キュウソネコカミのライブの人気曲は?初ライブ前に予習しておこう!

こんにちは!サイトウです。

みなさん!学校や仕事で失敗してしまったり、疲れていたりとテンションが下がる瞬間があると思います。「次の日の仕事行きたくない~」「今日大事な日なのにテンションが上がらない」と気分がどんよりしているとき聞いてほしいテンションが上がる曲をピックアップしました。

今回は、『キュウソネコカミ』のおすすめの曲10曲をご紹介します。出勤前通学前の憂鬱な気持ちを吹き飛ばせる曲をセレクトしましたので、是非聞いてみてください!

もちろん、ライブでも盛り上がる曲なので、フェスやライブハウスで楽しめること間違いなし!!!

良いDJ


2013年リリースアルバム「ウィアーインディーズバンド!!!」に収録されている”良いDJ”。

キュウソネコカミと言えば、歌詞がストレートで若者の不満を代弁して曲として世間に送り出しています。共感できる点も多く、メロディーも乗りやすいことから若者の間で人気なアーティストですね!

この曲でも、DJに対して不満を述べています。



雰囲気だけでモテてる あのクソDJしばきたい
ミュージシャン気取りで調子こく あのDJを黙らせたい

出展:良いDJ/ 作詞:ヤマサキセイヤ 作曲:キュウソネコカミ

この歌詞を見ても、踊れる音楽を流してお客さんと盛り上がるDJに対して、ストレートな歌詞でディスっているのが分かります。

同じように思っている人からするとスカッとする曲ですね!



DQNなりたい、40代で死にたい


2012年リリースアルバム「10代で出したかった」に収録されている”DQNなりたい、40代で死にたい”。曲名からしてインパクトありますね!

サビで「DQNなりたい」と連呼する面白さとライブでは「ヤンキーこーわーいー」とコール&レスポンスをする箇所があるため、お客さんも一緒になって楽しむことができるキュウソらしい曲です。



ハッピーポンコツ


2015年リリースアルバム「人生はまだまだ続く」に収録されている”ハッピーポンコツ”。元気になれる歌詞とメロディーです。

完璧な人間でなくてもいい!ポンコツでもいい!失敗してもいいけど愛嬌と礼儀があれば!というメッセージが込められた曲となっています。





ビビった


2014年リリースアルバム「チェンジ ザ ワールド」に収録されている”ビビった”。ライブでは定番曲となりました。個人的に聞きやすい曲です。

音楽業界の厳しさを「ビビった」と表現しており、バンドマンならでは視点で描いています。



(さぁみんなで手を振って さぁみんなで踊ろうよ)

メジャーに行って1、2年で消えるバンド多過ぎクソワロタ

(さぁみんなで手を振って さぁみんなで踊ろうよ)

動員無いのにゴリ推し出演 フェスの舞台で大惨事

(さぁみんなで手を振って)

消費されて飽きられる前に

(さぁみんなで踊ろうよ)

売れたいマジで


出展:ビビった/ 作詞:ヤマサキセイヤ 作曲:キュウソネコカミ

この歌詞が印象的で、夢のある職業ですが、現実はそんな甘くないことが分かります。MVもそれぞれ有名アーティストに扮して歌っているので見てて面白い映像となっています。





GALAXY


2015年リリースアルバム「ハッピーポンコツランド」に収録されている”GALAXY”。アニメ「ドラゴンボール改」のエンディング曲として起用されました。

宇宙人?の曲で、「我々は宇宙人だ!我々が地球人だ!」と歌う場面もある変わった曲ですが、聞きやすいメロディーでテンション上がります。





KMDT25


2014年リリースアルバム「チェンジ ザ ワールド」に収録されている”KMDT25”。

そう私の名前は「生真面目童貞25」とセリフから始まるこの曲!コミュ障で女の子に話しかけれない男の子の気持ちを歌った曲で、曲の間奏で訪れる「盆踊り」が印象的!

キュウソはお客さんをケガさせるのを嫌っているので身体をぶつけない盆踊りで円を描いて楽しむも何だかほっこりしますね。



ファントムバイブレーション


2013年リリースアルバム「ウィアーインディーズバンド!!!」に収録されている”ファントムバイブレーション”。

ァントムバイブレーションとは携帯電話のバイブレーションが鳴っていないのに鳴ったかのように錯覚する現象のことで、なんとも現代らしい症状ですよね。

歌詞もスマホに依存している人たちのことを書いており、「スマホはもはや俺の臓器」という歌詞がまさに今の若者たちを物語っていますね。





MEGA SHAKE IT!


2015年リリースアルバム「人生はまだまだ続く」に収録されている”MEGA SHAKE IT!”。眠気覚ましの栄養ドリンク「メガシャキ」のCM曲!

仕事や勉強のストレスを踊って騒いで晴らそうという、ストレス社会を一掃する歌詞が、サビ部分も「MEGA SHAKE IT!MEGA SHAKE IT!」がメガシャキと聞こえることから、この商品のために作られた曲なんでしょうか。

ライブで、踊って騒いでストレス解消を!!!





メンヘラちゃん


2017年リリースアルバム「にゅ~うぇいぶ」に収録されている”メンヘラちゃん”。

メンヘラ彼女を彼氏目線で描かれた歌詞でキュウソらしい曲で、メッセージ性も強く、ワードの濃さから人気の曲になっています。





ギリ昭和


2018年リリースアルバム「ギリ平成」に収録されている”ギリ昭和”。

歌詞で「明治 大正 昭和 平成」と元号が出てきており、MVでも昭和と平成のカットが映像として描かれている。MVは令和が発表される前に公開されていたが、2019年4月に「令和」が発表してから、「明治 大正 昭和 平成」 行こうぜその先へ 「令和」と新しい元号を入れた”ギリ昭和~完全版~”のMVを元号が変わった当日に公開したことから話題を集めました。





まとめ


今回は、キュウソネコカミの曲をご紹介しましたが、どれもテンションが上がる曲ばかりセレクトしてみたので、聞いたことない人は是非聞いてみてください。キュウソネコカミの歌詞は個性的で若者の共感を得る内容ばかりなので、聞いておもしろいです。

MVもなかなか凝ったものが多いので、今回紹介した曲はもちろん、紹介しきれなかった曲もたくさんあるので聞いてみてください!



テンション上げたいときに聞きたいキュウソネコカミのおすすめの曲-10選-
最新情報をチェックしよう!