リカバリー食

【補給食レビュー】アリスト メダリストの効果は?疲労回復におすすめの補給食です

メダリストってどんな補給食なの?

そんな疑問にお答えします。

メダリストは、年間100万個のベストセラー商品で、ランナーに人気のリカバリー補給食です。

特徴は、疲労回復・筋肉修復効果のあるBACC(バリン、ロイシン、イソロシン)やクエン酸、マグネシウムなど約40種類の栄養素を手軽に摂取できる健康飲料です。

味は、レモン果汁風味で、水に溶かして飲む顆粒タイプです。

サイズは、1L用、500ml用、170ml(コップ1杯)があり、170ml(コップ1杯)用は30袋入って、1,800円(税抜き)。

ランナーに必要な栄養素がふんだんに含まれて、1杯あたりの値段は60円

控えめに言って、コスパ最高です。

それでは、詳しく見ていきましょう。

メダリストについて(概要)

メダリストについて(概要)

メダリストの特徴

はじめに、メダリストの特徴です。

・BACC(バリン、ロイシン、イソロシン)やクエン酸、マグネシウムなど約40種類の栄養素配合

・水に溶かして飲む顆粒タイプ

・飲みやすいレモン果汁風味

・1杯60円

参照:メダリスト公式HPより

BACC(バリン、ロイシン、イソロシン)やクエン酸、マグネシウムなど約40種類の栄養素がバランスよく入ったリカバリー補給食です。

下記は、メダリスト1L用28gあたりに入っている栄養素です。

【栄養成分】
エネルギー 98kcal
たんぱく質 1.7g
脂質 0g
炭水化物 24.4g
食塩相当量 0.31g

【アミノ酸】
アラニン 180mg
グリジン 140mg
バリン 65mg
アルギニン 65mg
ロイシン 55mg
リジン 45mg
アスパラギン酸Na 45mg
イソロイシン 18mg
ヒスチジン 18mg
シスチン 18mg
フェニルアラニン 18mg
トレオニン 9mg
トリプトファン 9mg
メチオニン 9mg
グルタミン 140mg
クレアチン 461mg

【クエン酸】
クエン酸 6,580mg

【ミネラル群】
カルシウム 233mg
マグネシウム 21mg
カリウム 31mg
鉄 1mg

【ビタミン群】
ビタミンA 470μg
ビタミンB1 0.71mg
ビタミンB2 9.4mg
ナイアシン 9mg
パントテン酸 3.6mg
ビタミンB6 1.2mg
ビタミンB12 1μg
ビタミンC 314mg
ビタミンD 2.4μg
ビタミンE 5mg
βカロチン 9.5μg
葉酸 95μg

【その他】
無臭ニンニク 9.2mg
カテキン 14.2mg

スクロールするのが大変なほど、たくさんの栄養素が入っているのがわかります。

すべての栄養素を解説するのは大変なので、ランナーの方に人気の補給食に含まれている栄養素をピックアップしてみてみます。

まず、「必須アミノ酸BCAA」

必須アミノ酸は、体内で作り出すことができず、『メダリスト』のように食品から摂取する必要がある9種類のアミノ酸です。

その9種類の中でも、バリン、ロイシン、イソロシンは総称して「BCAA」と呼ばれるアミノ酸で、ランナーに必要な栄養素となります。

BCAAを摂るメリットは、以下の通りです。

・運動の持続能力を高めてくれる

・疲労感の原因となる「乳酸」の生成を抑える

・筋肉の損傷を防ぎ、走りに影響を出さない

上記の通り、BACCは、パフォーマンスを改善するのに役立つ栄養素なのです。

次に「ミネラル」系

汗で失われるミネラル(マグネシウムや鉄など)を補うことが出来ます。

ミネラルを失うと、「貧血」や「足つり」といった症状が出てしまうため、ランナーは積極的に摂取したい栄養素です。

他には、ビタミンB1やナイアシン、ビタミンC、クエン酸などの「ビタミン」系。

「ビタミン」系は、「糖質」の代謝を助けることで効率よくエネルギーを生み出すことができたり、乳酸を溜まりにくくするなど、筋肉痛の予防の効果があります。

距離走(15〜40キロ)やスピード練(インターバルレペティション)を行なった後に、メダリストを摂取することで次の日に疲れが残りにくいためおすすめです。

「距離走」や「スピード練」など、負荷のかかるトレーニングを行ったあとは、積極的に摂取しましょう。

商品の味・飲みやすさ

飲用方法ですが、170mlの水に対して1袋溶かして摂取します。

適量で飲んでみましたが、味はレモン果汁風味なので、適量でもとてもすっぱかったです。

個人的に、疲れた後に飲む酸味の強いドリンクは好きなので飲みやすかったですが、酸味が苦手な人は少し飲みづらいドリンクだと思いました。

酸味が苦手な方は、野菜ジュース、フルーツジュース、紅茶に入れると酸味が抑えられると公式サイトで書かれていたのでぜひお試しください。

飲むタイミングは?

どのタイミングで飲めばいいのか?

栄養素の一つである「BCAA」は、運動中に効果を発揮するため、「乳酸を溜まりにくくしたい」「筋肉の損傷を防ぎたい」場合は、トレーニング前に摂取すると良いでしょう。

また、疲労回復効果のある「ビタミン」や「クエン酸」も含んでいるため、トレーニング後でもしっかり効果を発揮してくれます。

なので、負荷の大きい「距離走」や「スピード練」する場合は、トレーニング前も摂取し、基本はトレーニング後で良いでしょう。

水分補給時に一緒に摂取できるため、本当におすすめです。

まとめ・評価

今回はメダリストのレビューをしましたが、

個人的に、「味」・「飲みやすさ」・「価格」含め、満足いく補給食でした。

・BACC(バリン、ロイシン、イソロシン)やクエン酸、マグネシウムなど約40種類の栄養素配合

・水に溶かして飲む顆粒タイプ

・飲みやすいレモン果汁風味

・1杯60円

参照:メダリスト公式HPより

改めておさらいです。

特徴は、疲労回復・筋肉修復効果のあるBACC(バリン、ロイシン、イソロシン)やクエン酸、マグネシウムなど約40種類の栄養素を手軽に摂取できる健康飲料です。

距離走(15〜40キロ)やスピード練(インターバルレペティション)を行なった後に、メダリストを摂取することで次の日に疲れが残りにくいためおすすめです。

ぜひ、参考にしていただければと思います。

以上、メダリストのレビューでした。

マラソン後の疲労回復におすすめのサプリメント(リカバリー補給食)5選「フルマラソン後の疲労回復におすすめのリカバリー補給食を教えて欲しい!」 そんなギモンにお答えします。 フィニッシュを迎えたとき、これまでのトレーニングの成果が報われた、感動の瞬間です。 ただ、喜びたい気持ちはありますが、エネルギーをすべて出し切っているため、ゴール後は疲労がドッとやってくるでしょう。 なので、マラソンで受けたダメージを一刻も早く回復させる必要があります。 そのときに重要になるのが、「水分補給」「栄養補給」の2つです。 身体が栄養を求めているので、積極的に摂取することで、次の日へ疲労を貯めないことができます。...
フルマラソンにおすすめの補給食17選【サブ3.5、サブ4、サブ5向け】「初マラソンに出場する予定だけど補給食ってどんなの持っていけばいいの?」 そんなギモンにお答えします。 まずはじめに、フルマラソン(ハーフマラソン)を走ろうと思うと、ものすごいエネルギーを消耗します。 初めての経験なので分からないかもしれませんが、エネルギーが身体から失われると(なくなると)「走ろうにも身体が前に進まない」症状が訪れます。 この症状を回避し、フルマラソン完走を手助けしてくれるモノが、今回紹介する『補給食』です。 ...
フルマラソン初心者向け持ち物リスト【完走経験者がおすすめする必需品は?】フルマラソン・ハーフマラソンに出場しますが、何を持っていけばいいの? そんな疑問を解決します。 マラソン大会当日は、普段のトレーニングと違い、荷物が多くなります。 当日着用するウェアやシューズはもちろん、レース中に補給するエネルギー食や着替えなど、さまざまです。 また、気候(夏、冬)・天候(晴れ、雨)によって持ち物は変わるため、どんな環境でも走れる準備をしておくことで、安心してスタートラインに立てることができるでしょう。...

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA