ガーミン(ForeAthlete 45)でインターバル設定方法!アプリで簡単に設定できます!

ガーミンランニングウォッチでインターバルの測定をしたいが、どうやるか分からない


そんなギモンを解決します。


ガーミンの専用アプリを使えば、簡単にインターバルの設定ができます。


自分のにあった距離、時間の指定も簡単です。


14枚の画像を使って、順に説明していきます。


今回は、「400mの全力ダッシュ→200mのジョグを10本繰り返すトレーニングメニュー」を作成しています。


もちろん、この距離ではなくてもインターバルであれば、今回の流れを押さえておけば代用可能です。 それではいってみましょう!




アプリでインターバルを設定しよう


Garmin Connect™

Garmin Connect™

Garmin無料posted withアプリーチ




ガーミンのランニングウォッチを買ったばかりで設定がよく分からない人はこちらを参考にして頂ければと思います。


まだ、アプリをインストールしていない方はこちら↓

関連記事:ガーミンアプリのインストール方法・設定の仕方は?11枚の画像で説明


まず、ガーミンのアプリを起動します。







画面下の「詳細」を押し、「トレーニング」から設定をしていきます。







「ワークアウト」→「ワークアウトの作成」で自分の行いたいトレーニングメニューを作成できます。


今回はランニングメニューですが、他にも、バイク、プール、ヨガなど様々なトレーニングメニューを指定することができます。


「ランワークアウト」で、「繰り返しを追加」を押します。


繰り返しを追加することで同じ流れを連続して設定してくれます。







繰り返し設定をすると、通常の下に繰り返し用の枠ができます。


初期設定である「ウォームアップ」「ラン」「クールダウン」(繰り返し設定されていないもの)も削除します。


右の画像であるように、距離の指定をします。


今回の練習は400mなので、初期設定を変更していきます。







「ラン」を押し、「時間の設定」で距離を変更します。







続いて、リカバーの設定です。


こちらは、何分休憩の設定もできますし、ジョグで繋ぐ設定もできます。


今回は「400mダッシュ→200mジョグ」なので、「リカバー」を押し、「時間タイプ」をタイムから距離に変更します。







「ラン」の距離同様、「リカバー」の距離を200mに設定しました。


最後に繰り返しを2回から10回に変更すれば、設定は完了となります。







右上の「保存」から「ワークアウト名」の入力をし、保存完了となります。







あとは、ガーミンランニングウォッチに登録したトレーニングメニューを同期すれば、ガーミンで利用できます。


この時、スマートフォンのbluetooth(ブルートゥース)をオンに、ガーミンウォッチの起動は忘れずに!




ガーミンでトレーニングメニュー設定方法


アプリ上で設定したメニューをガーミン上で呼び出す方法について説明していきます。




※英語表記で分かりづらくてすいません


画像をずらっと並べましたが、青の矢印がボタンを押すタイミングです。


この順番に指定していくと、アプリで登録した400m×10本のメニューが出てきました。


あとは、一番最後の「上にGPSの文字」が出ている画面で矢印のボタンをクリックすると、トレーニング開始できます。


フルマラソンを完走したい!はもちろんですが、目標タイムを設定している人は「インターバル」は欠かせない練習だと思います。


ガーミンのランニングウォッチを買ったばかりで設定がよく分からない人はこちらを参考にして頂ければと思います。



関連記事:ガーミンアプリのインストール方法は?11枚の画像を使って解説!


Garmin Connect™

Garmin Connect™

Garmin無料posted withアプリーチ




最新情報をチェックしよう!