ランニンググッズ

CASIO(カシオ)おすすめランニングウォッチ2選【初心者向け】

CASIO(カシオ)おすすめランニングウォッチ2選【初心者向け】

CASIO(カシオ)おすすめのランニングウォッチってどれですか?


そんな疑問にお答えします。


CASIO(カシオ)は様々なランニングウォッチを出しているのでどれ選べか迷いますよね!?


ぼくも実際購入検討する段階で、かなり迷いました。


そんな僕が「購入する前に見ればよかったー」と思うような形で、この記事では厳選してみました。


購入を検討されている方、ぜひ参考にしてみてください。


それではいってみましょう!




【買う前にここを見よう!】ランニングウォッチの選び方!


まずはじめにランニングウォッチの選び方を見ていきましょう。


ランニングウォッチは「GPS機能なし」「GPS機能あり」の2タイプに分かれます。

    ●ランニングウォッチのタイプ
  • GPS機能なし
  • GPS機能あり


GPSなしの場合、走り始めてから終わるまでのトータルタイムを測れるストップウォッチ機能と一定距離の所要時間が測れるラップメモリー機能があります。


ラップメモリー機能は1キロごとでタイムが測れるので、あなたが1キロ走るにどれくらいの時間がかかったのか確認ができます。


1万円台でレースのタイムとラップタイムが分かればいい方は、GPSなしのもので十分です。


一方、GPSありの場合、位置情報から走った距離と速さが分かります。


自動で1キロごとのペースを算出してくれるので、GPSなしのように逐一ボタンを押す動作が必要ありません。


価格は上がってしまいますが、機能面に優れ、少しでも楽にタイムを計測したい方はGPSありのランニングウォッチをおすすめします。


詳しい解説を見たい方は下記のリンクをチェック!

関連記事:初心者必見!ランニングウォッチの選び方【買う前にここを見よう!】




【徹底解説】初心者におすすめCASIO(カシオ)のランニングウォッチ


現在、CASIO(カシオ)が販売しているランニングウォッチは2種類となります。


今回紹介するモデルは「GPS」機能がついていないものとなります。 それでは一つずつ見ていきましょう。




「STW-1000」シリーズ





樹脂バンドウレタン素材を使用
防水性能10気圧防水
タフソーラー
受信エリア日本2局、中国、アメリカ、イギリス、ドイツ
質量46g
価格¥13,500 +税

※10気圧防水・・・水仕事、水泳、スキンダイビングなどにお使いいただけます。スクーバダイビング×




ソーラー電波時計のランナー用モデル「STW-1000」シリーズ


電波受信機能は世界6局(日本2局、中国、アメリカ、イギリス、ドイツ)の標準電波に対応しているので、上記の国にいる間は時刻を自動修正します。


タイム計測中に計測時間と現在時刻を同時に表示することでマラソン時のタイム確認がしやすくなっています。


大型ワイド液晶パネル、高輝度均一発光LEDの採用で日中、夜間でも視認性も確保。


ラップ・スプリットタイムを最大120本まで保存可能なので、過去のトレーニングデータの見直しもできます。


太陽光、蛍光灯などの光を動力にかえるカシオ独自のソーラー充電システム「タフソーラー」で充電もされ、約9ヵ月使用できるのは魅力的ですね。


10気圧防水(水仕事、水泳、スキンダイビングなど)の防水性能がついているので、雨の日のレースも問題なし。


「STW-1000」シリーズは水に強く、長時間の使用も可能な万能タイプのランニングウォッチとなっています。





    ●主な機能
  • タフソーラー(ソーラー充電システム)
  • 電波受信機能:自動受信(最大6 回/日)
  • ワールドタイム:世界48都市
  • パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると表示を消して節電します)
  • 操作音ON/OFF 切替機能
  • ストップウオッチ(ラップ/スプリットタイム、ラップ番号、走行距離、最高ラップ表など)
  • タイマー
  • 時刻アラーム5本
  • LEDライト
  • 精度:平均月差±15秒
  • フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間約9ヵ月






「STR-300J」シリーズ





樹脂バンドウレタン素材を使用
防水性能5気圧防水
タフソーラー×
受信エリア×
質量30g
価格¥7,000 +税

※5気圧防水・・・水仕事、水泳にお使いいただけます。スキンダイビング、高とび込み、ウインドサーフィン×




ビビッドな色を配したモデル「STR-300J」シリーズ


グリーン、ピンクなどを配色しており、ジョギングやマラソンなどのファッションにマッチするモデルとなっています。


時計本体はコンパクトで重さは30gとランニングの妨げになりません。


ラップタイムを最大60本保存でき、フルマラソンの1キロごとのラップも取ることができます。


電池寿命は約10年と長い間使用していただけるランニングウォッチとなっています。





    ●主な機能
  • ストップウオッチ(ラップ/スプリットタイム、ラップ番号、走行距離、最高ラップ表など)
  • タイマー
  • 時刻アラーム5本
  • LEDライト
  • 精度:平均月差±15秒
  • 電池寿命:約10年






まとめ アスリートのためのCASIO(カシオ)ランニングウォッチは1万円台で購入可能です。


CASIO(カシオ)のランニングウォッチは1万円台で購入できるものとして、「大型ワイド液晶パネルで見やすい」「大量のラップ数を保存可能」が特徴として挙げられます。


雨なども気にせず使える防水機能や駆動期間の長さでトレーニング中やマラソン大会で十分活躍できます。


色も豊富でどれを選べばいいのか悩みますが、あなたの気に入った色を選んでみてください。


冒頭でもお伝えしましたが、GPS機能はついていませんが、レースのタイムは知ることができますので初心者の方は選んでもいいのかなと思います。


今回はCASIO(カシオ)のおすすめランニングウォッチの紹介をしました。


ぜひ参考にして頂ければと思います。




●こちらも合わせて読みたい

【2020年版】人気ランニングウォッチおすすめ14選

初心者必見!ランニングコースの選び方【走る前にここを見よう!】

【どれにあてはまる?】4種類のマラソンの楽しみ方をご紹介!

初心者必見!ランニングウェアの選び方【買う前にここを見よう!】

マラソン完走者が教えるランニングシューズの選び方5選【買う前にここをみよう】

ランニング時にあったほうがいい持ち物13選!【初心者必見】




ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA