【徹底レポート】柏の葉キャンパスマラソンフェスタ2019 ランナーに優しい運営で初心者も安心!

こんにちは!サイです。 今回は2019年6月29日(土)に開催した『柏の葉キャンパスマラソンフェスタ2019』に初出場・初完走してきたので、その感想含めて当日の様子をご紹介します。

都心から電車で行きやすい、ペースメーカーがいる、更衣室、シャワールームがあるというランナーに優しい運営なのが印象的でしたので、初めての方も参加しやすいマラソン大会となっています。



スポンサードサーチ

柏の葉キャンパスマラソンフェスタ2019


今大会の特徴


今年(2019年)で6回目の開催となる柏エリアを代表するマラソン大会『柏の葉キャンパスマラソンフェスタ2019』。

同大会の特徴はいくつかあるのでご紹介します。

  • フラットでペースが把握できる周回コース!
  • 種目数が多いので、親子で楽しめる!
  • 参加賞はトレーニングにも利用できるTシャツ!
  • ペースメーカーがいるのでイーブンペースで走りたい人におすすめ!
  • シャワールーム完備で、気持ちよく帰ることができる
  • 荷物置き場があるので、一人参加でも心配なし


他にも最寄駅である「柏の葉キャンパス駅」から会場までのシャトルバス(片道200円)が出ていたり、駅前には、「ららぽーと柏の葉」があるので、大会終わりにショッピングを楽しんだりできるのも特徴だと感じました。



競技種目


【種目一覧】※初夏大会

・チャレンジラン(400m)  ※男女3~6歳(未就学児)
(制限時間10分)

・親子ペアマラソン(3km) ※お子様は小学生のみ
(制限時間40分)

・ミニマラソン(3km)  ※エントリーは小学生のみ
(制限時間40分)

・10kmの部 ※中学生以上
(制限時間1時間30分)

・ハーフマラソン 21.0975kmの部 ※18歳以上
(制限時間3時間00分)

・ハーフリレー(21km) ※小学生以上、1チーム2~7人
(制限時間3時間00分)

・フルリレー(42km)  ※小学生以上、1チーム2~8人
(制限時間5時間00分)


柏の葉キャンパスマラソンフェスタ2019では、種目が多いので、親子で、友達同士で、会社仲間で走れる良い機会のある大会です。

周回コースで各種目のスタート時間も同時刻なので、いろんな種目の人が同時に走るという、走っていて不思議な感覚になる大会でした。



アクセス


つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」西口より徒歩24分(2.4キロ)の場所に位置しております。

    参考までに柏の葉キャンパス駅までの時間と運賃
    新宿駅から約1時間10分(¥890)
    大宮駅から約1時間(¥840)
    横浜駅から約1時間40分(¥1,220)
    ※時間帯や切符、交通ICカードによって変わります。


会場までの道のりは徒歩でいくか、駅前から大会が用意したシャトルバス(200円)があるので、そちらで移動するかになります。※シャトルバスは7:00〜15:00の間で15分間隔で運行しています。


会場は「県立柏の葉公園総合競技場・柏の葉公園」になります。こちらの競技場は2万人の観客を収容できる総合競技場で、ラグビーのトップリーグの試合をはじめ、地域や学校の体育大会などで利用されているそうです。

またこちらの公園には総合競技場以外にも、野球場、バーベキュー場、バラ園、日本庭園など様々な施設が利用できます。

もちろんランニングコースとしても人気があり、多くのランナーが練習の場と利用しています。



当日のようす


当日はあいにくの雨で、霧雨が競技中ずっと降っているといる悪条件な環境でした。

雨ではありましたが、スタート地点の競技場は、応援するスタンドは屋根がついており、荷物置き場や更衣室などは室内なのでそこにいれば雨にうたれることなく待つことが出来ました。

また、競技時間も比較的遅く、ハーフリレー、フルリレーは10時30分、ハーフマラソンに関しては11時20分スタートなので朝が弱い人でも十分間に合うかと思います。

今回は雨だったのでよかったですが、6月とはいえ、10時を過ぎると30℃を超える日もあるので、熱中症対策、日焼け対策は必要かなと思いました。








コース



↑ハーフマラソンのスタート位置

↑ハーフリレ、フルリレーのスタート位置


全体のコースとハーフマラソンのスタート位置(2枚目の画像)、ハーフリレー、フルリレー(3枚目の画像)のスタート位置の画像になります。

どの競技も同じコース(1枚目の画像)を走るため、子どもからお年寄りまで様々な年齢の方と走ることになるので、いい意味で刺激を受けます。

走ってみて、感じた点をいつくかピックアップしました。

    ・雨だったのもあるが、スリッピーな場所があって走りにくかった

    ・同時刻で色々な種目の人が走っているので、早い人に抜かれると自分のペースを崩される

    ・総合競技場上部分(1枚目の画像)が折り返しでスピードを落とさないといけないので足に負担がかかる

    ・トラックの中を走れるのは貴重!(陸上競技者になった気分を味わえる)

    ・公園内で木が多かったので日陰部分はあるが、半分以上は直接太陽が当たるので、注意が必要!


今回、ハーフマラソンに参加しましたが、周回コース(1周3キロ)なので全部で7周同じところを走るというメンタルにくる大会でした。

中には、疲れのあまり自分が何周走ったか分からなくなってしまう場合もありますし、逆にコースが分かっているので「あと何周で終わりだ!」と考えられる人もいるので、自分にあったコースならぜひ走ってみてもいいと思います。



エイドステーション


エイドステーション(給水所)は1箇所、総合競技場のトラック部分にありました。

内容は水とクエン酸の2種類で、食べ物は一切置いてありませんでした。簡易的ではあるので、必要に応じて、各自で用意しておくと安心です。



手荷物預かり所・更衣室


いろいろな設備があり、初心者にも優しく、競技参加者のみが利用できる「手荷物預かり所」があります。室内なので雨に荷物が濡れる心配はありません。ただし、預かる場所ではあるが、コインロッカーみたいに防犯対策は完璧ではなので貴重品は持って行った方がいいです。

続いて、更衣室・シャワールームですが、こちらも自由にご利用できます。競技前の着替え、汗をかいた身体をキレイにして帰れます。あくまでシャワールームなので、シャンプーなどの備品はありませんでした。

関連記事:フルマラソン初心者向け持ち物リスト【完走経験者がおすすめする必需品は?】



結果




今回の結果になります。

当日受付で受け取るゼッケンにチップが埋め込まれてあり、大会運営側が計測しています。

ゴールすると自分のタイムがデータとして登録され、その場で「記録証」を受け取れます。

タイムは1:46:57、順位は408位中114位と決していい記録ではないですが、前回の記録(※1)を更新したので満足しています。

※1【徹底レポート】『塩嶺王城パークラインマラソン大会』完走すると”鉄人”になれるハーフマラソン大会!



まとめ


今回、千葉で開催のマラソン大会に参加してきましたが、個人的に満足できる大会になったと思います。

今大会、子どもたちが多い印象を受けました。親子ペアマラソンやミニマラソンなど子どもでも走れる競技がいつくかあったので、個人的にマラソン大会なのに珍しいなと、地域に特化した大会なんだなと感じました。

給水所こそ種類が無かったですが、あまりガチ勢を見かけなったので、初心者でも走りやすいと思います。むしろ、この大会がマラソン大会初でもいいと思いました。 運営側も支援を数多くしており、ペースランナーがいる、更衣室がある、シャワールームがあるなど、設備は申し分なかったです。

この柏の葉キャンパスマラソンフェスタ2019は年2回あり、今回と秋(2019年10月22日(火・祝))にあるので、ぜひ興味ある方は参加してみてください。

ちなみに秋は30キロマラソンもあるそうです。




↓ 過去の出場レース履歴一覧
フルマラソン・ハーフマラソン出場歴


千葉で開催ハーフマラソン『柏の葉キャンパスマラソンフェスタ2019』徹底レポート
最新情報をチェックしよう!