ランニングでメンタルを鍛える4つの方法!自分自身を変えたい人にオススメです。

こんにちは!サイトウです。


みなさんはメンタルは強いですか??


ちなみにぼくはメンタルは弱いです。昔から、「失敗できない瞬間に自分の力を発揮できない」「人前でなにかをするときに緊張する」「諦めやすい」といった少年時代を過ごしていました。


正直、今でもこういう状況下はあまり得意ではありません。でも、いつまでも甘えたこと言ってられないのが大人の宿命です。


でも、どうやってメンタルを鍛えればいいの?というお話になりますが、『ランニング』中に鍛えることが可能です。


これは誰でもできることなので、この記事を読んだ瞬間から行うことができます。


ぼくもそうでしたが、「自分自身を変えたい!」そう思っているあなた。変えるならこの瞬間からです。ぼくと一緒に変わりましょう。




では、どのようにして鍛えればいいの?


それではどのように鍛えればいいのか、『ランニング』中にできる内容をご紹介します。決して、難しいことは一切御座いませんので気軽に見てください!



周回コースを走る



まず、1つ目です。これは個人的に一番を争うほど辛いメニューです。


タイトルにもある通り、「周回コース」をランニングだけです。たったコレだけです。文章だけ見たらできそうですよね!


でも、意外とコレがキツイんですよねー


まず、どのように行うかですが、条件は以下の通りです。これだけ守れば大丈夫です。

    ●条件
  • 周回コースは1週400m〜1kmの間
  • 周回コースの場所は家から1キロ以内の場所
  • 周回する回数は10回以上
  • 走る距離はお任せします。上記の条件が含まれれば大丈夫です。


書いたのはいいものの、意外とキツイですよね!これが条件のマックス値なので、どれか外せば楽できます。(ただし、効果は軽減されます。)


ちなみにぼくが先ほどの条件でいつも走っている参考例ですが、

    ●周回コース1周1km
    ●周回コースの場所は家から0.8kmの場所
    ●周回する回数が10回以上なので、自動的に走る距離は10km〜になります(1周1kmなので)。


ちなみに、もっとも走る距離が少ない条件は、1周400mのコースを10周するMAX4kmになります。あとは、家の周りに走れるコースがあるかになるので、探してみてください。公園や住宅地などなんでもいいです。


この練習メニューのポイントは、「いつでも家に帰ることができる環境下」「景色が変わらないから精神的にくる」この2つを同時に味わうことです。


いつでもやめられる状況下にあるので、辛いと思ったら足が勝手に止まると思います。さらに景色も変わらないので、プラスで精神的にきます。でも、この状況で足を止めずに目標の距離積めるかどうかが、メンタルを鍛えることに繋がります。




周りに何もないコースで長い距離走る



先ほどの練習と違い、どんな道でもいいです。


ただし、長い距離を積むことが大事です。初心者には長い距離走るの大変だと思いますが、スピードは問いません。遅くてもいいので、10キロ以上走ることを目標に!!!こんな長い距離を走ったことない人は、今までの最高距離の1.5倍の距離で頑張ってみましょう!


条件は、「公共交通機関」に頼らないことです。走るのが辛くなったら、最悪、タクシーやバス、電車を使って帰る選択肢もあります。


これだと、楽をすることになるので、メンタルは鍛えられません。


お金をドリンク代しか持たないなどして、上手く「公共交通機関」を使わない選択肢で挑戦しましょう!(周りになにもないというのは、「公共交通機関」がないという意味です。)




ランニング中に自分自身でプレッシャーをかける



やることは簡単!「自分自身にプレッシャーをかけて追い込もう!」


これは人によって、プレッシャーのかかる状況は違うと思うので、ぼくの参考例を挙げますね。


ただでさえランニングをしていて、息が上がって、心臓の動くスピードも早いのに、更に追い打ちを自分自身でかけます。


ぼくがいつもやっているプレッシャーのかけかたはコレです。


絶対負けたくない人と50m、100m走を走るときのスタート前の瞬間(スタートの合図が鳴る瞬間)


これを頭のなかで想像するだけで、安定している胸の鼓動が狂わせられ、走るのが辛くなってきます。頭のなかで想像できない場合は、走っている合間に20m、30mの「全力ダッシュ」を入れるだけで辛くなります。


この回数を増やせば増やすだけ、キツくなるので自動的に自分を追い込めます。




フルマラソンに申し込む



これが一番手っ取り早いです。


走るのが好きな人は除いて、フルマラソンなんて一生に一度走るか走らないかです。フルマラソンにエントリーしちゃえば、強制的に走らないと(練習)完走なんてムリです。


申し込んだからには完走を目指すと思うので、当日走る前からリタイアなんて頭のなかにないと思います。すでにある人はいつになってもメンタルは鍛えられないです。


ちなみに都内開催で初心者の方にオススメするフルマラソンは「東京マラソン」「横浜マラソン」「さいたま国際マラソン」です。規模も大きく、沿道の応援も多いので、力が湧いてくると思います。ぜひ、みなさんと喜びをわかち合いましょう!



関連記事:初心者が完走しやすいフルマラソン大会10選


メンタルを鍛えることによる「効果」は?



続いて、メンタルを鍛えることによる自分に与える「効果」についてです。「ランニングをするを始めるとこんな変わるんだ」と感じるハズです。



自信がつく


これは間違えなく、つきます!


走る習慣もつきますし、徐々に距離を伸ばしていけば、スタミナもついてきます。走るスピードもついてきます!


ランニングはこれの繰り返しです。「自分もやればできるじゃん」と思えるようになるだけでも大きな成果です。


ダイエットもでき、風邪をひきやすかった人も健康な身体を作れる、今まで自信がなかった人でも、この小さな積み重ねで大きく変化すると思います。




余裕が生まれる


先ほど、「自信がつく」お話をしましたが、同時に得られるのが『余裕』です。では、余裕とは具体的にどのようなことでしょうか。


・どんなことでもポジティブ思考になる

・清潔感が出る。健康な顔つきになる

・感情的にならず、冷静な対応ができる

・時間管理が上手くなる



ランニングをすると、以上のような「変化」が見られるでしょう。


汗をかくことで不要物の排出に繋がります。これはより健康な顔つき、表情になると考えられます。


また、目標達成により自信がつくので余裕が生まれます。どんな状況でも、冷静にかつ前向きに考えることができるので、学校、職場でのディスカッション、打ち合わせも好印象でしょう。


あとは、時間管理が上手くなります。


ランニングを時間するのには時間が必要です。「いつ走るのか」、意外とできる人が少ない、この管理が上手くなるので、ものごとをスムーズに運ぶことだって簡単になるでしょう。



ランニングが苦手な人はどうすればいい?


そもそも、ランニングに得意、不得意はないですが、でも、走ることが苦手なら、まずは「ジョギング」から始めてみてください。


    「ランニング」・・・ジョギングより強度のある練習が多く、有酸素運動から無酸素運動までをいう。

    「ジョギング」・・・ランニングよりも遅く、ゆっくりとした速さで走ること。目安は早歩きと同じ速度くらい。有酸素運動



ジョギングくらいなら、苦手とかないと思います。もちろん、いきなり5km、10kmは難しいと思うので、2km、3kmからで大丈夫です。

大切なのは、「行動する」ことです。なにごともまずは始めてみることを重点においてください。


ランニングを続ける3つの秘訣もあるので、下記のリンクよりご覧ください。
参考:禁酒したいならランニングがおすすめな理由は!?お酒をやめて健康な体になるコツ!


ランニングは継続することに意味があります。キツく、辛いことも多いですが、やっているうちに身体の変化が見えてくると思います。ぜひ、メンタルを鍛えたい方にうってつけの方法ですので、始めてみて下さい。




ランニングでメンタルを鍛える4つの方法!自分自身を変えたい人にオススメです。
最新情報をチェックしよう!