大会を探す

沖縄県で人気のフルマラソン5選【沖縄の魅力盛りだくさん】

沖縄県で開催されるおすすめのフルマラソンの大会はどれですか?

そんな疑問にお答えします。

まずはじめに、マラソン大会によって特色が様々です。

例えば、

・給水所やエイドステーションのメニュー
・世界遺産や観光地などの風景を楽しめる
・沿道の応援やボランティアのサポート
・参加賞や完走賞などの賞品

などなど。

地域によって、名物料理や風景は変わってくるので、どの大会も楽しめると思います。

しかし、どの大会に出場すればいいのか分からないという方もいらっしゃると思いますので、そんな方に向けて大会の特徴(コースや参加賞など)をご紹介します。

今後、出場する際の参考にしてみてください。

それでは、いってみましょう。

初心者必見!マラソン大会の選び方【選ぶときここを見よう】

日本国内では、1年を通してさまざまなマラソン大会が開催されています。

「東京マラソン」のように誰でも出場できるものから、

「福岡国際マラソン」や「名古屋ウィメンズマラソン」のように性別が決まっていたり、参加標準記録のタイムを過去にクリアしないと出場ができない大会など・・・

マラソン大会によって特徴はさまざまです。

なので、大会選びは、それぞれの特徴を考慮した上で選ぶ必要があります。

マラソン大会にエントリーする際に見るべきポイントは全部で6つ。

・距離で選ぶ
・制限時間で選ぶ
・季節で選ぶ
・開催地を選ぶ
・走りやすいコースかどうか
・参加賞が豪華な大会がいい

詳細は下記で紹介しているので、時間のある際にご覧ください。

初心者必見!マラソン大会の選び方6選【選ぶときここを見よう】 マラソン大会にエントリーしようと検討していますが、どんな基準で大会を選べばいいですか? そんな疑問にお答えします。 日本国内では...

沖縄県で人気のフルマラソン5選

石垣島マラソン

石垣島

石垣市で1月に行われる『石垣島マラソン』

石垣島の南側石垣市内がコースで、荒川地区のリゾートエリア、「西表石垣国立公園」、「名蔵湾」など、透き通った海やサトウキビ畑の景色が楽しめるコースとなっています。

給水所では、水やバナナ、オレンジ、石垣の塩、パインなどのエネルギー補給が用意されています。

最大高低差70mとやや傾斜はありますが、制限時間6時間30分と長いため、1歩1歩進んでいけば十分完走は狙えます。

高校生ボランティアによる「荷物預かり」や「応援パフォーマンス」など、うれしいサポートが盛りだくさんの大会となっています。

●詳細
開催日:1月下旬
開催地:石垣市
参加料:6,000円
定員: -人
制限時間:6時間30分
エントリー開始日:10月〜
公式サイト:http://www.ishigakijima-marathon.jp/

おきなわマラソン

沖縄市内

沖縄市で2月に行われる『おきなわマラソン』

コースは、「沖縄県総合運動公園」をスタートし、沖縄市、うるま市、北谷町、北中城村を走るコースで、一部「嘉手納基地」内を走る特徴があります。

米軍基地で走れるマラソン大会まとめ【非日常を体験するのにおすすめ】 米軍基地で走れるマラソン大会の一覧が知りたい! そんなギモンにお答えします。 実は、米軍基地で開催しているマラソン大会はあるんです!...

高低差は最大100mあり、アップダウンの多い足にくるコースとなっています。

給水所・救護所はは8ヵ所、トイレは13ヵ所用意されています。

沖縄の2月の平均気温が16.7℃と寒さはありますが、東京などに比べれば走りやすいと思います。

2月の寒さに耐えられないようでしたら、『おきなわマラソン』に出場するのも良さそうですね。

●詳細
開催日:2月中旬
開催地:沖縄市
参加料: 7,000円
定員: 13,500人
制限時間: 6時間15分
エントリー開始日: 9月〜
公式サイト:https://www.okinawa-marathon.com/

久米島マラソン

久米島

那覇から西に100キロの場所にある久米島町で10月に行われる『久米島マラソン』

コースは、「久米島町営仲里球場」をスタートし、久米島の海沿いを往復するコースで自然や海岸線の景色を楽しめます。

また、最高高低差が20mなので、初心者の方も走りやすいコースなのが特徴です。

給水所は3キロ間隔で設置され、久米島らしい食事がいただけるほか、三線やエイサーなど沖縄らしい応援も!!!

大会後には、泡盛飲み放題の交流イベント「ふれあいパーティ」が開催されるので、久米島を満喫できること間違えなしです。

●詳細
開催日:10月下旬
開催地:久米島町
参加料: 4,500円
定員: -人
制限時間: 7時間
エントリー開始日: 6月〜
公式サイト:https://www.kumejima-marathon.net/

伊平屋ムーンライトマラソン

伊平屋島の星空

那覇から北に120キロの場所にある伊平屋村で10月に行われる『伊平屋ムーンライトマラソン』

コースは、伊平屋島をぐるっと1周するコースとなっています。

大会の特徴は、スタート時刻が15:00、フィニッシュ時刻が21:00までなので、暑さに弱い方や日焼けをしたくない方も気軽に参加できます。

ハーフマラソンの部もありますが、半数近くが女性ランナーと、女性に人気の大会でもあります。

「前夜祭」や「後夜祭」では、伝統芸能やゲストによるライブイベントが行われたり、

沖縄そばや、泡盛のカクテル「照島パンチ」がふるまわれるなど、伊平屋島を満喫できる大会となっています。

●詳細
開催日:10月下旬
開催地:伊平屋村(伊平屋島)
参加料: 10,000円
定員: 1,000人
制限時間: 6時間
エントリー開始日: 5月〜
公式サイト:https://iheya-moonlight.jp/

NAHAマラソン

国際通り

那覇市で12月に行われる『NAHAマラソン』

キャッチフレーズの「太陽と海のジョガーの祭典」の通り、記録を狙うというより沿道の声援を楽しみながら走るファンラン志向の高いレースです。

コースは、「奥武山陸上競技場」をスタートし、那覇市内から南に向かって進んでいきます。

「平和記念公園」、「ひめゆりの塔」など、歴史的なスポットを回っていき、ゴール地点の「奥武山陸上競技場」まで戻ってくるコースとなっています。

トイレは10ヶ所、救護所7ヶ所、トイレ20ヶ所とサポートもしっかりしています。

一番の魅力は、沿道の声援と私設エイドステーション(給食所)。サータアンダーギーやちんすこう、沖縄そばなど沖縄名物がいただけるのは嬉しいですね。

●詳細
開催日:12月上旬
開催地:那覇市
参加料: 8,000円
定員: 30,000人
制限時間: 6時間15分
エントリー開始日: -月〜
公式サイト:http://www.naha-marathon.jp/

以上、沖縄県で人気のフルマラソンの紹介でした。

ほかにも、沖縄県のおすすめの大会がありましたら、ぜひコメントいただけるとうれしいです。

初めてのフルマラソンで準備しておきたい持ち物チェックリスト!
フルマラソン初心者向け持ち物リスト【完走経験者がおすすめする必需品は?】フルマラソン・ハーフマラソンに何を持っていけばいいの? そんな疑問を解決します。 普段のランニングとは違い、フルマラソン・ハーフマラソンの場合、相当体力を消耗するし、天候が悪くても開催する場合があるので、いつもより持ち物は多くなります。 足を痛めた時のためのケア用品や着替え、補給食など持ち物は様々です。 今回は、フルマラソン(ハーフマラソン)時に準備しておきたい持ち物チェックリストをご紹介します。 「これ持っていれば良かった〜」とならないために、最高の準備でマラソン当日を迎えましょう!!!...
初心者が完走しやすいフルマラソン大会10選 初心者が完走しやすい全国のマラソン大会を知りたい! そんなギモンを解決します。 初心者が完走しやすい大会を選ぶ際の条件は大きく2...
【初心者必見】フルマラソン完走するためのトレーニング方法12選フルマラソン完走するためのトレーニング方法を教えて欲しい! そんな疑問にお答えします。 フルマラソンを完走するためには、たくさんの時間・距離走らなければいけません。 ただ、ひたすら走ることも大事ですが、日によってトレーニング方法を変えるだけで付いてくる結果も変わってきます。 「スピードを鍛える」トレーニングや「心拍機能を鍛える」トレーニングなど、様々です。 そこで今回は、フルマラソン完走するためのトレーニング方法をご紹介します。 ...
マラソン大会申し込むなら「ランネット」。申し込み・退会方法をご紹介 「ランネット」でマラソン大会にエントリーしたいが、申し込み方法が分からない、退会方法を教えてほしい! そんなギモンにお答えします。 ...
ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA