ランニングギア

【レビュー】ランナーマスクの性能は?3ヶ月で8万枚販売したランニングに対応したスポーツマスクについて

先日、株式会社D&Mのランナーマスクを購入しました。

コロナウイルス対策でランニング時もマスク着用するべく、スポーツ向けマスクを探していたところ知ったアイテム。

ランニングやジョギング時には、「呼吸のしやすさ」が重要になってきますが、こちらのマスクは通気性に優れ、息苦しさの少ない快適なつけ心地となっています。

そこで今回は、ランナーマスクの特徴や性能をご紹介します。

ランニングなどの運動時はもちろん、普段使いもできるアイテムとなっています。

●特徴
・優れた通気性で、メガネも曇りづらい
・吐く息をスムーズに外部に流すので、中の温度の上昇を防ぎ、ムレにくい
・特殊フィルターが外部のホコリや飛沫拡散を防ぐ
・手洗い可能で、次の日に乾いている速乾性
・UVカット効果あり
・¥ 子供用 1,980(税込)
・¥ 大人用 2,420(税込)

実際に着用してランニングもしているので、その点もお伝えします。

ランナーマスクご購入はこちら

ランナーマスクの紹介と特徴

ランナーマスク ランナーマスク

ランナーマスクの特徴

まずはじめに、ランナーマスクの特徴をまとめました。

●特徴
・優れた通気性で、メガネも曇りづらい
・吐く息をスムーズに外部に流すので、中の温度の上昇を防ぎ、ムレにくい
・特殊フィルターが外部のホコリや飛沫拡散を防ぐ
・手洗い可能で、次の日に乾いている速乾性
・UVカット効果あり
・¥ 子供用 1,980(税込)
・¥ 大人用 2,420(税込)

メッシュ素材を使用しているので、通気性に優れており、メガネ、サングラスの曇りづらく、息もラクラクすることができます。

また、マスク前部に空間を設けることで息を外に逃し、マスク内のムレを防いでくれます。

他には、特殊フィルターがホコリや飛沫拡散を防いでくれたり、夏の日差しも防ぐUVカット効果など、便利な機能も盛りだくさんです。

カラーは5色展開

ユニセックスタイプで、カラーは5色展開(ホワイト・ブラック・サックス・ピンク・ネオンイエロー)です。

また、ネオンイエローのみ蛍光色を使用し、夜間のランニングでの視認性を向上し、安全な走行を可能としています。

サイズは3つ

サイズは3つあります。

・大人用ふつう(L)
・大人用小さめ(M)
・こども用(S)

ぼくは顔が大きいので、「大人用ふつう」を購入しましたが、それでも余白ができるくらいの大きさなので、顔の小さい男性、女性は「大人用小さめ」でも充分かなと思いました。

ランナーマスクを開封してみました。

それでは、どのようなマスクなのか、実際に手にとって見ていきます。

・ランナーマスク
・特殊フィルター2枚

中には、ランナーマスクと特殊フィルターが入っていました。

↑ こちらはフィルターなしの状態です。

フィルターなしの場合、透けているのが見て取れると思います。

この状態だと、外からのホコリが入り放題ですが、呼吸はとてもしやすそうですね(マスクの効果はほとんどなさそうですが・・・笑)。

先程、紹介したフィルターをマスクに装着していきます。

専用のポケットに入れるだけなので、とても簡単です。

↑ こちらはフィルターありの状態です。

フィルターがない場合と違い、透けて見えず、しっかりとホコリや飛沫拡散を防いでくれそうですね。

フィルターは2枚入っているので、交換しながら使っていきます。

ランナーマスクご購入はこちら

【総評】着用してランニングしてみた感想

まずは、着用しているシルエットから。

サイズは、大人用ふつう(L)を着用しています。

ランニングの揺れでもズレない装着感

まず、気になる点の一つ「ズレ」から。

通常のマスク(スポーツタイプではないもの)では、どうしても縦揺れに対応しておらず、マスクがどんどんズレていきます。

では、こちらのマスクはどうなのか?

結論から言うと、全くズレませんでした。

また、ズレるような雰囲気もないので、ズレを直す動作も必要ありません。

鼻の部分と顎の部分でしっかりホールドしてくれるので、安定感があります。

また、耳がちょっとゴムによって引っ張られているように、耳からもしっかりホールドしているので、ランニングの動きでもズレることなく着用できました。

通気性に優れているので呼吸しやすく、ランニング時も辛くない

続いて、呼吸がしやすいかどうかです。

こちらも特徴で述べたように、息が荒くなるスピード練でも、充分酸素を取り入れることができました。

口元から鼻にかけての縦のライン(↑ 赤で囲っている部分)には、穴が空いており、空気が入ってきやすい作りになっています。

このフィルターもスポンジ素材を使用しているので、完全にシャットダウンすることなく、ある程度の酸素は取り入れられます。

息が上がらないジョギング程度の強度ならもちろん、人によってはスピード練も苦しくないと思います。

夏場の暑い日もノンストレス

マスクは夏場は装着しているだけ熱くて苦しいですが、こちらのマスクは夏場もストレスを感じることなく、装着できそうです。

息をしっかり外に逃がしてくれたおかげでムレが少なく、マスク内の温度上昇も防いでくれました。

そのため、冬の時期はやや寒いように感じましたが、身体を動かせば温まるので、そこまで気にならないでしょう。

普段使いは難しい

本製品の外箱にかかれていた内容です。

一般的な衛生マスク、医療用マスクではありません。簡易的に飛沫を防ぐフェイスマスクです。

確かに、先程の写真でも見て分かるように通気性に優れ、外からの酸素も容易に取り込める点ではランニングなどのスポーツには優れています。

しかし、「呼吸がしやすい」ということは、逆を言えばウイルス対策はしっかりできていないことになります。

ですので、購入される際は、割り切って『スポーツ用』として購入するのが良いでしょう。

改めて、ランナーマスクの特徴です。

●特徴
・優れた通気性で、メガネも曇りづらい
・吐く息をスムーズに外部に流すので、中の温度の上昇を防ぎ、ムレにくい
・特殊フィルターが外部のホコリや飛沫拡散を防ぐ
・手洗い可能で、次の日に乾いている速乾性
・UVカット効果あり
・¥ 子供用 1,980(税込)
・¥ 大人用 2,420(税込)

機能も充実しており、ランニング時も問題なく使用できる点で、個人的には大満足のマスクです。

以上、ランナーマスクのレビューでした。

ランナーマスクご購入はこちら

▼マスクまとめ記事はこちら
【2021年版】ランニングにおすすめのスポーツマスク5選

●マスクレビュー記事はこちら
UAスポーツマスク
ランナーマスク

【要チェック】フルマラソン完走ロードマップ

フルマラソン出場までの流れは下記をご覧ください。

▼フルマラソン完走ロードマップ
【完全版】初心者がフルマラソン完走するためのロードマップ

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA