミは、必ずゴミ箱に捨てましょう。

”ポイ捨て”しているところを通行人が見ていれば、「ランナーはマナーがなっていない」と、自分だけでなく、全国のランナーの印象を下げてしまいかねません。

最近はゴミ箱が設置された場所が減っているので、ゴミは自宅まで持ち帰るように意識しましょう。

【マナー⑧】つばを吐くときは周囲を確認する

ランニングをしていると、自然とタンが出てきて、吐き出したくなるものです。

自然現象なので仕方ありませんが、「つばを吐く」行為は、あまりイメージが良くありません。

想像して欲しいですが、自宅の玄関前に見知らぬ人が吐いた「つば」があると、不快ですよね。

ですが、タンを飲み込むのは不快感を感じますし、喉に詰まり、呼吸が乱れる危険もあります。

なので、つばを吐くときは、私有地や人通りの多い場所は避けましょう。

また、後ろから自転車や人が通るかもしれないので、横に吐く際は周囲も確認しましょう。

【マナー⑨】挨拶を無視されても落ち込まない

最後は、マナーということではないですが、「こんなこともあるよ」という事例の紹介です。

すれ違ったランナーに「こんにちは。」と自分から挨拶しても、(相手は)必ず反応するわけではありません。

集中(ゾーンに入っている)しているときは、周りの音が聞こえないものです。

また、イヤホンを装着していれば、余計に自分の声は(相手に)届きません。

なので、相手から「こんにちは」と返ってこなくても落ち込まないでください。

大半は気づいていないだけで、悪気があるわけではありません。

まとめ

今回は、初心者が知っておくべきランニングマナーをご紹介しました。

  • 追い越す際は前後を確認する
  • 並列で走らない
  • ルールに従う
  • 交通ルールを守る
  • ナイトラングッズを身につける
  • 大音量で音楽を聴かない
  • ゴミを捨てない
  • つばを吐くときは周囲を確認する
  • 挨拶を無視されても落ち込まない

これらのマナーを守り、他のランナーの迷惑にならないようにランニングを楽しみましょう。

本日は以上です。

関連記事:フルマラソン1週間前の過ごし方!食事や練習メニュー紹介

関連記事:フルマラソン前日の過ごし方!やってはいけない4つのこと

関連記事:フルマラソン当日の過ごし方・1日の流れは?起床時間や朝食など

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れをまとめました。

初めてフルマラソン出場する方を対象に、下記の内容が分かります。

  • マラソン大会の選び方
  • 購入すべきランニンググッズ
  • 完走するためのトレーニング方法
  • レース前日や当日の過ごし方

▼詳しくはこちら
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

フルマラソン完走を目指す方におすすめ!
サプリメント「カツサプ」

カツサプは「乳酸をエネルギーに変換」「筋肉痛の軽減」「足つりの軽減」を実感できる画期的な商品です。

主に、「ここ一番で力を発揮したい(記録更新)」、フルマラソン本番時に摂取することを目的に作られています。

>> レビュー記事はこちら

ABOUT ME
Yusuke Saito
Yusuke Saito
マラソンランナー
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間2,500km走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 4:06:27(第32回ぐんまマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
記事URLをコピーしました