『沈黙のwebライティング』の要約まとめ。ライティング苦手な人必見!

『沈黙のwebライティング』の要約まとめが知りたい。


こんな人の悩みを解決します。


漫画形式なのでストーリーに沿って、わかりやすく「webライティング」について書かれています。


文章力をアップさせたい、読まれる記事を作りたい人にはぜひ読んで欲しい1冊です。


それでは、見ていきましょう!




『沈黙のwebライティング』を読むべき人


このような悩みを抱えている人におススメです。


  • わかりやすい文章を書きたい人
  • SEOを意識したwebライティング方法を知りたい人
  • バズらせるコンテンツを作りたい人



文章を書くのが苦手な人は、なかなか手が進まないですよね!


本書では、 初心者でもわかりやすい文章を書くコツを解説されています。




『沈黙のwebライティング』の基本情報




『沈黙のwebライティング』の基本情報はこちらです。




基本情報


単行本:632ページ
出版社:エムディエヌコーポレーション
言語:日本語
発売日:2016/11/1
著書:松尾 茂起
価格:¥2,160(単行本Amazon価格)




著者、松尾茂起のプロフィール


    株式会社ウェブライダーの代表取締役で松尾茂起さんは本書である「沈黙のwebライティング」を出版した他に、「SEOコンサルティング」、SEO向け「ツール開発」、「テーマソング制作」など幅広く活動しています。



本書である「沈黙のWebライティング」の前編として、「沈黙のWebマーケティング」というWebマーケティングに特化しか内容の本も出版しています。






『沈黙のwebライティング』の要約


この本に書かれているポイントをまとめました。


ひとつずつ解説していきます。




検索ユーザにとって利便性の高いコンテンツとは?


検索ユーザの検索意図を考える必要があります。


「ユーザは検索をしたいわけではなく、自分の悩みを解決する答え」を知りたいのです。


それでは、どういったコンテンツを作ればいいのか?こちら6つにまとめてみました。


  • 検索ユーザが今まさに抱えている「悩み」や「質問」に対して、「的確な答え」を返しているコンテンツ

  • 検索ユーザが抱えていると思われる「悩み」や「質問」を網羅的に取り上げ、「先回り」して答えを返しているコンテンツ

  • 他のサイトと同じ情報を扱っていても、どこよりも素早く答えがわかるコンテンツ

  • 他のサイトと同じ情報を扱っていても、どこよりも見やすい、わかりやすいコンテンツ

  • 他のサイトと同じ情報を扱っていても、どこよりも信頼できるコンテンツ

  • どこよりも情報が新しいコンテンツ
参考:「沈黙のWebライティング」P.91 より


これらが検索ユーザの意図にあったコンテンツだと言うことです。


わかりやすい文章を書く上での11のポイント


ユーザの心理的負担を減らす「見やすい」「わかりやすい」するためのポイントはこちらです。


  • 改行と行間に気を配り、心地よいリズムを意識する
  • 漢字とひらがなの含有率を調整する
  • 「この」「その」「あの」などの指示代名詞を減らす
  • 箇条書きを使い、要点を調整する
  • 情報をカテゴライズして整理する
  • いらない言葉や表現はカットし、文章が不必要に長くならないようにする
  • 感情表現を入れ、自分事化による共感を誘発する
  • 文字のサイズや色、強調のルールを気を配る
  • 区切り線や記号を使う
  • 写真やイラストを挿入する
  • マンガ的な演出を意識する
参考:「沈黙のWebライティング」P.241 より


文章を書く上で上記のことを意識するだけで、見やすいコンテンツになります。


個人的に行間をあける、文字の色のルールを決めておく、写真・イラスト挿入されているコンテンツはみやすいと感じます。




わからない言葉が出てこないようなコンテンツ作りを


専門用語や一定の人にしか伝わらないような言葉は出さないようにコンテンツ作りをしましょう。


知らない言葉だけのコンテンツは「書いてある事が正しい」ことでもページから離脱してしまいます。


ユーザ目線で見ることもライティングスキルをあげる上では大事なことになってきます。




外的SEO(外部対策)で重要なポイント5つ


外的SEOとは、自分のサイトやページに対する外部からの評価を高めるために、外部からリンクを増やす対策のことです。


外的SEOで重要なポイントをまとめました。


  • 質の高いサイトやソーシャルメディアから、自然にリンクを貼ってもらう

  • 関連性の高いジャンルのページやサイトからリンクを貼ってもらう

  • ユーザが「クリックしたくなる」リンクの貼り方をしてもらう

  • 各ページに集まったリンク効果を集約させるため、サイトのドメインはできるだけ、ひとつに統一する

  • 「ペイドリンク」などの人口リンクに頼らない
参考:「沈黙のWebライティング」P.433 より


自分が運営しているサイトと近いジャンルからリンクを貼ってもらうことや「NAVERまとめ」のようなまとめサイトからのリンクも評価は高まります。




バズらせるコンテンツ作り


バズった記事は瞬く間にアクセス数は上昇していきます。


では、どうすればバズる記事を作ることができるのか?


人がコンテンツをシェアする行動には、「自分の存在をアピール」したり、「他の人とのコミュニケーション」をとろうとする目的があります。


それでは、人がコンテンツをシェアする目的をまとめました。


  • シェアしたコンテンツの評価を自分の評価へ繋げたい
  • シェアしたコンテンツを使って、自分の立場を証明したい
  • シェアしたコンテンツをネタに、誰かとディスカッションしたい
参考:「沈黙のWebライティング」P.609 より


シェアすることで、「この人面白い人だな」「素敵なシェアをするひとだな」と思ってもらいたいと感じてます。


ならば、そう思わせる記事を作成すれば、バズらせる可能性は広がります。


では、どんな記事を書けばいいのか例を紹介します。


・1000年にひとりの美女を見つけたので報告します。
・【転職しました】10年勤めていたA社から、B社に転職した理由



など、思わず「詳しく見てみたい」と思わせる記事やタイトル作りをしていきましょう。


詳細が気になった方はぜひ一度読んでみてください。





関連記事:ブログ開設する前に読むべき本5選【本嫌いでもサクサク読める】

最新情報をチェックしよう!