ランニングウォッチ

ガーミン45のGPSで距離がおかしいと思ったらココを設定しよう!

ガーミン45、45sを使ってて「距離がおかしい!?」と思ったことありませんか?

そんなギモンにお答えします。

ガーミンは高精度なGPSを使っているので距離が正確だと思っていますが、実際はどうなのか?

もし、精度に不安があるなら設定で変更することができますので、今すぐに確認してみましょう。

ガーミンのGPSの精度について

まず始めに「GPS」とはなにか?

全地球測位システム(GPS)とよび、24機以上の衛星で構成されたナビゲーションシステムのことです。

どんな気象条件でも稼働し続け、使用料やセットアップ費用がかからないので、誰でも利用することができます。

GPSデバイス(今回で言うガーミンのランニングウォッチ)では、各衛星から信号と軌道パラメータが送信され、距離を測定していきます。

ですので、ガーミンのGPSをオンにしておけば、ランニングルートの距離の測定も簡単に行えます。(ちなみにガーミンはトレーニングを開始する際に自動でオンに切り替わります。)

精度も高く、「木に覆われた樹林帯」や「高速ビルが立ち並ぶ都市」でも測定を維持できると言われています。

ですが、一部の電離層やその他の誤差要因で精度に影響を与えるそうですが、それでも10m以内の精度だそうです。

ガーミンのGPSは精度高い方なので、距離に誤差はあっても大幅なズレはなさそうですね。

ランニングアプリとの距離の比較

GPSの精度がどれだけのものなのか、見ていきたいと思います。

今回は「ガーミン45」と「ナイキランアプリ」で比較していきます。

ちなみに「ナイキランアプリ」は、googleマップの距離で算出しているので、GPSと比較すると精度はもちろん下がります。

それでは、同じコースで同時にスタートした場合の結果がこちらです。

(左)ガーミン (右)ナイキ

10キロ走で測定をし、ガーミンが10キロの段階でストップしました。

すると、ナイキでは11キロを超えていました。

1キロごとのペースも全然違う結果!!!

普通に考えれば、GPSのガーミンの方が正確だと思いますが、実際はどうなんだろう?

それでは、ガーミンのGPSが本当に正しいのか設定を見ていきたいと思います。

ガーミン45、45sのGPS設定方法

ガーミン45、45sのGPS設定方法を確認していきます。

GPSの設定はアプリではなく、本体から行います。

スタートキー

「ラン」

「オプション」

GPS

「オフ」「GPS」「GPS+GLONASS」「GPS+GALILEO」から一つ選択

GPSの設定では、上記の4つから選択します。

GPSでも様々な種類がありますが、どう違うのか、見ていきます。

「GPS」

GPSとみちびき(準天頂衛星システム)のみの受信。

「GPS+GLONASS」

GPSとみちびき、GLONASSの信号を受信。

GLONASSとはロシアの衛星システムで測位精度が向上します。
(バッテリーを多く消耗します。)

「GPS+GALILEO」

GPSとみちびき、GALILEOの信号を受信。

GALILEOとはEUの衛星システムで測位精度が向上します。
(バッテリーを多く消耗します。)

GPSがちゃんと起動しているか確認する!

先ほど、GPSの設定を確認していただきましたが、最後にGPSがちゃんと起動できているか確認しましょう。

確認方法ですが、

スタートキー

「ラン」選択でスタートキー

GPS補足開始(赤色)

GPS補足完了(緑色)

GPS補足完了(緑色)の状態で、ランニングをスタートしましょう。

GPS補足開始中にスタートしてしまうと正しい距離・タイムを計測することができませんので!

もし、精度がおかしいなと感じたら、「GPS+GLONASS」または「GPS+GALILEO」になっているか確認しましょう。

また、「精度がおかしい」と感じる人は、今まで無料の「ランアプリ」を使用してトレーニングしていたからだと思います。

先ほども伝えましたが、「ナイキ ランアプリ」はgoogleマップの位置情報で距離を測っています。

なので、ガーミンのGPSの設定で「GPS+GLONASS」または「GPS+GALILEO」にすれば正しい測定ができるでしょう。

一部、誤差があるそうですが、天候によるものなので仕方ないのかなと感じました。

「距離がおかしい」と感じたなら、上記の設定を一度確認してみましょう。

ガーミン45の他の設定はこちらをご覧ください。

【2020年】おすすめのランニングウォッチとその選び方【GPS・稼働時間・防水】おすすめのランニングウォッチと選び方を知りたいです。 そんな疑問にお答えします。 ランニングウォッチといっても、GPS機能・心拍計機能・稼働時間・重量など、さまざまなモデルがあります。 GPS機能がある、ないだけでも選択肢は変わってきます。 今回は、【初級者向け(〜3万円)】【中級者向け(〜5万円)】【上級者向け(6万円〜)】の3つに分けて詳しく見ていこうと思います。 それぞれの分け方は以下の通りです。...
【1万円台】安くて人気のランニングウォッチ7選安くて人気のランニングウォッチってどれですか? そんな疑問にお答えします。 ランニングウォッチは、機能が増えれば増えるほど値段が上がっていきます。 特に初心者の方は、「音楽機能」や「心拍測定機能」、「アプリと連動」と言った機能まで必要ないっていう方もいらっしゃると思います。 そんな今回は、安くて人気のランニングウォッチをご紹介します。 ポイントは「1万円台で買えるもの」です。 購入を検討されている方、ぜひ参考にしてみてください。...
音楽機能ランニングウォッチ
音楽が聴けるおすすめランニングウォッチ5選【これでスマホ要らず】音楽が聴けるおすすめのランニングウォッチってどれですか? そんな疑問にお答えします。 ランニングする際に音楽を聴く場合、どうしてもスマートフォンが必要になります。 スマートフォンがあることにより、 ・ポケットだと、足に当たって邪魔 ・手で持つと落としそうで不安 といった、障害がでてきます。 最近のスマートフォンは画面サイズが大きく、重量もそこそこあります。 それでは、トレーニングならまだしもフルマラソンなんて走ろうと思うと、持ち運ぶのは正直シンドイです そこで、今回は音楽が聴けるランニングウォッチを紹介します。 次回からは、スマートフォンのストレスから解放され、ランニングウォッチとイヤホンのみで気軽に走ることができます。 購入を検討されている方、ぜひ参考にしてみてください。...

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA