ランニングギア

ガーミンでインターバル設定方法!14枚の画像を使って解説

悩んでいる人
悩んでいる人
Garmin(ガーミン)のランニングウォッチでインターバルの測定をしたいが、どうやるか分からない

そんな疑問を解決します。

ガーミン専用アプリ「Garmin Connect」を使えば、簡単にインターバルの設定ができます。

これで、自分にあった距離や時間の指定も簡単にできちゃいます。

今回は、14枚の画像を使って、順に説明していきます。

説明する例として、「400mの疾走(ダッシュ)↔200mの緩走(ジョグ)を10本繰り返すトレーニングメニュー」を作成しています。

もちろん、今回の流れを抑えておけば、様々な距離の設定が可能です。

Garmin Connectでインターバルを設定する手順

下記が「Garmin Connect」です。

Garmin Connect™

Garmin Connect™

Garmin無料posted withアプリーチ

まだ、「Garmin Connect」をインストール・設定をしていない方は、こちらを参考にして頂ければと思います。

まず、ガーミンのアプリを起動します。

画面下の「詳細」を押し、「トレーニング」から設定をしていきます。

「ワークアウト」→「ワークアウトの作成」で、自分の行いたいトレーニングメニューを作成できます。

今回はランニングメニューですが、他にも、バイク、プール、ヨガなど様々なトレーニングメニューを指定することができます。

「ランワークアウト」で、「繰り返しを追加」を押します。

繰り返しを追加することで、同じ流れを連続して設定できます。

繰り返し設定をすると、通常の下に繰り返し用の枠ができます。

初期設定である「ウォームアップ」「ラン」「クールダウン」(繰り返し設定されていないもの)を削除します。

右の画像(下の図)であるように、距離の指定をします。

今回の練習は400mなので、初期設定を変更していきます。

「ラン」を押し、「時間の設定」で距離を変更します。

続いて、リカバーの設定です。

こちらは、「何分間休憩するか」の設定もできますし、「何mのジョグで繋ぐか」の設定もできます。

今回は、400m疾走→200m緩走なので、「リカバー」を押し、時間タイプを「タイム→距離」に変更します。

「ラン」の距離同様、「リカバー」の距離を200mに設定しました。

最後に繰り返しを2回から10回に変更すれば、設定は完了となります。

右上の「保存」から「ワークアウト名」の入力をし、保存完了となります。

あとは、ガーミンランニングウォッチに登録したトレーニングメニューを同期すれば、ガーミンで利用できます。

この時、スマートフォンのbluetoothをオンにし、ガーミンウォッチの起動は忘れずに。

ガーミンでトレーニングメニュー設定方法

アプリ上で設定したメニューをガーミン上で呼び出す方法について説明していきます。

※英語表記で分かりづらくてすいません

画像をずらっと並べましたが、青の矢印がボタンを押すタイミングです。

この順番に指定していくと、アプリで登録した400m×10本のメニューが出てきました。

あとは、一番最後の「上にGPSの文字」が出ている画面で矢印のボタンをクリックすると、トレーニング開始できます。

ぜひ、参考にしてみてください。

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れをまとめました。

初めてフルマラソン出場する方を対象に、下記の内容が分かります。

  • マラソン大会の選び方
  • 購入すべきランニンググッズ
  • 完走するためのトレーニング方法
  • レース前日や当日の過ごし方

▼詳しくはこちら
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

POSTED COMMENT

  1. もこもこ より:

    インターバルの機能もあるんだ、さすがガーミンだねΣ(・□・;)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA