その他

働き方改革で趣味を楽しむ!私たちの生活(余暇時間)の変化とは?

働き方改革改正で私たちの生活どう変わる?

こんにちは!サイトウです。
2019年4月1日に施工された「働き方改革」について書いてみようと思います。

人手不足や日本は他の国に比べ生産性が低いと言われていますが、今回の法改正でどのように変わってくるのでしょうか。

今回は、「働き方改革でどう生活が変わるの?」「これから就活だけど何を基準に探せばいいの」など現在社会人の方やこれから社会人として働く学生さんにも是非知っておくべき内容になっています。


そもそも働き方改革とはどういうものなのか、働き方改革のメリット・デメリットや私たちの生活への影響など話していこうと思います。


働き方改革とは?




そもそも働き方改革とは何かを言うお話になりますが、働く人の事情に応じて働き方の選択肢を多く与えることで労働人口を増やすとともに働きやすい環境を作っていこうという改革になります。

出産や子育て、介護など個々の事情で働くことが難しい人に働く選択肢を与えるとともに、まだまだ働ける高齢者など老後の生活に不安を抱えている人を助ける改革になっています。

ではなぜ、日本が労働人口を増やしていく必要にあるかということですが、下記の背景があるからだと考えます。



背景① 少子高齢化による労働人口の減少


日本が今深刻な問題として抱えられている「少子高齢化」による労働人口の減少が挙げられます。下記のグラフを見てもわかる通り、人口が減少しているのがわかると思います。



人口増減グラフ
出展:国土交通省「人口の推移と将来推計 (年齢層別)」より

2010年から徐々に減少しているのが分かります。2025年には2010年のピーク時から約800万人減少すると予想されるほど、人口減少が大きな問題の一つになります。また、それに伴い労働人口も減少すると考えられます。



労働人口推移
出展:国土交通省 「労働人口減少」より

こちらは労働人口の推移のグラフになりますが、2010年から徐々に減少していき、2030年には2005年のピーク時から約800万人減少すると見込まれています。



背景② 長時間労働による過労死問題


続いて、長時間労働による過労死問題です。

背景①でも述べたように労働人口の減少で各企業限られた人数で利益を出していかなければならなくなりました。これにより労働時間の増加による過労死はニュースでも大きな話題になりました。

月の残業時間が100時間(1日に換算すると4時間)を超えるなど、日本では残業時間がなかなか減らないのが現状です。



背景③ 低い労働生産性


最後に日本の低い労働生産性問題です。

背景②でも述べたように、残業時間含めると1日に働く時間が多い日本ですが、世界を見てみると日本の生産性の低さがうかがえます。

OECD(経済協力開発機構)のデータでは、日本の時間当たりの労働生産性がOECD加盟36か国中20位、日本の1人当たりの労働生産性は36か国中21位と世界に比較すると平均を下回る数値になっています。



出展:公益財団法人 日本生産性本部 「労働生産性の国際比較 2018」 より
出展:公益財団法人 日本生産性本部 「労働生産性の国際比較 2018」 より


法改正の3つのポイント


上記の背景から、今回の働き方改革のポイントについてまとめてみました!


●長時間労働の是正・・・時間外労働の上限規制や勤務間インターバル制度の促進(務終了後、次の勤務開始まで一定時間以上の休息期間を設けること)。


●異なる労働者間の雇用改善・・・非正規雇用労働者のキャリアアップ支援や転職支援、またテレワーク、サテライトオフィスなど柔軟な働き方がしやすい環境の整備。


●多様な人材確保・・・出産、子育て女性の支援、高齢者の健康に応じた支援や再就職の支援、入管法改正により多くの外国人労働者が見込まれることによる外国人の受け入れ環境の整備など


国としては今回の『働き方改革』で上記の点をポイントとして整備していくと思います。これらは各企業が同じ方向を向いていかないと改善されない点になります。




先ほど、背景を述べましたが、続いて働き方改革が施工されて私たちの生活に影響どう影響してくるのかメリット・デメリットに分けてご紹介します。



働き方改革のメリット・デメリット


働く側から見たメリット・デメリットをご紹介します。


メリット


  • 長時間労働改善で自由な時間が増えるので、スキルアップ(習い事や読書、勉強など)の時間に充てることができる。

  • 有給休暇を取得し、長期間の旅行を楽しむといったことがしやすくなる。

  • フレックスタイムやテレワークの導入で出産、子育て、介護などといったライフスタイルに合わせた働き方ができる。

  • 長時間労働改善による過労死の減少。


デメリット


  • 残業規制による残業費の減少で総賃金が減ってしまう。

  • 時間内に仕事が終わらず、家に持ち帰って作業をすることになる。

企業側から見ても、ライフスタイルに合わせた働く環境にできれば離職率の減少に繋がったり、労働時間の短縮で社員の集中力が上がり、生産性の向上が期待できるメリットがあります。

一方、残業規制で仕事を断る、非正規雇用者の人件費増加で全体の人件費の高騰などと言ったデメリットが考えられます。




私たちの生活への影響は?




次に『働き方改革』によって私たちの生活にどのような影響があるでしょうか。それぞえプラスの面・マイナスの面に分けてご紹介します。


【プラスの面】

  • 自由な時間が増えるので、スキルアップや趣味の時間、家事・育児に使える。

  • 有給休暇を取得して、長期間の休みで旅行に行ける。

  • フレックスタイムテレワークを導入している企業に勤めている場合は、満員電車のストレスがなくなる。


先日、トヨタ自動車の豊田章男会長の発言が話題になりました。「終身雇用を守っていくのは難しい」と。今までは、生涯ひとつの企業で働くことが可能でしたが、これからはフリーランスのように自分自身で仕事をしていくスタイルに変わっていくかもしれません。

こうした将来の為に、この空いた時間を趣味(※趣味を仕事にする)やスキルアップに使えるかが、鍵になってくるでしょう。


【マイナスの面】
  • 残業代が減るので経済面で不安。

  • 労働時間減少かつ生産性向上の取り組みなので新卒採用を行わない企業が増える可能性も!

  • 仕事量が減らなければ、サービス残業が増える。

などが考えられます。




まとめ


今回の施工された『働き方改革』ですが、労働環境の見直しや働く人への支援を主な取り組みとして掲げられているので、今後労働人口は今以上になると思います。

厚生労働省では、働き方・休み方改善ポータルサイトという自身の働き方を再確認する診断が行えたり、他企業の取組事例などが載ったポータルサイトになります。参考になると思うので一度目を通しておくといいでしょう。

私たちの生活にも関わってくる『働き方改革』なので、是非知っておくといいと思います。

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA