ランニングウォッチ

ガーミン(ForeAthlete45他)のファルトレク設定方法!10枚の画像を使って解説!

Garmin(ガーミン)のランニングウォッチでファルトレクの測定をしたいが、どうやるか分からない

そんな疑問を解決します。

ガーミンの専用アプリ「Garmin Connect」を使えば、簡単にファルトレクの設定ができます。

これで、自分にあった距離や時間の指定も簡単にできちゃいます。

今回は、10枚の画像を使って、順に説明していきます。

説明する例として、「1分速いペース↔1分遅いペースを15本繰り返す」30分間トレーニングメニューを作成しています。

↓ 詳しくは、下記をご覧ください。

ファルトレクとは?ファルトレクの効果やペースをサブ3、サブ3.5、サブ4ごとに解説ファルトレクってなに?また、どのくらいのペースで行えばいいの? そんな疑問にお答えします。 マラソンのトレーニング方法はさまざまありますが、 ファルトレクとは、芝生や土など未舗装な道でペースを上げたり、下げたりするトレーニング方法です。 ファルトレクで得られる効果とすれば、スピード持久力の強化や心肺機能の向上、ペース間隔が養われるなどが得られます。 そんな今回は、ファルトレクトレーニング方法についてご紹介します。...

もちろん、今回の流れを押さえておけば代用可能です。

Garminでファルトレクを設定する手順

「Garmin Connect」でトレーニングメニューを作成する

こちらがGarminのアプリ「Garmin Connect」です。

Garmin Connect™

Garmin Connect™

Garmin無料posted withアプリーチ

まだ、「Garmin Connect」をインストール・設定をしていない方は、こちらを参考にして頂ければと思います。

ガーミンアプリのインストール方法は?11枚の画像を使って解説!ガーミンのトレーニングウォッチを購入したのはいいが、アプリと連動のさせ方が分からない そんなギモンにお答えします。 ぼくもガーミンの時計をランニング用に購入して、普段から愛用していますがトレーニング時にオススメしたいアイテムです。 ガーミンウォッチは、アプリと連動させることでデータが共有でき、トレーニングの履歴をスマートフォンで確認できるのでぜひ設定した方がいいです。 今回は、ガーミンのアプリのインストール方法・設定方法をご紹介します。 分かりやすいように11枚の画像を使って説明します。...

まず、アプリを起動します。

↑ 画面下の項目「詳細」をクリックし、上記のような流れで進んでいきます。

↑ ⑪、⑫箇所

今回は冒頭で「1分速いペース↔1分遅いペースを15本繰り返す」の内容のトレーニングを作成するため、1分と指定しています。

トレーニング内容を変える場合は、ここを2分、3分と変えましょう。

また、写真では「ラン」の設定ですが、「リカバー」も同様に時間を1分と設定します。

↑ こちらは繰り返し行う回数の設定です。

今回は15回繰り返しますが、トレーニング内容によって回数は変更しましょう。

↑ 作成したら、お持ちのGarmin本体と接続し、ワークアウトを送信できたら作業完了です。

Garminでワークアウトを選択する流れ

続いて、アプリからGarmin本体に送信したワークアウトを指定して、実際トレーニングしていく流れをご説明します。

こちらはお持ちのGarminの種類によって変わってくるかもしれませんが、今回が、「ForeAthlete 45s」で説明します。

上記の矢印はボタンを押す場所を示しています。

この流れで設定していくと、アプリで作成したトレーニングメニューを選択でき、トレーニングを開始することができます。

今回「1分速いペース↔1分遅いペース」を繰り返していきますが、1分速いペースの設定時間の終わりが近づいてくるとピッピッピッとアラームがなり、時間が経つとバイブで知らせてくれます。

ですので、このアラームを合図に、「1分速いペース↔1分遅いペース」を繰り返しましょう。

また、この速い、遅いにも、それぞれ設定ペースがあるのですが、このペースもGarmin上で確認することができます。

それは、「ラップペース」を表示する設定をすればオッケーです。

「ラップペース」とは、1キロごとのペースを表示してくれます。

ですので、このペースをもとに1分間走りましょう。

↓ 詳しくは下記でまとめています。
「トレーニングメニューの項目を変更した場合は?」 に記載

ガーミン45の本体マニュアル!初期設定から自分好みにカスタマイズするやり方!ガーミン45、45s本体で操作できる機能が知りたい! そんなギモンにお答えします。 ガーミンを使用する際に初期設定から変更しておいた方がいい項目があります。 また、操作をするにあたり、知っておいたいい項目もあるので購入時に変更しておきましょう。 それでは今回は、ガーミン45を自分好みにカスタマイズするマニュアルをお伝えします。 それではいってみましょう! ...

↓ その他、インターバルの設定方法を見る

ガーミン(ForeAthlete 45他)のインターバル設定方法!14枚の画像を使って解説!ガーミンランニングウォッチでインターバルの測定をしたいが、どうやるか分からない そんなギモンを解決します。 ガーミンの専用アプリを使えば、簡単にインターバルの設定ができます。 自分のにあった距離、時間の指定も簡単です。 14枚の画像を使って、順に説明していきます。 今回は、「400mの全力ダッシュ→200mのジョグを10本繰り返すトレーニングメニュー」を作成しています。 もちろん、この距離ではなくてもインターバルであれば、今回の流れを押さえておけば代用可能です。 それではいってみましょう! ...
【レビュー】ガーミンForeAthlete45sは軽量なので女性におすすめですForeAthlete45ってどんな特徴があるの? そんな疑問にお答えします。 一言で言えば、ランニング初心者におすすめしたいランニングウォッチです。トレーニングやフルマラソン・ハーフマラソンなどの大会に必要な機能は揃っています。 今回は、「ForeAthlete 45」を使用しているぼくが感じた点をご紹介します。 ランニングウォッチを探している方、ぜひ参考にしてみてください。...
【2021年】おすすめのランニングウォッチ16選とその選び方【GPS・稼働時間・防水】おすすめのランニングウォッチと選び方を知りたいです。 そんな疑問にお答えします。 ランニングウォッチといっても、GPS機能・心拍計機能・稼働時間・重量など、さまざまなモデルがあります。 GPS機能がある、ないだけでも選択肢は変わってきます。 今回は、【初級者向け(〜3万円)】【中級者向け(〜5万円)】【上級者向け(6万円〜)】の3つに分けて詳しく見ていこうと思います。 それぞれの分け方は以下の通りです。...
初心者が完走しやすいフルマラソン大会18選初心者が完走しやすい全国のマラソン大会を知りたい! そんなギモンを解決します。 初心者が完走しやすい大会を選ぶ際の条件は大きく2つあります。 ・1万人以上参加する大規模な大会 ・制限時間が6時間以上ある まず、1万人以上の大規模な大会は、ボランティアの人数も多く、給水所や救護所の数が豊富ですので、ランナーのサポートをしっかりされていることになります。 続いて、初心者が完走を目指すなら制限時間も重要になってきます。 制限時間が長ければ、仮に歩いたとしても時間内にゴールできる可能性が広がるので、ランナーの安心感も変わってきます。 今回は、1万人以上のランナーが出場するかつ制限時間が6時間以上の大会を全国からピックアップしました。 ...
【初心者必見】フルマラソン完走するためのトレーニング方法13選フルマラソン完走するためのトレーニング方法を教えて欲しい! そんな疑問にお答えします。 フルマラソンを完走するためには、たくさんの時間・距離走らなければいけません。 ただ、ひたすら走ることも大事ですが、日によってトレーニング方法を変えるだけで付いてくる結果も変わってきます。 「スピードを鍛える」トレーニングや「心拍機能を鍛える」トレーニングなど、様々です。 そこで今回は、フルマラソン完走するためのトレーニング方法をご紹介します。 ...

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA