THE THORデモサイト02のメリットって?【1カラムデザインにしたい方は選ぶべき!】

こんにちは。齋藤です。

現在、wordpress有料テーマである『THE THOR』を使用しています。『THE THOR』にはデモサイトが9コあり、好きな形をカスタマイズして自分の運営サイトを作っていきます。

今回はその中の「デモサイト02」を解説していきます。デモサイト02が他と何が違うのかそこを一つ一つご紹介できればと思います。

参考:THE THORのデモサイトどれを選べばいい?全デモサイト紹介します

    ●こんなことが書いてあります
  • デモサイト02の特徴
  • デモサイト02を選ぶメリット・デメリット


デモサイト02の特徴は唯一の「1カラム」



「デモサイト02」は唯一全ページ1カラムで作られたデザインです。

そもそも1カラムってなに?というお話ですが、サイトのレイアウトは大きく2つに分けられます。1つが、今回の「デモサイト02」でも採用されている1カラムでサイドコンテンツ(サイドバー)がないパターン。もう一つが2カラムで、サイドコンテンツ(サイドバー)があるパターンです。

シンプルかつスタイリッシュなデザインを作り出せる1カラムは、最近よく見かけるようになりました。その理由としましては、今では、スマホ対応していない「webサイト」は時代遅れと思われるくらいスマホ対応は必須となっています。



↑出展:THE THORデモサイト03 PC画面



↑出展:THE THORデモサイト03 スマホ画面



上記の画像を見ていただくと分かりますが、スマホの場合、画面幅がPCよりも狭いのでサイドバーという概念がありません。
※サイドバーとは、以下の赤く囲っている部分です。

「デモサイト02」では、先ほども伝えましたが、全ページサイドバーなしの1カラムになっています。今の時代に合わせたシンプルかつスタイリッシュなデザインにしたい方はこちらのテンプレートを使用するといいでしょう!



使用して感じた「デモサイト02」のメリット



メインコンテンツ(本文)に集中させることができる


先ほどもお伝えしたようにサイドコンテンツ(サイドバー)がないので、ユーザの目線は自然とメインコンテンツ(本文)にいかせることができます。これにより、メインコンテンツ(本文)を集中して見せることができます。

せっかく全文読ませたくても、サイドに誘導があることによって本文の途中で目線がずれて、途中で移動されてしまったらページの効果が薄れてしまいます。

しかし、1カラムにすることで本文に集中させることができるので記事の効果は高まると思います。



写真・文字を大きく見せることができる


サイドコンテンツ(サイドバー)があると、メインコンテンツの横幅は限られてきます。

「THE THOR」のサイドありの場合、1行の中に入る文字数は40~43文字、サイドなしの場合は57~60文字になります。これだけ文字数に違いがあるので1カラムの場合、より横幅が広く画像を大きく見せることが可能です。

観光地やお店のレビューなど写真がメインとなる記事の場合は1カラムの方が伝わりやすいメリットがあります。参考として、以前書いた「横須賀」の記事を載せておきます。

参考:猿島にあるたくさんのインスタ映えスポット!日帰りで楽しめる横須賀観光!


また、1行に対しての文字数が多くなれば、ページの高さ(スクロールの回数)が少なくなります。PCのスクロール回数を少しでも減らすことができれば、ユーザのストレスは減らせますので、そういったメリットもあります。

使用して感じた「デモサイト02」のデメリット



誘導箇所が減る


サイドコンテンツがある場合、関連記事や新着記事、広告など設置できる箇所は必然的に1カラムより多くなります。

では、1カラムの誘導箇所はどこになるのか、という話ですが、本文が完結した後になります。なので2カラムより誘導箇所は減ってしまいますが、そこまで影響はないと感じました。サイドに誘導があってもクリックしない人はしないので…

    個人的には、本文を最後まで見てもらって関連記事に誘導させた方がいいので、1カラムでいいかなって思います。



スマホ普及でデザインの統一感が魅力の1カラム


最後に、スマートフォンの普及で誰もが触るようになりました。中には、PCよりスマホを触っている時間が長い人もいます。

スマホデザインはもともとサイドコンテンツという概念がないので1カラムの場合、統一感を持たせることが一番の魅力だと思います。

記事制作時にPCはPC、スマホはスマホと端末によってレイアウトを分けて考える必要がないので時間の短縮ができます。

しかし、まだまだ2カラムのブログサイトを見かけますが、これからはスマホの普及で1カラムデザインのサイトも増えてくると思います。なので迷っている方は是非前向きに1カラムデザインを検討してみてください。

「THE THOR」の中で、唯一の1カラムのレイアウトになっているので、是非選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。



最新情報をチェックしよう!