トレーニング

初心者必見!ランニングコースの選び方【走る前にここを見よう!】

これからランニングをしようと思っていますが、走る場所(コース)を決めるときの基準を教えて欲しいです。

そんな疑問にお答えします。

まず、ランニングを続けるコツとして、お気に入りのランニングコースを見つける必要があります。

子供もいるので家の周辺でサクッと行いたい場合

「家の周りでオリジナルコースを探す」

でもいいですし

一人だと継続できるか不安な方

「ランナーが多い人気のランニングコース」

に行って走るでもいいと思います。

「ダイエットのため始めました!」
「フルマラソン完走目指して始めました!」

など、様々な理由でランニングを始められたと思いますが、すべてのひとに共通することは”継続力”です。

継続できなければ意味がありませんので、まずはあなたが「今日も走りたい!」と思える場所を探してみましょう!

ランニングコースの選び方ですが、大きく分けて3つに分けられます。

・往復コース
・周回コース
・ランニングマシン

ランニングコースを探されている方必見です。

初心者必見!ランニングコース3つの選び方

往復コース

目的地を決め、折り返して戻ってくるコースです。

景色が常に変わっていくため、飽きずに走ることができます。

また、目的地があるので、「そこまでは頑張ろう!」という気持ちが生まれ、いつもより長い距離を走れることもできます。

往復コースの場合、

●家の周辺を5キロ走ろうと思ったら、
家から片道2.5キロまで走り、折り返す。

ランニングステーションから10キロ走ろうと思ったら、
ランニングステーションから片道5キロまで走り、折り返す。

と言ったように、目的があるのでその日のランニングはキッチリ行えるメリットがあります。

距離の計測方法ですが、GPSで距離が計測できるランニングウォッチをお持ちの方は必要ありませんが、ない方はGoogle mapで検索するのがおすすめです。

最後に往復コースの注意点です。

一番遠く(折り返し地点)でケガや体調不良などのトラブルにあうと大変なので、スマートフォンやお金を持っていくなど対処法を考えておきましょう。

周回コース

続いて、大きな公園や陸上トラックなど1〜2キロをぐるぐる回る周回コースです。

東京だと「皇居」が代表的です。

1周5キロで程よく、ビルが立ち並んでいる間で自然もあり、ランナーを飽きさせない景色が初心者の間でも人気のコースと言ってもいいでしょう。

周回コースのメリットは、下記が挙げられます。

・距離の計測がラク
・自分のペースを把握しやすい

周回コースと違って、同じルートなので道に迷うことなく、距離計測がラクなところがありがたいですね。

周回コースでは多くのランナーがいることが多いので、ラン友を作りたい方は通ってみるのも良いのではないでしょうか。

最後に周回コースの注意点です。

トラブルがあった場合、対処しやすいですが、同じコースを何周もするため景色に飽きやすく、いつでも辞められる環境なので継続力が試されるでしょう。

ランニングマシン

最後は、スポーツクラブやジムなどに設置されているランニングマシン(トレッドミル、ルームランナー、ジョギングマシンとも呼ぶ)です。

先ほどの2つとは少し異なりますが、「走る」ことには変わりません。

ランニングマシンのメリットは、下記が挙げられます。

・天候に左右されない
・空調管理されている
・トラブルに対する安全性が確保されている

一番は、暑い夏、寒い冬、梅雨などの天候に左右されず、一年中ストレスなく走ることができますので、初心者の方におすすめです。

また、ランニングマシンのベルトはアスファルトより柔らかく、足腰の負担が少ないのもありがたいですね。

最後にランニングマシンの注意点です。

ランニングマシンに慣れすぎて、外でのランニングで急に走れなくなる恐れがあるのでほどほどにしましょう。

まとめ コースの安全性を確保しよう!

ランニングコースは特に決められたものではありませんが、どこを走るかに関しては「安全性を確保」した上で行いましょう。

周回コースをやるにも、往復コースをやるにも、始めのうちは無理はせず、最悪歩いても帰れることができるコースを選びましょう。

せっかくランニングを始めたのに悪い印象が残り、「もうやりたくない」ってなっては勿体ないです。

今回は、「初心者必見!ランニングコースの選び方」ということで3つのコースをご紹介しました。

改めておさらいです。

往復コース…目的地を目指し、折り返すコース
周回コース…1周1〜2キロをぐるぐる回るコース
ランニングマシン…天候に左右されず、自分のペースで行える

ぜひ、あなただけのお気に入りのランニングコースを見つけてみてください。

以上、初心者必見!ランニングコースの選び方でした。

ランニング・ジョギング時におすすめの持ち物13選【初心者必見】ランニング・ジョギング時に持っていったほうがいい持ち物ってなんですか? そんな疑問にお答えします。 「健康のため!」 「フルマラソン完走を目指して!」 などを理由に、走り始めようと思っても初めは何を持っていけばいいか、分かりません。 そこで、当サイト運営者の私のランニング時の経験を踏まえ、ランニング・ジョギング時におすすめの持ち物をご紹介します。 今回は、下記の2つのパターンでみていきます。 ・家の周辺を走る短時間(1時間以内)の場合 ・家の周辺より離れた長時間(1時間以上)の場合 これから始められる方は、ぜひ参考にしてみてください。 ...
東京でおすすめのランニングコース
東京都内でおすすめのランニングコース8選【初心者が走りやすいコース】東京でおすすめのランニングコースどこですか?そんな疑問にお答えします。まず、ランニングコースにおすすめしたい条件はいくつか挙げられます。・信号がなく止まらず走り続けられる・周回コースでペース感覚を身につけられる・緑があり、走っていて気持ちが良い・フラットな地形で走りやすい・近隣にランニング ステーションがあるランニングコースに向いているのはフラットな地形でかつ信号がないコースです。また、ランニングステーションが近隣にあれば着替え、荷物置き、シャワーなど完備されているので、仕事終わりや学校帰りでも気軽にランニングすることが可能です。これらはランニングをする上で重要になってきます。それでは、今回は東京でおすすめのランニングコースを8コご紹介します。...
スピードトレーニングを行う時の5つのポイントとは?【マラソンのスピード練】スピードトレーニングを行う時のポイントってなんですか?そんな疑問にお答えします。マラソンでタイムを更新するために欠かせないスピード練習。マラソンのスピード練習とは、インターバルやレペティション、流し(ウインドスプリント)といったトレーニング方法が挙げられます。短い距離を早いスピードで走ることで、心肺機能の向上やスピード持久力といった効果があります。今回は、そんなスピード練習を行う際のポイントをご紹介します。...
【初心者必見】フルマラソン完走するためのトレーニング方法12選フルマラソン完走するためのトレーニング方法を教えて欲しい! そんな疑問にお答えします。 フルマラソンを完走するためには、たくさんの時間・距離走らなければいけません。 ただ、ひたすら走ることも大事ですが、日によってトレーニング方法を変えるだけで付いてくる結果も変わってきます。 「スピードを鍛える」トレーニングや「心拍機能を鍛える」トレーニングなど、様々です。 そこで今回は、フルマラソン完走するためのトレーニング方法をご紹介します。 ...

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA