ランニングウォッチ

ガーミン45の本体マニュアル!初期設定から自分好みにカスタマイズするやり方!

ガーミン45、45s本体で操作できる機能が知りたい!

そんなギモンにお答えします。

ガーミンを使用する際に初期設定から変更しておいた方がいい項目があります。

また、操作をするにあたり、知っておいたいい項目もあるので購入時に変更しておきましょう。

それでは今回は、ガーミン45を自分好みにカスタマイズするマニュアルをお伝えします。

基本的な操作説明

ガーミン本体のボタンの説明からしていきます。

ガーミン45には、5つのボタンがあります。

①LIGHT 押す:バックライト点灯/消灯、電源オン(電源オフ時)
長押し:コントロールメニュー

②START
STOP
押す:タイマー開始/停止、項目の決定、メッセージの確認
③BACK 押す:前のページに戻る、ラップの取得(アクティビティ中)
④DOWN 押す:ウィジェット/トレーニングページ/オプション/設定のスクロール
長押し:ミュージックコントロールの表示
⑤UP 押す:ウィジェット/トレーニングページ/オプション/設定のスクロール
長押し:メニューページの表示

それぞれボタンにより、「通常に押す」場合と「長押し」する場合で、表示される項目が違います。

よく使うボタンは、

◆①LIGHT:電源をつける
◆②START:トレーニングを開始する
◆⑤UP:ウィジェットの設定

この3つが主に使用するボタンになります。

購入した段階で、一通りの項目をみておくといいでしょう。

「言語」設定で日本語に!

購入直後に初期設定をすると思いますが、その際に「言語」設定を行いましょう!

デフォルトは「英語」になっていると思いますので、「日本語」に変更してあげます。

手順は以下の通りです。

⑤UPキー長押し(オプションページへ)

③DOWNキー(スクロール)を押していき「System」を選択し、②STARTキー(決定)を押します。

「Language」を選択し、②STARTキー(決定)を押します。

「English」「日本語」とあるので、③DOWNキー(スクロール)を押し、「日本語」を選択して②STARTキー(決定)を押すと設定完了です。

初めは、操作方法に慣れないと思いますが、この「言語」設定でそれぞれのボタンの意味を理解しておくと、今後の設定が楽にできると思います。

コントールメニューでは、タイマー、ストップウォッチなどのが使用できます。

①LIGHTを「長押し」すると表示されるのが、コントロールメニューになります。

ここでは、「タイマー」「ストップウォッチ」「電源オフ」などオプションが登録されています。

「タイマー」「ストップウォッチ」は、トレーニングの手助けになるものが揃っているものなので、時間を正確に測りたいときに便利ですね。

また、ガーミンは充電式なので、電源を付けっぱなしにしておくと、充電が減っていきます。

ですので、使用していないときはこのコントロールメニューで電源を落としておくといいと思います。

トレーニングはGPSで正確に!

②STARTを「押す」と表示されるのが、トレーニングメニューになります。

ここでは、「ラン」「トレッドミル」「バイク」「ウォーク」「カーデォオ」の5つから選べます。

それぞれのトレーニングを開始すると、走行距離、時速、時間などを計測し、トレーニングの手助けをしてくれます。

トレーニング終了すると、スマホ専用アプリでトレーニングデータを共有できるので、日々のトレーニング管理もスマホで簡単に行えます。

ガーミンアプリとガーミンを連動する手順はこちら↓

ガーミンアプリのインストール方法は?11枚の画像を使って解説!ガーミンのトレーニングウォッチを購入したのはいいが、アプリと連動のさせ方が分からない そんなギモンにお答えします。 ぼくもガーミンの時計をランニング用に購入して、普段から愛用していますがトレーニング時にオススメしたいアイテムです。 ガーミンウォッチは、アプリと連動させることでデータが共有でき、トレーニングの履歴をスマートフォンで確認できるのでぜひ設定した方がいいです。 今回は、ガーミンのアプリのインストール方法・設定方法をご紹介します。 分かりやすいように11枚の画像を使って説明します。...
ガーミン45のGPSで距離がおかしいと思ったらココを設定しよう!ガーミン45、45sを使ってて「距離がおかしい!?」と思ったことありませんか? そんなギモンにお答えします。 ガーミンは高精度なGPSを使っているので距離が正確だと思っていますが、実際はどうなのか? もし、精度に不安があるなら設定で変更することができますので、今すぐに確認してみましょう。...

トレーニング中の画面の見方

今回は、「ラン」をしている時の例でご説明しますが、トレーニングを開始すると上記の項目が表示されます。

上から

走行距離
タイム
ペース

と、ガーミン45の場合、ひとつの画面で表示できる項目は3つとなっており、デフォルトでは「走行距離」「タイム」「ペース」となっています。

トレーニングメニューの項目を変更した場合は?

では、先ほどのデフォルトである「走行距離」「タイム」「ペース」の項目を変更したい場合には、どうすればいいのか?

こちらはガーミン本体から設定変更できます。

設定場所は以下のとおりです。

②START

「ラン」

オプション

「データページ」

を押すと、次のような画面にいきます。↓

初期では「距離」「タイム」「ペース」となっていますが、一つ一つ項目の変更が可能です。

変更可能な項目は以下の通りです。

タイム ←おすすめ
距離 ←おすすめ
ペース ←おすすめ
カロリー
心拍数
心拍ゾーン
ラップタイム
ラップ距離
ラップペース ←おすすめ
平均ペース
ピッチ
ステップ数
時刻

これらの中から3つ設定できます。

ぼくがおすすめする項目は、トレーニングで自分の状態が分かるかつ初心者の方も分かりやすいものを選びました。

正直初心者の方には、「カロリー」「心拍ゾーン」「ステップ数」などトレーニング中に確認しなくてもいいかなと思うので・・・

あくまで参考ですので、自分が必要だと思う項目を選択して、トレーニングを行いましょう。

↑ このように3項目の「ペース」を選択すると変更する項目が表示されるので、「心拍数」を選択して変更を行えます。

ちなみにぼくは、「距離」「タイム」「ラップペース」にしています。

ランニングを始めた頃は気にしていませんでしたが、より熱中をすると1キロごとのペースを確認したくなります。

1キロごとのペースを知るには「ペース」(全体のペース)ではなく、「ラップペース」(1キロごとに測定したペース)にしないと測定ができませんので、おすすめです。

ガーミン(ForeAthlete 45他)のインターバル設定方法!14枚の画像を使って解説!ガーミンランニングウォッチでインターバルの測定をしたいが、どうやるか分からない そんなギモンを解決します。 ガーミンの専用アプリを使えば、簡単にインターバルの設定ができます。 自分のにあった距離、時間の指定も簡単です。 14枚の画像を使って、順に説明していきます。 今回は、「400mの全力ダッシュ→200mのジョグを10本繰り返すトレーニングメニュー」を作成しています。 もちろん、この距離ではなくてもインターバルであれば、今回の流れを押さえておけば代用可能です。 それではいってみましょう! ...

ホーム画面の変更

ホーム画面の変更の仕方ですが、

⑤UP長押し

「ウォッチフェイス」

で上記のデザインに変更できます。

気分に合わせて、カスタマイズしましょう。

ウィジェットの設定方法

ウィジェットの設定で、「カロリー」「ストレス」「心拍数」などの表示を行うことができます。

設定方法は、

⑤UP長押し

「ウィジェット」

「ウィジェットを追加」

で追加することができます。

追加できる項目は、「前回のラン」「ステップ数」「Body Battery」「履歴」「週間運動量」「Garminコーチ」「カロリー」「ストレス」「天気」「心拍計」「通知」「マイデイ」「健康情報の統計」「カレンダー」となります。

追加した項目の確認は、④DOWNを押すと表示されます。

「Body Battery」とは

デバイスで心拍変動、ストレスレベル、睡眠の質などアクテビティデータを基に決定される値のことを言います。

数値 Body Batteryレベル
0〜25 非常に低い
26〜50
51〜75
76〜100

このような数値でレベルが分かれており、身体に蓄えられた利用可能エネルギーを数値化して表示をしてくれます。

このようにガーミンのアプリでも確認できます。

「ストレスレベル」とは

自身のストレスレベルを測定します。

ガーミンを装着している間に測定を行い0〜100で表示され、数値が100に近いほどストレスが高いことを表します。

ストレスレベルが高いほど、リラックスできていないことになるので、トレーニング日を改めるなどの対策がこちらでできます。

【レビュー】ガーミンForeAthlete45sは軽量なので女性におすすめですForeAthlete45ってどんな特徴があるの? そんな疑問にお答えします。 一言で言えば、ランニング初心者におすすめしたいランニングウォッチです。トレーニングやフルマラソン・ハーフマラソンなどの大会に必要な機能は揃っています。 今回は、「ForeAthlete 45」を使用しているぼくが感じた点をご紹介します。 ランニングウォッチを探している方、ぜひ参考にしてみてください。...

今回はガーミン本体のカスタマイズ方法をしてきました。

トレーニングやレース本番でも充分すぎる活躍をする「ガーミン」!

まだまだ、設定できる箇所はありますが、まずはこれらが設定できていれば問題ないでしょう。

ガーミン45を持っている人はぜひ、参考にしてみてください。

【2020年】おすすめのランニングウォッチとその選び方【GPS・稼働時間・防水】おすすめのランニングウォッチと選び方を知りたいです。 そんな疑問にお答えします。 ランニングウォッチといっても、GPS機能・心拍計機能・稼働時間・重量など、さまざまなモデルがあります。 GPS機能がある、ないだけでも選択肢は変わってきます。 今回は、【初級者向け(〜3万円)】【中級者向け(〜5万円)】【上級者向け(6万円〜)】の3つに分けて詳しく見ていこうと思います。 それぞれの分け方は以下の通りです。...
【1万円台】安くて人気のランニングウォッチ7選安くて人気のランニングウォッチってどれですか? そんな疑問にお答えします。 ランニングウォッチは、機能が増えれば増えるほど値段が上がっていきます。 特に初心者の方は、「音楽機能」や「心拍測定機能」、「アプリと連動」と言った機能まで必要ないっていう方もいらっしゃると思います。 そんな今回は、安くて人気のランニングウォッチをご紹介します。 ポイントは「1万円台で買えるもの」です。 購入を検討されている方、ぜひ参考にしてみてください。...
音楽機能ランニングウォッチ
音楽が聴けるおすすめランニングウォッチ5選【これでスマホ要らず】音楽が聴けるおすすめのランニングウォッチってどれですか? そんな疑問にお答えします。 ランニングする際に音楽を聴く場合、どうしてもスマートフォンが必要になります。 スマートフォンがあることにより、 ・ポケットだと、足に当たって邪魔 ・手で持つと落としそうで不安 といった、障害がでてきます。 最近のスマートフォンは画面サイズが大きく、重量もそこそこあります。 それでは、トレーニングならまだしもフルマラソンなんて走ろうと思うと、持ち運ぶのは正直シンドイです そこで、今回は音楽が聴けるランニングウォッチを紹介します。 次回からは、スマートフォンのストレスから解放され、ランニングウォッチとイヤホンのみで気軽に走ることができます。 購入を検討されている方、ぜひ参考にしてみてください。...

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA