ランニングギア

【ランニング向け】ソニーアクションカムを帽子のつばに固定する方法

ソニーアクションカムを帽子のつばに固定する方法を知りたい

そんな疑問にお答えします。

ランニング風景をカメラに収める方法の一つとしてあるのが帽子のつばにカメラを固定するやり方。

ちょっとひと手間加える必要がありますが、一度取り付けてしまえば臨場感のある動画が撮影可能となります。

今回使用するアイテムは5つ。

【今回準備するアイテム】
・キリ
・ネジ
・ワッシャー
・帽子 ←今回一番重要なアイテム
・ソニーアクションカム

その中でも重要なのが、「ネジ」「帽子」です。

モノによっては、うまく固定することができませんので上記の2点を揃える際はご注意ください
(この後、解説しています。)

それでは、今回はそのアクションカムを帽子に固定する方法をご紹介します。

ソニーアクションカムを帽子のつばに固定する方法

準備するアイテム

まずはじめに、今回必要なアイテムから見ていきましょう。

【今回準備するアイテム】
・ソニーアクションカム(FDR-X3000)
・キリ (もしくは穴を開けられる道具)
・ネジ (W1/4ネジ 10mm)
・ワッシャー 
・帽子 ※つば部分が硬く、カメラの重量に耐えられるもの

それでは、一つずつ見ていきます。

FDR-X3000本体

今回使用するソニーアクションカムはFDR-X3000ですが、FDR-X3000R、HDR-AS300、HDR-AS300R、HDR-AS50、HDR-AS50Rも作りは一緒なので、同じ手順で固定できます。

キリ

次に「キリ」です。こちらは100円ショップで購入したものです。

100円でしたが、十分役割は果たしてくれました。

また、帽子のつばに穴をあけるために使用するためなので、「キリ」でなくても大丈夫です。

他のサイトやYouTubeでは「半田ごて」「電動ドリル」を使用していましたが、お金をかけたくない方は「キリ」で十分でしょう。

続いて、「W1/4ネジ 長さ10mm〜15mm」です。

カメラのネジ穴はほとんどが「1/4インチネジ穴」なため、必ず「W1/4ネジ」を用意しましょう。

また、サイズは「10mm〜15mm」を選びましょう。

「W1/4ネジ」の中でも10mm、20mm、30mmなど、長さが異なり売られています。

間違えて25mmを購入しましたが25mmだと長いため、帽子のつばからアクションカムが浮いてしまいます。

ネジ穴ですが、マイナスドライバーやプラスドライバーでキツく固定できるネジ穴を選ぶとなお良いです。

上の写真の25mmだと六角穴なしネジなので、レンチなどを工具がないとキツく固定できないためです。

こちらのネジは、ホームセンターやAmazonなどで購入可能です。

ただし、「W1/4ネジ 10mm」はホームセンターでなかなか見つからなかったため、ネットで購入するのが良さそうです。

あとは、「ワッシャー」があれば用意しましょう。

「ワッシャー」はボルトやナットを緩みにくくする効果があります。

最後は、「帽子(ランニングキャップ)」です。

「帽子」は、何でも良いわけでなく、適切なものを選びましょう。

・カメラが乗っていても、揺れないつばのある帽子
・つばが硬く、カメラの重さに耐えられるもの

ランニングでは頭が上下に動くため、その動きに耐えられる帽子を選ぶ必要があります。

試着のタイミングで上下に頭を振り、つばが上下に動かないか確認します。

カメラを装着していない段階でつばが上下に動けば、当然カメラを装着しても動いてしまいます。

また、つばは硬いものを選びましょう。

下記、帽子は実際使用しているものですので、不安な方はこちらを選べば間違えなしです。

アクションカムの取りつけ方

① 穴をあける場所を決める

まずはじめに、キリで帽子のつばに穴を開けるための場所を決めます。

この時、なるべくカメラの位置がつばの中心に来るようにし、カメラのネジ穴部分に合うようにマジックペンやボールペンなどで印をつけます。

② 穴を開けていく

続いて、キリなどの穴を開けるための道具を用いて、穴を開けていきます。

今回用意した帽子はつばが硬いため、かなり苦戦すると思います。

なので、ひたすらキリで穴をあけ、さらにネジが通るくらいまで穴を大きくしていきます。

この時、キリだけだと大きな穴を開けられないので、プラスドライバーをお持ちであれば、後半はプラスドライバーでゴリゴリ穴を大きくしていったほうが良いです。

また、穴をあける作業を短縮したい場合は、「電動ドリル」や「半田ごて」を使うと簡単に穴を開けられます。

③ w1/4ネジ、ワッシャーを入れる

上の写真のように、つばの裏側からネジを通していきます。

カメラ本体のネジ穴は、そこまで深くないので、ネジの長さは10〜15mmで十分です。

先程も伝えたとおり、20mm以上はカメラが浮いてしまうのでなるべく10〜15mmを用意しましょう。

④ カメラを装着する

つばに対して、隙間なく装着できれば完成です。

この時、手だけではしっかり固定できないので、ネジ穴はマイナスかプラスドライバーで固定できるタイプのネジだとなお良いです。

また、マイナスタイプのネジ穴であれば、硬貨を使ってもキツく固定できるので、外でも簡単に装着できます。

実際に撮影した動画はこちら

今回紹介した「帽子」「アクションカム(FDR-X3000)」で撮影した動画になります。

設定した項目は、カメラ本体の設定で、「風音低減」をONに。

また、カメラ前部のマイク部分(↑ 赤丸部分)に防音テープを貼って、風の音を軽減しています。

こちらの「防音テープ」も100円ショップで購入可能です。

この2点の風音対策をしていても、風の音は入ってしまうのでご注意を!

まとめ

今回は、ソニーアクションカムを帽子に固定する方法をご紹介しました。

事前に準備するアイテムはありますが、誰でも簡単に装着・固定することができます。

改めて、今回必要なアイテムです。

【今回準備するアイテム】
・ソニーアクションカム(FDR-X3000)
・キリ (もしくは穴を開けられる道具)
・ネジ (W1/4ネジ 10mm)
・ワッシャー 
・帽子 ※つば部分が硬く、カメラの重量に耐えられるもの

上記の2点は大切なアイテムになりますので、購入する際の参考にしてみてください。

以上、ソニーアクションカムを帽子に固定する方法をご紹介でした。

東京都内でおすすめのランニングコース13選【初心者が走りやすいコース】東京でおすすめのランニングコースどこですか?そんな疑問にお答えします。まず、ランニングコースにおすすめしたい条件はいくつか挙げられます。・信号がなく止まらず走り続けられる・周回コースでペース感覚を身につけられる・緑があり、走っていて気持ちが良い・フラットな地形で走りやすい・近隣にランニング ステーションがあるランニングコースに向いているのはフラットな地形でかつ信号がないコースです。また、ランニングステーションが近隣にあれば着替え、荷物置き、シャワーなど完備されているので、仕事終わりや学校帰りでも気軽にランニングすることが可能です。これらはランニングをする上で重要になってきます。それでは、今回は東京でおすすめのランニングコースを8コご紹介します。...
ランニング・ジョギング時におすすめの持ち物13選【初心者必見】ランニング・ジョギング時に何持っていけばいいですか? そんな疑問にお答えします。「健康のため!」「フルマラソン完走を目指して!」などを理由に、「いざ走り始めよう」と思っても何を持っていけばいいか迷いますよね。そこで、今回はランニング・ジョギング時におすすめの持ち物をご紹介します。...

https://saitodaily.com/runningshoes-recommended-2020/

初心者がフルマラソン完走するためのトレーニングメニュー13選フルマラソン完走するためのトレーニングメニューを教えて欲しい!そんな疑問にお答えします。フルマラソンを完走するためには、日々のトレーニングが欠かせません。ただ、ひたすら走ることも大事ですが、目的に合わせてトレーニング方法を変えることがフルマラソン完走には重要になってきます。トレーニングで得られる効果は、「スピードを鍛える」「心拍機能を鍛える」など、様々です。...

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA