トレーニングの考え方

マラソントレーニング強度とは?トレーニング例ごとにご紹介

マラソントレーニングの強度が知りたい!

そんな疑問にお答えします。

マラソントレーニングにはさまざまな種類がありますが、その中でも、

・トレーニング強度が強いトレーニング
・トレーニング強度が中トレーニング
・トレーニング強度がやや弱いトレーニング
・トレーニング強度が弱いトレーニング

と分けることができます。

最近始めたばかりの人など、基礎ができていない状態でトレーニング強度が強いトレーニングをするとケガをしてしまいます。

ですので、これら強度の違いを初めのうちに知っておくことが大事になってきます。

今回は、トレーニング強度別にご紹介するので、トレーニング時の参考にしてみてください。

トレーニング強度とは?

トレーニング強度とは、そのトレーニングを行う際の頑張り具合、追い込み具合のことをいいます。疲労度とはまた違い、概ね、心拍数や呼吸の弾み具合に正比例します。

参考:マラソン完走マニュアル2019〜2020 p.025

トレーニング強度が大きいと疲労度も比例して大きいことではなく、どれだけ追い込んだかを示すものになります。

トレーニング強度と得られる効果は大きくわけ4つ。

・強度が強い・・・スピード
・強度が中・・・スピード持久力
・強度がやや弱い・・・スタミナ
・強度が弱い・・・基礎体力

初心者の方は、まず基礎体力を上げるために強度の弱いトレーニングから行います。

それでは、これら4つに分類されるトレーニング強度のトレーニング例を見ていきましょう。

トレーニング強度が弱いトレーニング例

ウォーキング

歩くことで走力が格段につくわけではありませんが、ランニングの基礎を作り出すことできます。

走行時間や歩くスピードによって負荷も変わってきますが、歩く際は、腕の振りと歩幅を大きくすることを意識しましょう。

日常から歩く習慣をつけておくことでマラソンの基礎が身につきます。

電車通勤の場合は一駅だけ歩くなど、無理のない範囲で「歩く」意識をしましょう。

ジョギング

ジョギングはゆっくり走ることです。

息がきれない・話ができる程度に淡々と走ることを意味します。

ペースでいうと、初心者は1キロあたり8〜10分くらいがベースとなります。

これは、中・上級者は1キロあたり5〜6分と、力の付き具合でペースは変わってきます。

マラニック

マラニックとは、「マラソン」+「ピクニック」を掛け合わせたもの。

目的は、走ることへのモチベーションを上げること。

いつもと同じコースを走ると飽きてしまうので、景色を楽しみながら観光目的で走ることで走る楽しさと達成感を味わえます。

マラニックをするなら、目的地(目標)を決めておくと、より気持ちよく走れるでしょう。

トレーニング強度がやや弱いトレーニング例

LSD

Long Slow Distance(ロング スロー ディスタンス)の略で、ゆっくりしたペースで長い距離走るトレーニング方法です。

1キロあたり7〜8分のゆっくりしたペースで走り続けることでスタミナや持久力をつけることができます。

また、脂肪の燃焼がよく、ウェイトを落とすのに効果的なトレーニングです。

時間でいうと、2〜3時間(最低でも60分以上)は走りましょう!

トレーニング強度が中トレーニング例

ロング走

ロング走は、長い距離をある程度のペースをキープして走り続けるトレーニング方法です。

はじめはゆっくり走り、最低でも60分以上身体が温まってきたら徐々にスピードを上げていくなど、あなたのその日の調子に合わせて行いましょう。

距離の指定はありませんが、フルマラソン完走を目指すなら30キロは走っておきたいところ!

ペース走

ペース走とは、一定のペースで最後まで走り続けるトレーニング方法です。

また、レースで失速する要因のオーバーペースを防ぐためのトレーニングであります。

ペース走は一定のスピードを維持することで、フルマラソンでも安定した走りを実現してくれます。

あなたの目標タイムから1キロ〇〇分で走ればいいのか割り出すことができますので、最終的にはそのペースを維持することを目標にトレーニングしてみましょう。

↓ マラソンペース一覧表

フルマラソンラップ&ペース
フルマラソンラップ&ペース表|サブ2.5〜サブ7までフルマラソンで目標タイムまでに完走するには1キロあたりどのくらいのペースで走ればいいのかまとめました。あくまで42キロ「イーブンペース(終始同じペースで進むこと)」で進む想定でのタイムとなっています。サブ2.5〜サブ7まで5キロごとのラップ数とタイムを出しています。トレーニングする際の参考にしてみてください!...
ペース走の設定ペースと目的とは?オーバーペースによるレース後半の失速を防げますペース走の目的ってなに?また、どのくらいのペースで行えばいいの?そんな疑問にお答えします。マラソンのトレーニング方法はさまざまありますが、ペース走とは、一定のペースで最後まで走り続けるトレーニング方法です。レース前半にオーバーペースで突っ込み、後半の失速を防ぐための大事なトレーニングとなります。そんな今回は、ペース走のトレーニング方法についてご紹介します。レース本番で失敗しないために今のうちからペース感覚を身につけておきましょう。...

トレーニング強度が強いトレーニング例

インターバルトレーニング

ダッシュ走とジョギングを繰り返すトレーニング方法で、心拍機能を高めることができます。

「200m×10本」「400m×10本」「1,000m×10本」のように、距離や本数の指定はなくあなたの走力に合わせてメニューを決めます。

距離が分かるトラックでのトレーニングが理想ですが、GPS機能付きのランニングウォッチがあれば家の周りでも行えます。

インターバル走の効果と設定ペースは?サブ3〜サブ5までインターバル走の効果ってなに?また、どのくらいのペースで行えばいいの? そんな疑問にお答えします。 マラソンのトレーニング方法はさまざまありますが、 インターバル走とは、疾走(ダッシュ)と緩走(ジョグ)を交互に繰り返すトレーニング方法です。 80%の力で走り続けるため、スピードや持久力、心拍機能を鍛えられますが、とてもキツく苦しいトレーニングとなっています。 そんな今回は、インターバル走のトレーニング方法についてご紹介します。 距離や本数を変えることで強度を変更できますので、あなたにあった形で、ぜひ取り入れてみてください。...

レペティション

全力ダッシュと完全休養を繰り返すトレーニング方法で、スピードと心拍機能を高めることができ、「400m×5本」「1,000m×3本」とメニューを決めていきます。

インターバルと似ていますが、インターバルより早いスピードで走るため身体の負担は大きいです。

なので、1本走るごとに10〜15分休み、息が整ったら走り始めましょう。

レペティションは負荷が大きくケガしやすいため、トレーニングを行うには、ある程度下半身の基礎作りを行う必要があります。

レペティショントレーニングの効果と設定ペースは?インターバル走と何が違う?レペティショントレーニング(以下.レペティション)の効果ってなに?また、どのくらいのペースで行えばいいの? そんな疑問にお答えします。 マラソンのトレーニング方法はさまざまありますが、 レペティションとは、全力走と完全休養を交互に繰り返すトレーニング方法です。 全力走なので、スピードを出すための筋力が鍛えられ、スピード練の1種になります。 そんな今回は、レペティションのトレーニング方法についてご紹介します。 負荷がとてもかかるトレーニングとなりますので、1〜2ヶ月ほど走り込みをしてから行いましょう。...

ビルドアップ走

距離や時間が経つにつれ、スピードを上げていくトレーニング方法。

はじめは息がきれない程度のスピードで入り、徐々に心肺機能に負荷をかけてき、最終的には呼吸きつくなるほどペースアップすることで、心肺機能向上に効果あり。

ビルドアップ走の効果と設定ペースは?サブ3〜サブ4までビルドアップ走の効果ってなに?また、どのくらいのペースで行えばいいの? そんな疑問にお答えします。 マラソンのトレーニング方法はさまざまありますが、 ビルドアップ走とは、徐々にペースを上げていくトレーニング方法です。 時間や距離に応じてペースを変えることで、持久力やスピードなど様々な箇所が鍛えられる効率のよいメニューとなっています。 正直、キツイ練習ですが、目標通り行えた時の達成感は大きいでしょう。 そんな今回は、ビルドアップ走のトレーニング方法についてご紹介します。 ...

流し(ウインドスプリント)

50m〜150mの短距離を全力の70〜80%で走るトレーニング方法。

トレーニングの前後に行うことで心肺機能に負荷がかかり、走力アップも期待できます。

「LSD+流し」「ペース走+流し」のようにメイントレーニングにプラスするといいでしょう。

流し(ウインドスプリント)ってなに?どんな効果があるの?流し(ウインドスプリント)ってなに?どんな効果があるの? そんな疑問にお答えします。 マラソンのトレーニング方法はさまざまあ...

まとめ 始めたばかりの方は強度の弱いウォーキングやジョギングから

今回はマラソントレーニングを強度別でご紹介しました。

ただ走るだけと思われるマラソンですが、実はさまざまな種類のトレーニングがあります。

その中でも強度の違いを認識しておかないと、ケガのリスクが高まります。

改めておさらいです。

始めのうちは、強度の弱い「ウォーキング」「ジョギング」、強度のやや弱い「LSD」で足作りから。

徐々に基礎が出来てきてから、強度の中「ロング走・ペース走」、強度の強「インターバル」「レペティション」「流し」を織り交ぜることで力がさらについていきます。

さいごに、マラソントレーニングには、短い距離、長い距離と交互に繰り返すなどメリハリが重要になってきます。

特にスピード練習は負荷が大きいので、次の日は負荷の少ないジョグを走るといったセット練でメニューを組むことをおすすめします。

【トレーニングメニュー例】
(月)休息
(火)インターバル走(強)
(水)ジョギング(弱)
(木)休息
(金)ジョギング(弱)
(土)インターバル走(強)
(日)LSD(やや弱)

ぜひ、トレーニングする際の参考にしてみてください。

以上、マラソントレーニング強度についてでした。

マラソン・ランニングの楽しみ方4選!あなたはどれに当てはまる?マラソンの楽しみ方ってどんなものがあるの? そんな疑問にお答えします。 ここ最近ランニングブームということもあり、ランニングをしている方をよく街で見かけると思います。 そのランニングをしている方の中でも走り始めた理由はさまざまです。 ・ダイエットのため ・運動不足だから ・初マラソンに向けて ・ベストタイムを更新するため など、どんな理由であっても素晴らしいです。 マラソン大会も同様、出場しようと検討する人の考え方は全部で4つに分けられます。 「健康志向」タイプ・・・健康のために走る 「ファンラン」タイプ・・・イベントとして楽しみたい 「レースマニア」タイプ・・・色々な大会に出場したい 「アスリート」タイプ・・・記録更新を常に狙っている あなたはどれにあてはまりますか? 今回はこの4種類のマラソンの楽しみ方をご紹介します。 ...
ランニングウェアの選び方【初心者必見は買う前にここを見よう!】ランニングウェアを探しているんだけど、どのような基準で選べばいいの? そんな疑問にお答えします。 ランニングウェアは機能面や使用する季節・時間で選ぶ基準は変わってきます。 春夏なら汗を吸収し、UVカットされたもの、秋冬なら寒さを和らげる素材を使ったウェアを選びます。 【春夏】 ・汗を吸収 ・UVカットされたもの 【秋冬】 ・寒さを和らげるもの 今回は、1年を通じてランニングをする僕が感じたランニングウェアの選び方をご紹介します。 ぜひ購入する前の参考にしてみてください。 マラソン経験者だからこそ思うランニングウェアを選ぶ基準は以下の通りです。 ①吸汗速乾 通気性が良いものを選ぶ ②伸縮性があるものを選ぶ ③軽いものを選ぶ ④UVカットされたものを選ぶ ⑤季節に合ったものを選ぶ ⑥あなた好みのデザインを選ぶ それでは、それぞれの詳しい解説を見ていきましょう。 ...
初心者必見!ランニングコースの決め方・選び方【走る前にここを見よう!】これからランニングをしようと思っていますが、走る場所(コース)を決めるときの基準を教えて欲しいです。 そんな疑問にお答えします。 まず、ランニングを続けるコツとして、お気に入りのランニングコースを見つける必要があります。 子供もいるので家の周辺でサクッと行いたい場合は 「家の周りでオリジナルコースを探す」 でもいいですし 一人だと継続できるか不安な方は 「ランナーが多い人気のランニングコース」 に行って走るでもいいと思います。 「ダイエットのため始めました!」 「フルマラソン完走目指して始めました!」 など、様々な理由でランニングを始められたと思いますが、すべてのひとに共通することは”継続力”です。 継続できなければ意味がありませんので、まずはあなたが「今日も走りたい!」と思える場所を探してみましょう! ランニングコースの選び方ですが、大きく分けて3つに分けられます。 ・往復コース ・周回コース ・ランニングマシン ランニングコースを探されている方必見です。 ...
マラソン完走者が教えるランニングシューズの選び方5選【買う前にここをみよう】初めてランニングシューズを購入しようと思っていますが、選び方を教えて欲しい そんな疑問にお答えします。 ・本格的にランニングを始めたい ・フルマラソンに出場するためにシューズを購入したい ・形から入りたい など、ランニングシューズを購入する理由は人によって異なります。 特に初心者の方は、普通のシューズとランニングシューズの違いは知らないと思います。 ランニングシューズでランニングをすると、こんなメリットがあります。 ●ランニングシューズを履くメリット ・走りが安定し、タイムが上がる ・足の負担軽減ができ、ケガ防止になる ・足元からおしゃれができる ぼくは、2つ目の「ケガ防止ができる」は本当に実感しましたね。 もし、ランニング用シューズ以外で走っている方は、ランニングシューズの購入を検討してみてください。 と言っても、「なにを基準にすればいいの?」って思ったと思いますので、 本題である、初心者のためのランニングシューズの選び方をご紹介します。...

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA