ブログ記事の検索順位を上げる簡単な方法【サーチコンソール編】

こんにちは。齋藤です。

ブログ記事を書いたのはいいけど、「全然アクセスが伸びない」「自分が上げようと思っていたキーワードで来なかった」など、ブログ運営は全てが思い通りに行くとは限りません。

そんな中、検索順位を上げる簡単なやり方がサーチコンソールでできますのでご紹介します。今まで苦労が一瞬で解き放たれると思いますので一度試してみましょう。



サーチコンソールとは


Google Search Console(サーチコンソール)とは、googleが提供しているwebサービスで、更新した記事の登録や検索キーワードの選定など、SEO対策としても効果が高いツールです。何といっても「無料」で誰でも利用できるのが、最大のメリットと言えるでしょう。

では、サーチコンソールの項目をひとつひとつ見ていきます。

サマリー



過去3ヶ月分の「検索パフォーマンス」「カバレッジ」「拡張」のデータを見ることができます。「カバレッジ」「拡張」では、エラーの件数、どのページがエラーなのかも確認できるので、しっかり対応しましょう。



検索パフォーマンス



検索パフォーマンスでは、自然検索でどのキーワードが検索されているか、それぞれのキーワードの「表示回数」「クリック数」「CTR」「掲載順位」が確認できます。


    「合計クリック数」・・・その期間でどれくらい自分のサイトのページがクリックされたか。(すべてのページの合計)

    「合計表示回数」・・・検索結果に表示された回数。

    「平均CTR」・・・クリック数が表示回数に対してどのくらいの割合なのかのパーセンテージ。

    「平均掲載順位」・・・サイト全体のページの掲載順位がどれくらいか。


サイト全体のデータとは別で、各キーワード、各ページに対しての「表示回数」「クリック数」も調べられるのでたまに見て改善をしましょう。



URL検査


URL検査とは、Googleのインデックスに登録されたページの情報が表示されます。AMPエラー、構造化データに関するエラーなど、そのページの詳細が確認できますのでエラーがあった場合は対応をしておきましょう。

ちなみにインデックス登録とは、どういう意味なのか、簡単に言うと「Googleの検索結果に表示させるための作業」だと思ってください。URL検査では、登録するコンテンツを解析した後にインデックスに保存される仕組みになります。

ページを作成したら、Googleにこのページ作ったので検索結果に出してください!というアナウンスを出してあげることでGoogle側もそのキーワードで検索された時にこのページを表示させようといち早く対応してもらえるのがこの「URL検査」になります。

とても、意味があるものなので必ず行いましょう。



カバレッジ



さきほどの「URL検査」で登録したページを含め、あなたのサイトがどれくらいインデックス登録されているかが確認できます。

エラーも確認でき、

    ●「URLが見つかりません」
    ●「URLに問題があります」


などと言ったエラーがあります。どんなエラーか確認して対応はしましょう。



サイトマップ



googleにあなたのサイトの構造と伝えるための操作になります。記事を更新する度にサイトマップを送信してあげるといいでしょう。



モバイルユーザビリティ



モバイルでのエラーを表示してくれます。

    ●「コンテンツの幅が画面幅を超えている」
    ●「クリック可能な要素の距離が近い」
    ●「テキストが小さくて読めない」


など、こちらのエラーが出ている場合は対応しないと、モバイルの検索に引っかからない場合もあるので注意しましょう。



AMP



こちらもモバイルに関係するエラーが表示されます。

    ●「HTML タグの属性で指定されたレイアウトが無効です。」
    ●「タグに置き換えてください。」


などの主にHTMLの記述のエラーが中心となっているので、こちらも同様に確認しましょう。



検索順位を上げる簡単な方法



まず、検索パフォーマンスに表示されているキーワードを見る前に、記事を書く段階で「キーワード」を設定すると思います。

例えば、サーチコンソールの検索パフォーマンスについて書いた記事なら「サーチコンソール 検索パフォーマンス」のような検索ワードで上げたいなどと。それにプラスして、タイトルにも上記のキーワードを入れる必要があると思います。


    ●サーチコンソールの検索パフォーマンスとは?見方、使い方とは?
    ●サーチコンソールの検索パフォーマンスを活用しよう!



などと言った上げたいキーワードをタイトルの中に入れると思います。

これだけで検索結果1ページ目に自分の記事が表示されればいいですが、こんな上手くいくことなんてなかなかないですよね!そこで使うのがサーチコンソールの「検索パフォーマンス」です。



検索パフォーマンスで表示された「キーワード」を調べる


ぼくが実際に「キーワード」を変更しただけで劇的に順位が上がったページをご紹介します。

●スターウォーズ展の内容の記事
スターウォーズ展2019感想。チケットは前売り券を買うべし

こちらの記事は公開した段階では、全くクリックはされていませんでした。すでに競合はいたのにタイトルはシンプルなものでした。こちらが公開した当時のタイトル(ちなみに本文は全く変えていません)。

    ●公開時のタイトル
    「スターウォーズ展」日本で展示される最後のチャンスです。



「スターウォーズ展」このビッグキーワードで上げようとしていた段階で厳しかったと思います。そこで参考にしたものが「検索パフォーマンス」です。



こちらが検索パフォーマンスで見た検索キーワードになります。「スターウォーズ展」というキーワードで検索すると関連したキーワードがいくつか検索結果に表示がされていることがわかりました。

上記に書かれている「感想」「混み具合」「時間」「当日券」などタイトルに入れていないのにも関わらず、表示されていると言うことは、このキーワードを入れれば検索順位は上がるかなと思いました。


ここで重要なのが、どのワードを入れるかになります。本文に書かれていないワードを入れても検索結果には影響ありませんし、かと言って本文をガラッと入れ替えるのも時間がかかってしまいます。まず、やるとしたら、本文に書かれている内容のキーワードがあるかどうかです。

この記事の場合、「感想」「当日券」「混み具合」については書いてありました。あとは、どのワードを選ぶかになります。ここで気にするところは、表示回数が多いワードを選ぶことです。

今回は一番表示回数が多かった「感想」をタイトルに盛り込むことでアクセスが劇的に上がりました。

●アクセスの変化

    変更前流入(週間):43
    変更後流入(週間):130


これは、たまたまかもしれませんが、サーチコンソールを使って検索キーワードを調べるのもひとつの選択肢ということをお伝え致します。



タイトル変更までの流れ


    サーチコンソール関係なしにタイトル、キーワードを選定

    公開1、2週間後決めたキーワードで上がっているか確認(1ページ目なら問題なし)

    検索パフォーマンスで「キーワード」を検索(今回の場合は、「スターウォーズ展」)

    表示回数が多いキーワードから優先順位を高くし、タイトルに盛り込む。
    (注意点:本文に入っていないワードは入れない)



この流れでタイトルを変更していけば、検索順位は上がると思います。あとは、その検索ワードが検索されやすいワードかになります。検索順位が1位になったからと言って、クリック数がものすごく伸びるわけではありませんから。

重要なのは、検索されやすいキーワードで上位を狙うことです。ここを追求していけば、自ずとアクセス数は増加していきます。

今までサーチコンソールをあまり見ていなかった人は、これから見てみるといいでしょう!!!



最新情報をチェックしよう!