ランニングウォッチ

音楽が聴けるランニングウォッチおすすめ4選!各モデル徹底比較!

音楽が聴けるおすすめのランニングウォッチってどれですか?

そんな疑問にお答えします。

ランニング時に音楽を聴く場合、スマートフォンが必要になります。

ただ、スマートフォンがあることにより、

・重いので持ちながらだと走りづらい
・ジムでスマホ持ち込み禁止されている

といった、悩みがあると思います。

最近のスマートフォンは画面が大きく、重量もそこそこあります。

トレーニングならまだしも、フルマラソンなど長時間持ち続けるのは正直シンドイです

そこで、今回のお悩みを解決してくれるのが、「ランニングウォッチ」です。

GPS機能や防水機能、稼働時間10時間以上などのスペックのものを選べば、日々のトレーニングやフルマラソンのサポートをしてくれる便利アイテムです。

そんな「ランニングウォッチ」にも、音楽機能が搭載されたモデルが数多く出ていますのでご紹介します。

スマートフォンのストレスから解放され、ランニングウォッチの手軽さを、ぜひ体験してみてください。

音楽機能搭載のランニングウォッチを入手するメリット

スマホを持ち運ぶ必要がなくなる

これが、最大のメリットでしょう。

ランニングウォッチに音楽機能が搭載されていれば、重たいスマートフォンを持って行く必要はありません。

でも、

「いつもスマホで飲み物購入しているから、それでも手放せないよ」

といった方も、心配ありません。

最近のランニングウォッチには、電子決済(SUICA対応)が可能なモデルも出ているため、飲み物も購入できます。

精度の高い「距離・ペース」が測定可能でランニングアプリ不要

今現在、スマートフォンを持ちながら走っている方は、「ランニングアプリ」を通じて、距離の計測をしていると思います。

というのも、無料で使用できる「ランニングアプリ」を使えば、走行距離、走行時間などが測定できます。

なので、スマートフォンを手放すと、距離の測定も行えなくなってしまいます。

でも、GPS機能搭載のランニングウォッチを使えば、アプリより精度の高い計測が可能となります。

また、ランニングウォッチには、心拍数測定や水中でも使用できるなど、分析してくれる幅が広がるため、本格的に始める方はランニングウォッチはマストアイテムといっていいでしょう。

音楽が聴けるおすすめランニングウォッチ4選

Garmin(ガーミン)おすすめランニングウォッチ

Garmin(ガーミン)は、アメリカで創業されたGPSメーカーで、フィットネスやスポーツ、アウトドアなど、様々な場面で利用できる時計を発売している企業です。

正確な移動方向と角度の検出、地面の上昇・下降の追跡など、GPS測位の精度に長けたランニングウォッチを販売しています。

ForeAthlete 245 music

主な特徴
  • 最大500曲保存可能
  • 最大6時間の稼働時間(音楽再生時)
  • AMAZON MUSIC / LINE MUSIC / AWA / KKBOX / DEEZER / IHEARTRADIO / SPOTIFY®

GPS機能や心拍測定機能など、基本的な機能は搭載されている「ForeAthlete 245 music」。

最大500曲の音楽を保存・再生することができます。

また、Garmin(ガーミン)は対応している音楽配信サービスが豊富です。

利用可能な配信サービス
  • AMAZON MUSIC
  • LINE MUSIC
  • AWA
  • Spotify
  • IHEARTRADIO
  • DEEZER
  • KKBOX

これらの配信サービスから音楽を同期させることが可能です。

Amazonプライム会員なら追加料金なし100万曲以上が聴き放題、「LINE MUSIC」や「Spotify」は無料体験ができるのであなたに合うサービスを探してみるのもよいでしょう。

稼働時間は、スマートモード(GPS起動しない場合)で最大7日間、GPSおよび音楽モードで最大6時間(トレーニング中)と、フルマラソンも問題なく使用できます。

他には、ピッチやストライド(歩幅)など、細かなデータを分析してくれるので、ランニングフォーム改善するのに最適です。

「ForeAthlete 245 music」の詳しい機能や特徴は、下記をご覧ください。

【2021年版】ガーミンおすすめランニングウォッチ6選!各モデル徹底比較!

※『Suica』非対応モデル

GPS GPS、GLONASS、みちびき、Galileo
稼働時間 22時間(音楽モード6時間)
防水機能 5 ATM
重量 38.5 g
価格 ¥ 43,780
音楽 対応

※稼働時間は、GPSを起動したトレーニング時の時間です。
※5 ATMとは、雨または雪、シャワー、スイミングなど、水深50mに相当する圧力に対応。
※音楽モードとは、GPSを起動し、音楽を再生しながらランニングする際の稼働時間です。

ForeAthlete 745

主な特徴
  • 最大500曲保存可能
  • 最大6時間の稼働時間(音楽再生時)
  • AMAZON MUSIC / LINE MUSIC / AWA / KKBOX / DEEZER / IHEARTRADIO / SPOTIFY®

2020年10月に発売した、ランニング・トライアスロン用モデルの「ForeAthlete 745」。
(ForeAthlete 245の機能は全て搭載されています。)

先程紹介した「ForeAthlete 245 music」と同様、最大500曲の音楽を保存・再生することができます。

また、音楽配信サービスも同様、下記のサービスが利用できます。

利用可能な配信サービス
  • AMAZON MUSIC
  • LINE MUSIC
  • AWA
  • Spotify
  • IHEARTRADIO
  • DEEZER
  • KKBOX

「ForeAthlete 745」は、『Suica』対応のランニングウォッチです。

全国の鉄道やバスをはじめ、様々なお店で決算できるので、スマートフォンやお金を持ち歩かずにランニングを楽しむことができるようになります。

ランニング機能の面では、「乳酸閾値(LT値)」「暑熱適応/高度適応」機能が搭載されています。

乳酸閾値(LT値) 乳酸は運動時に筋肉グリコーゲンが分解される過程で出てくる疲労の目安となる物質です。運動強度を徐々に高めて、血中の乳酸値が急に上昇し始める時の運動強度が乳酸閾値(LT値)です。LT値におけるペース・心拍数を把握することで、疲労回復、脂肪燃焼、レースペースメイキングを知るとともに、LT値自体の引き上げなど、目的に応じたランニング強度の適切なコントロールが可能です。

乳酸閾値(LT値)計測する目的として、まず、「LT値」を超えてしまうと、身体がキツくなり、ペースを維持することが難しくなります。

なので、自分の現状の「LT値」を知るとともに、「LT値」を向上させることをサポートし、より長い時間走ることが可能となります。

防水性能や16時間の稼働時間など、フルマラソン・トライアスロンに出場される方におすすめのランニングウォッチとなっています。

「ForeAthlete 745」の詳しい機能や特徴は、下記をご覧ください。

【2021年版】ガーミンおすすめランニングウォッチ6選!各モデル徹底比較!

GPS GPS、GLONASS、みちびき、Galileo
稼働時間 16時間(音楽モード6時間)
防水機能 5 ATM
重量 47 g
価格 ¥ 49,280
音楽 対応

※稼働時間は、GPSを起動したトレーニング時の時間です。
※5 ATMとは、雨または雪、シャワー、スイミングなど、水深50mに相当する圧力に対応。
※音楽モードとは、GPSを起動し、音楽を再生しながらランニングする際の稼働時間です。

ForeAthlete 945

主な特徴
  • 最大1,000曲保存可能
  • 最大10時間の稼働時間(音楽再生時)
  • AMAZON MUSIC / LINE MUSIC / AWA / KKBOX / DEEZER / IHEARTRADIO / SPOTIFY®

全ての機能が揃った最上級シリーズ「ForeAthlete 945」。
(ForeAthlete 245、ForeAthlete 745の機能は全て搭載されています。)

ペース、距離、心拍測定などの基本機能に加え、ランニングフォームの分析や音楽機能など、搭載機能盛りだくさん。

最大1,000曲の音楽を保存・再生することができ、先程紹介した「ForeAthlete 745」と同様、音楽配信サービスは下記のサービスが利用できます。

利用可能な配信サービス
  • AMAZON MUSIC
  • LINE MUSIC
  • AWA
  • Spotify
  • IHEARTRADIO
  • DEEZER
  • KKBOX

「ForeAthlete 945」の特徴は、稼働時間が32時間(GPS起動時)と、Garmin ForeAthleteシリーズ史上最長バッテリーとなっています。

また、音楽モードでも最大10時間と、フルマラソン・トライアスロンでも問題なく使用できます。

トライアスロンやウルトラマラソンなどで、長時間のランニングで音楽を聴きたい方におすすめのランニングウォッチとなっています。

※『Suica』非対応モデル

GPS GPS、GLONASS、みちびき、Galileo
稼働時間 32時間(音楽モード10時間)
防水機能 5 ATM
重量 50 g
価格 ¥ 76,780
音楽 対応

※稼働時間は、GPSを起動したトレーニング時の時間です。
※5 ATMとは、雨または雪、シャワー、スイミングなど、水深50mに相当する圧力に対応。
※音楽モードとは、GPSを起動し、音楽を再生しながらランニングする際の稼働時間です。

Apple(アップル)おすすめランニングウォッチ

Apple Watch Nike

主な特徴
  • 約1,000曲保存可能(32GB)
  • 最大18時間の稼働時間
  • Apple music

Appleが販売するスマートウォッチ「Apple Watch Nike」

本体には、GPS機能は付いていませんが、無料アプリ「Nike Run Club」を起動すれば、ペース、距離を測定することができます。

「Apple music」を使えば、6,000万曲の音楽が聴き放題。

利用可能な配信サービス
  • Apple music

「Suica」「Apple Pay」の電子決済サービスがあるので、電車やコンビニでの買い物も問題なし。

趣味でランニングする方や日常生活での使用も考えている方におすすめのスマートウォッチとなっています。

GPS
稼働時間 18時間
防水機能 なし(雨の日に着用可)
重量 30.8〜46.7 g(素材ごとに異なる)
価格 ¥ 47,080〜
音楽 対応

【2021年】おすすめのランニングウォッチ16選とその選び方

【2021年版】おすすめランニングシューズ27選

メンズおすすめランニングウェア5選

ランニング・ジョギング時におすすめの持ち物13選

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA