THE THORのデモサイトどれを選べばいい?全デモサイト紹介します

こんにちは。齋藤です。

今回は、wordpress(ワードプレス)の有料テーマである『THE THOR(ザ・トール)』のデモサイトについてまとめました。実際、このサイトは『THE THOR』のテンプレートから作られたものです。

今現在『THE THOR』では、9コのデモサイトがありますが、それぞれデザインが違います。でもどれを選んでいいのかわからないと思いますので、それぞれのデモサイトの特徴を踏まえお伝え致します。


    ●こんな人に読んでほしい
  • 有料テーマ『THE THOR』を検討している
  • THE THORのデモサイトが多いのでどれを選べばいいかわからない
  • どんな機能があるか気になる


これらに該当する方はぜひ読んでください!



wordpress有料テーマ『THE THOR』とは?


【THE THOR(ザ・トール)】 はwordpressの有料テーマで、集客・収益にこだわりたい方にオススメのテーマです。SEOに強く、美しいデザイン、アクセスアップをサポートするシステムが搭載されていたりと、初心者の方でも簡単にサイト運営できるテーマとなっています。

「初心者でも簡単に運営できるってホント!?」と思った方もいると思いますが、必要なデータは全て搭載されています。wordpress無料テーマだと、記事ランキングの表示、SNSへ共有、目次機能、関連する記事の表示など一からカスタマイズしていかないといけません。初心者が一から構築していくのは、莫大な時間を要します。

しかし、これらカスタマイズを一切する必要がないのが、有料テーマのメリットでもあります。

ですので、『THE THOR』を購入して頂ければ、初心者でも簡単にサイト運営をすることができます。


    ザ・トールを選ぶべき7つの理由
  • 圧倒的にSEOに強く上位表示されやすい「国内最高クラスのSEO最適化テーマ」
  • 息を呑むほどに美しく・プロ仕様のデザイナーズサイトが簡単に作れる。
  • サイトで集客し収益を上げるための「集客・収益化支援システム」を搭載。
  • 革新的な高速表示技術を多数装備した「国内屈指の高速テーマ」
  • 国内随一と言っても過言ではない機能数と簡単に使いこなせる操作性。
  • メールサポート・操作マニュアル/会員フォーラム・無料バージョンアップ有
  • 要望や最新技術を取り入れ、機能追加改善を繰り返す「進化し続けるテーマ」

  • ※THE THOR公式サイト参照


他にも、「無料・無期限・無制限」の安心サポート&アフターフォローがあるので、困った場合でもメールを送れば対応してもらえます。

価格は14,800円(税別)となっています。予告なしに値上げする可能性があると公式サイトには書かれているので、価格が変わる可能性があります(2019/8の値段)。他の有料テーマに比べれば少し割高ですが、機能面、無料サポートを考えれば妥当な価格だと思います。






THE THORデモサイト紹介


THE THORの公式サイトでは、各デモサイトのデザインを確認することができます。なので、自分に合ったデザインを見つければそのテンプレートをダウンロードすればいいですし、仮に無くても、カスタマイズすることが可能なので、9コのデモを上手く組合わせて自分オリジナルデザインのサイトも作ることができます。

それでは、ひとつひとつ紹介していきます。


デモサイト01



「デモサイト01」は、2カラムでサイドバーありのデザインとなります。

トップページのメインには動画が埋め込むことができ、商品の紹介、サイト運営者の紹介など画像、文章とは違う形でユーザに知ってもらうことができます。

また、自分で選べる「ピックアップ記事」や新着順、人気順に並び替えができる記事一覧画面、お知らせ、商品オススメランキングなど商品を取り扱う雑貨屋やフード・ドリンクの紹介をしたい飲食店などにオススメのテンプレートデモサイトです。

もちろん、商品を見せないブログ運営としても有効です。サムネイルで記事のイメージを湧かせて誘導させる、サイドバーがあり記事を多く見せることで直帰率を減らせるなどのメリットがあるため、幅広い方にオススメです。

ほかにも、トップ、記事一覧ページが2カラムで記事ページが1カラムで分けられているのも特徴です。


    ■個人的感想
    あくまでデモなので自分仕様に変更できますが、スタイリッシュなファッション系のイメージが頭から離れず、自分には合わないと思い、選びませんでした。



デモサイト02



「デモサイト02」は、唯一の全ページ1カラムのデザインとなっています。

他のテンプレートに比べ、シンプルな作りなので記事への誘導は容易だと思います。

1カラムがいいという方は、このデモしかないのでこれを選びましょう。サイドバーありがいいという方は別のテンプレートのほうがいいでしょう。


    ■個人的感想
    ぼくはこのテンプレートを選びましたが、コンテンツが多い(サイドバー)デザインより本当にシンプルなデザインだったので自分好みでした。また、1カラムという点でも、サイドバーが無い方が記事を集中して読んでもらうことができるので自分の中で1番合っていると感じたテンプレートでした。



デモサイト03



「デモサイト03」は、2カラムなのでサイドバーありのデザインとなります。

先ほど紹介した「デモサイト01」よりシンプルな2カラムです。トップページに新着順、人気順などを表示している点では作りが似ております。

しかし、違う点とすれば、記事ページも2カラムということです。記事の途中でも関連ページへ誘導することができるし、広告も1カラムより多く表示することができます。これがこのテンプレートのメリットとして挙げることができました。


    ■個人的感想
    こちらもデモサイト02と同じで作りがシンプルなのでとても迷いました。シンプル枠で言うなら、1カラムの「デモサイト02」2カラムの「デモサイト03」でしょうか。



デモサイト04



「デモサイト04」は、2カラムなのでサイドバーありのデザインとなります。

各記事のサムネイル(画像)を大きく見せています。なので、そのサムネイルでどんな記事が書かれているか分かれば、クリックされやすくなります。

画像編集・作成が得意な方は、このテンプレートの形はアリかなと思います。


    ■個人的感想
    画像を多めに使ってサイトを作りたい方には合っていると思います。記事ページの見せ方も好きですし、文字より画像1枚のほうが目に止まりやすいので。ぼくはデザインセンスがないので選びませんでした。



デモサイト05



「デモサイト05」は、トップが1カラム、記事ページが2カラムのデザインとなります。

メインには動画を埋め込んでおり、記事一覧ページは1段に3記事の構成で並んでいます。先ほどの「デモサイト04」より画像の大きさは小さいので、よりまとまって見えるデザインですね。

「お知らせ」機能で、自身のセミナーの告知、食事会の告知など情報を掲載できるのもメリットとして挙げられます。


    ■個人的感想
    トップと記事ページでレイアウトが違う点が特徴かなと思いました。トップは1カラムでシンプルに記事へ誘導、記事ページは広告を多く入れられるサイドバーつき。使い勝手は良いのかなという印象です。



デモサイト06



「デモサイト06」は、2カラムなのでサイドバーありのデザインとなります。

先ほどの「デモサイト04」より大きな画像で見せるデザインです。画像でいかに伝えるかここが大きなポイントになります。

文字よりも画像に目が言ってしまうので、センス次第では完成度の高いサイトが出来上がります。一方でセンスがイマイチだと、まとまりのないサイトに仕上がってしまうので注意です。


    ■個人的感想
    ぼくが一番選びづらいテンプレートです。画像が命と言ってもいいこのテンプレートはよほど、写真で見せたい「食事」「観光スポット」などモノを選ばないといけない手間が自分に合っていないと思いました。



デモサイト07



「デモサイト07」は、2カラムなのでサイドバーありのデザインとなります。

先ほどの「デモサイト06」と違い、画像をほとんど使用しないデザインです。画像を使用しない分「タイトル」勝負になります。

いかにユーザの興味をそそる文章を作成できるか、ここが大きなポイントです。読まれやすい文章を作成するスキルはブログ運営では必須なので、ここで成功すれば流入は見込めるでしょう。


    ■個人的感想
    トップにほとんど画像を使用しないので殺風景なデザインなので、作りこむのが難しいです。ずっと「滞在していたい」そう思わせる技術が必要になるので、ここが注意する点ですね。



デモサイト08



「デモサイト08」は、今までと違い、商品を売るためのサイトです。

デモサイトでは、ウォーターサーバーについてのサイトで、「検索機能」「ランキング」「申し込み」「お客さんのレビュー」など、その商品を売るための機能が備わっています。

主に記事をアップしたいブログ運営者ではなく、商品を販売していきたい人にオススメのテンプレートです。


    ■個人的感想
    ぼくは、もともとの始めるきっかけが違うので選択肢の中にはなかったですが、上記の方はこのテンプレートを選ぶといいと思います。



デモサイト08



「デモサイト09」は、「デモサイト08」と同じ形です。

先ほど「デモサイト08」とデザインが多少違うくらいで、ターゲットは同じですね。こちらはより女性をターゲットに絞った、デザインになっています。


    ■個人的感想
    先ほどの「デモサイト08」と比較して、自分の好みのデザインを選ぶといいでしょう。



全体的にまとまりのあるデザイン


最後に、各デモサイトを紹介しましたが、すべてに共通して言えるのは「まとまりがある」点です。ごちゃごちゃしていないので、「記事を探しやすい」、「画像でイメージさせられる」、「動画で知ってもらう」、など今の時代らしいデザインです。

あとは、1カラム、2カラム、画像ありなしなどその人に合ったテンプレートを見つけることができれば、その場からサイト運営を始めることができます(もちろん購入は必要ですが)。

開発スタッフには、webデザイナー、SEOコンサルタント、アフィリエイターなど一流が集まり、製作しているので、初心者が作るものとはワケが違います。

『THE THOR』以外にもwordpressの有料テーマは多数あるので、一通り見てもらい違いを認識してもらうのが一番だと思います。

wordpressでサイト運営を検討している方はぜひ参考にしてください。

参考:THE THOR(ザ・トール)でGoogleアドセンスに1日で合格!記事数や文字数をご紹介!






最新情報をチェックしよう!