『沈黙のwebマーケティング』の要約まとめ。SEOの基礎を学べます!

『沈黙のwebマーケティング』の要約まとめが知りたい。


こんな人の悩みを解決します。


漫画形式なのでストーリーに沿って、わかりやすく「webマーケティング」について書かれています。


ブログを書く上で重要な「SEO」やコンテンツの作り方を学びたい方にぜひ読んで欲しい1冊です。


それでは、見ていきましょう!




『沈黙のwebマーケティング』を読むべき人


このような悩みを抱えている人におススメです。


  • 「SEO」って言葉を聞いてピンとこない人
  • 見やすいサイト、webデザインについて知りたい人
  • コンテンツマーケティングについて知りたい人



ブログで稼ぐってことは「ただコンテンツ(記事)を書く」だけではダメなんですね。


googleの検索エンジンの上位に表示され、どんな人がみてもわかりやすいコンテンツ(記事)にする必要があります。


本書では、 初心者でもわかるようにSEOやコンテンツ作りのコツを細かく解説されています。




『沈黙のwebマーティング』の基本情報





『沈黙のwebマーティング』の基本情報はこちらです。




基本情報


単行本:496ページ
出版社:エムディエヌコーポレーション
言語:日本語
発売日:2015/1/30
著書:松尾 茂起
価格:¥2,376(単行本Amazon価格)




著者、松尾茂起のプロフィール


    株式会社ウェブライダーの代表取締役で松尾茂起さんは本書である「沈黙のwebマーケティング」を出版した他に、「SEOコンサルティング」、SEO向け「ツール開発」、「テーマソング制作」など幅広く活動しています。



本書である「沈黙のWebマーティング」が前編となっており、続編に「沈黙のWebライティング」というWebライティングに特化しか内容の本も出版しています。


参考:『沈黙のwebライティング』の要約まとめ。ライティング苦手な人必見!




『沈黙のwebマーケティング』の要約


この本に書かれているポイントをまとめました。


ひとつずつ解説していきます。




現在のSEOを把握しておく


SEOとは、検索エンジン最適化と言って、googleやyahooなどの検索エンジンで検索されたときに、その検索結果の上位にあなたのwebサイトのページを表示させるための対策することを指します。


そのためには、まずあなたのサイト・ページの存在をgoogleに教えてあげる必要があります。


そこで使うのが「Search Console(サーチコンソール)」というgoogleが無料で提供しているツールです。


このツールを使うと、あなたのサイトの存在を知らせることができ、SEOの対策にもなります。


詳しくはこちらをご覧ください⇩





他にも、検索エンジンのガイドラインに沿ったサイト作りが必要です。


ガイドラインから外れたサイト作りをしてしまうと、ペナルティを受け、順位が大幅に下がってしまいます。


googleには、いくつかのガイドラインがあるので詳しくは本書で確認しておきましょう!


  • デザインとコンテンツに関するガイドライン
  • 技術に関するガイドライン
  • 品質に関するガイドライン



コンテンツファーストでデザインを考える


コンテンツ作りする上で重要なのが、「誰」が「どんな環境」であなたのサイトを閲覧するのか?


例えば、シニア層向けのサイトでは、おしゃれなデザインよりシンプルかつ文字を大きく、メニューボタンを大きく見せることが必要です。


また、最近ではスマートフォンで閲覧するユーザが増えているのでスマートフォンで見やすいコンテンツ作りも忘れてはいけません。


これらを押さえておくと、ユーザ目線のサイト作りができていると言えるでしょう!


    ・コンテンツファースト
    ・スマートフォンファースト(モバイルファースト)



ページ作成時にPCとスマートフォン両方で「どのように見えているか」確認することを徹底すれば問題ないと思います。




感情を動かすコンテンツを作る


人間は「快楽を好み、痛みを嫌う」生き物です。


そのため、面白いコンテンツの方が共有されやすいのです。


ここを意識しながらコンテンツマーケティングを進めていくことが重要です。


では、どんなコンテンツを作ればいいのでしょうか。


大きく分けて2つあります。


    ●「自己顕示欲」を刺激する
  • 希少性のあるコンテンツ
  • 例)知る人ぞ知る系コンテンツ
  • 権威性のあるコンテンツ
  • 例)〇〇で有名な人が書いた系コンテンツ
  • 専門性のあるコンテンツ
  • 例)どこよりも詳しい系コンテンツ
    例)専門的なまとめ型コンテンツ



    ●「 所属と愛の欲求」を刺激する
  • まとめ型コンテンツ
  • 例)思わず住みたくなるようなおしゃれな部屋のまとめ
  • 思わず笑えるおもしろ系コンテンツ
  • 例)勢いで着ぐるみを着て出社したら大変なことになった
  • 統計型コンテンツ
  • 例)都道府県別バストサイズ



コンテンツマーケティングを考える上で、上記のコンテンツパターンを意識して作成するといいでしょう。


本書を読んで得られたこと


続いて、本書を読んで「なにが得られたのか」解説していきます。




ソーシャルメディアを上手に活用していく


ぼくもそうでしたが、ブログ始めたばかりのときは、全然アクセスされません。


そんな時に有効な手段がソーシャルメディアを活用することです。


ツイッターやフェイスブックなどで発信していくことで認知度も上がってきます。


でも、拡散させるにはフォロワーを増やす必要があります。増やす方法は2つあります。


  • ほかのツイッターユーザのコンテンツの露出・拡散を手伝う
  • ほかのツイッターの役に立つ良質な情報(コンテンツ)をツイートする



まずはひとつめの、自分の発信するコンテンツを評価して欲しいというユーザのニーズに答えるべく、まずは「聞き役」に回りましょう。


聞き役に回ることで、あなたの存在を知ってもらえます。存在を知ってもらえばフォローされる可能性も上がってきます。


そしてある程度、フォロワーが増えたら、ふたつめの有益な発信をすることでプラスで増えてきます。


ぼくもツイッターをはじめてから自分の存在を知ってもらうために拡散し続けています。





ブログの更新報告やブログをやっていて感じたこと、タメになること、など更新をし続けて、今では300人以上の方にフォローしていただいています。


SNSは自分の知らない情報を収集でき、またそのお礼として有益な情報を発信して、フォローをしてもらうこの流れが拡散にも繋がるんだと感じました。


本書では、ブログで役に立つ情報がたくさん載っており、始める前や始めたばかりでも十分役に立つので、ぜひ参考にしてみてください。





関連記事:ブログ開設する前に読むべき本5選【本嫌いでもサクサク読める】

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

POSTED COMMENT

  1. サンドウィッチマン より:

    このブログはどちらかというと「自己顕示欲」を刺激する内容が多いですね。

    「 所属と愛の欲求」を刺激する記事も、たまには見てみたいです!バストサイズとかw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA